「疎外感」の意味とは?使い方、類語、反対語、英語表現を解説!

疎外感の意味とは ビジネス用語

自分

「疎外感」という言葉を聞くけど、イマイチ意味が分からない…

このような悩みにお答えします。

「疎外感」は、 「自分だけ仲間外れにされているように感じること」を意味する言葉です。

「職場で疎外感を感じる」のように使われているのを、よく耳にしますよね。

今回は、「疎外感」の意味や使い方、類語、反対語、英語表現を解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1. 「疎外感」とは?読み方と意味を解説

自分だけ仲間外れにされているように感じること

疎外感

読み方:そがいかん

意味:自分だけ仲間外れにされているように感じること

「疎外感」は、「疎外」と「感」という漢字から成り立っています。

「疎外」は「嫌って、避けること」、「感」は「自分が感じること」です。

これらを合わせて、「疎外感」は「自分が嫌われ、避けられているように感じること」を意味します。

  • スポンサーリンク

  • 2. 「疎外感」の使い方と例文

    疎外感の使い方

    「疎外感」の意味を確認したので、具体的な使い方と例文を紹介していきます。

    2-1. 「疎外感」の例文

    「疎外感」の例文は以下の通りです。

    • 学校に行く疎外感を感じるから、行きたくない
    • 常に疎外感を感じている
    • グループの会話に入れなくて、疎外感を感じる
    • 疎外感は、あなたの勘違いかもしれない

    このように、自分が主観的に 「人や、その場の雰囲気に馴染めない」と感じるときに、「疎外感」を使います。

  • スポンサーリンク

  • 2-2. 「疎外感」と「孤独感」の違い

    「孤独感」は、 「分かり合える人がいなくて寂しい「ひとりぼっちに感じる」ことです。

    「孤独感」の例文は以下のようなものがあります。

    • 職場での孤独感に耐えられない
    • なぐさめられても、孤独感は埋まらない
    • 周りに人がいても、孤独感を感じる

    使い分け

    「疎外感」と「孤独感」は意味は似ていますが、ニュアンスが異なります。

    「疎外感」を使うのは、 「ひとりぼっちに感じる」かつ「周りに避けられているように感じる」ときです。

    分かりやすくまとめたものが以下です。

    • 「疎外感」
      ⇒ひとりぼっちに感じる+周りに避けられているように感じる
    • 「孤独感」
      ⇒ひとりぼっちに感じる

    2-3. 「疎外感」と「劣等感」の違い

    「劣等感」は、 「自分が周りより、能力がないと感じること」「他人より、劣っていると感じること」を意味します。

    「劣等感」の例文を見ていきましょう。

    • 同世代の人の活躍を見ると、劣等感を感じる
    • 劣等感は、新たに行動するためのエネルギーになる
    • いつの間にか、劣等感を感じなくなった

    使い分け

    「疎外感」と「劣等感」は、 まったく意味が異なるので、言い換えることはできません

    それぞれ以下のような場合に使います。

    • 「疎外感」周りの人たちに避けられていると感じるとき
    • 「劣等感」周りの人たちより劣っていると感じるとき
  • スポンサーリンク

  • 3. 「疎外感」の類語・言い換え

    疎外感の類語

    ここから、「疎外感」の類語・言い換え表現を解説していきます。

    1つずつ見ていきましょう。

    類語1. 「頼りなさ」

    「頼りなさ」は、 「信頼できない」「危なっかしい」というような意味です。

    「頼りなさ」の例文は以下のようなものがあります。

    • 彼は社会人として頼りない
    • 見た目は頼りなさそうだけど、しっかりしている人だよ
    • リーダーとして頼りない

    使い分け

    「疎外感」と「頼りなさ」を同じ文脈で使い、意味を確認していきます。

    • 職場で疎外感を感じている
      →自分だけ仲間に入れていない気がする
    • 職場で頼りなさを感じている
      →職場の人たちのことをあまり信頼できない、頼れない

    このように 「疎外感」は「その場に馴染めない」、「頼りなさ」は「信頼できない」ということを表現したいときに使います。

    類語2. 「漂流感」

    「漂流感」は、「 居場所がないように感じる」「虚しい気持ち」を意味する言葉です。

    「漂流感」の例文を見ていきます。

    • 家に帰っても誰もいなくて、漂流感を感じる

    使い分け

    「疎外感」と「漂流感」は、非常に意味は似ていますがニュアンスが異なります。

    そこで、言い換えを確認していきましょう。

    • 会社で疎外感を感じている
      →自分だけ仲間外れにされて、居場所がないような気がする
    • 会社で漂流感を感じている
      →自分の居場所がないように感じる

    つまり、「疎外感」と「漂流感」は 「仲間外れにされていると感じるか、感じないか」という違いがあります。

    類語3. 「違和感」

    「違和感」は、 「納得できないこと」「変に感じること」を意味する言葉です。

    「違和感」の例文は以下のようなものがあります。

    • 彼の発言に違和感を抱く
    • 呼び方に違和感を覚えた

    使い分け

    「疎外感」と「違和感」を同じ文脈で使い、意味を見ていきます。

    • 学校で疎外感を感じる
      →周りの人に馴染めない、仲間に入れない
    • 学校で違和感を感じる
      →学校の様子が何かおかしいなと感じる、いつもの様子と違うように感じる

    「疎外感」は「その場に馴染めないと感じるとき」、 「違和感」は「何かが変だと感じるとき」に使います。

    4. 「疎外感」の反対語(対義語)

    疎外感の反対語

    「疎外感」の類語表現を紹介したので、次に反対語を紹介していきます。

    1. 「一体感」
    2. 「受容感」
    3. 「安心感」

     1つずつ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 反対語1. 「一体感」

    「一体感」は、 「人や気持ちが、一つにまとまること」を意味しています。

    「一体感」の例文は以下です。

    • オーケストラの一体感が素晴らしかった
    • 1年経って、やっとチームの一体感が生まれた

    反対語2. 「受容感」

    「受容感」は、 「受け入れてもらえていると感じること」です。

    「受容感」の例文を見ていきます。

    •  被受容感から、うつ病になる
      →受け入れてもらえていないと感じている

    「疎外」の反対語は「受容」なので、「疎外感」の反対語は「受容感」になります。

  • スポンサーリンク

  • 反対語3. 「安心感」

    「安心感」は、 「ほっとする様子」「不安がない様子」のことです。

    「安心感」の例文は以下のようなものがあります。

    • 再開できた安心感で、泣いてしまう
    • 安心感のある人

    4. 「疎外感」の英語表現

    疎外感の英語表現

    「疎外感」は英語にすると 「 feeling of alienation」

    「feeling」は「感じる」という意味で、「alienation」は「疎外」という意味の単語です。

    いくつか例文を確認していきましょう。

    • 「私は職場で疎外感を感じている」
      I am feeling of alienated at work.
    • 「グループの会話に入れなくて、疎外感を感じた」
      →I felt alienated when I couldn’t join the group conversation.

    まとめ

    「疎外感」は、 「自分だけ仲間外れにされているように感じること」を意味する言葉です。

    「孤独感」とはニュアンスが異なり、「劣等感」とは意味が異なります。

    使う場合は、意味やニュアンスの違いに気をつけて使ってみてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら