「よろしくお伝えください」の意味は?英語表現や返事の仕方も解説!

よろしくお伝えくださいの意味とは ビジネス用語

「よろしくお伝えください」は 「私の気持ちを、そちらの良い都合で適切に伝えてください」という意味です。

今回は「よろしくお伝えください」の正しい意味や使い方、返事の仕方、相手への伝え方、英語表現を解説していきます。

1.「よろしくお伝えください」の意味は?

「私の気持ちを、そちらの良い都合で適切に伝えてください」という意味

よろしくお伝えください

私の気持ちを、そちらの良い都合で適切に伝えてください

「よろしく」の意味は以下の通りです。

【よろしく】

  1. 程よく、適当に
  2. 相手に何か頼むときに添える言葉
  3. ぜひとも、当然

「よろしくお伝えください」を「よろしくと伝えてください」と勘違いしている人もいます。

しかし、 本来は「程よく、適当に」という意味合いで「あなたのよろしいように私の意向を伝えてください」という表現です。

  • スポンサーリンク

  • 2.「よろしくお伝えください」の使い方

    「よろしくお伝えください」は「よろしいように伝えてください」という意味です。

    「よろしいように」伝える内容は、謝罪やお礼です。

    しかし時には、謝罪やお礼などの話題にはなっていないのに「○○さんに、よろしくお伝えください」と使うことがあります。

    この場合は特に伝える内容はなく、社交辞令として使い「いつもお世話になっています程度に挨拶を伝えてください」という意味合いで使われます。

    実際に謝罪やお礼の内容を「よろしくお伝えください」と言う際には、ただ相手に伝えてもらって終わりにしてはいけません。

    後ほど電話やメールなどで自分から、その趣旨を直接伝えるようにしましょう。

    2-1.目上の人に対しては使える?

    「よろしくお伝えください」は 目上相手には本来は使えません

    「よろしくお伝えください」は「そちらのよろしいように伝えてください」と、相手に伝え方を丸投げして以来するニュアンスが含まれるためです。

    しかし実際のビジネスシーンなどでは目上の人にも頻繁に使われています。

    ビジネスシーンで「よろしくお伝えください」と使う際には、失礼な意味合いを少しでも和らげるために以下の用語と合わせて使いましょう。

    • 「何卒(なにとぞ)」
    • 「どうぞ」

    また、より丁寧に言おうとして「よろしくお伝えくださいますようお願い申し上げます」と言うことがあります。

    しかし、これはくどい言い方で相手に違和感を与える可能性があります。

    以下の例文のように「何卒」「どうぞ」をつけて「よろしくお伝えください」の表現を、そのまま使いましょう。

    <例文>

    • 何卒よろしくお伝えください
    • ○○に、どうぞよろしくお伝えください
  • スポンサーリンク

  • 3-2.相手の上司によろしく伝えてほしい場合

    ビジネスで直接お会いした人に「 (相手の上司にあたる)○○様に、どうぞよろしくお伝えください」という使い方は、問題ありません

    例えば以下のような例文が使われます。

    <例文>

    • ○○様には前回の件で大変お世話になりました。感謝の意を、何卒よろしくお伝えください
    • 先日は打ち合わせに同行できず、大変申し訳ございませんでした。○○様にも、どうぞよろしくお伝えください

    3-3.相手の部下によろしく伝えてほしい場合

    直接お会いした人の部下にあたる人によろしく伝えてほしい場合は、注意が必要です。

    相手にとっては部下に伝言や挨拶を頼まれたことになり、失礼となる場合があるからです

    例えば取引先の人とお会いした際に「御社の○○様(相手の部下)にも、どうぞよろしくお伝えください」と伝えてしまうと、相手に対しても○○様に対しても違和感を与えます。

    相手は「部下に、わざわざ伝言を依頼された」と感じるかもしれません。

    一方、伝言を伝えられる側の○○様には「自分宛ての伝言を上司に、わざわざ伝えて頂いた」と恐縮な思いをさせてしまいます。

    相手の部下にあたる人によろしく伝えてほしい場合には以下の例文フレーズを使いましょう。

    <例文>

    • 御社の○○様には、日頃より大変お世話になっております
    • ○○様には、いつもよくしていただいて感謝しております。
  • スポンサーリンク

  • 3.「よろしくお伝えください」と言われた時の返事は

    相手から「○○様によろしくお伝えください」と言われた時には、以下の場面によって正しい返事の仕方が異なります。

    1. 伝える相手が身内の場合
    2. 伝える相手が目上相手の場合

    では以下で、それぞれの場面ごとの返事を見ていきましょう。

    3-1.伝える相手が身内の場合

    例えば「奥様によろしくお伝えください」や「○○様(自分の会社の人や身内)にもよろしくお伝えください」と言われた際には、以下のような返事をします。

    • 「かしこまりました。申し伝えておきます」
    • 「承知いたしました。○○に申し伝えておきます」

    かしこまりました」や「承知いたしました」の表現は謙譲語となり、相手の依頼に対して自分がへりくだった態度を示します。

    また 「申し伝えておきます」の「申す」も「言う」の謙譲語ですので、ここでも相手に対してへりくだった表現で丁寧です。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.伝える相手が目上相手の場合

    「○○様(自分の身内以外、目上相手)に、どうぞよろしくお伝えください」と言われた際には以下のような返事をしましょう。

    • 「かしこまりました。お伝えいたします」
    • 「承知いたしました。○○様にお伝えいたします」

    この場合も「かしこまりました」や「承知いたしました」は、「よろしくお伝えください」という依頼にたいしての謙譲表現です。

    一方「お伝えいたします」は「よろしく伝える」相手に対して 「お伝えする」という尊敬語を使います。

    3-3.自信のない場合

    中には 咄嗟のやりとりで返事に迷ってしまう時や、判断に自身のない時がありますよね。

    そのような場合は無理に時間をかけて返事を考えるのではなく、以下のように簡単に言いましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「○○様によろしくお伝えください」の○○様への伝え方

    相手から預かった「○○様に、よろしくお伝えください」の内容が 社交辞令の場合は、以下の例文のように伝えます。

    <例文>

    • △△様が、よろしくとおっしゃっていました。
    • △△様にお会いしたのですが、よろしくお伝えくださいとのことでした。
    • △△様が○○さんのことを懐かしがっていらっしゃいました

    一方、「よろしくお伝えください」の内容が 感謝やお詫びといったものであれば、「よろしくと言っていました」では主旨が伝わりません。

    この場合は以下の例文のように伝えましょう。

    <例文>

    • △△様から、先日の件の感謝のお言葉を預かりました。
    • △△さまにお会いした際に、前回の件のことで申し訳ありませんでした、とおっしゃっていました。

    5.「よろしくお伝えください」の英語表現は?

    社交辞令で「よろしくお伝えください」と英語で言う場合には、以下のフレーズが使えます。

    1. Please say hi(hello) to …
      (…によろしくお伝えください)
    2. Please tell … that I(we) say hi(hello)
      (挨拶もらったよ、と…に伝えてください)

    どちらの表現も日常的に頻繁に使われ、「…」には人が入ります。

    もし家族付き合いの仲などであれば「家族全員からの挨拶を」という意味合いでPlease tell…that we say hello. という言い方でも良いでしょう。

    一方、 感謝や謝罪といった内容を、よろしく伝えてほしい場合は hi や hello の部分を以下のように変えて使います。

    1. Please say I’m sorry(thank you) to…
      (…に申し訳ありません(ありがとう)と伝えてください)
    2. Please tell … that I feel sorry(appreciate)
      (…に謝罪(感謝)の気持ちをお伝えください)

    では以下で、それぞれのフレーズを用いた例文を見ていきましょう

    <例文>

    • Please say hi to Mr. Walker.
      (ウォーカー様に、よろしくお伝えください。)
    • Please tell your wife that I say hello.
      (奥様にも、よろしくお伝えください。)
    • Please say I’m sorry to Mrs. Johnson.
      (ジョンソン様に謝罪の意を、よろしくお伝えください。)
    • Please tell your family that I appreciate.
      (ご家族にありがとうございましたと、よろしくお伝えください。)

    まとめ

    「よろしくお伝えください」は「私の気持ちを、そちらの良い都合でよろしいように伝えてください」という意味です。

    社交辞令として使われることもありますが、本来は感謝や謝罪の意を伝えてもらう時の表現です。

    ビジネスでは目上相手に使うと失礼になりますが、実際は多くの場面で使われています。

    ただし相手の部下にあたいする人に「よろしく伝えて」ほしい場合は、「○○様には、いつもお世話になっています」などの表現に言い換えるのが適切です。

    正しい使い方をして、相手を不快にさせないビジネスマナーを心がけましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事