「伺います」の意味・ビジネスメールでの使い方・「参ります」との違い

伺いますの意味とは ビジネス用語

「伺います」とは「うかがいます」と読み、「聞く・尋ねる・訪問する」を意味する敬語表現です。

仕事でよく使う表現ですが、正しい使い方や「参ります」との違いが分からないのではないでしょうか。

口頭や文書などあらゆるビジネスシーンで使う言葉ですので、なるべく早く意味や使い方を理解しておいたほうがよいでしょう。

記事では、そんな「伺います」の意味や正しい使い方・「参ります」との違い・例文・類語・英語表現をまとめて解説します。

1.「伺います」の意味

意味は「聞く・尋ねる・訪問する」を表す敬語表現

伺います

読み:うかがいます

意味:「聞く・尋ねる・訪問する」を表す敬語表現

「伺います」とは、「聞く・尋ねる・訪問する」を意味する敬語表現です。

敬語の種類は謙譲語にあたります。

謙譲語とは、自分の立場を下げることで相手を立てる敬語です。

  • スポンサーリンク

  • 2.ビジネスメールでの「伺います」の正しい使い方

    ビジネスメールで「伺います」を使用する際は、以下のポイントを理解しておくとよいでしょう。

    それでは「伺います」の正しい使い方についてご説明します。

    2-1.「お伺いします」は二重敬語

    「伺います」をより丁寧にした「お伺いします」は、よく使われる表現です。

    「お伺いします」は、接頭語「お」に丁寧語の「する」が組み合わさった言葉です。

    厳密にいうと二重敬語にあたりますが、 現在は広く一般的に用いられており、使用しても問題ありません。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」は誤った表現

    「お伺いいたします」や「お伺いさせていただきます」もよく目にする表現です。

    「お伺いいたします」は、「する」の謙譲語である「いたす」がさらに加わった二重敬語です。

    慣習的にビジネスの場で用いられることもありますが、過度の敬語となるので使用しないほうがよいです。

    「お伺いさせていただきます」も、相手に対し許可を求める時や恩恵がある時に用いる「させていただく」が組み合わさった二重敬語となりますので、使うのは避けましょう。

    3.【そのまま使えるテンプレ付】「伺います」の例文

    それでは「伺います」を使った例文を「聞く」を意味するケース、「尋ねる・訪問する」を意味するケースに分けてご紹介します。

    実際に使えるメール文のテンプレートもご用意しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「聞く」を意味する例文

    以下は「聞く」を意味する「伺います」を使った例文です。

    <例文>

    • マーケティング部の組織変更について、分からないところがあるので、直接上司にお伺いしますね。
    • 先方と打ち合わせの開始時間について、改めてお伺いします
    • 忘年会の準備で不足している荷物がないか、もう一度、林さんにお伺いします

    以下が「聞く」を意味する「伺います」のメール例文です。

    <例文>

    件名:企画提案の打ち合わせについて

    ◯◯株式会社◯◯

    いつもお世話になっております

    △△株式会社の田中でございます。

    大変お忙しいなか恐縮ではございますが、来週月曜に予定しております
    「御社との協業商品の企画提案」につきまして、事前に打ち合わせを
    させていただきたく存じます

    特に企画書9ページに記載されている内容につきまして、
    疑問点をお伺いしたいと考えております。

    大変恐縮ではございますが、明日午後14時より、テレビ電話にて
    行わせていただくかたちでもよろしいでしょうか

    何卒、ご検討いただけますと幸いでございます。

    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

    3-2.「尋ねる」「訪問する」を意味する例文

    以下は「尋ねる・訪問する」を意味する「伺います」を使った例文です。

    <例文>

    • 13時にご自宅に伺いますので、恐縮ですがご自宅でお待ちください。
    • 積雪で電車がストップしたため、30分遅れで御社に伺います
    • 今回の新規プロモーションのご提案は私含め、弊社スタッフ3名でお伺いします

    以下が「尋ねる・訪問する」を意味する「伺います」のメール例文です。

    <例文>

    件名:取材開始時間に関するご連絡

    ◯◯株式会社◯◯様

    いつもお世話になっております。

    △△株式会社△△でございます。

    本日の御社への取材時間についてですが、事前の予定通り、
    16時より開始させていただきたく存じます

    インタビュアーおよび弊社スタッフは2名となり、
    15時45分ごろお伺いしますので、よろしくお願いいたします。

    その他、ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。

    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  • スポンサーリンク

  • 4.「伺います」と「参ります」の意味の違いは?

    「伺います」と同じく「訪問する」を意味する表現に「参ります」があります。

    「参ります」は「伺います」と明確な意味の違いがあります。

    正しい意味を理解し、誤った使い方を避けましょう。

    それでは、「参ります」の意味と使い方をご説明します。

    4-1.「訪問する」以外の意味

    「参ります」には「訪問する」以外にも、「来る・行なう・負けを認める・困る・参拝する」などの意味があります。

    また「伺います」の「聞く・尋ねる」の意味は含まれていません。

  • スポンサーリンク

  • 4-2.敬意を払う対象がいない場合は「参ります」を使う

    「参ります」も「伺います」と同じく敬語の謙譲語にあたりますが、伝える相手のもとに「行く」のかそうでないかによって使い分けをします。

    特定の敬意を払う対象のもとに「行く」場合は「伺います」を使います。

    伝える相手のもとに「行く」わけではなく、単に敬意をもって伝えたい場合は「参ります」を選びます。

    以下で参りますの正しい使い方と、間違った使い方の例文を紹介します。

    <例文>

    • ◯:明日はお客様のもとへ直接参りますので、午前中は社内に不在となります。
    • ◯:私は西区の営業に参りますので、田中さんは東区をお願いします。
    • ×:少し電車が遅延しているようなので、19時ごろそちらに参ります
      →◯:伺います
    • ×:福岡のお土産「博多通りもん」を持って、御社に参りますね。
      →◯:伺います

    5.「伺います」の類語と例文

    「伺います」の類語を知っておくことで、単調な表現ではなく、シーンにあわせた幅広い言葉を表現できます。

    以下が「伺います」の類語です。

    それでは「伺います」の類語を例文とあわせご説明します。

    類語1.お聞きする

    お聞きする

    読み:おききする

    意味:「聞く」の謙譲語

    「お聞きする」は「聞く」の謙譲語です。

    「伺います」とは違い、「聞く」という意味しか含まれていません。

    謙譲語であるため、あくまで自分の行動に対して用いられます。

    以下が「お聞きする」を使った例文です。

    <例文>

    • 来週開かれる予算会議の内容を上司にお聞きする
    • プロジェクトの不明瞭(ふめいりょう)な点をあらかじめ担当者にお聞きする

    類語2.拝聴する

    拝聴する

    読み:はいちょうする

    意味:「聴く」の謙譲語

    「拝聴する」は「聴く」の謙譲語です。

    「聴く」は注意深く、あるいは自ら進んで耳を傾ける際に用いられます。

    こちらも謙譲語であるため、自分の行動に対して使われます。

    以下が「拝聴する」を使った例文です。

    <例文>

    • 昨日、◯◯さんの貴重な講演を拝聴することができ、大変勉強になりました。
    • 日本フィルハーモニー交響楽団の音楽を拝聴することができ、感無量である。

    類語3.お尋ねする

    お尋ねする

    読み:おたずねする

    1. 「人や物を探し求める」を意味する謙譲語
    2. 「分からないことを調べたり考えたりする」を意味する謙譲語
    3. 「人に質問する」を意味する謙譲語

    「お尋ねする」は「人や物を探し求める」「分からないことを調べたり考えたりする」「人に質問する」の意味をもつ謙譲語です。

    「伺います」の類語としては「人に質問する」の意味で使用されることが多いです。

    こちらも謙譲語であるため、自分の行動に対して使われます。

    以下が「お尋ねする」を使った例文です。

    <例文>

    • 事業計画書に記載されている内容の不明点を上司にお尋ねする
    • お尋ねする場合は、事前に要点を整理しておかないと相手の時間を奪ってしまう。

    6.「伺います」の英語表現と例文

    「伺います」を英語で伝えたい場合、以下のような英語表現を使います。

    それでは、4つの英語表現の説明と例文をご紹介します。

    6-1.「hear」

    「hear」は「〜が聞こえる・〜を聞く」などを意味する英語表現です。

    自ら意識的に聞く場合ではなく、自然と耳に入ってくる場合に用いられます。

    以下が「hear」を使った例文です。

    <例文>

    • The story of the president is not hear at all because of the noise.
      (社長の話は騒音のせいで全く聞こえない。)
    • I hear a fighting voice in the next meeting room.
      (隣の会議室で喧嘩している声が聞こえる。)

    6-2.「listen」 

    「listen」は「耳を傾ける・傾聴する・聞く」などを意味する英語表現です。

    自ら意識的に集中して聞く場合に用いられます。

    以下が「listen」を使った例文です。

    <例文>

    • New employees obediently listen to their bosses about unknown points.
      (新入社員が素直に不明点を上司に聞く。)
    • Let’s listen carefully to the dialogue.
      (対話を注意深く聞いてみましょう。)

    6-3.「visit」

    「visit」は「(人や場所などを)訪問する・訪れる・見舞う」などを意味する英語表現です。

    以下が「visit」を使った例文です。

    <例文>

    • I love it when people come to visit my office.
      (いろいろな人が弊社を訪れてくれて嬉しい。)
    • A few days after their chance encounter in the street, He comes to visit my office.
      (道で彼と出会ってからしばらく経ったある日、彼は私のオフィスを訪れてきた。)

    6-4.「come to see」

    「come to see」は「(人)のところへ遊びに来る・参上する・会いに来る」などを意味する英語表現です。

    以下が「come to see」を使った例文です。

    <例文>

    • Will you come to see the club members before the founder party?
      (創業パーティーが始まる前にメンバーたちに会いに来ますか?)
    • People come from all over the world to see the shoes in this museum.
      (世界中の人たちがこの博物館の鞄を見に来ます。)

    まとめ

    記事でご説明したように「伺います」は、「聞く・尋ねる・訪問する」を意味する謙譲語です。

    ビジネスで使用する際は「お伺いします」は問題ありませんが「お伺いいたします」「お伺いさせていただきます」は過度な二重表現であるため、使用は控えるようにしましょう。

    また、敬意を払う対象に対して用いない場合は「参ります」も使うことができます。

    仕事で「伺います」は必ずといっていいほど登場する表現ですので、記事を読んで正しく使ってみてください!

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら