「取り急ぎご報告まで」は使い方に注意!例文や言い換え方を解説

取り急ぎご報告までの意味とは ビジネス用語

「取り急ぎご報告まで」という言葉は、ビジネスメールなどでよく使われます。

緊急時に重要事項を報告する場合に便利な言葉ですが、 使い方には注意が必要です。

正しい使い方を知らないと、失礼になってしまうことも少なくありません。

そこで、本記事では「取り急ぎご報告まで」の正しい使い方や、目上の人にも使える言い換え方を解説します。

正しい使い方を把握し、ビジネスシーンで使用しましょう。

1.「取り急ぎご報告まで」の意味

1‐1.意味は「急いで重要事項のみ報告すること」

取り急ぎご報告まで

読み方:とりいそぎごほうこくまで

意味:急ぎなので、ひとまず重要事項のみ報告します

緊急時に挨拶や詳細を省き、重要事項のみを伝える場合によく使用されます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「取り急ぎご報告まで」の使い方と例文

    ビジネスメールでもよく目にする「取り急ぎご報告まで」ですが、 使用にはいくつかの注意点があります

    しっかりと注意点を踏まえた上で、正しい使い方を身につけましょう。

    2‐1.「取り急ぎ報告まで」は急用がある時に使う

    「取り急ぎご報告まで」は、おもに急用がある時に使用する言葉です。

    忙しくて詳細を返信できない際に「 とりあえず重要事項は把握した」という意味でも使用されます。

    <例文>

    • 先日お伝えしていた書類ですが、明日午前までに提出いたします。取り急ぎご報告まで
    • 明日のミーティングの件、了解しました。取り急ぎご報告まで

    上記のように、メールでは文の最後に使用されることが多いです。

    また、基本的に緊急性のない場合には使用しません。

    重要事項を急いで伝えることが目的なので、時候の挨拶なども省略します。

  • スポンサーリンク

  • 2‐2.「取り急ぎ報告まで」を使う場合は後で詳細を連絡する

    「取り急ぎご報告まで」という言葉は、後で詳細を連絡することを前提として使用します。

    最初に 緊急性のある重要事項のみを伝え、後から送るメールで詳細を伝えましょう

    明日、ミーティング時間が午後から午前中に変更になりそうです。

     

    取り急ぎご報告まで

    ミーティングの件、承知いたしました。


    先ほどお伝えした明日のミーティングの件ですが、11時に変更になりました。

     

    場所に変更はないので、よろしくお願いいたします。

    また、最初に送るメールに必要事項を記載していない場合は「追って詳細をご連絡します」という言葉を添えると親切です。

    2‐3.「取り急ぎ報告まで」は目上の人へ使う表現として適さない

    「取り急ぎご報告まで」は、「ご報告いたします」という文末を省略した言葉です。

    敬語を簡略化しているため「失礼にあたる」「マナーがない」と思われてしまう可能性があります。

    上司や取引先の人に使用しないよう、注意しましょう。

    「取り急ぎご報告まで」は、親しい同僚や後輩に対してのみ使用することをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 3.「取り急ぎ報告まで」の類語・言い換え表現

    「取り急ぎご報告まで」は便利な言葉ですが、目上の人に対して使用すると失礼になってしまいます。

    ここでは、 目上の人に対しても使用できる言い換え表現を紹介します。

    類語1.「取り急ぎご報告申し上げます」

    「取り急ぎご報告まで」を 簡略化せずに表現した場合、「取り急ぎご報告申し上げます」となります

    「申し上げます」の部分は、「いたします」「させていただきます」と言い換えても構いません

    <例文>

    • 本日、契約書を受領いたしました。取り急ぎご報告申し上げます
    • メールを確かに受け取りました。取り急ぎご報告いたします
  • スポンサーリンク

  • 類語2.「まずはご連絡のみにて失礼いたします

    「取り急ぎ」という言葉を使いたくない場合は、「まずは」という表現に変えることも可能です。

    「まずは」という表現に変えることで、雑な感じがなくなり丁寧な印象となります。

    また「失礼いたします」という言葉を付け足すことで、目上の人に対してより敬意を表すことができますよ。

    なお、「ご連絡」の部分は「ご報告」のままで使用しても構いません。

    <例文>

    • 本日午前中にお品物を受け取りました。まずはご連絡のみにて失礼いたします
    • 会食の日時ですが、〇月〇日に決定いたしました。まずはご報告のみにて失礼いたします

    言い換えて使用する場合も、文末に使用することが基本です。

    伝えたい内容を記載した後に「取り急ぎご報告まで申し上げます」「まずはご連絡のみにて失礼いたします」を使用しましょう。

    4.「取り急ぎ報告まで」の英語表現

    「取り急ぎご報告まで」は 英語で表現することも可能です。

    複数の表現方法を知り、臨機応変に使用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 英語1.「I just want to~」

    英語圏でよく使用される表現が「I just want to~」です。

    「~」の部分には、相手に伝える内容を入れます。

    また、この表現は文末ではなく文頭で使用するので注意しましょう。

    <例文>

    • I just want to let you know I confirmed about the meeting.

    (会議について確認しました。)

    • I just want to let you know I understood about the schedule for tomorrow.

    (明日の予定について了解しました。)

    英語2.「Just a quick note~」

    「取り急ぎ」をストレートに訳す場合は「Just a quick note~」を使用します。

    カジュアルな表現なので、社内の人や親しい間柄の人に使用しましょう。

    <例文>

    • This is just a quick note.

    (取り急ぎご連絡まで。)

    • Just a quick note in reply to your mail.

    (取り急ぎお返事します。)

    まとめ

    「取り急ぎご報告まで」は、急いでいるときに便利な言葉ですが 使い方には十分注意が必要です。

    目上の人に対しては、使用を控えるか丁寧な言葉に言い換える必要があります。

    メールを送信する相手に合わせて、臨機応変に表現を変えましょう。

    ぜひ本記事を参考に、ビジネスシーンで「取り急ぎご報告まで」を使用してみてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら