「了承」の意味と使い方を詳しく解説!「承諾」との違いとは?

了承の意味とは ビジネス用語

ビジネスシーンでよく見かける「了承」は、定型文として何気なく使用している人が多いですよね。

「了承」は 「引き受けること」「納得すること」という意味があり、返事や返信に使用されている言葉です。

しかし、「了承」は使い方や表現方法によって、相手へ不快感を与えてしまう場合があるのです。

そこで、「了承」の意味や使い方について詳しく解説していきます。

さらには「了承」と同じように使われる「了承」や「承諾」との違い、類語についても解説します。

それぞれの意味をしっかりと把握して、間違えずに使えるようになってくださいね。

1.「了承」の意味

「了承」の意味は以下です。

了承

読み:りょうしょう

意味:引き受けることや納得すること

ビジネスシーンで使用される「了承」は、相手からの要望に対する答えとして使用するのが一般的です。

また、「了承」は目下の人に使用します。

したがって、目上の人に「了承」を使用すると不快感を与えることがあるため注意しましょう。

2.「了承」の使い方と例文

次は、「了承」の使い方と、それに応じた例文を紹介します。

「了承」は主に以下の2つの使い方で分けられます。

  1. 納得することを表した言葉
  2. 相手に納得してもらう表現

意味や思いに合わせた表現方法で、「了承」を使えるようにチェックしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 2−1.納得することを表した言葉

    相手からの提案に応じる場合には、次のように「了承」を使用します。

    <例文>

    • そちらの案件了承いたしました。
    • ご了承いただきありがとうごさいます。

    また、相手がこちらの要望に応じてもらった場合にも、 お礼を伝えるために「了承」を使用します。

    注意が必要なのは、「了承」が目下の人に使う言葉だということです。

    そのため、必ず「ご」や「いただく」など敬語表現や謙譲表現を使用し、相手を敬うように使用してください。

    2−2.相手に納得してもらう表現方法

    「了承」を次のように使用することで、相手へ納得を促す表現へと変化します。

    <例文>

    この場合、こちらから納得することを前提にお願いをしています。

    そのため、 「了承」の前に相手へのお詫びを付け加えることで、不快感を与えることが少なくなります。

    また、「あらかじめ」「前もって」という言葉を付けることで、事前に納得してもらうことを強調しています。

    トラブルを回避するために使用される表現ですので、返信を待たずにお願いする場合には、この表現方法を使用してくださいね。

    「了承」という言葉には、「了解」や「承諾」といった類語がいくつかあります。

  • スポンサーリンク

  • 3.「了承」の類語と使い分け

    「了承」には次のように3つの類語があります。

    1. 了解
    2. 承諾
    3. 容赦

    これらの意味と「了承」との違いを知れば、使い分けができるようになりますよ。

    それぞれ見ていきましょう。

    3-1.「了解」

    「了承」と同じように使用される「了解」には 「理解する」という意味があります。

    つまり、納得するのではなく、説明した内容を把握したことを伝える言葉です。

    そのため、納得したり許可したりするなど、まだ判断は行っていないことに注意してください。

    「了解」は目上の人には使えない

    「了承」と同じように「了解」も目上の人に使えない言葉になります。

    ビジネスシーンでは「了解」が上司から部下へ使用していたため、目下の人に使用するのが通例だからです。

    もし、同様の意味を伝えたい場合には 「ご理解ください」と使い分けけくださいね。

    <例文>

    • 予算の件、了解いいたしました。
    • こちらの仕様での案内となりますことをご理解ください。
  • スポンサーリンク

  • 3-2.「承諾」

    「了承」と「承諾」の違いは許可があるかないかです。

    「了承」は納得したことを表しますが、「承諾」は「許可する」ことを表しています。

    自分が判断する立場でない場合には「承諾」を使用するのは避けましょう。

    「承諾」は引き受けること

    「承諾」の意味をもう少し噛み砕くと 「引き受ける」ことを表しています。

    つまり、相手が提案した仕事の内容に対して同意し、その仕事を行うことを「承諾」の一言で表しているのです。

    「了承」と同じ意味で使用すると、大きな問題が発生する可能性があるため、「承諾」の使用には十分に注意しましょう。

    <例文>

    • この案件に関して、以下の仕様でご承諾いただけますでしょうか?
    • その条件で仕事を承諾させていただきます

    3-3.「容赦」

    「了承」と同じように使用される「容赦」は、同様に納得を得るために使用する言葉です。

    ただ、「容赦」には「許す」という意味が含まれており、 不手際をかけたこと(かけること)を許してほしい際に使用します。

    そのため、「了承」よりも相手に申し訳なさを伝える言葉として認識されています。

    「容赦」には謝罪の意味がある

    「容赦」の許すという意味を相手に向けることで、自分を許して欲しい、つまり 「謝罪」の意味が含まれています。

    そこで、あらかじめ「容赦」を相手へ伝えることで、不手際が生じた際の予防線として使用することもできます。

    また、タイムラグによって入金や連絡を重ねて催促する場合があります。

    このような場合でも「容赦」を使用した一文を入れておくことで、顧客からのクレーム予防として使用できますよ。

    <例文>

    • ご容赦いただけますようお願いいたします。
    • 行き違いが生じた場合には、なにとぞご容赦ください。
  • スポンサーリンク

  • 4.「了承」の英語表現

    「承諾」を英語で表現する場合には、次の3つの単語を使用し表現します。

    1. approve
    2. agree
    3. understanding

    同じ「了承」という意味でも、それぞれニュアンスが異なりますので、適切な表現ができるようになりましょう。

    4-1.「approve」

    「了承」と同じような意味を持つ英語表現として「approve」が挙げられます。

    「approve」の意味は 「承認する」「認可する」「認める」という意味があり、意見に対して同意する際によく使用されているのです。

    また、「approve of」という形でも使用しますので、文章や内容に応じて使い分けてくださいね。

    前向きな回答として使用することができますので、意見に賛同したい場合には「approve」を使用しましょう。

    <例文>

    • I approved the scheme.
      「私はその案に賛成だ。」
    • I approve of your way of thinking.
      「私はあなたの考え方を認めます。」

  • スポンサーリンク

  • 4-2.「agree」

    「agree」は 「同意する」「賛成する」という意味です。

    さらに、「agree on」という表現を使用することで「合意する」という意味となります。

    この表現は、会議などでお互いの意見を出し合った最後のまとめとして使用します。

    また、「agree」は「一致する」場合によく使用されるため、「納得」や「同感」というニュアンスで使用するのも良いでしょう。

    <例文>

    • I agree with you about the need for it.
      「その必要性についてはあなたと同じ意見です。」
    • We agreed on the new terms.
      「私たちは新しい条件に合意した。」

    4-3.「understanding」

    「understanding」も「了承」という表現で覚えておくと便利な言葉です。

    ただ、「understanding」はもともと「理解する」という意味があるため、どちらかというと 「了解」というニュアンスで使用してください。

    また、「合意」「申し合わせ」というように意見の一致を表すこともできますので、使い所が多い便利な表現ですよ。

    <例文>

    • We have reached an understanding with them.
      「私達はは彼らと合意に至った。」
    • I ask for your kind understanding.
      「ご理解お願いいたします。」

    まとめ

    「了承」には「引き受けること」「納得すること」という意味があり、相手からのお願いに「同意」「納得」する際に使用されます。

    また、こちらからお願いする場合にも使用できる、非常に便利な言葉です。

    ただし、目下の人にしか使えないことや、類語との意味の違いなど、 状況によって思っていることとは違った表現を伝えてしまう場合があります。

    そのため、「了承」だけでなく類語の意味にをしっかりと抑えて、ビジネスシーンで「了承」を適切に使用できるようになりましょう!