【ビジネスマン必見】「来訪」の意味と正しい使い方を解説

来訪の意味とは ビジネス用語

「来訪」は 「訪ねてくること」という意味です。

「来訪者」や「来訪頂き有り難うございます」と使用します。

「来訪」は、かしこまった場やフォーマルなシーンでも使用できる言葉なので、覚えておくと非常に便利ですよ。

この記事では「来訪」の正しい意味と使い方を解説。

ビジネスマンはぜひ参考にしてください。

1.「来訪」の意味とは

来訪

読み:らいほう

訪ねてくること

「来訪」は、 相手が自分のところに目的を持って訪ねてくる時に使用する言葉です。

また、「来訪」はビジネスシーンで使う場合、社外の人に対して使用します。

同じ会社内の人に対しては使用しないようにしましょう。

2.「来訪」の使い方と例文

「来訪」の使い方と例文を見ていきましょう。

例:この度は、わざわざご来訪頂きありがとうございます

この例文は「この度は、わざわざお越し頂きありがとうございます」という意味です。

「来訪頂きありがとうございます」という表現は、 口頭でもメールでも、どちらでも使用することができます。

  • スポンサーリンク

  • 「来訪」の敬語表現

    「来訪」の敬語表現は 「ご来訪」です。

    例文を見てみましょう。

    例:ご来訪に感謝致します

    この例文は「お越し頂き感謝致します」という意味です。

    「ご来訪」は「ご来訪頂きありがとうございます」と使用することができます。

    「ご来訪頂くは二重敬語では?」と思う人もいるかもしれませんが、問題ありません。

    「ご~いただく」や「お~いただく」という表現は適切な敬語です。

    相手に敬意を払いたい場合は「ご来訪」や「ご来訪頂き」と使用しましょう。

    「ご来訪される」は正しい?

    「ご来訪される」という敬語表現は 正しくありません。

    「ご来訪」と「~される」という敬語表現は二重表現になるからです。

    ×:○○がご来訪されました
    〇:○○様がご来訪になりました
    〇:○○様が来訪されました

    相手が到着したことを伝えたい場合は、 「ご来訪になりました」や「来訪されました」で表現するようにしましょう。

    「来訪する」とは使わない

    「来訪」は 相手が自分のところに訪ねてくる事なので、「来訪する」とは使いません。

    相手に「来訪」を促したい場合は、「ご来訪ください」や「ご来訪お待ちしております」と使用します。

    また、自分が相手のところに訪ねていく場合は「自分が来訪する」とは使わないので、「訪問する」や「伺う(うかがう)」などを使用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 「来訪」へのお礼メール

    ビジネスマンは「来訪」に対するお礼をメールで送る、という場面も多いでしょう。

    「来訪に対するお礼メールの書き方がわからない」という方は、以下の例文を参考にしてください。

    件名:ご来訪頂いたお礼

    本文:株式会社○○

    △△部××様

    平素より大変お世話になっております

    本日は、お忙しい中ご来訪頂き誠にありがとうございました。

    打合せさせて頂いた内容は、後日メールにてお送り致します。

    引き続きご指導ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

    ○○株式会社

    △△部××

    「来訪」が使われている言葉

    「来訪」が使われている言葉は以下の通りです。

    • 来訪者

    来訪者

    「来訪者」は 「訪ねてきた人」という意味です。

    例文を見てみましょう。

    例:本日の来訪者は2人だ

    この例文は「本日訪ねてきた人は二人だ」という意味です。

  • スポンサーリンク

  • 3.「来訪」の類義語

    「来訪」の類義語は次の2つです。

    • ご足労(ごそくろう)
    • 来社

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ご足労

    ご足労」は 「(相手を敬った言い方で)足を使って移動する労力」という意味です。

    例:本日はご足労頂きありがとうございました
    →本日はご来訪頂きありがとうございました

    この例文は「本日はわざわざお越し頂きありがとうございました」という意味を表します。

    「ご足労」と「来訪」の違いは、「ご足労」は「相手が訪れた後」に対して使う言葉という点です。

    「来訪」は「来訪お待ちしております」のように、これからの「来訪」に対しても使用することができます。

    しかし、「ご足労」は「ご足労お待ちしております」のように、「ご足労」をお願いすることはありません。

    取引先やお客様に「お越しください」と伝える場合は、「来訪」を使用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 来社

    「来社」は 「会社に訪ねること」という意味です。

    例:取引先の相手が来社された

    この例文は「取引先の相手が会社に訪ねて来られた」という意味を表します。

    「来訪」は相手が訪ねてくることを指す総称です。

    「来社」とすることで「会社に訪ねてくる」という場所の限定を表すことができます。

    他にも、お店は「来店」、会場には「来場」など場所に合わせて変えることができるので、状況に応じて使用するようにしましょう。

    4.「来訪」の対義語

    「来訪」の対義語は以下の通りです。

    • 往訪(おうほう)
  • スポンサーリンク

  • 往訪

    「往訪」は 「こちらから人を訪ねていくこと」という意味です。

    例:本日15時に、○○会社を往訪します

    この例文は「本日15時に、○○会社に行きます」という意味を表します。

    「往訪」は「こちらから人を訪ねていくこと」なので「来訪」と対義語です。

    5.「来訪」の英語表現

    「来訪」の英語表現は以下の通りです。

    • visit(来訪、訪れる)

    例:I appreciate your visiting today.(本日のご来訪に感謝します)

    「I appreciate~」にすることで「Thank you for~ing」よりフォーマルな印象を与えることができます。

    また、より感謝を伝えたい場合は「I sincerely appreciate~」にすることで「心より感謝致します」と表現することが可能です。

    状況に合わせて使い分けましょう。

    まとめ

    「来訪」は「訪ねてくること」という意味です。

    相手が訪ねてくることに対して使う言葉なので、「来訪する」とは使用しません。

    また、「来訪」の敬語表現である「ご来訪」は「ご来訪になる」と使用します。

    「ご来訪される」という表現は正しい敬語表現ではないので、注意してくださいね。

    「来訪」は、ビジネスシーンで使用する機会が多い言葉なので、ぜひ習得しておきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%