未経験でSE転職ってどうするの?SEの仕事内容や年収も紹介!

エンジニア転職

「SEになって手に職をつけたいけど未経験でも本当になれるの?」
「SEに転職したいけど、どんなところがあるのかわからない…」

このように不安に思っている方も多いでしょう。

実際、SEの仕事がどんなものか理解していないと、条件のいい転職先がみつからなかったり、転職先の仕事が合わないということが起こります。

そこで今回は、 SEの仕事内容や年収、実際に未経験からSEに転職するために必要なことを詳しく紹介します。

この記事を読めば、未経験からSEへの転職に必要なことがばっちり分かるはずです。

SEへの転職をし、エンジニアとしてのキャリアを成功させましょう!

スポンサーリンク

1.SEとは?

SEとは”System Engineer”(システムエンジニア)の略称で「エスイー」と読みます。

顧客からの「こんなことがしたい!」「こんな問題を解決したい!」を実現するコンピュータシステムの開発において、企画段階から納品・保守まで、プロジェクト全般に携わっていく仕事です。

ここでは、SEの具体的な仕事内容や収入、SEに必要とされるスキルについて説明します。

1-1.SE(システムエンジニア)の仕事内容

SEが携わるコンピューターシステムの開発は、具体的には次のような工程で仕事を行なっていきます。

  • 要求分析、要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 開発
  • テスト
  • 稼働

SEは、プログラミングを使った開発部分以外のすべての工程を行ないます。

それぞれの工程で、具体的にどんな仕事をするのを見ていきましょう。

ここでは分かりやすいように、『家計簿アプリを作る場合ならどうするのか?』の例をいれながら説明します。

①要求分析、要件定義

要求分析・要件定義は、いわゆる企画の工程です。

この工程は、これから 開発するコンピューターシステムで実現したい機能や働きの基本を決める、大事な工程となります

要求分析の工程では、顧客と打合せやヒアリングを行ないます。

要件定義の工程では、要求分析で明らかにした顧客の要求を、コンピューターシステムの機能にまで落とし込んでいきます。

例えば家計簿アプリ開発なら、顧客の「家庭のお金の流れを管理したい」といった要望や目的、解決したい問題を明らかにしていきます。

さらに、収入と支出を入力すると残ったお金を自動的に計算してくれる、というような、開発するコンピューターシステムが持っておくべき機能・働きを誤解のない形で明確に定義し、仕様書としてまとめます。

②基本設計

基本設計では、コンピューターシステムの「顧客に見える部分」の仕様を決めます。

例えば家計簿アプリ開発なら、基本画面のデザインや、収入や支出を入力するボタンの位置などを設計し、顧客と完成イメージのすり合わせを行なって、基本設計書を作成します。

③詳細設計

詳細設計では、コンピューターシステムの「顧客に見えない部分」の仕様を決めます。

基本設計で定義したコンピューターシステムの画面や動作をどのようにして実現するのか、つまりプログラムの内部処理や情報の流れ等を細かく定義していくのが、詳細設計の工程です。

例えば家計簿アプリ開発なら、アプリに入力された支出の1ヶ月間の合計金額を計算する、収入から支出を引き算して余ったお金を計算する、といった処理の方法を定義していきます。

プログラマーがコンピューターシステムをプログラミングする際には、この詳細設計で作られた詳細設計書を元にしてプログラミングをしていきます。

詳細設計書にミスがあればプログラム制作に大きな遅れが出てしまうこともあるので、正確な設計書を作る必要があります。

④開発

この工程でSEは、プログラミングを行なうプログラマーへの作業指示や進捗管理を行ない、コンピューターシステムの制作を進めていきます。

通常であれば、プログラミング作業そのものはSEの仕事に含まれないことが多いのですが、会社によってはプログラミングもSEが行なう場合があります。

⑤評価

プログラマーによって制作されたプログラムやシステムが、基本設計書や詳細設計書に決められたとおりの動きをするかどうか、確認を行ないます。

例えば家計簿アプリ開発なら、入力した支出の合計は正しく計算されるか、1ヶ月間の余ったお金はちゃんと画面に表示されるか、などをチェックします。

SEはプログラマーから渡されたプログラムのテストを行ない、コンピュータシステムやプログラムにバグが見つかれば、プログラミング作業へ手戻りとなります。

評価に合格するまでテストと修正を繰り返すので、コンピュータシステム開発の中でも最も時間がかかる工程の一つです。

⑥稼働

コンピュータシステムが評価を合格し問題なしとなれば、いよいよ顧客の元へコンピュータシステムが納品され、稼働となります。

SEは、顧客先への納品作業や導入指導、さらには保守対応も行ないます。

スポンサーリンク

1-2.SE(システムエンジニア)の年収・労働時間

ここでは、一番気になるポイントであるSEの年収や労働時間を紹介します。

SEの平均年収


※賞与その他特別給与を含む
参考:政府統計 | 平成29年賃金構造基本統計調査

最新の政府統計によると、
SE・プログラマの平均年収は380~660万円くらいです。

さらに、IT系エンジニアはこれからも人材不足の状況が続くと予想されていますので、収入の増額が今後も期待できます。

SEの平均労働時間

SEの残業時間については、次のような調査結果になっています。

参考:政府統計 | 平成29年賃金構造基本統計調査

SEといえば、「残業が多い」「仕事がめちゃくちゃキツい」といった昔のイメージを持っている方もまだまだ多いと思います。

しかし、近ごろはSE職でも労働環境は大きく変わってきており、 昔のような高負荷・長時間残業もかなり改善されています。

納期直前の時期等を除けば、比較的に残業時間は少なくなってきているようです。

1-3.SE(システムエンジニア)に必要なスキル

SEになるためには必要な資格はありませんが、レベルの高いSEとしてキャリアアップするために身に付けておきたいスキルを紹介します。

プログラミング知識

SEになるために、ある程度のプログラミング知識は習得しておくほうがベストです。

SEは、一般的にはプログラミング作業そのものは行なわないため、プログラミングスキルは無くても構いません。

しかし、コンピューターシステム開発の工程では、プログラマーとの連携やソースコードの確認作業もあるので、レベルの高いSEとなるためには前提知識としてある程度プログラミング知識はあったほうが良いといえます。

高度なプログラミングスキルまでは求められませんが、プログラミングへの理解はもっておきましょう。

論理的思考能力

SEに必要な能力のひとつに、論理的思考能力があります。

顧客の要望を論理的に考えて理想的なコンピューターシステムの完成形をイメージできる分析力が必要です。

SEの仕事では、形のない0の状態から的確にシステムを作り上げていかなくてはいけません。

例えば、顧客は「社員の出退勤時間の管理を楽にしたい」と思っているが、裏に隠された本当に解決したい課題点は「出退勤時間から割り出す給料計算の手間だった」ということが分かれば、コンピューターシステムの設計も変わってくるでしょう。

ロジカルに物事を考えられる力が高い人であれば、ワンランク上のSEとして活躍できるはずです。

コミュニケーション能力

SEは、顧客やプロジェクトメンバーとスムーズにプロジェクトを進めていく高いコミュニケーション能力が必要となります。

SEはパソコンにばかり向かっているイメージもありますが、実際は顧客やプロジェクトメンバーとのやり取りや調整が大半です。

顧客と円滑なコミュニケーションが取れずに顧客の要望が引き出せなければ、完成度の低い製品しか作れません。

SEとして質の高い仕事を進めるためにも、高いコミュニケーション能力があると重宝されるでしょう。

プレゼンテーション能力

優秀なSEになるには、顧客にシステムの完成度を適切に伝えるプレゼンテーション能力の高さも欠かせません。

SEは、顧客の要望を技術的に理解してプログラマーに伝えて、プログラマーから受けた技術的な情報を顧客に分かりやすく説明する、仲介人のような存在でもあります。

顧客の要望を的確にプログラマーに伝えられなければ、顧客が本当に欲しかったコンピューターシステムは作れませんよね。

専門職でありながらマネージャーとしての仕事を行なっていくので、論理的に説明して伝える力・プレゼンテーション能力が必要です

2.SE(システムエンジニア)に向いている人・向いてない人

ここからは、SEに向いている人とそうでない人判断するポイントをそれぞれお伝えします。

あなたがSEに向いているのかそうでないか考えておきましょう。

スポンサーリンク

2-1.SE(システムエンジニア)に向いている人

新しいことに興味がある

変化の激しいIT業界で働くなら、新しいことへの興味が強い人が向いていると言えるでしょう。

IT業界は技術進歩が激しいので、新しい技術が日々登場しています。

新技術について詳しければ、顧客とのヒアリングでは提案材料になりますし、エンジニアとの打合せで技術的な話題ができれば信用も得られるでしょう。

優秀なSEとして活躍するために、新しいものに対するアンテナを高く張っておきましょう。

リーダーシップがある人

SEを務める人には、プロジェクトを推進する高いリーダーシップが必要です。

SEの仕事では、多くのメンバーと連携してプロジェクトを進める力が求められます。

プロジェクトメンバーとコミュニケーションをとって指示や調整をしたり、時にはトラブルが発生した際にすすんで前に出なければならない場面もあるでしょう。

多くの人と関わり合いの中で、リーダーシップを発揮できる人であれば、優秀なSEとして活躍できるはずです。

俯瞰して全体を見られる人

SEには、物事全体を俯瞰(ふかん)して見られる能力が求められます。

SEの仕事は非常に幅広く、同時にいくつものタスクを管理しなければならない場面も多くなります。

個別の仕事だけじゃなく、プロジェクト全体の進捗も幅広く管理できる広い視野を持った人ならまさに、SE向きといえますね。

2-2.SE(システムエンジニア)に向いていない人

地味な作業が苦手な人

「地味な作業をずっと続けるのは苦手だ!」という人は、SEに向いていないです。

SEはパソコン一つでいつもクリエイティブに仕事をしているとイメージする人もいますが、実は地味な作業も多いのです。

プログラムのバグ対策でコードを長時間読み解いたり、分からないことを自分で調査したりもします。

なので、コツコツと地味な作業を積み重ねるのが好きではない人にはSEは向いていないでしょう。

体力に自信がない人

体力に自信がないという人は、SEを続けるのが辛くなることもあるかもしれません。

というのも、会社やプロジェクトの規模にもよりますが、納期直前やトラブルが起こった時などはどうしても忙しくなってしまうからです。

そういった繁忙期だと、3日連続で夜遅くまで作業をしなければならないこともあるので、そんな時でもやり遂げられるモチベーションと体力はは必要となるでしょう。

3.未経験からプログラミングを学ぶ方法

SE(システムエンジニア)になるためには、ある程度のプログラミングの知識が必要になります。

ここでは、非IT業界からSEに転職するためのプログラミングを学ぶ方法3つを紹介します。

  • 独学で習得する
  • スクールに通う
  • 未経験OKの求人に応募する

順に説明します。

スポンサーリンク

3-1.独学で勉強する

プログラミングへの興味が強い人や、自分で学習するのが得意な人ならば、独学で学ぶ方法がおすすめです。

学習方法としては、関連書籍を購入したり、プログラミングを学べるサイトを利用します。

近ごろは便利な学習サービスも増えてきましたので、独学しやすい環境が揃ってきたと言えるでしょう。

書籍.スッキリわかるJava入門

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)
  • 中山 清喬, 国本 大悟
  • 価格   ¥ 2,808
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック

「SEになるために、まずは何を学べばいいの?」というあなたにおすすめの一冊です。

Javaは応用範囲も幅広く、つぶしの効くブログラミングスキルになります。

オブジェクト指向などプログラミングの基本的な概念も学ぶことができるので、まずはこの本でプログラミングを理解しておくと良いでしょう。

学習サイト1.ドットインストール

ドットインストールは、短い動画でプログラミングを学ぶ学習サイト。

SEなら知っておきたいJava・Python・Ruby・PHPなどのプログラミング言語は一通り学ぶことができます。

無料で見ることができる動画も多くあるので、「とりあえず試しに勉強してみたい!」というあなたにおすすめの学習サイトです。

運営会社 株式会社ドットインストール
対象地域 全国
受講形態 オンラインのみ
料金 基本0円(プレミアム会員は月額980円)
公式ページ https://dotinstall.com/

学習サイト2.Progate

Progate(プロゲート)は、スライド形式でプログラミングを学べる学習サイトです。

ポップなイラストや分かりやすい図解で直感的に学ぶことができるのが特長です。

「関連書籍を1人で読み進めていくのは苦手だな…」というあなたでも安心して学習ができます。

こちらも無料で見ることができるレッスンがあるので、試しにやってみることをおすすめします。

運営会社 株式会社Progate
対象地域 全国
受講形態 オンラインのみ
料金 基本0円(プレミアム会員は980円)
公式ページ https://prog-8.com/

3-2.スクールに通う

自習形式が苦手な人やIT知識に自信がない人には、プロの指導が受けられるプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

近ごろではオンライン方式のレッスンが用意されているプログラミングスクールも増えてきましたので、あなたのライフスタイルに合わせて選んでみましょう。

ここでは、次の2つのプログラミングスクールをご紹介します。

  • テックアカデミー
  • 0円スクール

順に説明します。

プログラミングスクール1.テックアカデミー

テックアカデミーは、いつでもどこでもオンラインレッスンが受けられるプログラミングスクールです。

15~23時までの間なら、メンター(講師)にいつでも質問や相談ができるシステムや、毎週2回・各30分のビデオチャットで個別カウンセリングが受けられるサポートがあるのが特長です。

「転職の前に実践的なスキルを身に付けておきたい!」というあなたにおすすめです。

運営会社 キラメックス株式会社
対象地域 全国
受講形態 オンラインのみ
料金 129,000円(Javaコースの場合)
公式ページ https://techacademy.jp/

プログラミングスクール2.0円スクール

0円スクールは、なんと受講料無料のプログラミングスクール。

無料と聞くと怪しく感じる方もいると思いますが、仕組みは簡単。

0円スクール運営の関連会社であるバンキングシステムという会社が、0円スクール卒業生の9割以上をそのまま採用しています。

もちろん、バンキングシステムに就職しなくてもOK!受講料も0円のままなので安心してください。

「無料でプログラミングを学んで、すぐにでも就職したい!」というあなたにおすすめです。

運営会社 株式会社ゼロスク
対象地域

東京・札幌・仙台・神戸・福岡・名古屋
(※大阪は移転準備中)

受講形態 スクールで対面受講
料金 0円
公式ページ https://zero-school.com/

3-3.未経験OKの求人に応募する

最後の手段として、入社後にプログラミング研修を受けさせてもらえる会社に入社するという方法があります。

「プログラミングスキルはないけど今すぐにでもSEに転職したい!」という方は、入社研修ありのSE求人を探してみると良いです。

近ごろでは、未経験者の転職も歓迎する動きも強いので、手厚い技術教育を受けられる企業も増えています。

とはいえ、入社後研修だけでは技術力に不安が残りますし、入社までの期間や、プライベートでもプログラミングを学ぶ熱意があればベストでしょう。

スポンサーリンク

4.SE(システムエンジニア)転職情報の探し方

SEへの転職を心に決めたなら、早速SEの転職情報を探しましょう。

未経験からSEへの転職なら、「未経験OK」の募集が多く掲載されている転職サイトがおすすめ!

ここでは、SE転職するときにおすすめの転職サイトをご紹介します。

4-1.未経験OKの募集がある転職サイト

マイナビ転職

マイナビ転職は、マイナビが運営する転職サイトです。

たくさんの求人の中から「要望に合わせてじっくり探したい!」というあなたにおすすめの転職サイトです。

マイナビ転職の特長は、なんといってもその求人掲載数が多い点です。

さらに、未経験OKの求人も多いので、非IT業界からの転職を検討している方なら絶対に登録しておきたい転職サイトです。

マイナビ転職の登録や利用は完全無料となっているので、安心して利用できます。

運営会社 株式会社マイナビ
求人情報 総合
公式ページ https://tenshoku.mynavi.jp/

doda(デューダ)

dodaは、パーソナルキャリアが運営する国内第2位の大手転職サイト。

未経験OKのSE求人も数多く掲載されていますが、dodaはなんと言っても、担当の転職エージェントが1人ついてくれるのが心強い特長です。

転職エージェントからは、履歴書の書き方や面接のアドバイスを受けたりと言ったサポートを受けることが出来るので、はじめての転職でも安心して活動することができます。

もちろん、登録や利用は無料です。

「はじめての転職で失敗しないか心配だ!」というあなたにおすすめの転職サイトです。

運営会社 パーソナルキャリア株式会社
求人情報 総合
公式ページ https://doda.jp/

5.まとめ

この記事では、未経験からのSE転職に興味がある方に向けて、SEの具体的な仕事内容や年収、必要なスキルや実際に転職するための方法を紹介しました。

未経験からのSEへの転職は、勉強しなければならないこともあり、簡単ではありませんが、学習する方法や転職する方法はたくさんあります。

IT人材の需要はこれからも確実に高くなっていきますので、転職を考えた今こそ、行動していきましょう。

  • スポンサーリンク