「奏功」の意味と使い方!「功を奏す」との違いとは?【例文あり】

奏功の意味とは ビジネス用語
自分

「奏功」という言葉、よく聞くけどイマイチ意味が分からない…

このような悩みにお答えします。

「奏功」は、 「作戦が結果に結びつくこと」を意味する言葉です。

「奏功事例」や「新たな策が奏功した」のように使われているのを、耳にしますよね。

今回は、「奏功」の読み方や意味、類語、反対語、英語表現を解説していきます。

記事を読み終わるころには、完璧に「奏功」を理解できているはずですよ。

ぜひ、参考にしてください。

1. 「奏功」の読み方と意味

奏功

読み方;そうこう

作戦が結果に結びつくこと

「奏功」は、「奏」と「功」という漢字から成り立っています。

「奏」は「奏上する(天皇に申し上げる)」、「功」は「功績」のことです。

2つを合わせて 「天皇に、功績を奏上する」になり、それが変化して「作戦が結果に結びつく」という意味になります。

2. 「奏功」の使い方と例文

「奏功」の意味を確認したので、具体的な使い方と例文を紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1. 「奏功」の例文

    「奏功」の例文は以下の通りです。

    • 私の提案した策が奏功した
    • 勉強した時間が奏功することを願う
    • 粘ったことが奏功した
    • みんなの協力が奏功した

    このように 「〇〇のおかげで、目標を達成した」「〇〇の作戦で、うまくいった」といった場合に、「奏功」を使います。

    「奏功事例」という使い方もされる

    「奏功事例」は、 「火災報知器の奏功事例」のように使われています。

    「火災報知器がうまく作動することで、人が助かった事例」という意味です。

    2-2. 「奏功」と「奏効(そうこう)」の違い

    奏効

    読み方:そうこう

    効き目が出ること

    奏功」と「奏効」は同じ意味の言葉ですが、 「奏効」は 医学・医療などで使われます。

    ですので、普段の会話では「奏効」ではなく「奏功」という表現を使うことが多いです。

    「奏効」は、例えば以下のような用語があります。

    • 奏効率(抗ガン治療後に、どれくらいカンが縮小したかを示す数値)
    • 完全奏効(腫瘍が完全に消失すること)
  • スポンサーリンク

  • 2-3. 「奏功」と「寛解(かんかい)」の違い

    寛解

    読み方:かんかい

    一時的に病気の状態が落ち着いていること

    「奏効」と同様に、「寛解」も 医学・医療などで使われます。

    「奏功」と同じ意味としてよく使われていることもありますが、こちらは別の意味ですので、使い分けに注意してください。

    「奏功」は「うまくいくこと」、「寛解」は「一時的に病気の状態が落ち着いていること」です。

    「寛解」の例文は以下の通りです。

    • 寛解をじっくりと待つ

    3. 「奏功」の類語・言い換え

    奏功の類語

    ここから、「奏功」の類語・言い換え表現を解説していきます。

    1つずつ見ていきましょう。

    類語1. 「功を奏する」

    「奏功」と「功を奏する」は、 まったく同じ意味で、言い換えることができます。

    「功を奏する」の例文は以下です。

    • 日々の努力が功を奏した
    • 意外な策が功を奏した
    • 功を奏することを願う

    類語2. 「成功」

    「成功」は、 「物事がうまくいく」「成し遂げる」という意味の言葉です。

    例文を見ていきましょう。

    • 成功者は、常に努力している
    • 成功を夢見る
    • ダイエットに成功した

    「奏功」と「成功」の使い分け

    「奏功」と「成功」は同じ意味の言葉ですが、ニュアンスが異なります。

    「奏功」は「意図されていた作戦が、うまく働くこと」、「成功」は「全体的にうまくいくこと」です。

    分かりやすく例文で確認していきます。

    • 毎朝1時間のランニングが奏功して、持久走では1位を取ることに成功した

    「毎朝1時間のランニングのおかげで、持久走では1位を取ることができた」という意味です。

    類語3. 「成就(じょうじゅ)」

    「成就」は、「願いが叶うこと」を意味しています。

    例文は以下のようなものがあります。

    • 恋愛成就で有名な神社行く
    • 「夢は叶う」と自分に言い聞かせれば、必ず成就する

    「奏功」と「成就」の使い分け

    「奏功」と「成就」は、意味は似ていますがニュアンスが異なります。

    「奏功」は「功績を得る」「結果が出る」といった場合に使い、 「成就」は「願いが叶う」「望みが叶う」といった場合に使う表現です。

  • スポンサーリンク

  • 4. 「奏功」の反対語(対義語)

    奏功の反対語

    「奏功」の類語表現を紹介したので、次に反対語を紹介していきます。

    1つずつ見ていきましょう。

    反対語1. 「奏功しない」

    「奏功しない」は、 「作戦がうまくいかない」「目論見(もくろみ)どおりにいかない」ことを意味しています。

    「奏功しない」の例文は、以下です。

    • 時間をかければいいという努力では、奏功しない
    • 練習は奏功しなかった

    反対語2. 「効き目がない」

    「効き目がない」は、 「効果がない」「やった意味がない」というような意味です。

    例文を確認していきます。

    • 作戦の効き目がない
    • 半身浴しても効き目がないように感じる

    5. 「奏功」の英語表現

    奏功の英語表現

    「奏功」は英語にすると、「success(成功)」になります。

    これらに「due to(〜によって)」を組み合わせ、「due to the success of〜(〜が奏功して)」というように表現します。

    いくつか例文を確認していきましょう。

    • 「努力が奏功し、大学に合格した」
      →I got into college due to the success of effort.
    • 「粘ったことが奏功した」
      →I got due to the success of persistence.
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「奏功」は、 「作戦が結果に結びつくこと」を意味する言葉です。

    英語では、成功という意味の「success」と表現します。

    類語の「成功」「成就」とはニュアンスが異なりますので、違いに気をつけて使ってみてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%