「させていただく」が使える2つの条件とは?正しい使い方を解説!

させていただくの意味とは ビジネス用語

「させていただく」は、 「させてもらう」をへりくだって言う謙譲表現です

丁寧に聞こえる便利な表現ですが、実は「させていただく」を使って良いシーンは「相手に許可をもらって何かをするとき」「自分に恩恵がある」の2つに限定されています。

この記事では、2つの条件と、失礼にならない使い方のポイントを解説します。

1.「させていただく」の意味

「させてもらう」のへりくだった言い方

させていただく

読み方:させていただく

させて貰うときに使う敬語。謙譲語の一つ。

「させていただく」は させて貰うときに使うへりくだった言い方です。目上の人や、お客に使うビジネスシーンでは大切な言い回しです。

「させていただく」は以下のような使い方をします。

例文

  • 次回、部長に同行させていただけないでしょうか?
  • ご依頼の荷物を搬入させていただきます
  • 本日の仕事は私が同行させていただきます

この場合、自分の立場を下げて、相手を持ち上げる言い方となります

  • スポンサーリンク

  • 2.「させていただく」が使える2つの条件

    「させていただく」には、当然使うべき場面や条件があります。

    ここではそのポイントを紹介します。

    ①相手に許可を得て何かをする

    「させていただく」を使うべき場面の一つ目は 相手に許可を得る必要がある場合です。

    以下のような場面が「させていただく」を使う具体例です。

    1. 会議に出席する
    2. 求人に応募する

    会議を出席する場合は、会議の主催者に出席の許可を得る必要があります。

    同じように、仕事に応募する場合は、採用担当者に応募の許可をもらう必要があります。

    そのため、以下の様な例文になります。

    例文

    1. 必要に応じて、会議に出席させていただきます
    2. 御社の求人に興味があり、応募させていただきます
  • スポンサーリンク

  • ②自分に恩恵がある

    また、 恩恵(おんけい)があることも「させていただく」を使う場合に必要な条件となります。恩恵とは、自分に特や利益があることです。

    例えば、以下のようなシーンなら、自分に恩恵があるので正しい使用場面になります。

    例文

    • ご要望を踏まえて、提案させていただきます
    • 弊社の製品を、紹介させていただきます
    • 飲み会に参加させていただきたく思います。

    しかし以下の様な例は恩恵があるとは言い難いです。

    例文

    • ×:書類を提出させていただく
    • ×:出勤させていただく

    それが自分の為、つまり恩恵になるのだから、という価値観は人それぞれあるでしょう。

    しかし、一般的に考えてそれがもとから必要な仕事であるような場合には、あえて「させていただく」をつける必要はありません。

    3.こんな「させていただく」は相手に失礼

    相手を敬うにしても、やたらに使うと失礼になる場合もあります。

    ここでは以下の失礼になる可能性があるパターンを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • ①しなければならないことに対して使う

    常識的に考えて しなければならないことをする時に「させていただく」を使用すると、場合によっては失礼になります。

    その最たる例が挨拶だと言われています。挨拶は、するのが当たり前です。許可を取ってわざわざするのは失礼です。

    以下の様な例を見ることも多いでしょう。

    <例文>
    明日、挨拶にうかがわせていただきます。

    意図的には、その時間お邪魔しても宜しいでしょうか?というスケジュールの確認があり、「させていただく」が使われがちです。

    ですので、その場合には以下の様に、 相手に直接スケジュールを聞く方が、より丁寧となります。

    <例文>
    明日、挨拶にうかがいたいと思っておりますが、お時間頂くことは可能でしょうか?

    ②敬語が重なってしまう

    「させていただく」は敬語なので、 敬語が二つ重なってしまうと文法としては間違いとなってしまいます。これは文化庁敬語の指針」によって定められている為です。

    例えば先程紹介した挨拶を例に出しますと以下のようになります。

    <例文>
    ご挨拶させていただく。

    ご挨拶+させていただくの二重の敬語となってしまいます。挨拶に「ご」を付けて敬語にしている上に、「させていただく」という謙譲語を使っています。

    この場合、以下の様に言い換えることが可能です。

    • 伺いたいと思います。
    • 挨拶させていただきます。
  • スポンサーリンク

  • ③自分の役職等を名乗る

    自分の役職を名乗る時には、「させていただく」を使うのは間違いです。

    例文

    ×:○○長を務めさせていただいております。

    役職はそもそも、任命されたり、自分の仕事として務めているものですので、 恩恵はあれど、許可を得る必要はありません。

    正しくは以下のようになります。

    例文

    • ○○長を務めています、○○です。
    • ○○マネージャーを担当しています、○○です。

    4.正しく「させていただく」を使う2つのポイント

    「させていただく」を使う条件を知っても、本当に正しいのかどうかなかなか判断が難しいものです。

    ここでは、「させていただく」を使うポイントを知るコツを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • ①「いたします」で足りるかどうか

    「させていただく」を使う際のポイントは許可と恩恵です。もし、「させていただく」を使おうと思ったときには、そのポイントを思い出しましょう。

    しかし、許可と恩恵といっても判断が難しいでしょう。

    許可を取る必要があるか、恩恵があるかと考えるのが難しければ 簡単に「いたします」で良いか考えて て下さい。

    例えば、仕事で必要な書類を提出するのは当たり前で、出したからといってそれだけで恩恵があるわけではありません。

    その時に以下のような例文ではどうでしょうか。

    例文

    書類を提出いたします

    全く、違和感がありません。いたしますと言って失礼で無いかと考えると、「許可が必要か」「自分に恩恵があるか」が判断しやすいです。

    ②「さ入り言葉」に注意

    「させていただく」で間違えやすいのはさ入り言葉です。これは敬語の言い回しの間違いです。

    さ入り言葉は、以下のような具体例があります。

    <例文>

    1. 頼まさせていただきます。
    2. 飲まさせていただきます。

    一見正しいようですが、 「さ」が余分な言い方になっています。

    この場合、以下の様に言うのが正解です。

    <例文>

    1. 頼ませていただきます。
    2. 飲ませていただきます。

    「さ」を抜くことですっきりとした言い回しになり、聞こえやすくなりますので覚えておきましょう。

    5.「させていただく」の英語表現

    海外に行ったときに使える「させていただく」の表現を紹介します。

    どの様な表現なのか、参考にしてみてください。

    敬語の謙譲語にあたる

    「させていただく」は敬語の一種で、謙譲語にあたります。

    ですので、へりくだり、 相手を持ち上げる(立てる)用途で使われます。

    英語にはない感覚

    敬語は日本独特の表現とも言われます。

    その一種である 謙譲語は、英語には無い表現のひとつです。

    ですので、基本的には英文にはない表現です。

    どうしても使いたければ「I’d (I would) like to」

    英語でどうしても「させていただく」を使う場合は「I’d (I would) like to」を使います。

    英語には基本的に敬語が無いため、へりくだる言い方をする場合は、こうすることで 相手と距離を置き、敬意を払うことが出来ます。

    例文を紹介します。

    例文

    I’d like to visit your house.
    (貴方のお宅にうかがわせていただきます。)

    まとめ

    「させていただく」は 「させてもらう」をへりくだって言う謙譲表現です。

    「許可が必要なこと」「恩恵を受けること」という、2つの条件が揃っている時に使うのが正しい言葉です。

    しかし、敬語の謙譲語である「させていただく」は、ビジネスシーンでは乱出してしまいがちな言葉です。使い方を間違えると失礼にあたるかもしれません。

    ポイントは、その行動に許可が必要であるかどうかです。そして自分に恩恵のあることかどうかも重要です。是非、正しく使って失礼のないようにしましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事