「適宜」の意味と読み方!「随時」・「適時」との使い分けも徹底解説

適宜の意味とは ビジネス用語

「適宜」とは、 「その状況に応じて、適切に判断し行動すること」という意味の言葉です。

使い勝手のいい言葉なので、ビジネスシーンなどでも使われているのを目にすることが多いですよね。

しかし、似たような言葉で「適時」「随時」などがありますし、使い分けの方法で悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、「適宜」の詳しい意味や、類語との使い分けの方法などをわかりやすく解説していきます。

1.「適宜」の意味と読み方

適宜

読み:てきぎ

  1. 状況や場面によく合っていること。
  2. その時々に応じて、各自の判断で行動するさま。

意味1.「状況によく合っていること」

「適宜」は 「その状況に応じて、適切に判断し行動すること」という意味です。

言葉の成り立ちは以下の通りです。

  • 「適」:ふさわしい。あてはまる。
  • 「宜」:よい。都合がよい。

合わさって、「状況によく合っていること」が「適宜」の持つ意味にになります。

日常でよく使われる、和製英語でいうところの「ケースバイケース」の意味に近いです。

例文

  • 取引先へは適宜訪問してコミュニケーションを図るようにしましょう。
  • 何か不明点がありましたら、適宜ご連絡いたします。
  • 資料を公開する範囲は適宜変更してまいります。
  • スポンサーリンク

  • 意味2.「各自の判断で行動するさま」

    「適宜」は「自分なりに適していると考える行動をする」という意味です。

    「適宜~する」という形で使います。

    例文

    • 効率を上げるため、適宜休憩をとってください。
    • お昼休みは適宜とるようにしています。
    • 適宜必要な物を持参してください。

    2.「適宜」と「随時」「適時」の違い

  • スポンサーリンク

  • 「随時」には「いつでも」という意味が含まれている

    随時

    読み:ずいじ

    1. 状況や場面に適した行動をすること。
    2. 時間に制限なく、好きな時にいつでも行えること。

    「随時」には「適宜」の意味も含まれています。

    違いとしては「好きなときにいつでも、何度もというニュアンスが「随時」にはあることです。

    例文

    • 館内を随時、巡回しています。
    • 何か不安なことがありましたら、随時ご連絡ください。
    • 状況がどんどん変わっておりますので、随時ご報告いただけると幸いです

    「適時」には「適した時間に」という意味が含まれている

    適時

    読み:てきじ

    ちょうどよいとき。

    「適時」は「場面や状況にあった行動をするというニュアンスを持った言葉です。

    「適宜」は「宜」が「よい」という意味なので「ちょうどよい」という意味があります。

    一方、「適時」は「とき」なので「ちょうどよいとき」ということになります。

    つまり、「適宜」は「ちょうどよい」で「適時」は「ちょうどよいとき」です。

    例文

    • 適時、必要な書類をお持ちください。
    • 適時ご質問ください。
    • 口コミや評判を適時反映させてください。
  • スポンサーリンク

  • 3.「適宜」の類義語と言い換え表現

    ここでは「適宜」の類義語と言い換え表現を紹介します。

    1. 適切(てきせつ)
    2. 適当(てきとう)
    3. 必要に応じて

    1つずつ見ていきましょう。

    類語1.「適切(てきせつ)」

    適切

    読み:てきせつ

    状況・目的やその場面などにふさわしいこと。

    「適切」は 「目的や状況にふさわしい行動をすること」という意味です。

    「適宜」と意味が近く、「適宜」はより「状況にかなっている行動」のニュアンスが含まれます。

    例文

    • 適切な表現が見つからない。
    • 状況に応じた適切な行動をとってください。
    • プレゼン資料は適切な長さにしましょう。
  • スポンサーリンク

  • 類語2.「適当(てきとう)」

    適当

    読み:てきとう

    1. ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。ほどよいこと。
    2. (悪い意味で)やり方などがいい加減であること。

    「適当」は「適宜」に似たような意味ですが、違いとしては 「いい加減なやり方、行動」というニュアンスも含みます。

    「適当にはぐらかす」というような、少しくだけたイメージがある言葉です。

    ビジネスシーンで使用する際は、くだけた表現であることを踏まえて「適当」を使用するように気を付けましょう。

    例文

    • 与えられた業務を、時間がないので適当に済ませました。
    • 適当な仕事をしてはいけません。
    • 彼は忙しくなると適当な仕事をする傾向があります。

    類語3.「必要に応じて」

    必要に応じて

    読み:ひつようにおうじて

    必要であれば 、必要なときに。

    「必要なときに」というニュアンスを含みます。

    「適宜」とほぼ同じ意味で使用できます。

    例文

    • 必要に応じてパソコンを持参してください。
    • 必要に応じた枚数のパンフレットをお持ちください。
    • コストはあまりかけられませんが、必要に応じて視察を行いましょう。
  • スポンサーリンク

  • 4.「適宜」の対義語

    対義語1.「常時(じょうじ)」

    常時

    読み:じょうじ

    ふだん。いつも。

    「適宜」が「その場面や状況に応じた行動」であることに対し、「常時」は「いつでも、どの状況でも」という意味になります。

    よって「適宜」とは対義語となります

    例文

    • 社用携帯は常時持ち歩くようにしてください。
    • 常時、安全には気をつけましょう。
    • 常時落ち着いた行動をとってください。

    5.「適宜」の英語表現

    「appropriate」がよく使われている

    「適時」を英語で表現する場合は、appropriate”という単語を使います。

    例文

    • When you arrive there, take whatever action you think appropriate.

    ⇒現地へ着いたら適宜に行動してください。

    • You may take a vacation at your own discretion during the winter.

    ⇒冬は適宜に休暇をとってよいですよ。

    まとめ

    「適宜」は 「その状況に応じて、適切に判断し行動すること」という意味です。

    「随時」「適時」と似ていますがニュアンスに違いがあるので、きちんと使い分けるようにしましょう。

    「適宜」を正しく使えると、ビジネスシーンで役に立ちます。

    ぜひ今回の記事をお役立てくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%