「羨望」の意味と正しい使い方!類語との違いや英語表現も解説

羨望の意味とは ビジネス用語

「羨望」は「うらやむこと」を意味する言葉です。

「せんぼう」と読み、「羨望の眼差し」「羨望の的」などの使い方があります。

この記事では「羨望」の意味や使い方、類語との違い、対義語や英語も解説していきます。

1.「羨望」の意味・読み方

意味は「うらやむこと」

羨望

読み方:せんぼう

意味:うらやむこと

「羨望」は、「うらやむこと」を意味します。

「せんぼう」と読み、他者の能力や置かれた環境、持っているものなどに対して「うらやましい」「自分も同じようになりたい」と感じる気持ちを表す言葉です。

例文

  • 入社1年目からトップとなり、彼は羨望の的だ。
  • 美人と付き合っている友人は、常に羨望の目で見られていた。
  • 彼女のファッションセンスが周囲の女性たちの羨望心を増長させた。
  • スポンサーリンク

  • 2.「羨望」の使い方と例文

    羨望の使い方

    「羨望」の正しい使い方と例文を見ていきましょう。

    「羨望」は、以下のように使うことができます。

    以下では、それぞれの使い方について例文とともに分かりやすく解説していきます。

    羨望の眼差し・羨望の目

    「羨望の眼差し」や「羨望の目」は、「周囲がうらやましく思う様子」を表すときに使用されます。

    「眼差し」「目」という言葉で、周囲からの視線を示しています。

    例文

    • ブランド品を持って出かけると、羨望の眼差しを感じる。
    • 自分もいつか、社長のように周囲から羨望の目で見られたい。
  • スポンサーリンク

  • 羨望の的

    「羨望の的」は、「うらやましいと思われる対象」を表します

    「羨望の的となる」「羨望の的だ」など、様々な使い方があります。

    例文

    自分の年収を伝えた途端、急に友人たちの羨望の的となった。

    羨望心

    「羨望心」は、「うらやましいと思う心」を表すときに使用されます。

    自分がうらやましいと感じたときには、「羨望心を持つ」や「羨望心を抱く」などの言い方が可能です。

    例文

    急に美しくなった彼女を見て、自然と羨望心を抱いた。

  • スポンサーリンク

  • 3.「羨望」の類語と例文

    羨望の類語

    「羨望」の類語はいくつかあります。

    「羨望」との使い分けやニュアンスの違いなどを詳しく解説していきます。

    類語1.憧れ

    憧れ

    読み方:あこがれ

    意味:理想とする物事に強く心が引かれること

    「憧れ」は、 「理想とする物事に強く心が引かれること」を意味します

    「羨望」と同じく、「自分も同じようになりたい」と物事に対するうらやましい気持ちが含まれる言葉です。

    ただし、「羨望」は「自分よりも優位なもの」に対する感情であるのに対し、「憧れ」は「自分の理想」に対する感情です。

    例文

    • 将来は高級住宅に住みたいという昔からの憧れがある。
    • ずっと憧れていた人に、やっと会うことが出来た。
  • スポンサーリンク

  • 類語2.羨慕

    羨慕

    読み方:せんぼ

    意味:うらやみ、したうこと

    「羨慕」は、 「うらやみ、したうこと」を表します

    「羨望」と同じく、「羨(うらや)む」の字があることから「うらやましい」気持ちを表現する言葉ですね。

    2つの言葉の違いは、「うらやましいと感じる対象の違い」です。

    「羨望」は「自分よりも優位なもの」に対する気持ちですが、「羨慕」は「目上の人の人格・識見など」に対する気持ちという限定があります。

    例文

    長年、上司を羨慕して共に仕事をして参りました

    4.「羨望」の対義語と例文

    羨望の対義語

    「羨望」の「うやらむこと」とは反対に、他人に対する「恨みや妬みの感情」を表す言葉もあります。

    「羨望」の対義語を紹介しましょう。

    対義語ごとに、使える場面やニュアンスも異なっています。

  • スポンサーリンク

  • 対義語1.嫉妬

    嫉妬

    読み方:しっと

    意味:自分よりすぐれている人を妬んだり、嫉んだりすること

    「嫉妬」は、 「自分よりすぐれている人を妬んだり、嫉んだりすること」という意味を持ちます

    「羨望」は優れたものに対する「同じようになりたい」という感情ですが、「嫉妬」は優れたものを憎んだり、腹を立てる感情が生まれることを指しています。

    例文

    • 彼女だけ高級な車に乗って来るのを見ると、何だか嫉妬してしまう。
    • 自分も一生懸命働いているのに、彼だけ給料が高くて嫉妬するよ。

    対義語2.やきもち

    やきもち

    読み方:やきもち

    意味:嫉妬・ねたみ

    「やきもち」は、 「嫉妬・ねたみ」の意味を持ちます

    嫉妬の中でも、異性関係に関連して使われることが多いので「嫉妬」と「やきもち」を誤って使用しないようにしましょう。

    例文

    • ◯:彼が他の女の子と話すのを見て、彼女はいつもやきもちを焼いている。
    • △:近所の人が自分より高級な車に乗っていて、やきもちを焼いた。

    2つ目の意味でも「やきもち」を使うことは可能ですが、「嫉妬」の方が正しい表現と言えます。

    5.「羨望」の英語表現と例文

    羨望の英語表現

    英語で「羨望」を表現する場合、以下の英語を使います。

    • envy:うらやましさ、嫉妬、ねたみ、羨望
    • jealousy:ねたみ、嫉妬、ジェラシー
    • longing:切望、憧れ

    「羨望」の英語表現は、表したい意味によって使い分けることが可能です。

    一般的には「envy」を使う

    「envy」は 「うらやましさ、嫉妬、ねたみ、羨望」という意味です

    「羨望」「嫉妬」など複数の意味を持ちますが、「うらやましい」と表現したい場合に最も適切な単語です。

    例文

    He always look on me with envy.
    (彼はいつも僕のことを羨望の眼差して見ている。)

    「jealousy」は嫉妬、「longing」は憧れ

    「jealousy」は「ねたみ、嫉妬、ジェラシー」を表し、「longing」は「切望、憧れ」の意味を持ちます。

    「羨望」の意味よりも、ネガティブな意味合いが強い場合には「jealousy」を、理想への憧れを示したい場合には「longing」を使うと良いですね。

    例文

    • Tom always has a jealousy to their colleagues for little things.
      (トムはいつも些細なことで同僚に嫉妬している。)
    • I have deep longing for an actress on television.
      (私はテレビに映る女優に強く憧れている。)

    まとめ

    「羨望」は「せんぼう」と読み、「うらやむこと」を表す言葉です。

    「羨望の目」「羨望心」などと使うことができ、「憧れ」や「嫉妬」などの類語もありますね。

    英語では「envy」を使用することができます。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事