「伺う(うかがう)」の意味とは?類語や例文、英語表現を紹介

「伺う」とは、 尋ねる・行く聞く謙譲語です。

日常的によく使われる言葉ですが、「『すぐ伺います』と言ったものの、正しい敬語の使い方だったかな…」なんて悩むこともありますよね。

本記事では、そんな「伺う」の詳しい意味や正しい使い方を、例文と合わせてわかりやすく解説していきます。

類語や言い換え表現も合わせて解説しているので、読み終わるころにはすっかり使いこなせるようになっていますよ。

ぜひ参考にしてください。

1.「伺う」の意味:尋ねる・行く・聞くの謙譲語

伺う

読み方:うかがう

尋ねる・行く・聞くの謙譲語

「伺う」は複数の意味を持つ言葉なので、状況に分けて使う必要があります。

謙譲語表現ですので、目上の人や顧客に対してへりくだった表現をする際によく使われます。

口語と文章、どちらでも問題なく使える言葉です。

2.「伺う」の使い方と例文

「伺う」は目上の人に使う言葉ですので、正しい使い方を覚えておきましょう。

主な使い方としては、「尋ねる・聞く・行く」という言葉を、敬語として使いたいときに使用します。

では、それぞれのケースに分けて、具体的な例文をみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「尋ねる」の意味で使う場合

    「尋ねる」と言う意味で使う場合は、「伺ってもよろしいでしょうか」と使うのがベターです。

    たとえば、クライアントに連絡先を尋ねたいとき、以下のような使い方をすると良いでしょう。

    <例文>

    ご連絡先を伺ってもよろしいでしょうか。

    他にも、「少しお伺いしたいのですが」と話を切り出すときにも使用できます。

    2-2.「行く」の意味で使う場合

    「行きます」と相手に敬語で伝えるならお伺いします」という表現がよく使われます。

     たとえば、クライアント先に出向く前の連絡で、以下のような使われ方をします。

    <例文>

    明日、御社にお伺いいたします

     「伺います」という言い方でも謙譲の意味は持ちますが、少し強い印象に受け取られるケースもあります。

    そのため、 「お」をつけて「お伺いします」という表現が好まれることが多いです。

    「お伺い」は二重敬語ではないのか、という疑問もあるかと思います。

    しかし、結論から申し上げますと二重敬語ではありますが、間違った使い方ではありません。

    「お伺いします」を敬語として使っても問題ない理由については、『3.「お伺い」は二重敬語なの?』で詳しく解説しているので、こちらもご確認ください。

    「参る」と「伺う」の使い分け

    「行く」を敬語で表現する際に、「参る」と言う言葉が頭に浮かんだ人もいるかと思います。

    これらの使い分けですが、自分がどこかに行くときは「参る」を用いても「伺う」を用いても問題ありません。

    ただし、 「伺う」は行く先に敬意を払うべき相手がいる場合に使います。

    相手に会いに行くことを前提とした言葉なので、その点だけ注意してください。

    〇:来週、先生のお宅にお伺いします。

    ×:来週、山にお伺いします。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.「聞く」の意味で使う場合

    「聞く」の意味で「伺う」を使うことも可能です。ただし、その場合、敬意を示す相手を間違えないように気を付けましょう。

    たとえば、上司から会議のことについて聞かれたとき。

    <例文>

    会議のお話は伺っております。

    社外の人に「弊社社長より話を伺っております」と言うと、自社の人間を立てた言い方になってしまいます。

    会話をしている相手に敬意を払いたい場合は、「お話は伺っております」と言うとスマートでしょう。

    3.「お伺い」は二重敬語なの?

    結論から申し上げますと、 「お伺いします」謙譲語の「伺う」に敬語表現の「お」がついているので、二重敬語です。

    ただし、日常会話で使っても問題ありません。

    その理由は、「お伺いしまう」という表現が、すでに社会全体に広く浸透してしまっているからです。

    実際に、文化庁の「敬語の指針」によると、「お伺いします」は日常的に使われる場面が多いので、敬語として使っても良いとされています。

    このように、例外的に許容されているため、使用しても問題ないと覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「伺う」の類語や言い換え

    「伺う」を他の言葉で言い換える際は、以下の類語を使うと良いでしょう。

    1. 拝聴する
    2. お訪ねする
    3. お邪魔する

    詳しく見ていきましょう。

    類語1.「拝聴する」

    拝聴する

    読み方:はいちょうする

    「聴く」ことの謙譲語、謹んで聞くこと。

    拝聴するは、謹んで聴くと言う意味の言葉です。

    お伺いと同じように使うことが可能です。

    「お伺い」は二重敬語であっても間違いではないと解説しましたが、 「ご拝聴」は過剰表現であるため不適切とされています。

    <例文>

    先生のお話を拝聴したく存じます

  • スポンサーリンク

  • 類語2.「お訪ねする」

    お訪ねする

    読み方:おたずねする

    目上の人の元に出向くこと。

    「お訪ねする」と「伺う」には以下のような違いがあります。

    • お訪ねする:「訪問する」の謙譲語
    • 伺う:「行く」の謙譲語

    <例文>

    新しい案件がが始まるので、クライアント先をお訪ねする予定がございます。

    類語3.「お邪魔する」

    お邪魔する

    読み方:おじゃまする

    「訪ねる」の丁寧な表現。

    「お邪魔いたします」や「お邪魔しております」、「お邪魔させていただきます」というより丁寧な言い方があります。

    「伺う」と違って、「お邪魔いたしました」と帰る際に使うこともできます。

    <例文>

    一度、お邪魔させていただこうかと思っているのですが、ご都合いかがでしょうか。

    続いては、「伺う」の対義語を紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 5.「伺う」の対義語

    「伺う」の対義語は以下の通りです。

    1. 申す
    2. お暇(おいとま)する

    詳しく見ていきましょう。

    対義語1.「申す」

    申す

    読み方:もうす

    「言う」のへりくだった言い方。

    「申す」「申し上げる」は「言う」「話す」の謙譲語です

    話し手が自分の行動をへりくだって述べる言い方です。

    <例文>

    恐縮ですが、ここで私も意見を申したいと思います。

    対義語2.「お暇(おいとま)する」

    お暇する

    読み方:おいとまする

    訪問先から退席すること。

    「伺う」が「行く」「訪ねる」の意味をもつのに対して、 お暇するは「退席する」という意味をもちます。

    「暇(いとま)」には休暇という意味があり、仕事を解雇したり辞職したりすること、離婚することといった意味合いも。

    <例文>

    このあと用事があるため、ここでお暇します。

    6.「伺う」の英語表現

    「伺う」には「行く」「聞く」「尋ねる」の意味があります。

    それぞれの英文に「Would」をつけると丁寧な表現で伝えることができます。

    <例文>

    行く:I would like to attend his party.

    ⇒彼のパーティーに伺います。

    聞く:Would you be available next week?

     ⇒(直訳:来週は都合は良いですか。)

    来週のご都合をお伺いしたいです。

    尋ねる:Would you mind sending the email address again?

     ⇒もう一度メールアドレスをお伺いしてもよろしいでしょうか。

    まとめ

    「伺う」とは、行く・聞く・尋ねるの謙譲語です。

    「お伺い」という言い方もよくされます。

    二重敬語ではありますが、一般的に広く使われているため、間違いではないことを知っておくとよいでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら