awsへの転職をしたい人は必見!awsへの転職難易度や転職方法まとめ

エンジニア転職

AWSはAmazonから派生した、クラウドサービスを専門に扱っている会社です。

「エンジニアとしてよりキャリアアップしたい」「より待遇のいい会社で働きたい」などの理由から、転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

本格的に転職活動をするなら、そんなAWSのことについてもっと詳しく知りたいですよね。

今回の記事ではそんなAWSの概要や、AWSに転職する際に役立つ情報をピックアップしました。

AWSへの転職を考えている人はしっかりチェックしてみてください。

スポンサーリンク

1.AWSへの転職難易度は?

AWSは待遇や給与面で好条件な企業でありますが、それゆえ プログラマーからの人気も非常に高いのです。

この項目では、AWSの人気理由をご説明します。

高給与・高待遇のため人気が高い

AWSは給与も高く、また最先端のクラウド技術で仕事をすることができるため、高い給与とキャリアの双方を求めるエンジニアからの人気が高くなっています。

AWSエンジニアの 平均年収は通常のインフラエンジニア平均年収の500万円よりも高めになっているため、経験を積んだエンジニアからの人気が高いのでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 大卒でなくても応募することが可能

    上記の件に加え、AWSが募集するシステムエンジニアやプログラマーには 学歴を問わないという特徴があります。

    大卒・短大卒などを問わず、インフラエンジニアとしての経験が豊富であればAWSへの転職は十分可能なのです。

    しかし、これは裏を返すとインフラエンジニアとしての知識・経験が伴っていないと転職は極めて難しいということです。

    2.AWSってどんな企業?

    下記は社員によるAWSの評価です。

    同業界のSIer、ソフト開発、システム開発企業と比較して、AWSはあらゆる点でスコアが高くなっています。

    AWS社員評価 openwork

    (参考:openwork/2019年7月時点

    では今度は、AWSについて会社概要を見ていきましょう。

    社名

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社

    本社所在地  〒 141-0021  東京都品川区上大崎 3-1-1
    代表者名 長崎   忠雄  
    設立 2009年8月
    売上高(前年比) 1兆8,995億円(2019年)
    営業利益(前年比) 4,712億円(2019年)

    AWSへの転職を考えるにあたり、AWSがどのような企業なのか気になりますよね。

    この項目では、 AWSの企業情報についてご説明していきます。

  • スポンサーリンク

  • 事業内容はクラウドを使ったITサービス

    AWSの事業内容はクラウドを利用したさまざまなインターネットサービスの提供で以下のようになります。

    1. AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)
      データを保存したいという時などに、保存のためのサーバを提供してくれるサービス
    2. Amazon Relational Database Service(RDS)
      クラウド上で時間のかかる作業の多くを自動化してくれるサービス
    3. Simple Storage Service
      システムのさまざまなデータを保存できるストレージ型のサービス

    主に企業向けのサーバの提供やアプリケーションの開発が事業内容となります。

    そのため、AWSエンジニアの仕事内容も システム開発やその運用がメインになってくるのです。

    AWSの導入例を挙げますと、企業の商品開発から市場の投入速度をあげるためのアプリケーションの提供などがあります。

    以下のように、大手企業がAWSを導入して事業の効率化を図っています。

     

    <AWS導入事例>

     

    企業理念

    AWSの企業理念は母体となるAmazon.comと同様に「地球上で最もお客様を大事にする企業」であることです。

    Amazonは 多様なニーズを迅速に理解し、コスト効率に優れたイノベーションを導入すること」を信条としていますので、AWSも同様の理念の元さまざまなサービスの提供をしていると言えます。

    そのため、最新のソフトウェアやITサービスを体験したいという方におすすめの企業です。

  • スポンサーリンク

  • 業績

    2019年のAWSの売上高は、前年と比べて1兆8,995億円増加、営業利益も4,712億円 増加しています。

    クラウドサービスであるAWSは母体であるAmazonの売り上げへの貢献度も高かったと言われています。

    Amazonの業績は2018年第4四半期で723億8300万ドルとなっており、これは 前年度の売上高と比較して20%増の数字です。

    平均年収

    AWSエンジニアの 平均年収は600万円から1,000万円ほどとなっています。

    通常のインフラエンジニアの年収が500万円ほどですので、年収1,000万円も目指せるというのはかなり高給与なのではないでしょうか。

    GoogleJapanの平均年収も知りたい方は「Google Japanの平均年収約800万円!本社の年収も解説」を読んでみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 社風についての口コミ

    中途入社/企画/女性

    コアタイムなしフレックスがきちんと機能しています。朝は8時にきても、11時にきても、自分の仕事ができて周りに迷惑かけなければ全く問題ありません。また、出社しないことも可能です。(中略)amazonは割に夜は遅いようですが、AWSはかなりワークライフバランスがよいと思います。

    引用:OpenWork


    中途入社/
    アーキテクト/男性

     働きがい:とにかく顧客からは歓迎されるムードがあり、喜ばれていること、貢献できていることが実感できるのは大きなやりがい(桁違いに安いこと、利便性が高まることに顧客の笑顔が溢れる)

    引用:OpenWork

    AWSは 社員の働き方の自由度が高く、顧客からの評価も高いというのが特徴のようです。

    通常の労働時間は9時から18時と平均的ではあるものの、口コミにあるように在宅での仕事も可能で、遠方に住んでいても仕事ができる可能性があるというのはかなり魅力的なのではないでしょうか。

    業界での立ち位置

    世界的に見てもクラウド導入をする企業が増えている中において、 AWSはナンバー1のシェアを誇っています。

    他にもクラウドサービスを提供している企業としては「Microsoft」「Google」「IBM」などがありますが、サービスの多様さや導入コストの安さなどからAWSを選ぶ企業が多いようです。

    今後成長するの?

    今後ますますクラウドサービスが普及するにつれ、 AWSの提供しているサービスの需要も高まって行くと言えます。

    AWSは「多様なニーズを迅速に理解する」という企業理念にも現れている通り時代の最先端技術を常に導入し続けていますため、今後も需要の高まりにも応えることができ安定して成長していくのです。

    3.採用情報

    AWSへの転職を考えているなら採用情報が気になりますよね。

    ここからは、 最新のAWSの採用情報についてご説明していきます。

    募集職種

    AWSは中途採用も積極的に行っており、 「エンジニア」「マーケティング」「マネージャー」などさまざまにあります。

    募集されている主な職種は以下の通りです。(2019年7月時点)

    AWS募集職種

    (参考:公式サイトキャリア採用

    • 営業
    • マーケティング
    • ビジネスデベロップメント
    • パートナーアライアンス
    • ソリューションアーキテクト
    • トレーニング
    • データセンター
    • エンタープライズサポート
    • プレミアムサポート
    • カスタマーサービス
    • パブリックセンター

    AWS本社への転職は公式サイトから

    AWS本社は ホームページから直接エントリーすることができます。

    中途採用もこちらから応募することができますので、AWSへの転職を考えているという方はこちらから直接応募してください!

    また、「AWS本社でなくと、AWSが提供しているサービス等に関わって仕事をしたい」という方は、関連企業への転職もおすすめとなっています。

    関連会社の転職は転職エージェントを使うのがおすすめ

    「AWS本社は難しくても、AWSエンジニアとしてのキャリアは積みたい」という方は関連会社への転職がおすすめです。

    たとえ今はAWSに転職するのが難しくても、AWSエンジニアとしてのキャリアを積めばいずれAWS本社への転職も見えてくるためです!

    同様にクラウドサービスを提供している企業の求人を探すなら、ぜひ IT系に強い転職エージェントを活用しましょう。

    ただし、求めるポジションによってはエージェント経由でのエントリーは不可能ですので、ご注意ください。

    4.AWSへの転職におすすめな転職エージェント3選!

    ここからはAWS関連の会社への転職におすすめなエージェントを紹介していきます。

    会社について詳しく知りたい人向けの「レバテックキャリア」

    レバテックキャリア

    <レバテックキャリアの強み>

    • エンジニア特化の求人サイト
    • 専門スキルから案件を探すことができる
    • IT業界目線で転職の相談ができる

    レバテックキャリア エンジニアのために作られた求人サイトとなっています。

    所属するキャリアアドバイザーも業界の専門知識を有しているので、IT業界目線での相談などもできるのが強みです。

    また、希望の求人がなかった場合はアドバイザーから非公開の求人を紹介してもらえることもあります。

    面談によるサポートをたくさん受けたい人は「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    <マイナビエージェントの強み>

    • エージェントによるヒアリングに定評あり
    • 企業に関する情報量が多い
    • 20・30代の若手向け

    マイナビエージェントは、豊富な企業情報とエージェントによるサポートが充実しているのが特徴です。

    所属するキャリアアドバイザーも業界出身者で構成され、企業の情報もたくさん所有していますので、 事前に転職先の職場について知りたいという人にもおすすめ。

    また、エージェントが転職者の職歴やニーズに応じた企業紹介してくれ、転職後の相談に乗ってくれるなど、親身な面談にも定評があります。

    また、第二新卒や20代募集の求人を多数有しているため、比較的若いエンジニア志望の人もぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

    転職活動で手間をかけたくない人は「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント

    <JACリクルートメント>

    • キャリアアップのためのハイクラスな求人が多い
    • 外資系の求人多数
    • 30〜40代のミドル層の転職成功例が多い

    JACリクルートメントは、経験値を積んだ方がキャリアアップのために利用するのにおすすめな転職エージェントです。

    登録されいる求人は 6割が非公開求人となっており、転職エージェントを通じてのみ紹介してもらえる重要なポジションの仕事に多数アクセスすることが可能。

    また、忙しい方は電話面接も可能なため、手間をかけたくない人にもおすすめの転職エージェントです。

    そのため、30〜40代の転職例も多くなっているのが特徴で、転職後の平均年収も600万円から2,000万円と高給与となっています。

    まとめ

    ここまで AWSの企業としての特徴や転職事情、おすすめの転職エージェントについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

    AWSは待遇や給与の面で高水準な企業であるため、人気も高くなっています。

    そんなAWS本社へのエントリーは以下から行うことができます。

    また、「AWSエンジニアとしての経験を積みたい」という方向けに、関連会社へ転職するための転職エージェントもご紹介しました。

    【エンジニア向けの転職エージェントはこちら】

    AWSは転職するのは決して簡単な企業ではありませんが、エンジニアとしてさらなるキャリアアップを計りたいという方は今回ご紹介した内容を参考にして、転職を成功させてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%