「呈する」の意味とは?使い方・類語・英語表現などを例文つきで紹介!

呈するの意味とは ビジネス用語

「呈する」には、 「差し出すこと。贈ること」「ある状態をあらわすこと」の意味があります。

「呈する」は、口語で使用することは少なく、どちからというと文章で目にすることが多い言葉です。

「呈する」などの使い方や例文・言い換えを詳しく解説しているので、参考にしてください。

1.「呈する」の意味とは?

「差し出すこと。贈ること」「ある状態をあらわすこと」

呈する

読み:ていする

  1. 差し出すこと。贈ること
  2. ある状態をあらわすこと

現在では上記の通り、 「呈する」には「差し出す」と「あらわす」、の2つの意味があります。

「呈する」は、ある程度決まった言い回しで用いることが多い言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 「呈する」の語源

    「呈する」の「呈」の字ですが、分解すると「口」と「王」に分けられます。

    「口(さい)」の字は、「神への祈りの言葉を入れる器」をあらわしています。

    一方、「王」の字は新字体で、元々は「壬(てい)」という「土の上に立つ人の姿」をあらわす字でした。

    「壬(てい)」は「抜きん出る」という意味の言葉です。

    「口」と「壬」を組み合わせることで、抜きん出る人が神への器を立って掲げる様子を表すことから「神に差し出す」という意味合いとなりました。

    2.「呈する」の使い方や例文

    呈するの使い方

    「呈する」は、基本的に「~する」と動詞なので頭に名詞を持ってきて使います。

    「呈する」を敬語にすることはできないので、目上の人が目下の人に使う場合が多いです。

    よくある使い方について、以下で解説します。

  • スポンサーリンク

  • 2−1.苦言を呈する

    「呈する」を用いた表現で非常によく使われる表現が、「苦言を呈する」です。

    「苦言」とは、「相手からすると快くない言葉だけれど、本当はためになるアドバイス」のことをいいます。

    そのため、 「苦言を呈する」は「相手のためを思って言いにくい忠告をする」という意味があります。

    <例文>
    彼女が部下に対して行ったひどい態度に、私は苦言を呈した

    2−2.疑問を呈する

    「疑問を呈する」とは、相手の意見などに対して疑問を述べることです。

    本当かどうか疑わしい、信じがたい、といったニュアンスが含まれる言葉です。

    <例文>
    彼の論文の信憑性に疑問を呈する意見もある。

  • スポンサーリンク

  • 2−3.活況を呈する

    「活況」とは活気があることや、景気が良い状態を意味する言葉です。

    「活況を呈する」といった場合、「活気があり賑わっていること」をあらわします。

    また、 ビジネスシーンでは、「景気が良い状態を示す」という意味合いで使用されることもある言葉です。

    <例文>

    • 新しくできたショッピングモールは活況を呈している
    • 株式市場が活況を呈する

    3.「呈する」の類語

    呈するの類語

    ここからは、「呈する」と似た意味の言葉を紹介します。

     

     

    3−1.提供する

    「提供する」とは、 「金品や技能などを相手に差し出すこと」という意味があります。

    <例文>
    犯人逮捕のために有益な情報を提供する

    「呈する」には差し出すという意味がありますので、「提供する」もほぼ同等の意味です。

    ただし、 「提供する」の場合は「相手のために物や技術を渡す」というニュアンスが強く、「呈する」の場合は「相手のために」というニュアンスを含むとは限りません。

    また、「呈する」には「差し出す」という意味の他に「示す」という意味も含まれるため、様子や意思、感情など目に見えないものをあらわすという意味合いでも使用できます。

    そのため、「提供する」の場合、以下のような使い方は違和感のある表現になり、使用できません。

    <誤った例文>
    新しくできたショッピングモールは活況を提供している

    3−2.示す

    「呈する」はもともと「示す」という意味ですので同義の言葉であると言えるでしょう。

    <例文>
    教授は彼のレポートの内容に興味を示した

    ただし、 「呈する」には「相手に差し出す、贈る」という意味合いがあるのに対して、「示す」の場合は「見せる、あらわす」という意味合いが強いです。

    例えば以下の例文で比較した場合、前者の場合は「自分の書物を相手に贈る」という意味合いですが、後者の場合は「自分の書物を相手に見せる」という意味になります。

    <例文>

    • 自著を呈する
    • 自著を示す

    また、同じ「示す」という意味でも、 「呈する」のほうが硬い雰囲気の言葉ですので、シーンによって使い分けるのが良いでしょう。

    3−3.表す

    「呈する」の意味の一つに、「あらわす」があります。

    「表す」には、 「感情や思っていることを相手に示す」、「ある特定の意味を示す」という意味合いがあります。

    <例文>

    • 自分の気持ちを音楽で表す
    • 交番を表す地図記号

    3−4.現す

    「現す」は「今まで見えていなかった物や姿、様子を外から見えるようにする」という意味があります。

    「表す」と混同しやすいですが、 「現す」は物理的なものが見えるようになる、「表す」は目に見えないものを示すという意味合いが強いです。

    <例文>

    • 彼は颯爽と姿を現した
    • ついに彼女が本性を現した

    3−5.顕す

    「顕す」には、 「広く世間に知らせる」という意味があります。

    <例文>
    彼は功績を顕し、時の人となった。

    「苦言を呈する」「活況を呈する」など、「呈する」には目に見えないものを示すニュアンスがあるため、「あらわす」で一番ニュアンスが近いのは「表す」の漢字表現と言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「呈する」と「挺する」の違いは?

    「呈する」と同じ読み方の言葉に、「挺する」があります。

    「挺する」の意味は、「先に進むこと、みずから進んで差し出すこと」という意味です。

    「挺する」で一番多く用いられる言い回しに「身を挺する」があります。

    <例文>
    彼は彼女のことを身を挺して守った。

    このように、 「挺する」の場合、体を誰かのために差し出すと行ったニュアンスが強いです。

    一方、「呈する」の場合は物理的な物以外にも、言葉など目に見えないものなどを相手のために差し出すニュアンスが強いという違いがあります。

    「呈する」と「挺する」は誤って使いがちな言葉ですので気をつけましょう。

    5.「呈する」の英語表現

    呈するの英語表現

    「呈する」にあたる英単語には、以下の言葉があります。

    1. present(贈る、示す)
    2. show(示す)

    「present」は、動詞として「プレゼントなどを贈る、贈呈する。示す、あらわす」、「show」は「示す、あらわす」の意味として対応が可能です。

    また、「呈する」の慣用表現の場合、「present」や「show」以外でも表現ができます。

    以下では、 「呈する」の英語表現をご紹介します。

    <例文>

    • give somebody candid advice(苦言を呈する)
    • cast doubt on(疑問を呈する)
    • present an active state(活況を呈する)
    • present a book to(~に本を贈呈する)
    • show symptoms of depression(うつ病の症状を呈する)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「呈する」には、 何かを差し出したり贈ること、そしてある状態をあらわすという2つの意味があります。

    「呈する」と似た意味の言葉は「示す」や「あらわす」などいくつかありますが、言葉のニュアンスが異なる場合があるため使い分けには注意して使うようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事