「続柄(つづきがら)」の意味と書類別の正しい書き方!英語も紹介

続柄の意味とは ビジネス用語

年末調整や確定申告などの書類にある「続柄」項目記入の度に、「あれ?どうだった?」と迷うことってありますよね。

「続柄」とは「 親族・親戚としての関係」を意味する言葉です。

本記事では「続柄」の正しい意味や、書き方を紹介しています。

この記事を読み「続柄」の使い方を知ることで、各書類でスムーズに「続柄」が書けるようになりますよ。

1.「続柄(つづきがら)」の意味とは?

意味は親族・親戚としての関係

続柄

読み:つづきがら

親族・親戚としての関係

「続柄(つづきがら)」とは「 親族・親戚としての関係」を意味する名詞であり言葉です。

年末調整や確定申告などの書類や、住民票や戸籍にも「続柄」の項目は記入されているので、馴染みがある言葉ですよね。

ちなみに漢字を分けて意味を調べると、次の意味も含まれていることが解ります。

  • 続(つづき)」:子孫・血統等が代々続く、または継承すること
  • 柄(がら)」:同じ血の繋がりをもつ、血縁関係にあること

純粋に「続(つづき)」と「柄(がら)」が繋がってできた言葉が「続柄」あることが解りますね。

ちなみに、よく耳にする「ぞくがら」という読み方は「慣用読み」です。

慣用読みとは?
本当は誤用である読み方が認知されてしまい、以降広く定着した読み方を意味します。

「ぞくがら」は元々誤用表現だったのですが、現在では国語辞典にも記載されている読み方です。

従って「続柄」は「ぞくがら」と読んでも間違いではありません。

  • スポンサーリンク

  • 「間柄(あいだがら)」とは?

    「続柄」と関連する言葉でもある「間柄」の説明をします。

    間柄

    読み:あいだがら

    1. 血族・親族などの関係。
    2. 交際から発展する一般的な人間関係

    「続柄」と「間柄」の違いですが、主に次の通りです。

    • 続柄:血縁や婚姻関係のみ
    • 間柄:血縁や婚姻関係も含んだ、交際や交友関係全般

    「間柄」の中に「続柄」が含まれるといった関係に近いでしょう。

    例文で比較すると以下のようになります。

    例文
    間柄:親友Aさんとの間柄。
    続柄:実はAさんは主人の妹だったので、続柄でいうなら「義妹」になる。

    2.「続柄」の一覧表

    「続柄」は「本人からみて、どの立場の存在・関係であるか」を記入するための用語です。

    なので、世帯主(この場合夫の立場)からみた続柄の名称は以下のようになります。

    「続柄」の一般的な読み方・書き方

     

    本人(世帯主)※夫の場合

    0親等(配偶者)

    (夫)

     

    1親等

    義父

    子ども

    義母

    兄・弟・姉・妹

    2親等

    祖父

    義祖父

    祖母

    義祖母

    3親等

    曽祖父

    義曽祖父

    曾孫

    曾祖母

    義曾祖母

    ちなみに、以下は親戚関係です。

    滅多に記入することが無い親戚関係の続柄ではありますが、知識として知っておくといいでしょう。

    両親の兄

    伯父

    両親の弟

    叔父

    両親の姉

    伯母

    両親の妹

    叔母

    伯父伯母の息子:(自身より年上)

    いとこ・従兄

    伯父伯母の息子:(自身より年下)

    いとこ・従弟

    叔父叔母の娘:(自身より年上)

    いとこ・従姉

    叔父叔母の娘:(自身より年下)

    いとこ・従妹

    兄弟姉妹の息子

    兄弟姉妹の娘

    上記の「続柄」は「一般的な読み方・書き方」であります。

    別途紹介する 様々な書類によっては、独自のルールが存在するのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.「続柄」の書き方

    「続柄」とは「親戚・親戚としての関係」を意味する言葉です。

    しかし、 必要とする書類によって「誰からみた続柄か」が変わります。

    ここでは5種の書類別「続柄」の書き方を紹介しますね。

    1. 一般的な書き方
    2. 戸籍の場合
    3. 住民票の場合
    4. 年末調整の扶養控除申告書の場合
    5. 確定申告書の場合

    それぞれ説明します。

    3-1.「続柄」の一般的な書き方

    ここでいう一般的な書類とは「会社に提出する事務手続き関連」の書類を指します。

    そのような 一般的書類においての「続柄」は 作成者から見た目線での関係で記入します。

    一般的な書き方

    ※「夫の姓」を名乗っている場合。

     

    世帯主(夫)

    母親起点

    長男起点

    長女起点

    本人
    世帯主

    本人

    祖父

    義父

    祖父

    祖父

    祖母

    義母

    祖母

    祖母

    長男

    子ども

    子ども

    本人

    長女

    子ども

    子ども

    本人

    次男・次女

    子ども

    子ども

    弟・妹

    弟・妹

    ※母親の父母 ⇒ 実父母
    ※母親の祖父母 ⇒ 実祖父母

    ただし、戸籍で続柄を記入する際に注意が必要の項目は「子」の書き方です。

    戸籍の「子」の書記入についてみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.戸籍は「子」の書き方が変わるので注意

    戸籍の場合は「筆頭者」目線の関係を表記しています。

    「筆頭者」とは戸籍の最初に記載されている人のことです。

    なので「筆頭者」とは、一般的には多くが「夫」になります。

    戸籍の「続柄」も一般的な書き方と変わりませんが、「子」の書き方が変わるので注意が必要です。

    戸籍における「子ども」の書き方

    子どもの続柄

    捕捉

    長男

     

    二男

    「次男」と記入しない

    三男

     

    長女

     

    二女

    「次女」と記入しない

    三女

     

    養子

    養子縁組している場合は「養子」と記入する

    3-3.住民票での「続柄」の書き方

    住民票の場合は 「世帯主」から見た、家族との関係を記入します。

    ただ、必ずしも「父親」が世帯主ではないという点がポイントです。

    結婚や一人暮らしなどライフスタイルの変化や、純粋に引っ越しの度に住民票を移動する必要があるので、その度記入することになります。

    住民票の主な「続柄」の記入方法

    世帯を構成する要素(人)

    住民票の続柄記入方法

    世帯主

    本人、世帯主

    配偶者

    夫、妻、

    血縁関係ありの子ども
    血縁関係なしの子ども(養子)

    世帯主の父母

    父、母

    配偶者の父母(義父母)

    夫の父、夫の母、妻の父、妻の母

    配偶者の祖父母(義祖父母)

    夫の父の父、夫の母の母
    妻の父の父、妻の母の母

    兄・弟・姉・妹

    兄、弟、姉、妹

    内縁の夫、または妻

    夫(未届)、妻(未届)

    配偶者の子ども(連れ子)※再婚

    夫の子、妻の子

    ※配偶者の兄弟姉妹と住んでいる場合は「夫の妹」、「妻の兄」という表記になります。

  • スポンサーリンク

  • 3-4.年末調整の扶養控除申告書の「続柄」の書き方

    年末調整の扶養控除申告書の場合は、 「申告者」からみた家族の関係を記入します。

    一般的な例としては、以下の記入が挙げられます。

    • 申告者:○○山△△子(つまり、妻の場合)
    • 世帯主:○○山□□男
    • あなたとの続柄:夫

    「続柄」記入欄に「あなたとの続柄」とあるので、つい「世帯主」視点で「妻」と記入しそうになりますよね。

    ですが、それは間違いです。

    この「あなたとの続柄」の「あなた」は「申告者(あなた自身)」になります。

    その「申告者(あなた自身)」にとっての「世帯主」とどのような関係か、を記入する必要があるのです。

    このように扶養控除申告書の場合は「申告者」起点の「続柄」記入なので注意しましょう。

    ちなみに、世帯主が妻であるなら、次のようになります。

    • 申告者:○○山△△子(つまり、妻の場合)
    • 世帯主:○○山△△子(世帯主が妻の場合)
    • あなたとの続柄:本人

    3-5.確定申告での「続柄」の書き方

    確定申告書の場合は 「世帯主との続柄」とあるので「世帯主」からみた家族の関係を記入します。

    例えば、申告者が「妻」だった場合は次のような記入内容になるのです。

    • 申告者:○○山△△子(つまり、妻の場合)
    • 世帯主:○○山□□男
    • 世帯主との続柄:妻

    世帯主「○○山□□男」から見て申告者「○○山△△子」との関係は「妻」になり、続柄も「妻」となるのです。

    ちなみに申告者「○○山△△子」が世帯主の場合は次のような記入になります。

    • 申告者:○○山△△子(つまり、妻の場合)
    • 世帯主:○○山△△子
    • 世帯主との続柄:本人
  • スポンサーリンク

  • 【補足】「続柄」記入の際に「職業」まで求められる場合

    社内の書類に 「続柄」と「職業」の記入を求められるケースが稀にあります。

    その際は次のように記入するのが一般的です。

    • :就職 ○男 50歳 会社員
    • :就職 △美 45歳 主婦
    • :就職 □朗 27歳 公務員

    あくまで「職業」を問われているので「就業している会社名」は通常は記入しません。

    4.「続柄」や関係する言葉の英語表現

    最後に「続柄」に関係する5個の英語表現を紹介します。

    1. relationship
      意味 ⇒ 続柄
    2. principal
      意味 ⇒ 本人
    3. family register
      意味 ⇒ 戸籍
    4. resident card 
      意味 ⇒ 住民票
    5. householder
      意味 ⇒ 世帯主

    それぞれ説明します。

    4-1.relationship

    「relationship」とは、「 続柄」を意味する英単語です。

    他には「(人と人の)関係や結びつき、(物事と物事の)関連や関係、親族関係」等を意味があり、そのまま「続柄」の意味「親戚・親戚としての関係」も含みます。

    転して「続柄」の意味に解釈されるのです。

    例文
    for a moment get lost in describing relationships.
    意味 続柄の記入に一瞬迷う。

    4-2.principal

    「principal」とは、「 本人」を意味する英単語です。

    主な意味は「主な」ですが「法律・法学」においての「本人」の意味も含んでいます。

    例文
    confirm whether you are the principal.
    意味 本人かどうかの確認

    4-3.family register

    「family register」とは、「 戸籍」を意味する英単語です。

    「family」は「家族や家」を意味し、「register」は「登録や台帳」を意味します。

    つまり「家を登録」や「家族の台帳」の意味となり、転じて「戸籍」を意味するのです。

    例文
    abstract of family register.
    意味 戸籍抄本

    4-4.resident card 

    「resident card」とは、「 住民票」を意味する英単語です。

    「resident」は「居住する、在住する」等の意味があり、「card」は本来は「札や券」は意味しますがここでは「(身分証明書などの)カード」を意味します。

    つまり「居住する証明書」となり、転じて「住民票」と解釈されるのです。

    例文
    I will go get a copy of the resident card
    意味 住民票のコピーを取りに行きます

    4-5.householder 

    「householder」とは、「世帯主」を意味する英単語です。

    他に「家主」の意味があり「 家主、つまり世帯主」というシンプルな意味にも解釈されます。

    例文
    Householders want to say “Husband of course
    意味 世帯主は「もちろん夫」と言いたい

    「続柄」の一般的な書き方の英語表現

     

    本人(世帯主)
    principal(householder)

    0親等(配偶者)
    Relation in the zeroth degree(Spouse)


    Husband


    Wife

     

    1親等
    Relation in the first degree


    Father

    義父
    Father-in-law

    子ども
    Child


    Mother

    義母
    Mother-in-law

    兄・弟・姉・妹
    Brothers
    Sisters  ※1

    2親等
    Relation in the second degree 

    祖父
    Grandfather

    義祖父
    My grandfather in law


    Grandchild

    祖母
    Grandmother

    義祖母
    My grandmother in law

    3親等
    Relation in the third degree 

    曽祖父
    Great-grandfather

    義曽祖父
    My grandfather of in-law

    曾孫
    Great-grandchild

    曾祖母
    Great-grandmother

    義曾祖母
    Great-grandmother in law

    ※「兄」「弟」「姉」「妹」それぞれ以下の英語表現になります。

    Elder brother

    Younger brother

    Elder sister

    Younger sister

    以下は親戚関係です。

    両親の兄
    Elder brother of parents

    伯父
    Uncle

    両親の弟
    Younger brother of parents

    叔父
    Uncle

    両親の姉
    Elder sister of parents

    伯母
    Aunt

    両親の妹
    Younger sister of parents

    叔母
    Aunt

    伯父伯母の息子:
    (自身より年上)
    Son of the Aunt uncle
    (I am older than own)

    いとこ・従兄
    Cousin

    伯父伯母の息子:
    (自身より年下)

    Son of the Aunt uncle
    (I am younger than own)

    いとこ・従弟
    Cousin

    叔父叔母の娘:
    (自身より年上)
    Daughter of the Aunt uncle
    (I am older than own)

    いとこ・従姉
    Cousin

    叔父叔母の娘:
    (自身より年下)
    Daughter of the Aunt uncle
    (I am younger than own)

    いとこ・従妹
    Cousin

    兄弟姉妹の息子
    Son of siblings


    Nephew

    兄弟姉妹の娘
    Daughter of siblings


    Niece

    まとめ

    「続柄」とは「 親族・親戚としての関係」を意味する言葉です。

    今回「続柄」の意味や正しい使い方を把握することで、初めて知った事柄も多いのではないでしょうか?

    自身の「続柄」を正しく理解し、スムーズに書類記入することで「続柄」に悩む時間ロスを少なくしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%