「until」の意味!till, by, withinとの違い!

untilの意味とは ビジネス用語

I work until 7 pm today.
(今日は、7時まで勤務です。)

「until」には、 「~まで」という意味です

時間の継続や制限を表す英語は「until」の他に、「till」「by」「within」があります。

どれも日本語訳では「〜まで」という意味なので、いつどれを使ったらいいのか使い分けに悩んでしまいますよね。

この記事ではそんなあなたのために、「until」の意味、使い方、「by」「within」との違いについて詳しく解説していきます。

1.「until」の意味:~まで

「until」の読み方と意味を紹介します。

until

読み:アンティル

~まで

「until」は、 時間の継続を表す単語です。

例えば「until 5 o’clock」の場合は、「5時まで(ずっと)」という意味になります。

1-1.「until dawn」とは

プレイステーション4用に、「until dawn」というタイトルのゲームソフトがあります。

「dawn」は「夜明け」と言う意味なので、 「until dawn」で「夜明けまで」という意味です。

8人の男女が次々と悲劇に覆われてしまうホラーゲームで、「夜明けまで何かが起こる」というような不気味さを感じさせるタイトルです。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「till」の方が「until」よりカジュアルな表現

    「till」は「until」と同じく、 「~まで」という意味です。

    使い方は同じですが、「until」より「till」の方がカジュアルで話し言葉のようなニュアンスがあります。

    日常的なやりとりでは「until」と「till」の両方使えますが、フォーマルな場面では「until」の方を使うと良いでしょう。

    「until」や「till」は、以下の例文のように使います。

    <例文>

    • My vacation is until August 31st.
      (休みは8月31日までです。)
    • My mother didn’t wake up till 9.
      (母は9時まで起きてこなかった。)

    2.「until」の使い方:「until 名詞」「until S+V」

    「until」は、以下のような表現で使います。

    1. until 名詞:(名詞)まで
    2. until S+V:SがVするまで

    「until」は、 ある状態がずっと続くことを表す単語です。

    例えば「I stay here until 5 pm」と言う場合、「5時までずっとここにいる」という持続した状態を表します。

    では「until」を用いた例文を、さらに以下で見てみましょう。

    <例文>

    • She said she would work until Saturday this week.
      (今週は土曜日まで働く、と彼女が言っていたよ。)
    • I had lived with my parents until 18.
      (18歳まで両親と暮らしていました。)
    • The baby slept until I woke up.
      (赤ちゃんは、私が起きるまでずっと寝ていたよ。)
    • My brother will play game until my dad comes home.
      (弟は、父が帰ってくるまでゲームをするつもりだ。)
  • スポンサーリンク

  • 3.「by(〜までに)」「within(〜以内に)」との違い

    「by」と「within」の意味や「until」との違いを、以下の表で紹介します。

      until by within
    意味 ~まで(ずっと) ~までに ~以内に
    ニュアンス ある時点まで継続している ある時点までに終わっている ある一定期間を示す

    「until」は、同じ状態がある時点まで持続している状態を表します。

    一方「by」は、ある時点までに物事が終わっているという、時間の制限を表す単語です。

    例えば「Please finish this by 5 pm」の場合、「5時までに終わらせてください」という意味です。

    これは「5時に至るまでのどこかの地点で終わっている」ことが求められています。

    また「within」も時間の制限を表す単語です。

    「within」の場合は「within 5 minutes(5分以内に)」のように、ある一定の限られた期間を指します。

    以下の「until」「by」「within」を用いた例文で、それぞれのニュアンスの違いを確認してみましょう。

    <例文>

    • I have to stay up until midnight today.
      (今日は深夜まで起きてなきゃならないんだ。)
    • She takes care of her little sisters until her mother comes back from work.
      (彼女は、お母さんが仕事から帰るまで妹たちの面倒を見ている。)
    • You have to submit this by Friday.
      (これは金曜までに提出してね。)
    • You must receive your present by your birthday.
      (誕生日までにはプレゼントを受け取っているはずだよ。)
    • I had to make the lunch box within 10 minutes.
      (10分以内にお弁当を用意しなきゃならなかった。)
    • It’s supposed to be finished within a week.
      (一週間以内に完成している予定だ。)

    4.「until」の類語表現:「up to」

    untilの類語

    「until」の類語には、 「up to(~まで、~次第)」という表現があります。

    「until」と「up to」の違いは、以下の通りです。

      until up to
    意味 ~まで ~まで、~次第
    対象 基本的に時間のみ 時間だけではなく場所や数にも使える

    「until」は、基本的に時間の継続のみに使う表現です。

    一方「up to」は、時間に限らず空間的なものや数に対しても使います。

    例えば「up to the night(夜まで)」の場合は時間の継続を表しますが、「up to the head(頭まで)」のように、場所を表す時にも使えます。

    また「up to」は、「up to you(君次第)」という意味でも使われるので、文脈によって意味の区別を行う様にしましょう。

    「until」と「up to」は、以下の例文のように使います。

    <例文>

    • I kept running until you came.
      (君が来るまで走り続けた。)
    • She will be at her parents’ house until next winter.
      (彼女は次の冬まで、両親のところに居る。)
    • I study English up to 9.
      (9時まで英語を勉強しよう。)
    • You can use those coupons up to 3 at the same time.
      (同時に使える割引券は、3枚までです。)
    • It’s totally up to you.
      (完全に君次第だよ。)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「until」は 「~まで」という意味で、時間の継続を表します

    「by」や「within」も「〜まで」という意味ですが、「by」は「~までに」のように時間の制限を表す表現です。

    また「within」の場合は、ある一定の期間を指して「~以内に」という意味で使います。

    それぞれの単語で文のニュアンスも変わってしまうので、今回紹介した表現をしっかりマスターして、正しい言葉を選べるようになりましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら