織田信長も言った「是非もなし」とは?意味や使い方を徹底解説!

是非もなしの意味とは ビジネス用語

「是非もなし」は、 「良いも悪いもない・仕方がない」という意味です。

かの有名な織田信長が言った言葉として「是非もなし」を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

現代ではあまり使われない言葉ですが、「是非もなし」の意味や使い方を知っておくことで、社会人としての評価もアップします。

そこで、今回は「是非もなし」の意味や使い方から、類語、英語表現まで詳しく紹介していきます。

1.「是非もなし」の正しい意味は?

意味|良いも悪いもない・否応ない・仕方がない

是非もなし

読み:ぜひもなし

良いも悪いもない・否応ない・仕方がない

「是非もなし」は 「是非」が「ない」と表記し、「是非」の意味は以下の通りです。

是非

  1. 良し悪し・善悪
  2. 心から願う様・強調する様

①の意味の場合は「是非を聞く」といったフレーズで、意見を求める時などに使われます。

一方、②の意味では「是非お願いします」というように、何かを強調する時に使用します。

この「是非」をさらに分解すると「是」「非」となり、それぞれの漢字の意味は以下の通りです。

  • 【是】⇒正しいとされること・良い
  • 【非】⇒正しくないこと・悪い

このように、良し悪しの「是非」が「ない」といった「是非もなし」には「良いも悪いもない」「仕方がない」の意味があります。

  • スポンサーリンク

  • 「是非もなし」の由来

    「是非もなし」の言葉の歴史を紐解くと、古くは平安時代まで遡ります。

    古語から発展したとされる「是非もなし」は、もともと「是非なし」として使われていました。

    当時は、 「仕方ない」のほかにも「ひたすら」や「当然」といった意味合いで使われていたこともあります。

    しかし、時代が移るにつれ「ひたすら」「当然」と言った意味は失われていき、現代では「仕方がない」「選択の余地がない」といったニュアンスになりました。

    「是非もなし」と「是非に及ばず」の違い

    「是非もなし」という言葉を語るうえで欠かすことができない人物と言えば、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、現在でも根強い人気を誇る織田信長です。

    本能寺の変で織田信長の言ったとされるのが「是非もなし」または「是非に及ばず」です。

    一般的には両者は同じ意味として捉えられていますが、正確にはニュアンスが違います。

    では、以下の表で「是非もなし」と「是非に及ばず」の違いを確認してみましょう。

      「是非もなし」 「是非に及ばず」
    構成 「是非」が「ない」 「是非」に「及ばない」
    意味 仕方がない 良し悪しにも及ばない
    ニュアンス 諦め そうするしか選択の余地はない

    両者とも一見同じに見えますが、「是非もなし」は「仕方がない、諦めよう」というニュアンスです。

    一方「是非に及ばす」は「良いか悪いか考えるまでもない」という意味で、「仕方がない、選択の余地がない」となります

    場面によっては、どちらをとっても同じニュアンスで使うことができます。

    しかし、織田信長の発言後の明智軍への抵抗をみると、「是非もなし(仕方ない、諦めよう)」ではなく、「是非にも及ばない(仕方ない、戦うしかない)」という意味だったのかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 2.「是非もなし」の使い方

    「是非もなし」という言葉を実際の会話で使う機会はほとんどありませんが、使われるとすれば以下のフレーズで用いられます。

    1. とあれば是非もなし
    2. 是非もないこと
    3. 是非もなく~

    それではそれぞれのフレーズについて詳しく以下で確認していきましょう。

    2-1.とあれば是非もなし

    「とあれば是非もなし」は、 「もしそうであるならば仕方がない」という意味です。

    「とあれば」には「もしそうであるならば」「とあらば」といった意味があります。

    口語として耳にすることはあまりないですが、昔の小説などでは以下の例文のような使い方をされます。

    例文

    1. 旦那とあれば是非もない。(旦那であるなら仕方ない。)
    2. 生誕日とあれば是非もないな。(生誕日であるなら仕方ないな。)
  • スポンサーリンク

  • 2-2.是非もないこと

    「是非もないこと」は 「仕方のないこと」という意味で、これも昔の小説の中で目にすることがあります。

    少し硬めの表現なので、日常的に使うと周りから感心の目を向けられるかもしれませんね。

    「是非もないこと」は、以下の例文のように使います。

    例文

    1. どうしても買わないとおっしゃるなら、是非もないことです。(仕方のないことです。)
    2. ここまでして合格しなかったなら、それは是非もないことだ。(仕方のないことだ。)

    2-3.是非もなく~

    「是非もなく~」は 「仕方がなく~」という意味で、「仕方なくやらなくてはいけないこと」「させられること」などが続きます。

    「仕方なく~」と言ってしまうと嫌々やっているように思われてしまいそうですが、「是非もなく~」なら少し丁寧な感じがでるのではないでしょうか。

    では、「是非もなく~」の使い方を例文で見ていきましょう。

    例文

    1. 父がしつこいので是非もなく重い腰を上げて動いた。(仕方なく重い腰を上げて動いた。)
    2. 彼が病欠だったので、是非もなく課題を届けた。(仕方なく課題を届けた。)
  • スポンサーリンク

  • 3.「是非もなし」を英語で表現すると?

    「是非もなし」は、日本語でもめったに使われない言葉です。

    そのため、英語で英語で表現したいときには、 「どうしようもない」「仕方ない」というニュアンスに置き換えて以下のフレーズを使ってみましょう。

    1. cannot help(どうしようもない・仕方ない)
    2. There is nothing you can do(何もできない・どうしようもない)

    どちらも日常的に頻繁に使われる言葉なので、自然に相手に意図を伝えることができます。

    では、以下の例文でそれぞれのフレーズの使い方を確認してみましょう。

    1. I cannot help that you forgot the homework.(君が宿題を忘れたことに関しては、もう仕方ないよ。)
    2. There is nothing you can do about your parents getting divorce.(両親が離婚することに関しては、どうしようもないよ。)

    4.「是非もなし」の類語

    「是非もなし」には、以下の言い換え表現があります。

    1. 否も応もない(いやもおうもない)
    2. やむを得ない

    現在では「仕方ない」と表現されることが多い「是非もなし」ですが、すべてにおいて「仕方ない」の一言で片付けてしまっては少し味気ないですね。

    そこで、このような類語を活用すると表現の幅が広がります。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.否も応もない(いやもおうもない)

    「否も応もない」は、 「有無を言わせず・選択の余地がなく」という意味です。

    考える時間も与えられず、二つ返事で行動しなくてはいけないような場面で多く使われます。

    「否であろうが応であろうが」というニュアンスで「否応にも及ばない」と考えると、「是非に及ばず」に近い表現になりますね。

    では、「否も応もない」の例文で使い方を確認してみましょう。

    1. 部長に飲み会に誘われたが、否も応もなかった
    2. 君の聞き方は、否も応もないような強引なところがある。

    4-2.やむを得ない

    「やむを得ない」は、 「とめることができない・仕方がない」という意味です。

    「やむを得ない」は、漢字では「止む(已む)を得ない」と書き、「止む(とどまる)」ことが「得ない(できない)」となります。

    望んではいないが諦めるしかないといった、残念に思っているニュアンスがより相手に伝わる表現です。

    では、以下の例文で「やむを得ない」の使い方を紹介します。

    1. 山頂まで行きたかったが、足が痛いんじゃやむを得ないよ。
    2. やむを得ない事情があり、出席できません。

    まとめ

    「是非もなし」は、「良いも悪いもない・否応ない・仕方がない」という意味です。

    「是非もなし」という言葉は口語としてはあまり使われない古い表現ですが、昔の小説や漫画などでは未だに目にする機会があるので、正しい意味を知っておくと理解が広がりますよ。

    普段使わない言葉にも興味を持ち、言葉の意味を知ろうとすることで、自然と語彙力が高まります。

    また、ちょっとした場面で「是非もなく」なんて使ってみると周りからの注目を集めることができるでしょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%