「青天の霹靂」の正しい意味と使い方は?「晴天」とするのは間違い?

青天の霹靂の意味とは ビジネス用語

「青天の霹靂」という言葉を見聞きしたことのない人はほとんどいないのではないでしょうか?

小説やテレビ番組などでもよく登場する言葉ですし、最近では映画のタイトルになったり、青森県産のお米の名前としても広く知られています。

しかし、 「青天の霹靂」そのものの意味をきちんと理解できていますか?

いざ使う時に、間違ったり迷ったりしないためにも、この機会に「青天の霹靂」の意味や使い方をしっかりマスターしておきましょう!

1.「青天の霹靂」の意味

「青天の霹靂」は『せいてん の へきれき』と読みます。「青天」は何となく分かるとしても、「霹靂」はなかなか普段目にする言葉ではないですよね。

まずは、「青天の霹靂」の正しい意味や成り立ちについて見ていきましょう。

1-1.意味は『突然の変動・大事件』

「青天」は『青く晴れ渡った空』を、「霹靂」は『急に雷が激しくなること』を意味します。

つまり、雲一つない晴れ渡った青空に突然雷が鳴り出すということが、『予期しない突然の出来事・事件』の比喩となっているのです。

簡単に言えば、「青天の霹靂」とは『突然に起こるびっくりするようなこと』を意味する言葉なのです。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「青天の霹靂」の由来は中国の詩人

    「青天の霹靂」の由来は、中国南宋の有名な詩人「陸游(りくゆう)」の『九月四日鶏未鳴起作(九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る)』という詩であると言われています。

    この詩の中の「青天に霹靂を飛ばす」という一節が語源となっています。

    この詩を書いているとき、陸游は病床に臥せっていました。その陸游が突然起き出し、筆を走らせたそうです。

    その筆の勢いを雷に例えた表現が「青天の霹靂」なのです。

    1-3.【NG】『晴天の霹靂』としないよう注意!

    「青天」の『青く晴れ渡った空』という意味から、「晴天の霹靂」と思っている人も少なくないようです。

    しかし 、「晴天の霹靂」とするのは間違いです。語源である陸游の詩に倣えば「青天」が正しい漢字となります

    意味としては通じるかもしれませんが、文字にする際は間違えないように十分注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.「青天の霹靂」の使い方・例文

    「青天の霹靂」は文書や会話、メディア等でもよく使われていますよね。

    色々な場面で、色々な使われ方をする「青天の霹靂」、この機会に正しい使い方を確認しておきましょう。

    2-1.いい意味にも悪い意味にも使える!

    「青天の霹靂」は、突然の出来事や事件に驚いたときや、予想外の展開に戸惑ったときなどに使う言葉です。

    その内容が、ポジティブなものでもネガティブなものでも使うことができます。

    いい意味・悪い意味の両方を表現することができるので、色々な場面で使えそうですね。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「青天の霹靂」を使った例文

    次は、「青天の霹靂」をどのように使うのかを意味別に見ていきましょう。

    【いい意味の「青天の霹靂」】

    • 社長から直々にプロジェクト担当者として指名されるなんて、青天の霹靂です。
    • 学生時代に憧れていた先輩と街で偶然再会したのは、まさに青天の霹靂だった。

    これらは、いずれも「嬉しい出来事」に対して使われています。

    『ビックリするほど嬉しい』という喜びの大きさを表現することができます。

    【悪い意味の「青天の霹靂」】

    • 青天の霹靂というべきは、取引先の会社が突然倒産してしまったことだ。
    • ○○の株価が急落するなんて青天の霹靂だ。

    対して、これらは「ショッキングな出来事」について使われています。

    『突然の出来事で言葉も出ない・驚きを隠せない』というように、ショックの大きさを表現する際に用いられます。

    3.「青天の霹靂」の類義語・対義語

    「青天の霹靂」と同じような意味を持つ言葉には、以下のようなものがあります。

    使う場面や相手に合わせて、使い分けるのもいいかもしれませんね。

    • 足下から鳥が立つ:身近なところで意外なことが突然起こること。
    • 寝耳に水:不意の知らせや出来事に驚くこと。
    • 藪から棒:予期せぬことが唐突に起こること。

    また、反対の意味を持つ言葉としては、

    • 予定調和:予想される流れに沿って自体が動き、結果も予想通りであること。
    • 示し合わせ:前もってひそかに相談しておく。互いに合図をして知らせ合う。

    などがあります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「青天の霹靂」の英語表現

    「青天の霹靂」を英語で表現すると、“out of the blue”となります。

    “out of the blue” は『出し抜けに』『突然に』『ビックリした』という意味合いで、主に会話の中で使われます。

    しかし、”out of the blue” は、少しくだけた印象を与える言葉なので、 ビジネスシーンや改まった文書などでは “all of a sudden”(『不意に』『急に』)を用いた方が適切です。

    例文:The chairman resigned out of the blue.(議長の辞職は青天の霹靂だった。)
    例文:It was decided all of a sudden for you to change your job.(あなたが転職するなんて青天の霹靂だ。)

    5.まとめ

    いかがでしたか?「青天の霹靂」の意味や使い方を確認してきました。

    見聞きする機会の多い言葉だからこそ、きちんとマスターしておきたいですよね。

    ビジネスシーンなどでは「驚いた」「ビックリした」と言うよりも、「青天の霹靂でした」の方が知的でかしこまった印象になりますね。

    きちんとした日本語を使いこなすことで、きっとあなたの社会人としての評価もアップすることでしょう。

     

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事