「徒労」「徒労感」の意味とは?「徒労に終わる」の使い方も解説!

徒労の意味とは ビジネス用語

「徒労」は、「結果が出ず、無駄な苦労であること」を意味する言葉です。

仕事で上手くいかなかった時に使用できる表現ですので、覚えておいて損はないですよ。

ただし、「徒労に終わる」のような慣用表現がありますので、使い方には気をつける必要があります。

そこで今回は、「徒労」「徒労感」の意味を説明し、使い方・類語・対義語も解説していきます。

「徒労」と同じ意味を持つことわざも紹介しますので、ぜひセットにして覚えましょう。

1.「徒労」の意味

1-1.結果が出ず、無駄な苦労であること

徒労

読み:とろう

意味:結果が出ず、無駄な苦労であること。

「徒労」は「結果が出ず、無駄な苦労であること」を意味する否定的な言葉です。

学業・仕事などを対象に、努力が報われなかった時に使うことができます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「徒労」の語源・由来:「無駄」と「はたらく」

    「徒」と「労」には、それぞれ以下の語源・由来があります。

    1. 「徒」は、「無駄」「いたずら」「歩く」「人々」
    2. 「労」は、「はたらく」「疲れる」「感謝する」

    「徒」は、「十字路(道を行く)」「柱上に固めた土」「立ち止まる足」の形成文字から成り、「乗り物に乗らず、土を踏んで歩く」ことから、「無駄である」の意味です、

    「労」は、「たいまつを組み合わせたかがり火」の会意文字(2つの漢字を合わせた漢字)から成り、「大きく燃え尽きている様子」から「はたらく・疲れる」を指します。

    上記のことから、「徒労」は「結果が出ず、無駄な苦労であること」を表現するようになりました。

    2.「徒労」「徒労館」の使い方・例文・短文

    「徒労」は、動詞形として使用する際「徒労する」といった使い方はしません

    「徒労」には決まった使い方がいくつかありますので、ぜひセットにして覚えましょう。

    「徒労」の例文を、以下の3つの表現に分けて説明していきます。

    1. 徒労に終わる
    2. 徒労に帰す
    3. 徒労感に襲われる

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「徒労に終わる」で使用する場合

    「徒労」は、「無駄に終わってしまった」の意味で「徒労に終わる」と使われます。

    努力が報われなかったり、評価されなかったりした場合に、うんざりした気持ちを表現することができるのです。

    <例文>

    • 時間をかけたプレゼンが評価されず、徒労に終わってしまった
    • 結果が重要視される現場では、プロセスに時間をかけても徒労に終わるだろう。

    2-2.「徒労に帰す」で使用する場合

    「徒労」は、「無駄であり、元の状態に戻る」の意味で「徒労に帰す」と使われます。

    「帰す」は「元の状態に戻る」という意味のため、「努力する前の状態に戻る」となり「無駄である」と訳されるのです。

    <例文>

    • 大事な会議に遅れ、これまでの信頼関係は徒労に帰した
    • ドミノを並べていた所、地震が起き、徒労に帰した
  • スポンサーリンク

  • 2-3.「徒労感に襲われる」で使用する場合

    「徒労」は、「無駄なことをし、やりきれない気持ちに悩む」の意で「徒労感に襲われる」と使用されます。

    「徒労感」は、「無駄なことをした自分に対する反省」「報われなかった悔しさ」などが混ざった感情です。

    <例文>

    • 彼女のために身の丈に合わないことをし、徒労感に襲われた。
    • 自宅のカギを閉め忘れたと思い、確認したところ勘違いであり、徒労感に襲われた

    3.「徒労」と同じ意味を持つことわざ

    「徒労」は短い言葉のため、文章表現として向いていますが、会話表現としては不向きです。

    自分の心情を伝える際に、「徒労」を意味することわざを覚えておくと、さらに意図を伝えやすくなりますよ。

    「徒労」を意味することわざは、以下の通りです。

    1. 骨折り損のくたびれ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)
    2. 焼け石に水(やけいしにみず)
    3. 水の泡(みずのあわ)
    4. 無駄骨を折る(むだぼねをおる)
    5. 元の木阿弥になる(もとのもくあみになる)

    次に、よく使われることわざの意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.骨折り損のくたびれ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)

    骨折り損のくたびれ儲け

    読み:ほねおりぞんのくたびれもうけ

    意味:努力したが結果が出ず、疲れだけが残ること。

    「骨折り損のくたびれ儲け」は、「努力したが結果が出ず、疲れだけが残ること」を意味することわざです。

    「骨折り」とは、「骨を折るほど大変な苦労をした」という意味ですので、実際に怪我をしている訳ではありません、

    <例文>

    計画していた屋外ライブが、台風で中止になった。骨折り損のくたびれ儲けとはこのことだ。

    3-2.焼け石に水(やけいしにみず)

    焼け石に水

    読み:やけいしにみず

    意味:努力や援助が少なく、何の役にもたたないこと。

    「焼け石に水」は、「努力や援助が少なく、何の役にもたたないこと」を意味することわざです。

    焼けた石に水をかけるとすぐに蒸発することから、「無駄・無意味」を表現する際に使用されます。

    <例文>

    テスト前日に一生懸命勉強しても、焼け石に水だよ。

  • スポンサーリンク

  • 4.「徒労」の類語と例文

    「徒労」は、 主に自分の行動・心情を表現する際に使われる表現です。

    そのため、相手に「無駄である」を伝える際には、他の類語を使用する必要があります。

    「徒労」の類語は、以下の通りです、

    • 不毛(ふもう)
    • 悪あがき(わるあがき)
    • 無駄骨(むだぼね)
    • 無駄足(むだあし)

    次に、よく使われる類語の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください

    類語1.不毛(ふもう)

    不毛

    読み:ふもう

    意味:なんの進歩や成果を期待できないこと。

    「不毛」は、「なんの進歩や成果を期待できないこと」を意味し、「不毛な争い」「不毛な議論」などと使われます。

    「不毛」は「徒労」と異なり、人ではなく物事を対象にとるので注意して下さい。

    <例文>

    感情論をぶつけたところで、現実は変わることがなく、不毛な争いだ。

    類語2.悪あがき(わるあがき)

    悪あがき

    読み:わるあがき

    意味:やっても意味がないことを、し続けること。

    「悪あがき」は、「やっても意味がないことを、し続けること」を意味し、「悪あがきをする」と使用されます。

    「徒労」と異なり、「未来・将来がほぼ決定的であるのにも関わらず」といった意味合いが含まれるのです。

    <例文>

    もう試合の大局は決まったが、敗北を認めず悪あがきをしている。

    5.「徒労」の対義語と例文

    「徒労」は否定的な言葉であり、自分が陥った時にはすぐに脱出する必要があります。

    その時のために、「徒労」の対義語を使って、肯定的な方向に物事を進めていきましょう。

    「徒労」の対義語は、次にあげる2つがあります。

    1. 有意義(ゆういぎ)
    2. 生産的(せいさんてき)

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    対義語1.有意義(ゆういぎ)

    有意義

    読み:ゆういぎ

    意味:意味や価値があると考えられること。

    「有意義」は、「意味や価値があると考えられること」を意味し、「有意義な時間」「有意義な取り組み」などと使われます。

    「意味・価値がある」とは、その人にとって「楽しい・嬉しい」などの感情も含むのです。

    <例文>

    違う業界の人と話をするのは、また違った発見があり、有意義な時間だった。

    対義語2.生産的(せいさんてき)

    生産的

    読み:せいさんてき

    意味:新しい物事を生み出し、進歩させること。

    「生産的」は、「新しい物事を生み出し、進歩させること」を意味し、「生産的な考え」「生産的な議論」などと使われます。

    特にビジネスシーンにおいては、「生産的」の他に「効率的」「建設的」などが使用することが多いです。

    <例文>

    古い慣習を真似するだけでなく、自分たちで生産的な方法に変えていこう。

    6.「徒労」の英語表現と例文

    「徒労」の英語表現を聞かれて、すぐに答えるのは難しいですよね。

    しかし、「徒労」に対応する英熟語がありますので、定型文として覚えておくと役に立ちますよ。

    「徒労」は、以下の英語で表現できます。

    1. waste of time(時間の無駄)
    2. not worth my while(時間に見合う価値がない)

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    英語1.「waste of time(時間の無駄)」

    「waste of time」は「時間の無駄」を意味し、類似表現として「waste of effort」があります。

    「effort」は「努力」、「waste」は「無駄・ごみ」、「time」は「時間」を指すので、「無駄な時間」「無駄な努力」を表現できるんです。

    <例文>

    What a waste of time.(時間の無駄もいいところだ)

    英語2.「not worth my while(時間に見合う価値がない)」

    「not worth my while」は「時間に見合う価値がない」を意味し、そのまま会話表現として使用できます。

    「not worth」は「価値がない」、「my while」は「私の時間」を指すので、「時間に見合う価値がなく、無駄であること」を表現できます。

    <例文>

    It’s not worth my while.(時間に見合う価値がない)

    まとめ

    「徒労」は、「結果が出ず、無駄な苦労であること」を意味する言葉です。

    「徒労に終わる」という表現は、仕事・学業などあらゆる物事を対象とり、日常・ビジネスシーンどちらでも使用できます。

    もし、「徒労感」に襲われている人を見つけた時は、相談や励ましの言葉をかけてあげるといいでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら