「レギュレーション」とはどういう意味?使い方や例文などを解説!

レギュレーションの意味とは ビジネス用語

仕事のマニュアルなどでよく使われることが多い「レギュレーション」という言葉。

「規則、規定」という意味ですが、使われる場面や例文などは知らないという方は多いのではないでしょうか?

では、レギュレーションの意味とは一体どういったものなのでしょうか?

使い方や例文、「ルール」との違いも解説していきたいと思います。

1.レギュレーションの意味

レギュレーション

規則や規定を指す言葉。

レギュレーションとは 「規則、規定、規制」を意味する言葉です。

主に広告業界やゲーム業界などで使われます。

基本的な意味は同じですが、業界によって微妙に異なる使い方をされているため注意が必要です。

また規則を表す言葉には「ルール」もありますが、レギュレーションとルールには意味に違いがあります。

一体どのような違いがあるのでしょうか?

1-1.「ルール」と「レギュレーション」の違いとは?

ルール

読み:るーる

規則、慣例、しきたりなどを意味する言葉。

ルールとレギュレーションは一見似たような言葉に見えますが、明確な違いがあります。

ルールは「一般的な決まりごと」、レギュレーションは「法律で決まっていること」です。

ルールは別に破っても法律には違反しませんが、レギュレーションの場合は法律に違反すると罪に問われると可能性があります。

これがルールとレギュレーションの違いです。

「破っても法で裁かれないのがルール、破ったら法で裁かれるのがレギュレーション」とおぼえておくようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.レギュレーションの使い方

    では、レギュレーションとは具体的にどういった場面で使われるのでしょうか?

    よく使われる場面をご紹介していきたいと思います。

    1. 外注向けの資料を作成するとき
    2. 試合の運用を行うとき
    3. 新入社員や契約社員向けにマニュアルを作成するとき

    ①外注向けの資料を作成するとき 

    例えば、外部ライターさんにWEB記事の作成を依頼する際、一定の決まりがないとバラバラな基準の記事が上がってしまいます。

    これを防ぐために、「字数やタイトルのつけ方」「画像の有無」などの決まりの資料を作っておきます。これがレギュレーションです。

    ②試合の運用を行うとき 

    公平に試合を進めるためのルールという意味でレギュレーションという言葉が使われています。

    例えば18歳以下で行う野球(U-18)のレギュレーションは、1試合9回、連投は3日までと決められています。

    ③新入社員や契約社員向けにマニュアルを作成するとき

    新入社員や契約社員に向けてマニュアルを作成するときにもレギュレーションという言葉が使われます。

    社員がすぐに仕事を覚えられるように、カリキュラムをわかりやすくまとめる、実地後のフィードバックなどのレギュレーションを設けてマニュアルを作成する企業も多いです。

    2-1.レギュレーションの例文

    レギュレーションを使った例文は以下の通りです。

    • この動画は、投稿ルールを逸脱しているためレギュレーション違反です
    • 禁止ワードや画像が挿入されているため、レギュレーションを違反しています
    • 広告を掲載する際は弊社の広告記載レギュレーションを確認し、お申込みください
    • 今年から運用されたレギュレーションは制度が複雑すぎる
    • 社内のレギュレーションに準じていない部品は、廃棄します
  • スポンサーリンク

  • 3.業種別の「レギュレーション」の意味

    レギュレーションは「規則、規定」という意味であることは前ページでご紹介しましたが、実は業種ごとに意味が微妙に異なります。

    ここでは業種別の「レギュレーション」の意味をご紹介していきます。

    ①広告(IT、WEB)業界

    IT・WEB業界の「レギュレーション」は、 「コンテンツを作成する際の明確な決まりごと」という意味で使われることが多いです。

    大手ポータルサイトなどでは厳正なレギュレーションが設けることで、品質やクオリティを守って運営しています。

    例えばWEBライティングの場合は、以下のようなレギュレーションが使われています。

    • タイトルと見出しに対策キーワードを入れる
    • 画像挿入は必須(最低5枚)
    • 文字中にメインキーワードを最低3回以上入れる
    • ディスクリプション(概要)文は150文字以内
    • 画像は中央揃え、サイズを統一する
    • コピペをしない

    このようにレギュレーションを用意することで、一定品質のサイトを運営できるようにしています。

    これからIT・WEB業界で働く場合は、きちんと「レギュレーション」という言葉を覚えておくようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • ②ゲーム

    ゲーム業界でのレギュレーションは 参加規約」という意味です。

    例えばサバイバルゲームで使われます。

    サバイバルゲームとは、エアソフトガンで撃ちあう、いわば「大人の戦争ごっこ」です。サバゲー、サバゲとも略します。

    様々なルールがありますが、その中でも一番代表的なのはフラッグ戦です。

    これは相手陣地にある旗(目標物とも)を奪取することを目的としたゲームであり、旗をゲットしたらそのチームは勝ちになります。

    サバイバルゲームは他のゲームと違い、エアガンで撃ち合いをするので怪我する危険性が高いです。

    故にユーザーの安全や秩序を守るために厳しくレギュレーションが設定されています。

    ゲーム業界でのレギュレーションは以下の通りです。

    • 銃刀法を遵守するため、ご来場者のお持ちになるエアガンすべての弾速をチェックします
    • 改造した充電器、刀剣類・ナイフ、スタンガンや催涙スプレーの持ち込みは一切禁止
    • セーフティエリアで銃口を人に向けるのはレギュレーション違反です

    以上のように事細かく設けられています。

    また、サバゲーだけではなくカードゲームでもレギュレーションが設けられています。

    例えばカードを公平にくばるために使える枚数が限られていたり、強すぎるカードは除外される、などです。

    レギュレーションを違反してしまうと、参加者にも迷惑がかかりますし、楽しく遊べなくなってしまうのできちんと守って参加しましょうね。

    ③スポーツ

    レギュレーションはスポーツ業界でも使われることが多いです。

    サッカーなどで「レギュレーション」と言うときは、 「規則、規定」という意味になります。

    ルールと似たような意味になってしまいがちですが、あくまでレギュレーションは「 その競技を運営するにあたってのすべての規則や規定」という使われ方をします。

    ややこしいですが、間違えないように注意をしましょう。

    スポーツでのレギュレーションは、以下のように使われます

    • 日本:U-22選抜へ選手を派遣するクラブは、1名につき35,000円を支払う
    • 韓国:ゴールキーパーは韓国人のみ登録・出場可
    • イングランド:GKは半袖、腕まくり禁止
  • スポンサーリンク

  • ④F1

    F1でのレギュレーションは2種類あります。

    「スポーティングレギュレーション」と「テクニカルレギュレーション」です。

    前者は「競技面での規約」、後者は「技術面での規約」という意味を持っています。

    F1のレギュレーションは以下の通りです。

    • 全21戦を通して3基のエンジンしか使用できない
    • 頭部を保護するためにフォーミュラーカーには頭部保護システムを導入しなければならない

    競技面、技術面の2種類で使われることが多いので間違えないように注意しましょう。

    ⑤建設・設計

    建設業界では建設・設計を行う際に用いる様々な基準やマニュアルをひっくるめて「レギュレーション」と呼んでいます。

    具体的なレギュレーションは以下の通りです。

    • 騒音対策をしておく
    • 倒壊を防ぐためにビルは○階まで

    他の業界と同じく様々な決まりごとが設定されており、それに合わせて建築・設計をします。

  • スポンサーリンク

  • 4.レギュレーションの類語

    レギュレーションの類語は以下の通りです。

    1. 規格
    2. 条令
    3. 決まり

    4-1.規格

    規格

    読み:きかく

    標準としての定め

    規格は 「標準としての定め」という意味です

    主に工業製品に使用されることが多く、寸法や形、質などをあらかじめ決めておくことで商品の質を落とさないようにすることが出来ます。

    「レギュレーション」は守らないと罰せられる可能性があるもの、規格は守らなくても罰せられるわけではないという違いがあります。

    ただし、規格に沿っていない商品で事故が起きた場合は罪に問われる可能性があるので、そういった意味ではレギュレーションと似ています。

    4-2.条例

    条例

    読み:じょうれい

    自治体内でだけ通用する法律

    「自治体」とは市町村や都道府県を、法律で人(法人)扱いした団体で、正式名称は「地方公共団体」と言います。

    「条例」とは、自治体内でだけ通用する法律です。

    例えば「歩き煙草禁止条例」や「迷惑行為防止条例」、ユニークなものだと「乾杯条例(京都:最初の一杯は地元酒で乾杯)」「朝ごはん条例(青森:朝はご飯を食べましょう)」などがあります。

    条例違反をした場合、法律と同じように罰せられます。

    しかし、現状としては 法律ほど効力が強いわけではなく、あくまでも「目標として頑張りましょう」という程度のものが多いです。「乾杯条例」や「朝ごはん条例」で罰せられては、大変ですからね。

    罰則がある条例もあるので、その点ではレギュレーションと似ています。

    4-3.決まり

    決まり

    読み:きまり

    決められた事柄

    決まりはそのままの意味ですね。

    一般的に決められたことではなく、「法律」で決められたとも捉えることが出来るのでレギュレーションと類語と思っていいでしょう。

    どの言葉も 「法律で支配をする」という意味であり、レギュレーションとほぼ似たような意味合いなのでぜひ覚えておきましょう。

    ではレギュレーションを英語で表現するとどうなるのでしょうか?

    5.レギュレーションの英語表現

    レギュレーションは英語で表記すると 「regulation」となります

    「規則、法規、法令」という意味であるため、英語で表記したほうがルールとの違いが分かるかと思います。

    英語で表現した例文は以下の通りです。

    You must not violate the regulations.

    規則(レギュレーション)に違反してはならない

    上記のようになります。

    外国の企業に資料を送る際に役立つと思いますのでぜひ覚えておきましょう。

    まとめ

    今回はレギュレーションの意味や使い方をご紹介していきました。

    レギュレーションの意味は 「規則、規定、法令」です。

    ルールと同義語のように思えますが、レギュレーションとの違いは「一般的な決まりごとか、法律で決められたことか」です。

    間違えないように注意してください。

    レギュレーションの意味を覚えているだけで、上司や取引先からも一目置かれる確率は高くなるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%