「小職」の読み方・意味・使い方・類語・例文をわかりやすく解説!

小職の意味とは ビジネス用語

「小職」とは 「しょうしょく」と読み、官職についている人が自分をへりくだっていう語です。

社会人として働き始めて間もない方は、見慣れない「小職」という、少し堅い言葉の意味がいまいち分からないのではないでしょうか。

将来、管理職など役職につくと使用するケースもあると思いますので、若いうちに知っておくとよいでしょう。

本記事では、「小職(しょうしょく)」の意味や正しい使い方、類語や例文をわかりやすく皆さんに解説します。

「小職(しょうしょく)」の意味を理解し、ビジネスシーンの語彙力をアップさせましょう。

.「小職」の意味:官職についている人が自分をへりくだっていう語

小職

読み:しょうしょく

意味:官職についている人が自分をへりくだって指す一人称の語。

このように 「小職」とは、官職に付いている人が自分をへりくだって指す謙称です。

もとは官職(公務員)にあたる場合のみ使用されていましたが、現在では民間企業でも使用されます。

ちなみに、謙称とは「相手に対してへりくだった言い方。謙遜した言い回し」のことをいいます。

2.「小職」は目上の人に使わない方がいい

「小職」という言葉は、 誰が使用しても問題がないというわけではありません。

「小職」を使用する際に、どのような注意点があるのでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「小職」を新入社員や平社員が使用するのは避ける

    先ほど申し上げたように、「小職」とは官職(役職)についている立場の人が、自分をへりくだって指す一人称です。

    民間企業で使用する際は、管理職以上の役職についている人が使用するのが適切です。

    逆に 新入社員や目立った役職についていない人が「小職」を使用すると、少し偉そうな印象を相手に与えかねません。

    「小職」を使用する際は、自分が相応の役職についているかを確認してから、使うようにしましょう。

    2-2.「小職」を女性が使うことは問題ない

    「小職」は、比較的固い印象を与える言葉ですが、男女ともに使用することができます。

    ただし、相手に固い印象を与えてしまう点は変わりませんので、 女性の場合は「私(わたし、わたくし)」を一人称として使用するのがよいです。

  • スポンサーリンク

  • 3.「小職」を使った例文

    「小職」の意味や使用上の注意点について、ご理解いただけたかと思います。

    次に「小職」を実際に使用した例文をいくつかご紹介いたします。

    <例文>

    • 小職はこの度、営業部から事業部へ異動となりましたことをお伝えいたします。
    • 企画書につきましては小職までご提出いただきますようお願いいたします。
    • ご迷惑をおかけいたしますが、明日小職は11時からの出勤となります
    • 未熟な小職ではございますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
    • 小職は本日体調不良のため、終日お休みとさせていただきます

    4.「小職宛」は自分宛に郵送物を送ってほしい時に使う言葉

    「小職」を用いた言葉に「小職宛(しょうしょくあて)」があります。

    「小職宛」とは、 自分宛に郵送物を送ってほしい時に使う言葉です。

    「宛」の前に、「小職」を用いることで官職につく人が自分をへりくだって指す意味が加わります。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.「小職宛」を使った例文

    「小職宛」を用いた例文は以下となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

    <例文>

    • 先日ご依頼したレポートは、小職宛まで郵送していただけますようお願いいたします。
    • 昨日期限の提出物が小職宛までまだ届いていないのですが、進捗(しんちょく)はいかがですか?
    • お忙しいなか、小職宛にお手紙を送っていただき、誠にありがとうございます

    5.「小職」の類語と例文

    今後ビジネスシーンで使用する可能性のある「小職」には、 どのような類語表現があるのでしょうか。

    1. 当職(とうしょく)
    2. 小生(しょうせい)
    3. 弊職(へいしょく)
    4. 当方(とうほう)
    5. 下名(かめい)

    これらの類語表現を「小職」との意味の違いに触れながら、例文もご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.「当職(とうしょく)」

    当職

    読み:とうしょく

    1. 一般的には弁護士や行政書士など「士業」の一人称を表す言葉。
    2. この職業・職務、現在の職業・職務を表す言葉。

    「当職(とうしょく)」は、士業にあたる人が自分自身を指していう一人称の言葉です。

    自分を指す一人称という点では「小職」と同じですが、 使用する人が士業でないと適切ではありませんので注意が必要です。

    <例文>

    • 当職は◯◯弁護士事務所に勤務しております。
    • 当職は離婚調停を得意とする弁護士です。まずはお気軽にご相談ください。
    • 一度は司法試験に落ちてしまったが、諦めなかったことで当職の今があります。

    類語2.「小生(しょうせい)」

    小生

    読み:しょうせい

    意味:男性が自分を指して使う謙称(手紙等、文書で使用されるのが一般的)。

    「小生」は主に手紙などの文書で使用される、 男性が自分を指して使う謙称です。

    「小職」とは異なり、女性が使うことはない点に注意が必要です。

    「小生」は古い小説などで使用されることが多いため、男性が使う際でも相手に”古臭い”という印象を与えかねませんので、気をつけましょう。

    <例文>

    • お別れして随分と日が経ちますが、小生は変わらず元気に暮らしています。
    • ご不明な点がございましたら、小生までご一報ください。
    • 少年時代を思い出し、小生の目から涙がこぼれ落ちた。
  • スポンサーリンク

  • 類語3.「弊職(へいしょく)」

    弊職

    読み:へいしょく

    意味:その職務についている自分自身を指す謙称(ビジネス文書で主に使用される)。

    「弊職」とは、その職務についている自分自身をへりくだって指す言葉です。

    おもに、企業や組織内で作成される文書で対して使用されます。

    一説によれば、 「弊社」と「小職」を掛け合わせた造語とも言われており、一般的に用いられる適切な表現ではないという考えもあります。

    <例文>

    • その件につきましては、弊職にお任せください。
    • 弊職はWebマーケティング全般の業務を担当しております。
    • 弊職までご連絡いただければ、支給対応させていただきます。

    類語4.「当方(とうほう)」

    当方

    読み:とうほう

    意味:自分の方。自分の属している方。「こちら」を丁寧に言い換えた言葉。

    「当方」は自分の方。自分の属している方を表す言葉です。

    ビジネスシーンでは、メールなどで用いられることが多いですが、 契約書など正式な文書内では、あまり使われることはありません。

    自分だけでなく、自分の属している組織やグループ全体の意見であることを伝えるニュアンスも含まれていることに注意が必要です。

    <例文>

    • 当方としては、ぜひお受けさせていただきたく存じます
    • 後ほど、当方の担当者より折り返しのお電話をさせていただきます。
    • 当方といたしましては、貴重なご意見を受けまして改善に努めて参ります。

    類語5.「下名(かめい)」

    下名

    読み:かめい

    1. 以下に記した氏名。また、その者。
    2. 一人称の人代名詞。自分をへりくだって指す語。わたくし。

    「下名」は、自分をへりくだって指す言葉です。

    男女ともに使うことが可能なため、ビジネスシーンではメール・文書等で用いられることがあります。

    「小職」と同様に少し堅苦しい印象を与えかねない一人称であるため、使用する場合は注意が必要です。

    <例文>

    • 今後のご連絡につきましては、下名までお願いいたします。
    • 大変恐縮ではございますが、下名は午後より出社とさせていただきます。
    • 下名は部署異動のため、来週より総務部配属となります。

    .「小職」の英語表現:  英語に謙譲語はないので「I」を使う

    英語には「小職」のような謙譲語は存在しないため、「小職」を意味する英語はありません。

    「小職」から謙譲の意味を省くと「私」となりますので、英語では「I」を用います。

    <例文>

    小職まですぐにお返事をいただけるとありがたいです。)

    まとめ

    記事でご説明した通り、「小職」は本来、公務員についている人が自分をへりくだって指す謙称です。

    民間企業では、管理職以上の人が使う呼び方です。

    役職についていない人が「小職」を使うと、相手に偉そうな印象を与えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

    また、「当職」「小生」「弊職」「当方」「下名」といった類語もありますので、適切なシーンにあわせ、使ってみてはいかがでしょうか。

    正しい場面で「小職」を用いることで知的な印象を与え、相手からの評判も良くなることと思いますよ!

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%