「ささやかながら」の意味とは?シチュエーション別で使い方を解説

ささやかながらの意味とは ビジネス用語

プレゼント受け取る時に、あなたも一度は「ささやかながら」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「ささやかながら」とは 「大したものではありません」という意味で使用し、謙遜した気持ちを表す言葉です。

プレゼントを渡す時や、招待状の書面などで用います。

この記事では「ささやかながら」の正しい意味と、シチュエーション別での使い方をわかりやすく解説。

ぜひ参考にしてくださいね。

1.「ささやかながら」の意味:「大したものではありません」という謙遜した気持ち

ささやかながら

「大したものではありません」という謙遜した気持ち

「ささやか」とは、「小さい様」「取るに足らない」という意味です。

「~のまま」という意味を表す「ながら」と合わせることで、「取るに足らないままですが」という意味を表します。

「立派なものではありません」という謙遜した気持ちを表す時に使用する言葉です。

2.【シチュエーション別】「ささやかながら」の使い方と例文

この章では「ささやかながら」の使い方をシチュエーション別に見ていきましょう。

「ささやかながら」がよく使用される場面は次の通りです。

  • プレゼントや贈り物を渡す時
  • 送別会
  • 結婚式
  • お礼

それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • プレゼントや贈り物を渡す時に「ささやかながら」を使う場合

    「ささやかながら」という言葉を使って渡すことで、プレゼントを受け取る相手にも気を遣わせないという配慮をすることができます。

    例文を見ていきましょう。

    例:ささやかながら誕生日プレゼントを用意したので、お受け取りください

    この例文は「大したものではありませんが、誕生日プレゼントを用意したのでお受け取りください」という意味です。

    プレゼントや贈り物を渡す時に用いる「ささやかながら」は 「大したものではありませんが」という謙遜の気持ちを表します。

    本当に「大したものではないものを渡している」というわけではありません。

    送別会で「ささやかながら」を使う場合

    送別会で「ささやかながら」という言葉を使う場合を見ていきましょう。

    例:この度は、○○部長がご退職される旨を伺いました。ささやかながら○○部長への感謝の意を込めまして、送別会を催させて頂こうと思います。

    この例文は「○○部長が退職をすると伺ったので、立派なものではありませんが感謝の意を込めて送別会を開こうと思っています」という意味です。

    送別会で「ささやかながら」を使用する場合、自分が用意した「送別会」に対して用います。

    自分以外の誰かが用意した送別会に対して「ささやかながら」を使用すると、用意してくれた相手に対して失礼に当たるので注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 結婚式で「ささやかながら」を使う場合

    結婚式で「ささやかながら」を使う場合を見ていきましょう。

    【結婚式のスピーチ例】

    本日はお忙しいところ、私たち二人のためにお集まりいただき誠にありがとうございます。本日は、日ごろお世話になっている皆に、ささやかながら宴席を設けさせて頂きました。どうぞ皆様、お楽しみいただき、おくつろぎ頂ければ幸いです

    この例文の「ささやかながら」は「立派な宴席ではありませんが、皆様どうぞお楽しみください」という意味です。

    結婚式で「ささやかながら」を使用する場合、招待状やウェルカムスピーチなどで自分達が開く宴に対して用います。

    お礼として「ささやかながら」を使う場合

    お礼として「ささやかながら」を使う場合を見ていきましょう。

    例:昨日は大変お世話になりました。ささやかながら、お品物をお送りしましたので受け取っていただけると幸いです。

    この例文は「大したものではありませんが、お品物をお送りしたので受け取っていただけたら嬉しいです」という意味です。

    お礼をする場面で「ささやかながら」を使用する時、お礼のしるしに送る品物に対して使用します。

    送る品物に対して「ささやかながら」を使用することで、 相手も遠慮せずに受け取りやすくなりますよ。

    次の章では「ささやかながら」と「つまらないものですが」の使い分けと、「ささやかながら」の注意点について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 3.「ささやかながら」と「つまらないものですが」の使い分け

    「ささやかながら」と「つまらないものですが」の使い分けについて見ていきましょう。

    つまらないものですが

    「ささやかながら」と「つまらないものですが」の使い分けは 「ビジネスシーンやお詫びの場面で使用しても失礼にならないかどうか」です。

    「つまらないものですが」は 「私にとっては精一杯選んだ物ですがあなたにとっては大したものではないかもしれません」という謙遜の意味を表します。

    「ささやかながら」と「つまらないものですが」は、どちらも自分が送る品物に対して謙遜の意を表す言葉です。

    しかし「つまらないものですが」は、シチュエーションによっては相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があります。

    例えば、ビジネスシーンやお詫びの際に「つまらないものですが」を用いると、「大したものは渡していません」というネガティブな意味合いで取られてしまう可能性があるのです。

    ビジネスシーンやお詫びの場面では、誤解を生まないためにも「ささやかながら」を使用してください。

  • スポンサーリンク

  • 4.「ささやかながら」の注意点

    「ささやかながら」を使用する上での注意点を確認しましょう。

    自分や身内のものに対して使う

    「ささやかながら」は、自分や自分の身内のものに対して使うように注意しましょう。

    なぜなら 「ささやかながら」は「立派なものではありませんが」という意味なので、相手のものに対して使うと失礼にあたるからです。

    例を見てみましょう。

    例:○○が開いてくれた誕生日会、ささやかながら楽しかったね

    この例文は「○○が開いてくれた誕生日会、立派ではなかったけど楽しかったね」という意味です。

    相手の物に対して「ささやかながら」を使用すると、ネガティブな印象を与えてしまい相手に失礼にあたる可能性があります。

    「ささやかながら」を使用する場合は、自分もしくは身内のものに対して使うようにしてください。

  • スポンサーリンク

  • 5.「ささやかながら」の英語表現

    「ささやかながら」の英語表現は「a little something」です。

    例文を見ていきましょう。

    例:Here’s a little something for you.(ささやかながら、あなたに渡したいものがあります)

    「ささやかなプレゼント」としたい場合は、「a little present」と言い換えることができます。

    「a little something」は直訳すると「ちょっとした何か」という意味なので、 「何か」が明確場合は状況に合わせて単語を変えてくださいね。

    まとめ

    「ささやかながら」は「大したものではありません」という謙遜した気持ちを表します。

    結婚式や贈り物を渡す時など、様々なシチュエーションで用いる言葉です。

    「ささやかながら」と一言添えてプレゼントを渡す事で、相手も遠慮せずに受け取ることができますよ。

    ただし、相手のものに対して「ささやかながら」という言葉を使ってしまうと、失礼にあたるので使い方には注意してくださいね。

     

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%