「僭越(せんえつ)ながら」の意味と使い方!例文を使った類語も紹介

僭越ながらの意味とは ビジネス用語

「僭越(せんえつ)ながら」は「 失礼を承知で出過ぎた行動をさせていただく」を意味する言葉です。

スピーチなど話を切り出す際の定番言い回しとして、世代問わず幅広く使われています。

この記事では、「僭越ながら」の意味使い方、類語・言い換え表現を、例文を使ってご紹介します。

1.「僭越ながら」の意味

1-1.意味は、失礼を承知で出過ぎた行動をする

僭越ながら

読み:せんえつながら

  1. 失礼を承知で出過ぎた行動をする
  2. 身の程を弁えずに失礼ながら 

「僭越ながら」は「僭越」に「〜ながら」が付いた慣用句であり、「 失礼を承知で出過ぎた行動をする」を意味する言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「僭越」の意味は、身分や地位を無視し出過ぎた行動をとる

    合わせて「僭越」の単語の意味も紹介します。

    僭越

    読み:せんえつ

    1. 自身の身分や地位を無視し出過ぎる
    2. でしゃばり

    「僭越」は「 自身の身分や地位を無視し出過ぎた行動をとる」を意味し、すでに「出過ぎた行動をとっている」ことがわかります。

    さらに漢字を分けて意味をみると以下の通りです。

    • 」:身分不相応に驕る
    • 」:ものごとの範疇を超える

    それぞれの漢字の意味を繋げると「 ものごとの範疇を超え、身分不相応に驕る」の意味になります。

    転じて「自身の身分や地位を無視し出過ぎた態度をとる」に変化し、それが「でしゃばり」にも解釈されるのです。

    1-3.「ながら」の意味:〜でありながら

    ~ながら(〜乍ら)

    1. ~のままで
    2. ~でありながら

    「~ながら」そのものは 「~のままで」や「~でありながら」を意味する言葉です。

    「僭越ながら」においての「~ながら」の意味は、後者の「~でありながら」に該当します。

    つまり「自身の身分や地位を逸脱しながら、出過ぎた行動をする」から転じ「失礼を承知で出過ぎた行動をする」へと「僭越ながら」の意味に変化したのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.「僭越ながら」の使い方

    ここでは「僭越ながら」の使い方を紹介します。

    2-1.目上の人に話を切り出す際の定番の言い回し

    「僭越ながら」は、 へりくだりながら話を進める慣用句であり、目上に対する謙譲語です。

    スピーチなど話を切り出す際の定番言い回しとして、世代問わず幅広く使われています。

    「僭越ながら」は目上の人に対し範疇を超えた行動のときや、意見を述べるときに「失礼を承知で」や「申し訳ございませんが」を前置きする意味合いでも使用可能です。

    具体的な使い方としては以下の通りになります。

    • 僭越ながら」+「◯◯○」+「する(ます)

    この「◯◯○」の中に状況に合わせた様々な言葉が入ります。

    例文

    1. 僭越ながら、意見を申し上げます。
    2. 僭越ながら、各種SNSでフォローさせていただきたく思います。
    3. 僭越ながら、先程より参加させていただいております。
    4. 僭越ながら、この場にてご挨拶させていただきます
  • スポンサーリンク

  • 2-2.目下の人に使うと嫌味に聞こえる可能性があるので注意

    一見「謙遜」を伝える意味で「僭越ながら」は便利に感じる言葉です。

    しかし、使い方に注意点があります。

    「僭越ながら」は 目上の人への謙譲語であり、 同僚や後輩、目下の人ばかりの場で使うと嫌味にも聞こえる可能性があるのです。

    自身が「僭越ながら」を使いこなせる自信がなく、またへりくだる必要がない場では、「僭越ながら」は使わないようにしましょう。

    3.【シーン別】「僭越ながら」を使った例文

    ここからはシーン別で使える「僭越ながら」の例文を紹介します。

    3-1.宴会での挨拶

    <例文>

    • 本社第営業部の○○でございます。誠に僭越ながら、本日は○○が乾杯の音頭を務めさせていただきます
    • 僭越ながら、本宴会の締めのご挨拶をさせていただきます。

    3-2.結婚式でのスピーチ

    <例文>

    • 以上により私○○が部署を代表といたしまして、僭越ながらこの瞬間から新郎新婦をご紹介させていただきます。
    • 僭越ながら私○○が、友人を代表し手紙を読ませていただきます。

    3-3.会合で意見を述べる

    <例文>

    • この度は○○統括部長の命により、△△プロジェクトおよび設立記念パーティーに、僭越ながら参賀させていただくことになりました。
    • 僭越ながら申し上げます。次期からは○○○プロジェクトを遂行させていただきたく存じます

    3-4.手紙やメールでの挨拶

    <例文>

    • この度は私○○の転任に際し、温かい声援とご厚志をいただき誠にありがとうございます。就きましては、誠に僭越ながらこの場にてお礼を申し上げます。
    • 僭越ながら先日メールさせていただきましたPDF資料につきまして、ご確認いただきましたら一度ご連絡いただきたく存じ、改めて申し上げさせていただきました。

    例文を見てわかるように、「僭越ながら」は 多くの人が参加する場面でよく使われます

    社会的地位など関係無く第三者を差し置いた上で、自身が行動を起こす時に「僭越ながら」を添えることで、周囲に配慮を表しているのです。

  • スポンサーリンク

  • 4.「僭越ながら」の類語・言い換え表現と例文

    僭越ながらの類語

    ここからは9個の「僭越ながら」類語や言い換え表現を紹介します。

    1. 恐縮ですが
      せっかくですが
    2. 憚り(はばかり)ながら
      ⇒ 恐れ多いことですが
    3. 失礼ですが
      ⇒ 無作法で誠に恐縮ですが
    4. お言葉ですが
      ⇒ 私の言い分としては
    5. 出過ぎたことを
      差し出がましいですが
    6. 身の程をわきまえず(申し訳ございませんが)~
      ⇒ 自分の立場を考えず恐縮ですが
    7. 失礼をも顧みず申し上げますと~
      ⇒ 恐れながら申し致しますと
    8. ぶしつけながら~
      ⇒ 強気で恐れ入ります
    9. 私などがおこがましい話ですが~
      ⇒ 私などが無礼で申し訳ございませんが

    以下は、それぞれの類語を使った例文です。

    「僭越ながら」類語表現や言い換え表現の例文

    1. 恐縮ですが
      ⇒ 誠に恐縮ですが、今回ご提案の件は白紙にさせていただきたく思います。
    2. 憚り(はばかり)ながら
      ⇒ 憚りながら、私の意見は次回の○月△日のミーティングで述べさせていただきます。
    3. 失礼ですが
      ⇒ 失礼ですが、お名前をお伝え願えますか。
    4. お言葉ですが
      ⇒ お言葉ですが、明らかに時間の無駄だと考えます。
    5. 出過ぎたことを
      ⇒ 出過ぎたことをとわかっていても、つい意見を進言してしまう。
    6. 身の程をわきまえず(申し訳ございませんが)
      ⇒ 身の程をわきまえず進言してしまい誠に申し訳ございませんが、あの話の件につきましては白紙とさせていただけませんでしょうか?
    7. 失礼をも顧みず申し上げますと~
      ⇒ 失礼をも顧みず申し上げますと、突然のメールを差し上げましたことを平にご容赦ください
    8. ぶしつけながら~
      ⇒ ぶしつけながら、履歴書と職務経歴書を同封させていただきました。
    9. 私などがおこがましい話ですが~
      ⇒ 私などがおこがましい話ですが、次回の打ち合わせは先方のご都合をお伺いした方が無難だと考えます。

    「僭越ながら」のいずれの類語や言い換え表現も、 謙譲語としての意味合いが含まれており、前置きとして使われていることが特徴的です。

    5.「僭越ながら」の英語表現

    僭越ながらの英語表現

    最後に「僭越ながら」の2つの英語表現を紹介します。

    この2つの英語表現には、双方とも「respect」という単語が使われています。

    「respect」単体では「尊敬」や「敬う」などの意味しかなく、 「僭越」という意味では使えません

    次のように「respect」を使うことで、「僭越ながら」に近い表現が可能となるのです。

    • 「○○○(様々な言葉が入る)+respect

    それぞれ見ていきましょう。

    5-1.with all due respect,~

     「With all due respect」は、「 失礼であるのは承知の上ですが」を意味する英語慣用句です。

    「due respect」に「然るべき敬意」の意味があり、「僭越ながら」の意味合いも含まれています。

    目上の相手に対し(対立する)意見を述べるときに使う表現方法です。

    <例文>

    With all due respect, I’m afraid I must disagree with his.
    失礼であるのは承知の上ですが(僭越ながら)、私は彼に賛成できません。)

    5-2.with the greatest respect,~

    「with the greatest respect」は、「(誠に、非常に)失礼であるのは承知の上ですが」を意味する英語慣用句です。

    最上級を意味する「the greatest」を使い、「これ以上考えられない」強い敬意や畏敬を表しています。

    <例文>

    With the greatest respect, I would like to thank the people who worked.
    (誠に失礼であるのは承知の上ですが(僭越ながら)、働いた人々に感謝したいと思います。)

    いずれも「場違いとわかっていても絶対に意見しなければいけない」といった決定的な場で使う表現なので、乱用は逆に強い意味合いを下げるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「僭越(せんえつ)ながら」は「 失礼を承知で出過ぎた行動をする」を意味します。

    何気に使っている「僭越ながら」はビジネス敬語であり、使い処を間違うと大失態を演じてしまう言葉です。

    今回「僭越ながら」の意味を確認し、社会人らしく祝意や親愛を心から相手に伝えるようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%