「リスケ」は「リスケジュール」の略!その意味と使い方を徹底解説!

リスケの意味とは ビジネス用語

「リスケ」は、「予定や計画の変更」を意味します。

あらかじめ決まっていた予定の日程などを、何らかの理由で変更しなくてはならないといった場合がありますよね。

「リスケ」は、そのような時に使われるカジュアルな表現です。

今回は、「リスケ」の意味や使い方を、例文や対義語と共に詳しくご紹介します。

この記事を読めば、「リスケ」の意味が分からず困った経験のある方でも、自然に使いこなせるようになりますよ。

1.「リスケ」の意味

1-1.意味は「予定や計画の変更」

リスケ

読み:りすけ

意味:予定や計画の変更

「リスケ」は、「あらかじめ決まっていた予定や計画の変更」を意味します。

「リスケ」は、英語の「reschedule(リスケジュール)」を由来とするカタカナ略語です。

決まっていた予定の日時や期間を変更するときに使われる言葉ですが、カジュアルな表現であることを覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.金融業界における「リスケ」の意味

    「リスケ」は、「予定の変更」としての意味が一般的になっていますが、本来は別の意味を持っています。

    元々「リスケ」は、金融業界で使われる専門用語です。

    企業が資金の借入れをしている時に、銀行に「返済額の変更や先延ばしを申し込むこと」を「リスケ」と言います。

    いつからか、別の業種でも「日時の変更や先延ばしを申し込むこと」を指して使われるようになっています。

    2.「リスケ」の使い方・例文

  • スポンサーリンク

  • 2-1.決定していた日時を変更する時に使う言葉

    「リスケ」は、 会議などの日程の再調整が必要な時に使われます。

    ただし、「リスケ」は、主に親しい仲間内のカジュアルな会話に使われる言葉です。

    そのため、重要なお客や目上の方に対しては決して使わないよう気をつけましょう。

    ただでさえ、急な予定変更のお願いは丁寧にするべきです。

    しかし、「リスケ」という略語を使うことで、相手が馴れ馴れしい印象を受ける可能性も少なくありません。

    <例文>

    • 午後からのミーティングなのだけど、急にお客様が来ることになったのでリスケしてもいいかな?
    • この件を先に完了したいので、次のプロジェクトの開始はリスケします。
    • 来週のクライアントとの会食だけど、先方にリスケをお願いしておいてもらえる?
    • 会場のダブルブッキングで、イベントの開催日がリスケになった。

    2-2.丁寧に「リスケ」したい時の表現・例文

    ビジネスシーンなどでの丁寧な会話の中では、「リスケ」という言葉を使用せず、別の言い方で表現しましょう。

    「リスケ」を丁寧に言い換えるには、「日程を変更する」「立て直す」といった表現を使うことが出来ます。

    <例文>

    • すみません。その日に先約がありまして、日程をご変更いただけますでしょうか?
    • そのプロジェクトの全体スケジュールを立て直させていただく必要ががあります。
  • スポンサーリンク

  • 3.「リスケ」の類語・言い換え表現

    「日程を変更する」「立て直す」以外にも、「リスケ」を言い換えることの出来る類語があります。

    以下の2つの類語には、「リスケ」のようにカジュアルなニュアンスがないため、丁寧な会話の中でも使うことが可能です。

    • 再調整
    • 予定変更

    それでは、順に説明します。

    類語1.再調整

    再調整

    読み:さいちょうせい

    意味:手直し、修正

    「再調整」は、「一度完了させたものに再び手直しする」という意味です。

    日程の立て直しだけではなく、様々なものの状態に「再び手を加え良い状態にする」という意味を持ちます。

    例えば、「再調整」は以下のように使うことが出来ます。

    • 意見を再調整する
    • 色のバランスを再調整する
    • レンズのピントの再調整を行う

    「再調整」を「リスケ」と同じ意味で使う場合は、以下の例文を参考にしてください。

    <例文>

    • 視察団の来日に合わせ、議会の日程を再調整することになった。
    • 資料が間に合わないので、プレゼンの日時は再調整させてください。
  • スポンサーリンク

  • 類語2.予定変更

    予定変更

    読み:よていへんこう

    意味:あらかじめ決まった物事を変え改める

    「予定変更」は、「あらかじめ決まった物事を変えて改める」という意味を持ちます。

    「リスケ」と同じ、「予定や計画の変更」が必要な時に使う言葉であり、「リスケ」と同様に使うことが可能です。

    「予定変更」を「リスケ」と同じ意味で使う場合は、以下の例文を参考にしてください。

    <例文>

    • 大雪で飛行機が全便欠航になり、予定変更せざるを得ない。
    • 先日は、急な予定変更でお伺いできず申し訳ありません

    4.「リスケ」の対義語

    「リスケ」の対義語は「オンスケ」です。

    「オンスケ」の意味や使い方を、以下に詳しくご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 対義語1.オンスケ

    オンスケ

    読み:おんすけ

    意味:計画通り進行する

    「オンスケ」は、「あらかじめ決まっていた計画や日程が予定通り進行すること」を意味します。

    「オンスケ」は、英語の「on schedule(オンスケジュール)」を由来とするカタカナ略語です。

    確定している予定や計画に変更がなく、順調に進む状態を報告する時に使われます。

    <例文>

    • ベトナムに依頼した開発は、オンスケで進んでいるようです。
    • 変更が懸念されていた打ち合わせの予定ですが、オンスケで問題ありません。

    【補足】キャンセルを意味する「バラす」

    バラす

    読み:ばらす

    意味:物事をキャンセルする

    「バラす」とは、「予定などの物事をキャンセルすること」を意味します。

    決まっていたことが「リスケ」できない場合、それをキャンセルする時に使われる言葉です。

    一度固めた物事を「バラバラにする」という言葉が、略されて使われるようになりました。

    また、「バラす」は、本確定した予定というより、仮に決めておいた事を取り消す時に使うことが多い言葉です。

    <例文>

    • 次の定例会ですが、その日は部長の出席が難しく、一旦バラすことにしましょう。
    • 参加者の集まりが悪いので、今の予定はバラしてリスケしましょう。

    5.「リスケ」の英語表現

    「リスケ」を 英語で表現する場合は、動詞「reschedule」を用いましょう。

    reschedule

    読み:リスケジュール

    意味:予定や計画の変更

    「reschedule」は、「予定や計画の変更」を意味する英単語です。

    カタカナ語を使う場合、元々の英語の意味とかけ離れた使い方をされることはよくあります。

    しかし、「リスケ(リスケジュール)」は英語の「reschedule」とまったく同様の意味で使われています。

    そのため、英語で使う場合は、そのまま置き換えても問題ありません。

    ただし、英語では「reschedule」を「リスケ」と略すことはないので注意してください。

    <例文>

    • We should reschedule this meeting.

    私たちはこの会議をリスケするべきです。

    • The project has already been rescheduled.

    このプロジェクトは既にリスケされていますよ。

    まとめ

    「リスケ」は、「あらかじめ決まっていた予定や計画の変更」を意味する言葉です。

    「リスケジュール」の略語で、英語では「reschedule」と表記できます。

    仕事をしていると様々な予定や計画のスケジュールが変わってしまうことはよくあります。

    使う機会も多く、便利な言葉なので覚えておきましょう。

    ただし、「リスケ」は仲の良い同僚や、社外でも良好な関係の方とのカジュアルなやり取りで使う言葉です。

    そのため、「リスケ」は、目上の人との会話改まった場面などでは使わないようにしましょう。

    「再調整」「予定変更」といった類語表現もしっかり覚えて、うまく使い分けられると良いですね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事