最近よく耳にする「リバイバル」とは?意味から英語表現まで徹底解説

リバイバルの意味とは ビジネス用語
 

最近はリバイバルブームだよね。

このように話している人を職場で見かけたことはありませんか?

ここで使われている「リバイバル」とは、 「一度廃れたものが再評価されること」を意味する言葉です。

今回は、この「リバイバル」という言葉について徹底的に解説します。

記事を読み終わるころには、「リバイバル」の意味や使い方、類語、英語表現までを完璧に理解できますよ。

1.「リバイバル」の意味:一度廃れたものが再評価されること

リバイバル

  1. 一度廃れたものが再評価されること。
  2. キリスト教における信仰の原点に立ち返ろうとする運動のこと。

「リバイバル」は、英語の「revival」を元にしたカタカナ語であり、「一度廃れたものが再評価されること」という意味で用いられます。

また、「キリスト教における信仰の原点に立ち返ろうとする運動のこと」も「リバイバル」という言葉で表されることがあります。

「信仰復興」の意味で使われるのですが、特に18世紀のアメリカで巻き起こったものが有名です。

2.「リバイバル」の使い方・例文

ここでは、「リバイバル」という言葉は具体的にどのようなときに使われるのかを詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「リバイバル」のよくある使い方

    「リバイバル」という言葉のよくある使い方としては、以下の3つが挙げられます。

    • リバイバルする
    • リバイバル現象
    • リバイバルブーム

    それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

    リバイバルする

    「リバイバルする」とは、 「一度廃れたものが再評価されること」 「生産が終了していたものを、再発売する」ときに使われます。

    日常会話ではもちろんのこと、最近はビジネスの場でも盛んに使われる言い回しなので覚えておくと便利ですよ。

    リバイバル現象

    「リバイバル現象」とは、 「かつて流行したファッションなどが再び流行する現象」を意味する言葉です。

    リバイバル現象は、ファッションや音楽、食品やおもちゃなど様々な分野で起こり得ます。

    クリエイティブなビジネスの場では、リバイバル現象をいかにして起こすか議論されることがよくあるので、覚えておきましょう。

    リバイバルブーム

    「リバイバルブーム」とは、「 様々な分野で一度廃れたものが再評価される現象が起こること」を意味する言葉です。

    ここ数年は、バブルのファッションや音楽が流行していますよね。

    このような昨今のバブル期を彷彿とさせるブームのことも、リバイバルブームと呼びます。

    2-2.ビジネスシーンで「リバイバル」を使う場面と例文

    次に、ビジネスシーンで「リバイバル」を使う場面を確認していきましょう。

    場面1.もう一度商品の人気を高めようと提案するとき

     

    数年前に売れたAという商品のリバイバルを目指しましょう。

    ビジネスシーンにおいて、「リバイバル」という言葉は人気があった商品を再度売り出そうと提案するときによく用いられます。

    最近流行っている「リバイバル」という言葉を使うことによって、自分の提案の有効性を裏打ちする効果が期待できますよ。

    場面2.病気だった同僚が元気を取り戻したとき

     

    インフルエンザにかかったんだって?もうリバイバルしたの?

    病気から復帰したことについても「リバイバル」という言葉が使われることがあります。

    相手の復活を喜ぶ意味で使われることが多いのですが、場合によっては失礼な印象を与えることもあるので、上司などの目上の人に使うのは避けましょう。

    続いて、「リバイバル」の類語・言い換え表現をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3.「リバイバル」の類語と例文

    「リバイバル」の類語・言い換え表現は以下の3つです。

    1. 復活
    2. 再興
    3. 再起

    では、1つずつ見ていきましょう。

    類語1.復活

    復活

    読み:ふっかつ

    1. 死んだものが生き返ること。
    2. いったん廃止したものや消失したものなどが、再びもとの状態に戻ること。

    ビジネスシーンで使うときには、「いったん廃止したものや消失したものなどが、再びもとの状態に戻ること」の意味で使われることが多いでしょう。

    「リバイバル」は一度日の目を見たものに使われることが多いものですが、「復活」は日の目を見ることなくお蔵入りになったものにも使うことができます。

    <例文>

    お蔵入りになっていた例の企画を復活させたいと考えています。

  • スポンサーリンク

  • 類語2.再興

    再興

    読み:さいこう

    意味:いったん衰えたものがもう一度勢いを盛り返すこと。

    「再興」は「リバイバル」の言い換え表現として違和感なく使うことができます。

    そのため、「リバイバル」という言葉を知らない人に「リバイバル」の意味を伝えたいときにはうってつけの言葉です。

    年配の人が多い会議などでは、「リバイバル」ではなく「再興」という言葉を使った方が親切でしょう。

    <例文>

    けん玉ブームの再興にあやかって、わが社でも新しい商品を開発しましょう。

    類語3.再起

    再起

    読み:さいき

    意味:悪い状態から力を盛り返し、再び活動を始めること。

    「再起」は、病気がなおって元気になることや、立ち直ることも意味します。

    基本的に「リバイバル」と同じ意味で使うことができますが、「再起」は特に状態が悪化してしまったものを立て直すときによく用いられます。

    <例文>

    再起を図るには、もうこの方法しかありません。

  • スポンサーリンク

  • 4.「リバイバル」の英語表現:revival

    「リバイバル」は、その語源となった 「revival」と訳されます。

    revival」が用いられた英文例としては次のようなものが挙げられます。

    <例文>

    • We aim for revival and reinforcement of the brand.
      (私たちはブランドのリバイバルと強化を目指します。)
    • There was a revival of Beigoma in the noughties.
      (2000年代にはベイゴマのリバイバルがあった。)
    • She held a revival concert at Nippon Budokan in Tokyo in April 2018.
      (彼女は2018年4月に東京の日本武道館でリバイバルコンサートを行った。)

    まとめ

    「リバイバル」は、英語の「revival」を元にしたカタカナ語であり、「一度廃れたものが再評価されること」という意味を表す言葉です。

    最近はリバイバルブームが巻き起こっているため、ビジネスシーンでも「リバイバル」という言葉が使われることが多々あります。

    また、「リバイバル」には「復活」「再興」「再起」など多くの類義語があります。

    皆さんも「リバイバル」やその類義語、英語表現をマスターしてビジネスシーンで役立ててくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事