「レスポンス」が早い人間になる方法とは?意味や使い方も徹底解説

レスポンスの意味とは ビジネス用語

「レスポンス」は 英語で「response」と書き、「応答すること、反応すること」を意味します。

そこで、本記事では「レスポンス」が表しているさまざまな意味や使い方、さらにはレスポンスが早い人間になるにはどうするか?を解説します。

意味や使い方を把握することで、「レスポンス」のできる社会人として評価が上がりますよ。

1.「レスポンス」の意味と使い方

意味は、応答すること

レスポンス

読み:れすぽんす

意味:応答すること、反応すること

例えば、相手からの質問に対して回答することを「レスポンス」と表現します。

そのため、「レスポンス」が早いなど、連絡を取り合うことに対して使われています。

  • スポンサーリンク

  • ものづくりの「レスポンス」

    ものづくりの業界で「レスポンス」が使用される場合は、 「操作性」という意味で使用されています。

    レスポンが良いハンドル操作、と表現するとなめらかにハンドル操作ができるという意味になります。

    したがって、同じビジネスシーンでも全く異なった意味の言葉として使用されています。

    「レスポンスタイム」とは

    IT業界などでは「レスポンスタイム」という言葉が使用されています。

    「レスポンスタイム」とは、 入力からシステムが反応するまでのタイムラグや応答までの時間を表しています。

    そのため、レスポンスタイムが早いほどユーザーが使いやすい製品として認識されています。

  • スポンサーリンク

  • 2.「レスポンス」の語源は「response」

    「レスポンス」は英語の「response」が語源となった言葉です。

    「response」の意味は、日本語と同じく「応答」や「反応」です。

    したがって、英語表現でも日本語と同じニュアンスで使用できますよ。

    さて、「レスポンス」の意味は状況に応じて異なります。

    3.「レスポンス」を使った例文

    ここからは次の2つの状況に応じた例文を紹介します。

    ビジネスシーンなど、状況や意味に合わせた「レスポンス」の例文から使い方を把握してくださいね。

    3-1.「返信」や「返事」を表す場合の例文

    「レスポンス」を「連絡の返信」や「返事」として使用する場合、次のように表現します。

    • 問い合わせからのレスポンスが早くて助かった
    • レスポンスが遅いから仕事が進まない
    • レスポンスが早いから、彼の評価が高い

    「返事」として使用する場合、そのまま「レスポンス」へ言い換えるだけで意味が通じる表現となります

    また、「レスポンス」は速度で表すことが多いため、 「早い」「遅い」と併せて使用することで状況が伝わりやすくなります。

    特に「レスポンス」は早いほど評価が高いとされており、相手を褒める際にも使用できるのです。

    3-2.「応答」や「反応」を表す場合の例文

    「応答」「反応」という意味で「レスポンス」を使用する場合には、次のような文章で使用します。

    • アクセルのレスポンスが良いから運転しやすい
    • 入力から出力までのレスポンスタイムが早すぎる
    • 購入したお客さまからのレスポンスが好評である

    「返事」と同じく、「応答」や「反応」という言葉の代わりに「レスポンス」を使用することが多いです。

    ただし、こ の場合の「レスポンス」は早いから良いというものではありませんので、否定的な意味でも使用されます。

    また、「反応」という意味から「リアクション」という言葉と同じように使用される場合があります。

    したがって、「レスポンス」は幅広い用途で使用できる言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 4.「レスポンス」が早い対応が大切

    「レスポンス」は早いほど、あなたの能力が評価されます。

    そこで、次の2点について解説します。

    「レスポンス」の早い社会人を目指すためにも、しっかりとチェックしてくださいね。

    4−1.「レスポンス」が早い対応が大事な理由

    「レスポンス」が早いことが評価されるのは、 相手の待ち時間が短くなるからです。

    例えば、仕事に関する問い合わせがあった場合、「レスポンス」に時間がかかるとその間相手は作業ができません。

    そのため、「レスポンス」を早くすることで相手に負担を与えず、スムーズに仕事を進めることができるのです。

    また、顧客からの問い合わせに対しては「レスポンス」が遅くなるほど、与える印象が悪くなります。

    満点の回答がすぐに用意できない場合でも、その旨を伝える「レスポンス」を早くすることで、顧客へ良い印象を与えることができますよ。

    4−2.「レスポンス」が早い人になるための方法

    「レスポンス」が早い人になるためには、次の3つのポイントを気を付けましょう。

    • とりあえず始めること
    • メールはチェックしながら返信内容を記載する
    • 優先順位を付ける

    「レスポンス」が遅い人の特徴として、考えてから仕事に着手することが挙げられます。

    しかし、考えている時間は作業を行えないため、その分他の作業が後回しになってしまい、結果的に「レスポンス」が遅くなってしまうのです。

    そこで、考えるよりもまず仕事を始めるようにして時間を効率的に使用してください。

    特に、メールをチェックしている際には、読みながら返信を作成することで理解とともに「レスポンス」が完了します。

    そして、期限があるものから順に優先順位を付けてスケジューリングすることも「レスポンス」を早くするためには必要です。

    つまり、 仕事に着手するまでの時間を早くし、必要な作業から始めることで自然に「レスポンス」が早くなりますよ。

    まとめ

    「レスポンス」は「反応」や「応答」を表す言葉で、状況や使い方で意味が変わるため、使用する際には適切な言葉で表現する必要があります。

    また、インターネットが当たり前になったことで、「レスポンス」の速さがそのまま信頼や評価に繋がるのです。

    そのため、 「レスポンス」を早くして対応することが、現代のビジネスマンに求められています。

    ただし、いい加減な「レスポンス」では、早くても相手から信頼されることはありません。

    誠心誠意込めた「レスポンス」を心がけ、素早い対応を行いましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%