「前略」の意味と使い方を例文つきで解説!ビジネスでは使わない?

ビジネス用語

手紙に「前略」と書かれているのを見たことはあるけど、自分ではどう使えばいいかわからない…と悩んだことはありませんか?

「前略」は、 手紙を書くときに挨拶を省いて用件を書き出すのに使う言葉です。

この記事では、「前略」の正しい使い方を例文つきでわかりやすく解説していきます。

せっかくですから、この機会に「前略」の正しい使い方をマスターしてしまいましょう。

手紙のマナーがきちんとしていると、上司や取引先からの評判もグッと良くなります。

1.「前略」の意味は?

まずは、「前略」の読み方と意味を紹介します。

前略

読み:ぜんりゃく

意味:手紙で挨拶を省いて用件を述べるのを、悪しからずと断る言葉

手紙における挨拶とは、「時候の挨拶」のことです。

本来、手紙は以下のような構成で書くのが正しいマナーとされています。

  • 前文(頭語+時候の挨拶)
  • 主文(手紙の用件)
  • 末文(結びの言葉+結語)
  • 後付(日付+署名+宛名+脇付)

時候の挨拶は、例えば「桜花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」というようなものです。

本来は、季節感を相手に伝える言葉と相手の安否を気遣う文章を手紙の書き出しに添えることが、手紙のマナーとされています。

 「前略」は「時候の挨拶を省いてのお手紙ですが、悪しからず」という意味の言葉なんですね。

2.「前略」の正しい使い方

先ほども説明した通り、「前略」は手紙における「時候の挨拶」を省略できる便利な言葉です。

しかし、 使い方や使うタイミングによっては相手に失礼になることもあります。

ここからは、「前略」の正しい使い方をご紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「前略」を使うタイミング

    「前略」を使ってもいいタイミングは、「時候の挨拶」を省略してもいい場合に限られます。

    時候の挨拶とは、「桜花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」というような文章のことです。

    この挨拶を「前略」を使って省くことで、「挨拶もしないまま手紙を書く無礼をお許しください。」と示すことができます。

    しかし、手紙で挨拶を省くことは、人の家に入る時に「こんにちは」「お邪魔します」といった挨拶をしないで家に入るようなものです。

    そのため、時と場合によっては相手に失礼になることもあります。

    なので、そういった挨拶をしないでも許される相手と時だけに「前略」を使うというのがポイントです。

    例えば、「前略」を使ってもいいタイミングには、以下の5つが挙げられます。

    1. 家族や親しい友人への手紙
    2. 相手の体調を気遣いたいときの手紙
    3. 急いで用件を伝えたいときの手紙
    4. 用件のみを伝えたいときの手紙
    5. 謝罪の手紙

    このように、 前略を使う時は、挨拶を省いても問題ないか?という視点からよく考えて使っていくことが大切です。

    2-2.ビジネスシーンでの「前略」の使い方

    「前略」はこれまでも説明してきた通り、挨拶を省いていきなり用件を相手に伝える言葉です。

    そのため、取引先や目上の人を相手にすることが多いビジネスレターでは、あまり使用されることはありません。

    ただ、ビジネスシーンでも、「前略」を使うことはあります。

    例えば、以下の4つの場面は、ビジネスレターでも「前略」が使われる場面です。

    1. 相手の体調を気遣う手紙
    2. 急いで用件を伝えたいときの手紙
    3. 用件のみを伝えたいときの手紙
    4. 謝罪の手紙

    ①の場合、相手の体調を気遣うのに「○○におかれましては、ますますご健勝のことと存じます」といった書き出しで手紙をスタートすると違和感が出るため、「前略」を使います。

    また、②と③のような、緊急の要件を伝えねばならず、わざわざ「本日はお日柄もよく…」と挨拶をしている場合ではないときも、「前略」を使って挨拶を省いた方がスマートですね。

    さらに、4の場合は、書き出しに謝罪の言葉を持ってくるために、あえて「前略」を用いる場面です。

    もし、目上の人や取引先、顧客に 「前略」を使用するのが心配な場合は、「前略失礼致します」と書くといいでしょう。

    言葉のニュアンスが柔らかくなるので、手紙の相手方に嫌な印象を抱かせるリスクが少なくなりますよ。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.前略を使ってはいけないタイミング

    「前略」は、挨拶を省いていきなり本題に入ることを断る言葉です。

    そのため、目上の人や取引先、顧客に手紙を送るという場合には、慎重に考える必要があります。

    特に、 お礼状や通常の手紙を書く場合には、前略を使ってはいけません

    お礼状や通常の手紙を欠く場合には、「拝啓」や「謹啓」を使うのがマナーです。

    3.「前略」は「結語」と一緒に使う

    「前略」を使用する際に、もう1つ気を付けたいのが「結語」です。

    「前略」は「頭語」といわれるものなのですが、「頭語」と「結語」はセットで使用する必要があります。

    「頭語」と「結語」には決まった組み合わせが存在しています。

    本来組み合わされていない「頭語」と「結語」を一緒に使用するのは、マナー違反になりますので気を付けましょう。

    「前略」とセットの結語には、以下の2つがあります。

    • 草々
    • かしこ

    それぞれについて、詳しくみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「前略」と「草々」

    まずは、「草々」の読み方と意味を解説します。

    草々

    読み方:そうそう

    意味:手紙が簡略で侘しいことを詫びる語

    「草々」はこの通り「手紙が簡素なことを詫びる言葉」です。

    そのため、 「挨拶を省きますよ」という意味の「前略」と一緒に使われるんですね。

    「草々」と「前略」を一緒に使うことで、「挨拶を省いた簡素な手紙で申し訳ありません。」という意味になります。

    意味合いから覚えておくと、なかなか忘れにくくなるのでおすすめですよ。

    3-2.「前略」と「かしこ」

    次は、「前略」と一緒に使われるもう1つの結語「かしこ」について解説をしていきます。

    かしこ

    意味:受け手に敬意を表す語

    かしこは、「恐れ多いこと」「畏し(かしこし)」が語源の言葉です。

    手紙の結語として使用すると、「これで失礼致します」という意味になります。

    「かしこ」は全ての頭語に使用できる便利な言葉です。

    しかし、使い方には大きな注意点が1つあります。

    それは、 かしこ」は女性にしか使えないということです。

    また、女性らしさをアピールしてしまう言葉でもあるので、女性が使用する場合でも、ビジネスレターでは避けた方がいい言葉でもあります。

  • スポンサーリンク

  • 3-3.「前略」に「敬具」はNG

    「前略」に対して、結語の1つである「敬具」を使おうとする人もいますが、 「前略」に「敬具」を使うのはNGとされています。

    というのも、「敬具」には謹んで申し上げる」という意味があり、敬意を示す手紙の締めに使われる言葉だからです。

    「前略」はこれまでも説明してきた通り、「挨拶を省いて用件を述べるのを、悪しからずと断る」意味で用いられます。

    「敬具」をつけたとしても「謹んで申し上げた」手紙にはならないので、言葉の意味が合わず、不自然な手紙になってしまうんですね。

    なので、「前略」を使う時は「敬具」ではなく、前述した「草々」や「かしこ」を使うようにしましょう。

    4.「前略」を使った例文

    さて、それではここからは「前略」を実際に使う場合の例文を解説していきます。

    比較的汎用性の高い、以下の5つの場面の例文を紹介します。

    1. 家族や親しい友人への手紙
    2. 相手の体調を気遣いたいときの手紙
    3. 急いで用件を知らせたいときの手紙
    4. 用件のみを伝えたいときの手紙
    5. 謝罪の手紙

    それぞれ詳しく解説をしていきます。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.家族や親しい友人への手紙

    家族や親しい友人へ宛てた手紙でも、前略を使うことでグッと丁寧な印象になります。

    以下、例文を見てみましょう。

    前略

     家族の皆は、元気でやっていますか?私は元気にしています。最近は……

    草々

    前略

     最近会っていませんが、○○くんもご家族も元気にしていますか?……

    草々

    堅苦しい時候の挨拶を使ってしまうと親しみのない手紙になってしまいます。

    ですが、 「前略」を使うとほどよい距離感を保ちながらも、親しみを込めた手紙を書くことができるのです。

    4-2.相手の体調を気遣いたいときの手紙

    次は、相手の体調を気遣いたいときの手紙の例文を紹介します。

    前略

     先日貴社へ伺いました折に、貴殿がご病気で入院されていると承りました。その後の経過はいかがでしょうか。…(中略)…まずは、取り急ぎお見舞い申し上げます。

    草々

    相手の体調を気遣いたいときに時候の挨拶を書いてしまうと、 嫌味にとられてしまうこともあります。

    そのため、お見舞い状を書きたいときには、「前略」を上手に使ってみましょう。

    4-3.急いで用件を知らせたいときの手紙

    大切な仕事の前に自分が体調不良で入院してしまい、その後の仕事を上司や同僚に引き継いでもらう時にも、「前略」を使うことができます。

    前略

     この度は、私の体調不良で皆様にご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。私が手掛けていた○○の件につきまして、以下のように処理をして頂けますと大変有難く存じます。何卒よろしくお願い致します

    草々

    緊急性の高い用件を伝える時に、長々と時候の挨拶を書いてしまうのはマナー違反になります。

    そのため、 なるべく要点だけを手紙に書くようにするのがポイントです。

    4-4.用件のみを伝えたいときの手紙

    用件のみを伝えたいときの手紙にも、「前略」はよく使用されます。

    今回は取引先、顧客から商品代金が入金されていない場合の例文を紹介します。

    前略失礼致します。

    先日もお伝えさせて頂きましたが、先日ご注文頂きました商品代金の入金が確認できておりません。……

    草々

    相手に過失があり、至急対応をしてもらいたい場合などであれば、取引先や顧客に対しても「前略」を使うことができます。

    しかし、1度目の催促の手紙で前略を使用するのは、相手に無駄な不快感を与えることもあります。

    そのため、なるべくなら、1度目の催促から「前略」を使用するのは避けた方がいいでしょう。

    実際に「前略」を使うときでも、 手紙自体は相手に失礼のない言葉遣いで書くことが大切ですよ。

    4-5.謝罪の手紙

    最後に、謝罪の手紙の例文を見てみましょう。

    前略

     この度は、弊社の不手際でご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。……

    草々

    謝罪の手紙の場合は、 書き出しに謝罪の言葉を持ってくる方が自然です。

    そのため、「前略」を使用したとしても、相手に失礼になることはありません。

    まとめ

    「前略」は 「挨拶を省いて手紙を出す無礼をお許しください」という意味で、「時候の挨拶」を省略していきなり本題に入れる便利な言葉です。

    ですが、相手に失礼になることもあるので、取引先や目上の人に「前略」を使う時はよく考えてから使いましょう。

    また、前略の結語は「草々」と「かしこ」だけなので、これ以外の結語を使用しないというのもポイントです。

    手紙のマナーを上手に守って、上司や取引先からの信用を手に入れましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事