「泡沫(うたかた)」の意味と2つの読み方!類語や英語・使い方も紹介

泡沫の意味とは ビジネス用語

「泡沫」は「うたかた」、「ほうまつ」という2つの読み方があり、どちらも「はかなく消えやすいもののたとえ」を指します。

ビジネスだけではなく、アーティストの曲名や昔の俳句、詩にも使われているため、目にする機会も多いですよね。

本記事では「泡沫」の意味、語源、使い方や関連する言葉、さらには英語表現などを解説します。

1.「泡沫(うたかた)」の意味と2つの読み方

1-1.意味は「はかなく、消えやすいもの」読み方は「ほうまつ」「うたかた」

泡沫

読み:ほうまつ、うたかた

意味:はかなく消えやすいもの、あわ

「泡沫」の「泡」と「沫」は、どちらも水に浮かぶ「あわ」を意味します。

「はかなく消えやすいもの」という意味を持つようになったのは、偶然にも古代中国語で「泡沫」がその意味を持っていたからなのです。

また、 日本では「泡」の一文字で「うたかた」と読み、詩などで「はかなく消えやすいもの」のたとえとして使用していました。

以上のことから、「泡沫」を「ほうまつ」以外にも「うたかた」と読み、意味に「はかなく消えやすいもの」が付け加えられたのです。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「泡沫」の語源にはいくつか諸説がある

    「泡」の一文字で表す「うたかた」の語源には、以下のようにいくつかの諸説があります。

    • 「浮玉形(うくたまかた)」という言葉が略され、「うたかた」と読まれるようになった
    • 「浮きて得難きもの(うきてえがたきもの)」という言葉が略され、「うたかた」と読まれるようになった
    • 「空形(うつかた)」が転じて、「うたかた」と読まれるようなった

    2.例文から見る「泡沫」の使い方

    「泡沫」には2つの使い方があります。

    1. 水に浮かぶ泡を表現するとき
    2. はかないものや時間を例えるとき

    それぞれ、例文と一緒に詳しく見て行きましょう。

  • スポンサーリンク

  • 使い方1.水に浮かぶ泡を表現するとき

    「はかなく消える」という意味は、水に浮かぶ泡を様子が背景にあります。

    そのため、本来「泡沫」とは、「水に浮かぶ泡」のことを指す言葉だったのです。

    以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • 水面にでてきてはすぐ消える泡沫をじっと見つめていた彼に、私はどこか切なさを感じてしまった。
    • 水槽のエアーから漏れる泡沫の周りに魚が集まっている
    • 泡沫と一緒に、枯れ枝や紅葉が流れてくると、冬の訪れが近いと感じるようになる

    使い方2.はかないものや時間を例えるとき

    「泡沫」はかないものや時間を、趣があるように例えるときに使われます。

    例文で確認しましょう。

    <例文>

    • 私の恋は泡沫のように過ぎ去っていった。
    • 新しく立ち上げた事業は、はじめこそ軌道に乗っていたが、安定することなく沈んでいった。泡沫の夢とはまさにこのことだ。
    • 周りから「泡沫の恋」なんて恋の1つに数えちゃいけないと言われたが、私にとってはかけがえのない時間だったのだ。
  • スポンサーリンク

  • 3.「泡沫」の類語を3つ紹介

    「泡沫」には、類語がいくつかあります。

    以下の3つは「泡沫」の類語です。

    1. 仮初(かりそめ)
    2. 儚い(はかない)
    3. 水泡(すいほう)

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    類語1.「仮初(かりそめ)」

    仮初

    読み:かりそめ

    意味:一時的、その場限りであること、間に合わせ

    「仮初(かりそめ)」は、「一時的、その場限り、間に合わせ」という意味です。

    どの意味も「短い時間」を表すときに使われます。

    「泡沫」も「はかなく消えるもの」という意味が、短い時間を表すため似ているのです。

    だから、「仮初(かりそめ)」は「泡沫」の類語として扱うことができます。

    「仮初(かりそめ)」の使い方は以下です。

    <例文>

    • いまあなたの目の前にある平和は、もしかしたら仮初かもしれない。
    • 仮初の儲け話に目をくらませてはいけない。
    • ずっと仲が良かった友達を裏切ってまで、仮初の友情に手をだす必要はない。
  • スポンサーリンク

  • 類語2.「儚い(はかない)」

    儚い

    読み:はかない

    意味:消えてなくなりやすい、もろく長続きしないものを指す言葉

    「儚い(はかない)」は「泡沫」の意味に含まれています。

    どちらも「短い時間」を表している点が似ているのです。

    また 「儚い」は、「人の世は夢の如し」という言葉が語源で、「現実にならない、消えやすいことのたとえ」という意味があります。

    つまり、「儚い」と「泡沫」は、「短い時間」という意味の他に、「消えやすい」という意味を持つ点でも似ているのです。

    以上のことから、「儚い」は「泡沫」の類語として扱われています。

    「儚い」は以下の例文のように使われるため、覚えておきましょう。

    <例文>

    • 平和な時間は、儚い夢のごとく散った。
    • この恋を、儚いもので終わらせてしまうかどうかはお互いの思いやりにかかっている。
    • 儚い夢だった。でも楽しかった。

    類語3.「水泡」

    水泡

    読み:すいほう

    意味:水の泡のように消えてはかないことのたとえ

    「水泡」も、はかないという意味があり、またそのはかなさを水の泡で例えています。

    例え方も意味も、「泡沫」と同じであるため、類語として扱われるのです。

    「水泡」は以下の例文のように使います。

    <例文>

    • 水泡のように消えさった私の恋に、追い打ちをかけるような出来事が起きた。
    • はかなく消えていくあの現象は、まるで水泡のようだった。
  • スポンサーリンク

  • 4.「泡沫」の対義語を3つ紹介

    「泡沫」には、いくつかの対義語があり、以下の3つはよく「泡沫」の反対の意味として使われます。

    1. 永久
    2. 有力
    3. 不滅

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    対義語1.「永久」

    永久

    読み:えいきゅう

    意味:ずっとなくならないこと

    永久は、日常会話でもよく使われる言葉で「なくならないこと」という意味を持ちます。

    「泡沫」は、「はかなく消える」という意味を短い時間のたとえとして使うため、永久とは反対の意味になるのです。

    「永久」は以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • 永久にこの平和が続けばいいのに。
    • このシリーズ映画は、永久保存版にしたいくらい名作だった。
    • 永久に変わらないことなんてありえない。世界は常に変化している。

    対義語2.「有力」

    有力

    読み:ゆうりょく

    意味:物事を実現させる力があること、可能性が強くあること

    「有力」は「物事を実現させる力、強い可能性があること」を意味し、選挙などで「次期市長の有力候補」のように用いられる言葉です。

    「泡沫」が消えてしまう候補のことを「泡沫候補(ほうまつこうほ)」と呼び、これが「有力候補」と対義語として扱われます

    以上のことより、「泡沫」と「有力」は対義語になるのです。

    「有力」は以下の例文のように使われるので、参考にしてください。

    <例文>

    • 彼は次の町長選挙の有力候補No.1だ。
    • このタレコミは、今回の事件を解決させる有力な情報となった。
    • 有力な手掛かりもないまま、時効を迎えてしまった事件は日本に数多く存在する。

    対義語3.「不滅」

    不滅

    読み:ふめつ

    意味:滅びないこと、なくならないこと

    「不滅」は「滅びる」と読む漢字と、「不」という漢文における「◯◯ない」を表す否定語を組み合わせた言葉です。

    意味は「滅びないこと」を表し、「永久不滅」という言葉に用いられています。

    「泡沫」は消えることを表す言葉であることから「不滅」とは反対の意味として扱われるのです。

    また「不滅」は「永久」と類語になります。

    このことからも「不滅」が「泡沫」の対義語であることがわかるのです。

    「不滅」は以下の例文のように使われるので、覚えておきましょう。

    <例文>

    • 不滅の闘志でこの試合を白星で飾った。
    • 私達の絆は不滅です。
    • 人類不滅説はいつか否定されるだろう。

    5.「泡沫」のビジネス関連語を2つ紹介

    「泡沫」を使ったビジネス関連語を2つ紹介します。

    1. 泡沫会社
    2. 泡沫候補

    どちらもビジネス上で使われることがあるため、意味と使い方をしっかり覚えておきましょう。

    それぞれ詳しく見ていきます。

    関連語1.「泡沫会社」

    泡沫会社

    読み:ほうまつかいしゃ

    意味:泡のように出てきたと思ったらすぐに消えてなくなる会社のこと

    「泡沫会社(ほうまつかいしゃ)」はすぐに消えてしまう会社を指します。

    「泡沫」という言葉の意味を知っている人であれば、「泡沫会社」と呼ばれることが、あまり良い状態の会社ではないことはわかるでしょう。

    自分の会社が「泡沫会社」と言われているのを耳にしたときは、会社がピンチであると解釈した方がよいかもしれません。

    「泡沫会社」は以下の例文のように使われるので、意味と一緒に使い方を覚えましょう。

    <例文>

    • あの隣にある入っている会社全部、泡沫会社だって知っていましたか?
    • 泡沫会社なんて呼ばれたら、我が社の面目丸つぶれだ。

    関連語2.「泡沫候補」

    泡沫候補

    読み:ほうまつこうほ

    意味:当選する見込みが極めて薄い選挙立候補者のこと

    「泡沫候補」は選挙のときによく使われる言葉で、当選する見込みが極めて薄い立候補者を指します。

    対義語に「有力候補」という言葉があり、どちらも良くつかわれる言葉なので覚えておきましょう。

    また、いくら消えそうな立候補者でも、その人を「泡沫候補」と呼ぶのは大変失礼にあたります。

    意味と一緒に、使い方も以下の例文で覚えておくと良いでしょう。

    <例文>

    • 泡沫候補と周りから呼ばれていた彼が、最終日に一気に盛り返してきた。
    • 泡沫候補と呼ばれて不快な気分になった。

    6.「泡沫」の英語表現

    泡沫の英語表現

    「泡沫」の英語表現は以下2つのようなものがあります。

    • bubble
    • ephemeral

    それぞれ解説していきますね。

     

    英語1.bubble(あわ)

    「泡沫」の英語表現のひとつに、「bubble」があります。

    bubble

    意味:あわ・あぶく・バブル

    「like a bubble」などと「泡のように消えてしまった」という表現の仕方で、「泡沫」のように「泡のように一瞬で消えてしまう儚さ」を表現できるのです。

    <例文>

    • His legend faded like a bubble
      (彼の伝説は泡のように消えてしまった)
    • Like a bubble she seems not to be there
      (彼女は泡のように、まるでそこにいなかったようだ)

    英語1.ephemeral(儚い)

    「泡沫」の英語表現の2つ目に、「ephemeral」があります。

    ephemeral

    意味:儚い

    「ephemeral」は「儚い」を意味する英語で、「泡沫」そのままの意味で使うことができます。

    <例文>

    • She was an ephemeral person
      (彼女ははかない人だった)
    • I hope this ephemeral time will last forever
      (私はこのはかない時間が永遠に続くように願った)

    まとめ

    「泡沫」は水に浮かぶ泡のように「はかなく、消えやすいもののたとえ」を指します。

    この言葉は、昔の詩や俳句などで、「美しいはかなさ」を強調するために使われていたものでした。

    しかし現代のビジネスでは、消えやすい会社のことを「泡沫会社」と呼ぶこともあるため、あまり良いイメージの言葉ではありません。

    しっかり意味と使われ方を覚えて、正しく使えるようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら