「切に願う」の意味と使い方を例文で解説!敬語表現から英語まで!

切に願うの意味とは ビジネス用語

「切に願う」は、 「心の底からそうなってほしいと思っている」という意味です。

ビジネスシーンで使用したい場合は、どのような言い回しにしたらいいか迷った経験はないでしょうか。

そこで今回は、「切に願う」の意味と、正しい使い方、類語、英語表現を詳しく解説していきます。

1.「切に願う」の意味は?

心に強く思うさま・思いがひたすら強いさま

切に願う

読み:せつにねがう

  • 心に強く思うさま
  • 思いがひたすら強いさま
  • うわべでなく、そうあってほしいと心から強く願うこと

「切に願う」は、副詞の「切に」+動詞の「願う」で構成される言葉です。

それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

  • 【切に】⇒心が切れるように強く・どうしても
  • 【願う】⇒そうあってほしいと思う

単に「願う」のではなく、「切に」「願っている」ため 「本気で強く願望している」という非常に強い表現となります

  • スポンサーリンク

  • 「切に願う」の使い方

    「切に願う」は、「~を切に願う」というフレーズで使います。

    非常に強い願望を表す言葉ですので、 日常的な小さな願望には使えません

    例えば、以下のケースでは「切に願う」は正しい表現です。

    1. 絶対に合格したい志望校の合格
    2. 結婚したい相手へのプロポーズの返事
    3. 大手術への成功

    これらは一生に何回も訪れる「願望」ではありませんよね。

    そのため、神にも祈る真剣さで「願う」ニュアンスのある「切に願う」が使えます。

    では、以下でそれぞれのシーンに合わせた例文を見てみましょう。

    <例文>

    1. 明日は○○大学の合格発表だけど、合格してることを切に願うよ。
    2. 昨日彼女にプロポーズしたんだ。OKって言ってくれることを切に願っている
    3. 父が肝臓癌の手術をした。成功することを切に願う

    ビジネスシーンで使う「切に願う」

    ビジネスでは、 「上手くいくように願う」という意味合いで使います。

    では、ビジネスで用いられやすい例文を以下で確認してみましょう。

    1. 貴社の益々の活躍を切に願っております。
    2. 今後とも良い関係が築いていけますよう、切に願っております。

    2.「切に願う」の敬語表現は

    切に願うの敬語表現
  • スポンサーリンク

  • 「切に願っております」「切にお願い申し上げます」「切にお祈り申し上げます」

    「切に願っております」というフレーズは既に紹介しましたが、他にも「切に願う」の敬語表現はあります。

    ビジネスシーンや、目上の人、フォーマルな場面では、「切に願う」を以下のような丁寧な表現に変えて使いましょう。

    1. 切に願っております
    2. 切にお願い申し上げます
    3. 切にお祈り申し上げます
    4. 心よりお祈り申し上げます

    ③と④では「お祈り」という言葉を使っています。

    「依頼」という形でお願いするのではなく、相手の活躍や相手の心境・状況などを 「祈るように願う」という意味になります。

    では、それぞれのフレーズを使った例文を以下で確認してみましょう。

    1. 入院されたとお聞きしました。一刻も早く回復されることを切に願っております
    2. ゴミの置き捨てが海洋生物の環境を汚しています。持ち込まれたゴミはお持ち帰りいただくよう切にお願い申し上げます
    3. 益々のご活躍切にお祈り申し訳ます
    4. お父のご冥福を心よりお祈り申し上げます

    3.「切に願う」の類語

    切に願うの類語

    「切に願う」の類語には、以下のようなものがあります。

    では、それぞれの用語を以下で詳しく見ていきましょう。

    3-1.切望する

    「切望する」は 「心から強く思うこと、願うこと」を表します。

    「切望する」の「切」と「望」の意味は、以下の通りです。

    • 【切】⇒心が切れるように強く、どうしても
    • 【望】⇒遠くを見る、心に願う、望む

    「切に願う」の場合は「願う」という漢字が、「切望する」の場合は「望む」という漢字が使われていますが、それぞれの漢字は以下のようなニュアンスの差があります。

      願う 望む
    ニュアンス 他人の力を期待している 自分の心の中で強く思う

    このように「願う」は自分の心の中だけではなく、他人に依頼したり他人の力を借りたりして叶えたいと思っている事に使います。

    「神に願う」という表現も「神様の力を借りて」という意味です。

    一方「望む」の場合は「他人は関係なく、自分の心の中で思う」ことを指します。

    「切に願う」と「切望する」を置き換えた時に違和感が生まれることはありませんが、使い分けができると正しいニュアンスで伝えることができますね。

    では「切に願う」と「切望する」の例文を以下で見てみましょう。

    <例文>

    • 彼女の闘病生活が一刻も早く終わるよう、切に願う
    • 妊娠が発覚して、男の子でありますようにと切望した

    3-2.待望する

    「待望する」は 「待ち焦がれること、強く待ち望むこと」を意味します。

    「待望する」の場合も「望」の漢字が使われており、「自分の心の中で強く望んでいる様子」を表します。

    また「切に願う」と「待望する」には、以下のニュアンスの違いがあるので確認してみましょう。

      切に願う 待望する
    ニュアンス その場で強く思う様 長い間待ち焦がれている様

    このように「切に願う」は、その地点で何かを強く願うのに対し「待望する」の場合は比較的長い期間、望んでいることを指します。

    では「切に願う」と「待望する」の例文を、以下で見てみましょう。

    <例文>

    • 志望校に合格するように、切に願う
    • 大好きなアニメの新作を待望する
  • スポンサーリンク

  • 4.「切に願う」の英語表現

    切に願うの英語表現

    sincerely wish(誠実に願う)・earnestly hope(真剣に願う)

    「切に願う」と英語で表現したい時は、以下の表現が使えます。

    1. sincerely wish(誠実に願う)
    2. earnestly hope(真剣に願う)

    wish や hope は「願う、望む」といった単語です。

    それに sincerely(誠実に、正直に)や earnestly(真面目に、真剣に)を付けることで、 心から強く願っているニュアンスが表現できます。

    では、それぞれの表現を使った例文を以下で見てみましょう。

    <例文>

    •  I sincerely wish to continue our relationship .
      (あなたとの関係が続くことを切に願う。)
    •  I earnestly hope that will be approved.
      (それが承認されることを切に願う。)
    • I sincerely hope you’ll get better.
      (良くなりますように切に願っている。)
    • I earnestly wish I can visit you this summer.
      (今年の夏は会えるように切に願っている。)
    • I sincerely hope I get in the med school.
      (医学部に入れることを切に願う。)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「切に願う」は「心の底からそうなってほしいと思っている」という意味です。

    「切に」という言葉には「心の底から」という強い意味合いがあるため、日常的な軽いことには使いません。

    意味が分かれば使いやすい用語ですが、使いすぎると本来の意味が薄れてしまいます。

    自分の本気度が伝わるように、使える場面をしっかり見極めて使いましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%