バイタリティとは?詳しい意味やバイタリティを高める方法を徹底解説

バイタリティの意味とは ビジネス用語

「バイタリティ溢れる人になろう」とよく言われるものですが「そもそもバイタリティってなんのこと?」とお悩みではありませんか。

バイタリティーとは、簡単に説明すると「エネルギーに満ち溢れている状態」を表す言葉です。

日常的にもよく使われる言葉なので、社会人ならスマートに使いこなせるようにしたい言葉の一つと言えます。

そこで今回は、 「バイタリティ」をカンペキに理解できるように、詳しい意味や使い方を解説していきます

記事の後半では、気になる「バイタリティの高め方」も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.バイタリティとは何?意味や使い方を紹介

「バイタリティ」は、知ってるようで説明するのが難しい言葉の一つですよね。

まずは、 バイタリティーがどんな意味を持つ言葉なのか、語源を見ながらわかりやすく解説していきます

また、実際の会話での使い方も例文で紹介しているので、正しい使い方を確認してみてください。

1-1.バイタリティの意味とは?

「バイタリティ」は、以下のように複数の意味を持つ言葉です。

元気』『旺盛さ』『活力』『活気』『生気』『意気』

つまり、一言で「生命力」と言い表すことができますね。

バイタリティは英語で書くと『vitality』と表記することができます。

これは、ラテン語の「vita=命」が語源とされているので、日本語では生命力を感じさせる「元気」や「旺盛さ」などの言葉に訳されるようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.【例文あり】バイタリティの使い方を解説

    バイタリティという言葉は、実際の会話で以下のように使われます。

     

    『バイタリティを用いた例文』

    • 「彼のバイタリティには感心させられる」
    • 「彼女のバイタリティは一体どこからくるのだろう?」
    • 「上司の最大の魅力はバイタリティのあるところだ」

    このように、バイタリティ自体がプラスの表現であるため、相手を褒めるプラス表現で用いられることが多いです。

    「元気さ」や「旺盛さ」など、生命力に関わる言葉をまとめて「バイタリティ」と言い表せるのは便利ですね。

    2.バイタリティの類語・対義語

    バイタリティの類語

    バイタリティという言葉への理解をさらに深めるために、類語と対義語についても把握しておきましょう。

    同じニュアンスで用いられる言葉や反対の意味で用いられる言葉を把握していることで、さらに深くバイタリティの意味を把握できるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.バイタリティの類語

    バイタリティには、以下の類語があります

    • やる気
    • モチベーション
    • エネルギー

    どの類語にも根幹には、活動するための力強さという意味合いが込められています。

    それぞれの言葉を使った例文は以下の通りです。

    2-2.バイタリティの対義語

    バイタリティには、一言で反対の意味を表す対義語はありません。

    仮に力強さや行動力のない人を表す場合には、「バイタリティがない」といった表現を用いることが一般的です。

    ここからは、実際のバイタリティはどのように高めていくかを解説していきます。

     

  • スポンサーリンク

  • 3.バイタリティ溢れる人に共通する3つのポイント

    あなたの身近には「あの人バイタリティあるよね!」と言われる人が一人はいるかと思います。

    ただ、バイタリティがある人とは具体的にどのような人なのでしょうか。

    ここからは、バイタリティがあると言われる人に共通する3つのポイントについて、順番に見ていきましょう。

    ポイント1. 仕事だけでなく遊びにも全力

    バイタリティに溢れる人は、 仕事だけでなく遊びにもその力を発揮しています

    やりたいことは遊びでも全力で取り組むことができるので、仕事と遊びの境界線がありません。

    仕事でもプライベートでも充実しているような人がバイタリティの高い人の特徴ですね。

  • スポンサーリンク

  • ポイント2. 失敗しても切り替えが早い

    バイタリティ溢れる人に共通する3つ目のポイントが、 失敗しても切り替えが早いことです

    失敗を次のアクションのヒントにし、自分自身が成長するための要素のひとつと考えています。

    そのため、ちょっとした失敗にも落ち込むこまず、次の行動に切り替えることができます。

    ポイント3. 周りの目を気にしない。

    バイタリティ溢れる人は、周りの目も気にせず、やりたいことになんでmチャレンジしていきます

    多くの人は「こんな行動をしたらどう思われるかな?」と考えてしまいがちです。

    しかし、バイタリティに溢れている人は「どう思われても行動したほうが得」と考えて、どんなことにも果敢にチャレンジしていきます。

    例えば、急にユーチューバーを始めて見たり、ダンスの練習を始めたりするような人がイメージに近いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.正しいバイタリティの高め方3選!

    実際にバイタリティのある人と行動をともにしたことで、自分もバイタリティのある人になりたいと思いますよね。

    ここからは、バイタリティを高めるために心がけたい3つのポイントを解説するので、チェックしてください。

    ポイント1.自分の夢や理想を明確にする

    無理なくバイタリティを高めるためのひとつ目の方法が、 夢や理想を明確にするというものです

    バイタリティという言葉の語源がラテン語の「vita=命」であり、生命力を感じさせる言葉として用いられ始めたことは解説の通りですが、この事実と夢や理想を明確にすることは深く関係しています。

    限られた命の中で夢や理想といった自分が行うべきことを明確にすることで、仕事や遊びなどの行動する力を手にすることができるのです。

    ポイント2.夢や理想から行うべきことをピックアップする

    バイタリティ溢れる人に共通する「率先して行動する」「周りの目を気にしない」といったポイントを身に着けるためには、 自分が行うべきことを把握しておく必要があります

    例えば、バイタリティのあるないが試される仕事においても、やるべきことをしている人は自然とバイタリティを高めることができるのです。

    反対に、バイタリティのない人はやるべき仕事ではなく、生活するための仕事といったように目的は違ってしまっている可能性があります。

    夢や理想を明確にすることで、行うべきことが見えてくるでしょう。

    ポイント3.バイタリティのある人と行動をともにする

    どんなに強くバイタリティのある人になりたいと願っても、ひとりでその意欲や力強さを維持できる人はそういません。

    そして、常にバイタリティが高い状態を維持するためには、 バイタリティのある人と行動をともにすることがもっとも簡単な方法と言えます

    バイタリティのない人ほどエネルギーのある人を遠ざけてしまいがちですが、力を分けてもらうイメージをもつことで、自分自身のバイタリティを無理なく高めることができます。

    まとめ

    仕事ができる人の条件に挙げられることの多いバイタリティという言葉ですが、その根底には生命力が隠されています

    バイタリティのない人から見れば、「どうしてあんなに行動できるのだろう」といった疑問を抱いてしまいがちですが、バイタリティの語源である「vita=命」が深く関係しています。

    限られた命の中で自分が行うべきことを考え、行動に移すという流れを理解することが、バイタリティ溢れる人になるための第一歩と言えるでしょう。