「承りました」の意味使い方を解説!テンプレで使用する注意点とは

承りましたの意味とは ビジネス用語

「承りました」は、メールなどの返事としてよく見かける言葉ですよね。

ただ、意味もわからずテンプレートとして使っていませんか?

「承りました」は、 依頼やお願いを聞き入れたことを表す言葉で、使い方によっては相手に大きな誤解を与える場合があります。

本記事では、「承りました」の意味や使い方、類語や「受け賜る」との違い、さらには英語表現も紹介しています。

テンプレートのように使用して、重大なトラブルを招かないように気を付けてくださいね。

1.「承りました」の意味

「承りました」には次のような意味があります。

承りました

読み方:うけたまわりました

意味:しっかりと聞き入れました、引き受けました

「承りました」は「承る」の謙った言葉であるため、相手への敬意も含まれています。

しっかりと理解しました、という意味を相手に敬意を表しながら伝えるため、 不快な思いを与えない返事の1つとして使用できます。

2.「承りました」の使い方と例文

承りましたの使い方

「承りました」には、次の2点のような使い方と注意点があります。

「承りました」を正しく使用するためにも、例文から使い方をマスターしてくださいね。

2-1.理解した際に使用する

「承りました」 は相手からの依頼やお願いに対する返事として使用します。

ビジネスシーンでは、「自分の名前+承りました」と言うことで「私が(その件について)引き受けました」という伝え方が可能です。

また、「承った意見を担当に伝えますね」のように「その件を確かに伝える役を引き受けた」と使うこともできます。

<例文>

2-2.責任が伴う言葉であることに注意

「承りました」は「きちんと中身を確認した返事」として使用され、ある意味テンプレート化した言葉ですが、使うときは注意してください。

なぜなら、「承りました」には 「責任を持って対応する」という意味が伴うからです。

例えば、日時を指定したアポイントを依頼された場合、「承りました」と返事をするとアポイントが確定したことを伝えてしまいます。

そのため、予定が未確定の場合などは「承りました」を使用せずに、「確認いたします」などのの表現で返事を行いましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.「承りました」の類語と使い分け方

    承りましたの類語

    ここからは「承りました」の類語を見ていきます。

    類語を知ることで、いくらか「承りました」より柔らかい返事をすることが可能です。

    「承りました」の類語は、次の3つです。

    それぞれの類語の意味や違いについて解説していきます。

    また、「承りました」と「受け賜る」の違いについても、合わせて触れていきますね。

    3-1.「かしこまりました」

    「承りました」と同様に使用されるのが「かしこまりました」です。

    「かしこまりました」は、「内容を理解し従う」という意味があり 、聞き入れたことを表す中では非常に丁寧な表現です。

    そのため、目上の人や顧客など、幅広い相手に対して使用できる言葉です。

    <例文>

    • かしこまりました。そのように進めさせていただきます。
    • 10日の件、かしこまりました

    3-2.「承知しました」

    「承りました」と同じ「承」の文字が使用された「承知しました」は、 「相手の依頼や要求を聞き入れる」といった意味があります。

    より敬意を表す場合には「承知いたしました」と、「しました」部分を丁寧にして使用しましょう。

    <例文>

    • 時間変更の件、承知しました
    • 承知いたしました。すぐに対応させていただきます。

    3-3.「了解しました」

    「物事の意味を理解した」という意味のある「了解しました」も「承りました」の類語の1つです。

    ただし、丁寧な言い方ではありますが、 「了解」には相手を敬う意味がありません。

    そのため、目上の人や顧客に対しては使用できず、同僚や特別親しい人との間だけで使用する言葉です。

    <例文>

    3-4.「承りました」と使い分け

    「承りました」と類語の特徴を一覧表にすると以下のような違いが現れます。

    言葉 同意 対応 尊敬
    承りました
    かしこまりました
    承知しました ×
    了解しました × ×

    より強い尊敬を表す場合には「かしこまりました」、聞き入れることだけを伝える場合には「承知しました」のように使い分けると良いですよ。

  • スポンサーリンク

  • 3-5.「受け賜る(うけたまわる)」

    「承りました」には、同じ読み方の「受け賜る(うけたまわる)」という表現方法があります。

    「受け賜る」は「承ました」よりも強い敬意を表す言葉で、 結婚式や神事、学会など厳粛な場所で使用されます。

    普通の場ではあまり使われる言葉ではありません。

    そのため、ビジネスシーンでは「承りました」や、最大限の敬意を表す「賜る(たまわる)」を使用するのが一般的です。

    4.「承りました」の英語表現

    承りましたの英語表現

    「承りました」の英語表現には、次の2つの表現があります。

    1. have received
    2. undertake

    2つの英語表現の使い方を例文とともに解説していきますね。

    4-1.「have received」

    「承りました」を英語で表現する場合には、「have received」を使用します。

    「received」には「受け入れられた」「容認された」という意味があります。

    そのため、「引き受ける」という意味のある「承りました」の英語表現として活用できるのです。

    <例文>

    • We have received your order.「ご注文を承りました。」
    • I have received your return item.「返品を承りました」

    4-2.「undertake」

    「引き受ける」「請け負う」という「undertake」も、「承りました」の英語表現として使用できます。

    また、「undertake」には 「約束をする」「保証する」という意味もあり、「承りました」の責任を表しやすくなるため、「承りました」に近い英語表現となっています。

    <例文>

    • I undertake that inspection.「その審査を承りました。」
    • I undertook to do it by Monday.「月曜までの締切を承りました。」
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「承りました」は、聞き入れたことを伝える意味があるため、ビジネスシーンでは定番の返事の言葉となっています。

    一方で、「承りました」は責任を持って実行するという意味もあるため、使い方を間違えると意図しない意味を伝えてしまいます。

    そのため、テンプレのように使うだけでなく、意味を正しく理解して適切なシーンで使ってくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%