「寂寥感(せきりょうかん)」の意味は?例文でわかりやすく解説

寂寥感の意味とは ビジネス用語

「寂寥感」は「せきりょうかん」と読み、物悲しい気持ちや様子のことを表す言葉です。

普段の会話ではあまり使わない言葉なので、意味どころか読み方さえも、はっきりわからないのではないでしょうか。

情緒的な表現なのでビジネスではあまり使いませんが、小説などではよく見る言葉なので知っておくと便利でしょう。

ここでは、そんな 「寂寥感」の詳しい意味や使い方を、例文を確認しながらわかりやすく解説していきます

1.「寂寥感」の意味

物悲しい・人気のない寂しい景色

寂寥感

読み方:せきりょうかん

意味:物悲しい気持ちを表したり、人気のない寂しい景色の様子

物悲しい気持ちを表したり、人気のない寂しい景色の様子などを表現するのに使う言葉です。

寂寥感とは、「寂寥」+「感」の2つの言葉から成り立っています。

  • スポンサーリンク

  • 寂寥の意味は「寂しい」「むなしい」

    「寂寥」には次の意味があります。

    • 静かで物悲しい
    • 人恋しく寂しい
    • むなしい
    • 侘しい

    つまり「寂寥感」は、上記のような気持ちを感じている・雰囲気があるという意味で使います。

    2.「寂寥感」の正しい使い方と例文

    寂寥感の使い方

    「寂寥感」は普段の会話ではあまり使いませんが、小説やテレビのナレーションなどではよく見聞きする言葉です。

    正しく使えば表現力が豊かな印象になりますし、文章の質を高めることができる言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 「罪悪感」など「~感」のついた言葉と同じ使い方をする

    基本的には、罪悪感」などの「~感」のついた言葉と同じ使い方大丈夫です

    具体的に、次のような言い回しがよく使われます。

    • 寂寥感がある。
    • 寂寥感が広がる。
    • 寂寥感に襲われる。
    • 寂寥感に捉われる。
    • 寂寥感に苛まれる。

    どれも「~感」のついた言葉の使い方として、聞いた事がある言い回しだと思います。

    例文

    • この辺りは寂寥感がある風景だ。(この辺りは物寂しい風景だ)
    • 映画の結末に寂寥感が広がった(映画の結末に物悲しい気持ちになった)
    • 寂寥感に捉われないように仕事に没頭する(虚しさに捉われないように仕事に没頭する)
    • 子供が巣立って寂寥感に苛まれる(子供が巣立って寂しさに苛まれる)

    このように「寂寥感」を使うと、単に「寂しい」というよりも賢い印象になります。

    「寂寥」を使ったその他の表現

    「寂寥」だけでも、「寂寥感」と同じ意味を表すことができます。

    「寂寥」を使う場合には、 「~たる」とあわせて「寂寥たる○○」というように使われることが多いです。

    例えば、次のように使います。

    例文

    • 寂寥たる思い(物寂しい気持ち)
    • 寂寥たる景色(物寂しい景色)
    • 寂寥たる日々(虚しい日々)

    少し古めかしい言い方ですが、文章では時々見かけますので覚えていくといいでしょう。

    続いて、意外とやってしまいがちなミスを紹介しているので、チェックしてください。

  • スポンサーリンク

  • 3.「寂寥感」の間違った使い方

    寂寥感の間違った使い方

    間違い1.寂寥感と反対の意味の言葉を合わせて使う

    「寂寥感」は寂しさや侘しさを表現する言葉なので、次のような使い方はしません。

    間違い】寂寥感豊かな景色

    一見すると違和感がありませんが、物事が寂しいという意味のある言葉に、「豊か」という多いことを表す言葉は合わないので注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 間違い2.「寂寥感」を「感じる」という二重表現をする

    「寂寥感」を使う時に間違いやすいのが、次の例文のような 二重表現です。

    二重表現とは、同じ意味の言葉を重ねて使ってしまうことを言い、言葉に敏感な人でも間違いやすいので要注意です。

    間違い】私は寂寥感を感じている。

    「寂寥感」自体が「寂寥を感じる」という意味がありますので、上記の文は 「感じる」という意味の言葉を2度繰り返しています

    例えば、「腹痛が痛い」と言っているのと同じで、言葉としておかしいのです。

    上記の例文は、正しく直すと次のようになります。

    • 私には寂寥感がある。
    • 私は寂寥を感じている。

    二重表現は聞きなれてしまって違和感がないことが多いのですが、うっかり使わないように気をつけてください。

    4.「寂寥感」の類語と例文

    寂寥感の類語

    「寂寥感」は、 親しい人のとの会話では少し堅苦しい感じがしますし、相手によっては意味が伝わらないかもしれませんね。

    そんな時には、「寂寥感」の代わりに次のような類語を使ってみてください。

    • 物寂しい(なんとなく寂しい)
    • 心寂しい(孤独で人恋しい寂しさ)
    • 空虚感(うつろな気持ち)
    • 孤独感(一人きりで寂しい)
    • 喪失感(何かを失った虚しさ)

    どの類語を使うかは、前後の文脈から汲み取るようにします。

    次に、よく使われる類語の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください。

    類語1.物悲しい

    物悲しい

    読み方:ものかなしい

    意味:なんとなく寂しくて沈んだ気分

    物悲しいには、詳しく解説すると、次のような意味があります。

    1. 人恋しく寂しい
    2. 理由もなく寂しい

    このように、 なんとなく寂しいといった、沈んだ気分をいう時に使う言葉です

    「寂寥感」と置き換えて使うのであれば、次の例文のように使います。

     例文

    • 寂寥感のある音楽が聞こえてきた。⇒物悲しい音楽が聞こえてきた。
    • 秋風が吹いて胸に寂寥感が広がる。⇒秋風が吹いて胸に物悲しさが広がる。

    類語2.心寂しい

    心寂しい

    読み方:こころさびしい

    意味:孤独で人恋しいような寂しさ

    心寂しいには、次のような意味があります。

    1. 孤独で憂鬱な気持ち。
    2. 生き物などの姿がなく、寂しい。

    上記のように、 孤独で人恋しい気持ちなどを表現する時によく使います

    「寂寥感」と置き換えて使うのであれば、次の例文のように使います。

     例文

    • 寂寥感のある風景で帰りたくなる。⇒心寂しい風景で帰りたくなる。
    • 一人残されて寂寥感がある。⇒一人残されて心寂しい感じがある。

    類語3.空虚感

    空虚感

    読み方:くうきょかん

    意味:心にぽっかり穴が空いたような寂しさを感じること

    空虚感には、次のような意味があります。

    1. 虚しさ
    2. うつろな気持ち

    何かを失って欠乏を感じているような時に、よく使われます

    「寂寥感」と置き換えて使うのであれば、次の例文のように使います。

     例文

    • 子供が巣立って寂寥感に捉われる。⇒子供が巣立って空虚感に捉われる。
  • スポンサーリンク

  • 5.「寂寥感」の英語表現と例文

    寂寥感の英語表現

    日本語の「寂寥感」にそのまま当てはまる英語はなく、その時々で「孤独」や「悲しい」といった言葉を当てはめて使います。

    「寂寥感」を英語で表現する時によく使われるものに、次にあげる3つがあります。 

    それぞれ少しずつ意味が違ってきますので、 日本語の意味に一番近くなる単語を選ぶようにします。

    英語1.「 lonely 」

    「lonely」は、単に孤独な状態を言う以外にも、次のような意味があります。

    • 心細い
    • 孤独で寂しい
    • 人里離れて寂しい

    lonely」は、具体的には次の例文のように使います

     例文

    • I lose work and am lonely.(仕事を失って寂寥感がある)
    • It will be what a lonely scenery!(なんて寂寥感のある風景なんだろう!)

    英語2.「 desolation 」

    「desolation」は、荒廃した寂しい様子を言う時に使い、他にも次のような意味があります。

    • 悲しみ
    • 侘しさ
    • みじめさ

    「desolation」は、具体的には次の例文のように使います

     例文

    • I have a feeling of desolation.(私には寂寥感がある)
    • It is a desolate scene.(寂寥感のある光景)

    英語3.「 forlornness 」

    「forlornness」は、次の意味でよく使われます。

    会話よりは、小説などでよく使われる表現です。

    • ひっそりして寂しい
    • 見捨てられた孤独感

    「forlornness」は、具体的には次の例文のように使います

     例文

    <例文>

    • It leads us to feel things like anguish, forlornness.(それは私たちに寂寥感を思わせる)
    • Though one had a pity for his forlornness.(人には彼の寂寥感に対する哀れみがあった)

    まとめ

    「寂寥感」は、漢字の印象からだと難しい言葉だと思ってしまいがちです。

    実際は「物寂しい」といった意味の言葉で、二重表現さえ気をつければ特に使い方の難しい言葉ではありません。

    会話にはあまり出てきませんが、 小説などではよく使われているので、社会人なら読み方と意味は覚えておいた方がいいでしょう

    情緒的な場面などで使うと表現力が増すので、機会があったら使ってみてください。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事