「訴求(そきゅう)」の意味とは?類語や英語表現を例文で解説!

訴求の意味とは ビジネス用語

「訴求」とは 「宣伝・広告などで、消費者が購入意欲が湧くよう訴えかけること」という意味です。

その意味を知らないと、「訴求して」と言われてもどうすれば良いかわかりませんよね。

この記事では、「訴求」の意味や使い方、類語などを例文を用いてわかりやすく解説しています。

1.「訴求」の意味と読み方

意味は「購買意欲が湧くように訴えかける」

訴求

読み:そきゅう

意味:宣伝・広告などで、消費者が購入意欲が湧くよう訴えかけること

「訴え求める」という漢字を使っているだけあって、「購買意欲が湧くように訴えかける」という意味になります。

「訴える」という漢字の音読みは「そ」で、「求める」という漢字の音読みは「きゅう」です。

合わさり「そきゅう」と読みます。

「訴える」と「求める」という漢字が使われており、商品の魅力を「訴えて」お客に買っていただくことを「求める」というニュアンスを含みます。

例文

  • 売り上げをアップさせるために家電量販店のエンド訴求を学ぶ。
  • お得感がよく訴求された、地域限定メニューだった。
  • 親子三世代に訴求するには、今回のレトロゲームはぴったりではないか。
  • スポンサーリンク

  • 2.「訴求」の使い方と例文

    訴求の使い方

    「訴求」は以下のような使い方をします。

    1つずつ見ていきましょう。

    「訴求する」と使う場合

    「訴求」は、 「訴求する」という形でよく使います。

    「宣伝や広告で消費者の購入意欲が湧くようにしよう!」というようなことを「次の商品は全力で訴求していこう」と一言で表現することができます。

    お客様が買いたい気持ちに働きかけるときに使います。

    例文

    • 企業の魅力をより訴求する採用活動をしていきたい。
    • もっと消費者に寄り添って訴求しよう
    • 彼はとても熱心に訴求する

    「訴求効果」と使う場合

    「訴求」は「訴求効果」と使う機会があります。

    「訴求効果」とは、 「宣伝・広告などで、消費者が購入意欲が湧くよう訴えたその効果」という意味です。

    「訴求」とは、たとえばCMや電車内の広告、身近なところで言えばスーパーに飾られているPOPなどがあります。

    それら「訴求効果」には以下の結果が出てきます。

    「訴求効果」があった場合 「訴求効果」がない場合
    商品の売り上げアップ、消費者の増加という結果が起こる
    =訴求の成功
     売り上げも変わらず、消費者の増加もしていない
    =訴求の失敗

    このように、「訴求効果」は「消費者が買いたくなるような宣伝をして、結果出た効果」なので「訴求効果があった/なかった」と使っていきます。

    「訴求効果」のあるなしを判別することで、どうして売り上げが伸びたか?伸びなかったか?を知ることができて、その後の「訴求」の参考にすることができます。

    例文

    • 地方だが訴求効果がある動画のおかげで観光客が去年より倍増している。
    • 新企画は訴求効果がなかったようでまったく売れない。
    • 訴求効果のある記事を書いて、負けないようにしよう。

    「訴求対象」と使う場合

    「訴求」は「訴求対象」と使う機会があります。

    「訴求対象」とは文字通り「訴求する対象」です。

    若い層を狙おうか?年配の層を狙おうか?方針を立てて訴求を行います。

    たとえば、子ども向け商品の広告をつくる場合、訴求対象は子どもだけでなく、その両親も設定することがあります。

    実際にお金を支払うのは子どもではなく両親だからです。

    訴求対象を見誤ると売れなくなってしまうので気をつけましょう。

    例文

    • 新商品の訴求対象は子どもだ。
    • 訴求対象を明確にしよう。
    • この会議ではまず訴求対象について話し合おう。

    3.「訴求」の類語や言い換え表現

    訴求の類語

    「訴求」の類語は以下の通りです。

    1つずつ見ていきましょう。

    類語1.「マーケティング」

    「マーケティング」とは 「商品が大量かつ効率的に売れるよう、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの活動」という意味です。

    売れることを目的とした活動という点でニュアンスが似ています。

    例文

    • 今期のマーケティングによって、我が社の売上は前年比120%だった。
    • 4月からマーケティング部に所属している。

    類語2.販売促進

    「販売促進」とは 「売る側が買う側の購買心を刺激し、商品を購入させるために行う組織的な活動」という意味です。

    狙ったターゲットに購買意欲が湧くように仕掛けるというニュアンスが似ています。

    例文

    • 販売促進のための期間限定プロモーションを行った。
    • 販売促進部への異動を命ずる。

    類語3.「提案(する)」

    「提案(する)」とは 「議案・考えを提出することや提出されたその案」という意味です。

    「消費者の購入意欲が湧くための何かをする」というニュアンスを含みます。

    例文

    • 売上を伸ばすために、お客さまにA案はどうかと提案する。
    • クライアントに提案書を提出した。
  • スポンサーリンク

  • 4.「訴求」の英語表現と例文

    訴求の英語表現

    「appeal」をよく使う

    「訴求」は英語で “appeal”と書くのが一番適しています。

    appeal

    1. 【動詞】引きつける・魅力がある
    2. 【動詞】訴える
    3. 【名】(〜に対する)魅力・訴求

    このように、「訴求」という意味そのものもあります。

    また、何かを「訴える」という意味でも、「消費者の購入意欲が湧くよう訴えかけること」という「訴求」と同じように使うことができます。

    例文

    • Appeal the product(商品を訴求する)
    • Sales have doubled with great appealing effect(素晴らしい訴求効果によって売り上げが倍増した)
    • Sales did not grow because of less appeal(訴求力が少ないがために、売り上げが下がった)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「訴求」は 「宣伝・広告などで、消費者の購入意欲が湧くよう訴えかけること」という意味です。

    「訴求効果」を上げることは、ビジネスを行うすべての人にとって大切なことです。

    効果を上げる方法を知ることで売り上げアップにつながる可能性は大いにあります。

    「訴求」という言葉を適切に活用していきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%