ストイックの意味は?類語や英語表現、ストイックな人の特徴も解説!

ストイックの意味とは ビジネス用語

「ストイック」には 「禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい」という意味があります。

なんとなく意味は分かっていても、自信をもって「ストイック」を使える人は多くありません。

そこで今回は「ストイック」の正しい意味、使い方、ストイックな人の特徴、類語・対義語、英語表現を詳しく紹介していきます。

1.「ストイック」の意味とは

意味|禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい

ストイック

意味:禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい

「禁欲的」とは「 自分のやりたいと思う欲望を抑える様子」です。

自分を律して、甘えを許さない様子を表します。

  • スポンサーリンク

  • 由来|ギリシア哲学であるストア哲学

    「ストイック」という言葉の由来は、 ギリシア哲学であるストア哲学です。

    「ストイック」という言葉は、古代ギリシャ哲学の、「ストア派と呼ばれる学派の思想・哲学者」という意味で使われていました。

    ストア学派は、キプロスのゼノンが作った哲学の一学派で、特に禁欲、自律(気ままな気分を抑制し、規範に従うこと)を重んじる倫理学を重視していました。

    ストア学派の思想が禁欲、自律だったため、ストア哲学=禁欲主義の哲学となりました。

    2.「ストイック」の使い方

    ストイックの使い方

    「ストイック」は、以下のような表現で使われます。

    1. ストイックな○○
    2. ストイックだ
    3. ストイックに~

    「ストイック」は多くの場合、 相手の自律心を褒めたたえるポジティブな意味で使います

    以下の例文で「ストイック」の使い方を見てみましょう。

    <例文>

    • 君は、いつもストイックな生活をしてるよね。
    • 部長は、自分にも他人にもストイックだ。
    • 姉は美容に厳しく、ストイックにダイエットしている。
  • スポンサーリンク

  • 2-1.「ストイック」と「ネガティブ」は違う!

    「ストイック」は「ネガティブ」と混同されてしまうことがありますが、両者には以下のような違いがあります。

      ストイック ネガティブ
    意味 禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい 否定的な、消極的な
    ニュアンス 目標に向かって前向きに進む様子 自分を受け入れず卑屈な様子

    「現状に満足していない」という点では「ストイック」と「ネガティブ」は似ています。

    しかし、「ストイック」は、自分の定めた目標に対して前向きに進んでいるポジティブな意味合いです。

    一方「ネガティブ」は目標に進むといった前向きな様子はなく、消極的で卑屈になっている様子です。

    「ストイック」と「ネガティブ」は、以下の例文のように使います。

    <例文>

    • 目標に向かってストイックに頑張ってるね。尊敬するよ。
    • ネガティブにうじうじしてないで、何か目標でも決めたらどうだい?

    3.「ストイックな人」の特徴

    ストイックな人の特徴

    「ストイックだね」な人には、以下のような特徴があります。

    それでは、それぞれの特徴について詳しく説明します。

    3-1.自分の意見を持っている

    「ストイック」な人は、自分の意見を持ち、自分で行動することができます。

    人に言われなくとも、 自分で何をしたらいいかの判断できるので、周りから頼られます

    また人に流されることが少ないので、自分に自信があり自分自身を信用出来ている人が多いです。

    例えば、周りから「今の仕事は辞めたら?」と言われても、「今の仕事は自分が好きだからやっている」と自分の意見を持っている人はストイックな人です。

    周りが自分とは違う意見であっても、自分のやっていることに自信があるので、自分はどうしたらいいのか判断ができます。

    >3-2.決めた事はやり遂げる

    「ストイック」に自分を律している人は、一度自分で決めたことは最後までやり遂げます。

    どんなに紆余曲折があっても 途中で諦めることなく、目標達成に向けて努力を惜しみません

    例えば、ストイックな人は「〇月までにこの試験に合格するぞ」と目標を決めたら、どんなに忙しくても勉強を怠りません。

    毎日自分を厳しく律し、「今日はゆっくりしたい」などという欲望も抑える強さがあります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「ストイック」の類語・対義語表現

    ストイックの類語

    「ストイック」は「禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい」という意味なので、対義語は「自分に甘い、気ままな」といったニュアンスの言葉が当てはまります。

    それでは、「ストイック」の類語と対義語の表現を確認してみましょう。

    4-1.「ストイック」の類語表現

    「ストイック」の類語表現には、以下のような言葉があります。

    1. 克己的(こっきてき)⇒自分の欲に打ち勝ち、自分を律するようす
    2. 一生懸命⇒全力で物事に取り組む様子
    3. 無欲(むよく)⇒あれがしたいこれがしたいなどの欲がないこと

    ①の「克己的」や②の「一生懸命」は、気ままな気分を抑制し目標とする地点に向かう ポジティブな意味の言葉です

    ③の「無欲」は、「欲を張らない」という点では「ストイック」と似ていますが、一方で目標がないという ネガティブな印象にも受け取られます

    では、それぞれの言葉の使い方を以下の例文で確認してみましょう。

    <例文>

    • ビジネスで成功しようと、彼は克己的な姿勢だ。
    • 彼女は志望校合格に向けて、一生懸命勉強している。
    • 弟は非常に欲張りだが、兄は無欲でいつも落ち着いている。
  • スポンサーリンク

  • 4-2.「ストイック」の対義語表現

    「ストイック」の対義語表現としては、以下の言葉があります。

    1. 快楽的(かいらくてき)⇒心地が良く楽しんでいる様子
    2. 貪欲(どんよく)⇒欲が強い様子、やりたいことが多い様子
    3. 欲張り⇒欲が多く、あれもこれも欲しいと願うこと

    貪欲」と「欲張り」は「欲が多い」という点で似ていますが、「貪欲」は目標が多く野望が強いという ポジティブな意味合いでも使われます

    一方「欲張り」は、「一つのことに集中できず色々なものに目が移ってしまう」といったネガティブな意味合いで使われることが多いです。

    それぞれの言葉は、以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • 彼女は何をするにしても、快楽的に物事を考えているようだ。
    • 貪欲に頑張れば、何でも達成できるはずだ。
    • あまり欲張りすぎると、印象が良くないよ。

    5.「ストイック」の英語表現

    ストイックの英語表現

    「ストイック」は、英語で「 stoic」と標記し、以下の様に形容詞だけでなく名詞としての役割も果たします。

    【stoic】

    • 形容詞⇒禁欲な、冷静な、ストア哲学の、ストイックな
    • 名詞⇒ストア哲学、ストア哲学者

    同じ形容詞として「 stoical」と標記することもありますが、「stoical」の場合は名詞としては使いません。

    「stoic」と「stoical」を使った例文を以下で確認してみましょう。

    <例文>

    • I’ll be stoic to lose some weight from tomorrow.
      (明日から、ストイック(名詞)になって痩せるぞ。)
    • I am opposite of stoic.
      (私は、ストイック(名詞)とは真逆の性格です。)
    • She is really stoical person and I respect her.
      (彼女は、本当にストイックで(形容詞)尊敬するよ。)
    • The professional player do stoical training everyday.
      (プロの選手は、毎日ストイックな(形容詞)トレーニングをしている。)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「ストイック」は 「禁欲的な、我慢強い、自分に厳しい」という意味です。

    「ストイック」は、自分の意見を持ち、一度決めたことはやり遂げるような、自分を律している人に対してポジティブな意味合いで使われます。

    目標がなく消極的になっている「ネガティブ」とは正反対の意味合いなので、混同しないように注意しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事