「手前味噌」の意味や語源を解説!例文や言い換え表現もチェック

手前味噌の意味とは ビジネス用語

「手前味噌」は 自分で自分を褒める事、自画自賛をするという意味です。

「手前味噌」を使う事で謙虚な姿勢を示しながら、自分で自分を褒める事が出来ます。

今回は日常生活、ビジネスシーン問わず使える「手前味噌」の意味や使い方、言い換え表現をご紹介します。

スポンサーリンク

1.「手前味噌」の意味

「手前味噌」は 自分で自分を褒める事、自画自賛をする事を意味します。

モノや人の魅力・メリットを伝えたいけれど、相手に悪い印象を与えたく無い時や角を立てたく無い時に便利な表現です。

実際、自分の事や会社の事をやたらと褒めまくる相手にはあまり良い印象を持ちませんよね。

遠慮をしつつも魅力やメリットを伝えたい際に便利なのが、「手前味噌」という言葉なのです。

2.「手前味噌」の語源

「手前味噌」の語源は味噌が広く市販される以前、 自身で作った味噌の味を自慢していた事から来ています。

最近は味噌を作る家庭をあまり見かけませんが、かつては各家庭で美味しくなる様に工夫をして作られていたのです。

当時は今ほど、調味料も多くは無い時代だったので、味噌を如何に上手く作れるかは一つの自慢出来るポイントとされていました。

その様な背景もあり、 味噌と言う言葉自体に「自慢できる」や「趣向を凝らした」の意味が含まれているのです。

スポンサーリンク

3.「手前味噌」の使い方と例文

自分で自分を褒める意味を持つ「手前味噌」は、日常からビジネスまで幅広いシーンで使われる表現です。

使い方は 魅力やメリットなど褒める文章の前に「手前味噌ですが」や「手前味噌ながら」を使います。

以下の様な形で用いられるので、チェックしましょう。

  • 手前味噌ですが、弊社は多くの賞を受賞しています。
  • 手前味噌ながら、うちの息子は運動神経が良いです。
  • 手前味噌を並べるわけではありませんが、弊社のカメラの画質は良いです。

嫌味なく魅力やメリットを伝える際に、ぜひ使いたいフレーズです。

少し珍しい言い回しとして、「手前味噌を並べる」と言う表現もあるので合わせて覚えておきましょう。

4.「手前味噌」の類義語

「手前味噌」の類義語を以下の3つです。

  • 自画自賛
  • 自慢
  • 得意顔で

それぞれの意味や「手前味噌」との使い分け方をチェックしましょう。

4-1.自画自賛

「手前味噌」に最も似た表現なのが「自画自賛」です。

以下、例文をチェックしましょう。

  • 自画自賛になりますが、今回の作品の出来栄えは非常に良い
  • 彼は自らの働きぶりを自画自賛していた

「手前味噌」と同様に、自分で自分を褒める意味を持ちます。

自画自賛の方が「手前味噌」と比べてストレートな表現です。

自画自賛には「手前味噌」の様な謙虚な姿勢を示すニュアンスが含まれていません。

相手が嫌味に捉えられてしまう可能性があるので、使う相手や場面は選んで使いたい表現です。

スポンサーリンク

4-2.自慢

自慢は自画自賛以上にストレートな表現です。

以下、例文をチェックしましょう。

  • 自慢で恐縮ですが、世界的にも評価をされている商品です。
  • 自慢ではありませんが、私は○○大学出身です。

友人同士の気さくな会話であれば問題ありませんが余程、関係性がしっかりとしている相手で無い限り、 厚かましい人と言う印象や嫌味な人と言う印象を与えかねません。

フォーマルなスピーチやビジネスシーンでの使用は控えた方が賢明です。

4-3.得意顔で

得意顔では 望み通りになったと言う顔つきで誇らしげにと言う意味を持つ言葉です。

以下、例文をチェックしましょう。

  • 彼は得意顔でこれまで歩んできたキャリアを語り出した。
  • 突然、彼女が得意顔で自慢を始めたのでその場にいた一同驚いた。

意味は似ていますが、「手前味噌」との違いは使い方にあります。

「手前味噌」は自身が自身や褒めたい対象に対して使う言葉です。

一方、得意顔は「得意顔で自慢をしている」相手の状況や状態を伝える際に使います。

5.「手前味噌」の言い換え表現

「手前味噌」は便利な表現ではありますが、どの様なシーンでも使える訳ではありません。

ここでは自画自賛や自慢などの言葉を使うのが好ましくない時、相手が「手前味噌」を知らない時に覚えておきたい言い換え表現をご紹介します。

以下の2つが「手前味噌」の言い換え表現です。

  • 僭越ながら
  • おこがましい

それでは、詳しく説明します。

スポンサーリンク

5-1.僭越ながら

僭越ながら 自分の地位や立場を越えて出過ぎたことをする事を意味します。

目上の相手に対して、発言をする際に謙虚な姿勢を表現するための言葉です。

以下、例文をチェックしましょう。

僭越ながら、他社よりも弊社の商品の方が御社に適した商材だと思います。

「手前味噌」も丁寧な表現ではありますが、僭越ながらの方がより謙虚な姿勢を表すことができます。

堅い雰囲気の会議や商談などでは僭越ながらを利用する様にしましょう。

5-2.おこがましい

おこがましいの意味は 身の程をわきまえていない、差し出がましいです。

自分で自分を褒める際にも「おこがましいようですが」や「おこがましい発言ですが」などの言葉を添えることで謙遜表現となります

以下、例文をチェックしましょう。

おこがましいようですが、私の方が経験豊富で適任だと思います。

「手前味噌」との違いは、差し出がましい行為とは理解していながらも、目上の人に意見を言う際に用いるという点です。

嫌味にならない様に相手に対して提案をしたい時に使うと良いでしょう。

まとめ

「手前味噌」は 自分で自分を褒める事、自画自賛をする事を意味します。

「手前味噌」は遠慮をしつつも魅力やメリットを相手に伝えたい際に便利な表現です。

相手や状況に応じて、類義語や言い換え表現を使い分ける事が出来ると相手から見る目も変わります。

ぜひ、日常生活・ビジネスシーン問わず活用して下さいね。

  • スポンサーリンク