IT転職は今がチャンス! 初めてのIT転職で成功する方法を徹底解説

エンジニア転職

 「IT業界に転職したいけど、何の知識も無くて不安…」

転職を考えているけど、転職に関する知識がなくて不安を抱えている人は多いですよね。

情報収集が転職成功率を上げる鍵となります

「転職したけど、思ってたのと違う!」

と後悔しないようにしっかりとIT転職のノウハウを身に付けておきましょう!

この記事を読めば、 IT業界に転職する際に知っておきたいことを網羅することができます。

具体的にはIT業界のメリット、デメリット、転職前にやるべきこと、転職手法などを紹介していきます。

また、この記事の最後にはIT業界に転職を考えている人におすすめの転職サイト、転職エージェントを厳選してお伝えします。

しっかりと情報を集め、IT転職を成功させましょう!

スポンサーリンク

1.IT業界に転職するメリット

IT業界に転職する前には、イメージだけでなく、しっかりとIT業界のメリットとデメリットを知っておく必要があります。

まずは、IT業界の魅力を伝えていきます。

IT業界のメリットを認識して、IT転職へのモチベーションを上げましょう!

IT業界に転職することの代表的なメリットとして、下記の4点があります。

  • 業界が伸びている
  • 給料が高い
  • 独立しやすい
  • 自由な社風の企業が多い

順に説明していきます。

メリット1:業界が伸びている!

IT業界に転職する1つ目のメリットはIT業界が成長業界であることです。

世界の企業の時価総額の順位を見ると、1位から5位までをIT企業が占めています。

インターネットの登場によって、私たちの生活、ビジネスが激変しましたが、このようなIT化の波は更に拡大していきます。

IDCの調査によると、2018年の国内IT市場規模は17兆5,158億円で、前年比成長率は4.3%を予測しています。

更にこの先もIT業界は緩やかに成長を継続していくと考えられます。

既存のITサービスの普及率増加に加えて、人工知能、ビックデータなどの新技術の発展を考えると、業界が成長を続けるのは間違いないでしょう。

この先もIT業界では安定して雇用が見込めます。

スポンサーリンク

メリット2:給料が高い!

2つ目のメリットとして、年収が高いことがあげられます。

「前職より高い年収をもらいたい!」

転職を考えているあなたにとって、高い年収というのは優先順位の高い項目ではないでしょうか。

IT転職はそんなあなたの要望をかなえてくれる業界といえるでしょう。

業界動向によるとIT業界の年収は537万円と調査されています。

一方で平均年収.jpによると平成28年の日本全体の平均年収が422万円となっているので、IT転職することで平均以上の年収を手に入れることができますね。

IT業界は成長産業であり、それに伴って年収も年々向上していくでしょう。

IT人材の不足により、年収は益々高くなっていくと考えられます。

メリット3:独立しやすい!

3つ目のメリットとして、独立しやすいことがあげられます。

IT業界では専門スキルを必要とするので、働けば働くほど専門スキルのレベルが上がります。

自身のスキルを鍛え上げ、高度なITスキルを獲得した人はフリーランスとして働くことが可能です。

パソコンさえあれば、場所や時間にとらわれずに仕事をすることができます。

女性の方であれば、家でフリーランスで仕事をしながら子育てをすることも可能ですね。

また、 IT業界では比較的容易に起業することができます。

本来起業するには多額の資金を必要とするケースが多いですが、インターネットの普及によって低資金で誰でも起業できるようになりました。

パソコン一台あればIT事業を生み出すことが可能な時代となったのです。

将来フリーランスで働きたい人や起業したいと考えている人は、まずはIT企業に転職し自身のスキルを高めるといいでしょう。

メリット4:自由な社風の会社が多い!

多くの業界の仕事ではスーツを着用し髪型もかなり制限される一方で、 IT業界では服装、髪型が自由という企業が数多くあり、 自由度高く働けます。

また、パソコンがあれば作業ができるので働く場所も自由という会社も存在します。

「毎日スーツで働くのが嫌だ」
「会社の決まりで自分の好きな髪形にすることができない…」

このように思っている人にはIT業界はピッタリでしょう。

多くの会社は基本的にデスクワークで内勤であるので、IT業界に転職して規則に縛らずに働くのは魅力的ですね。

スポンサーリンク

2.IT業界に転職するデメリット

IT業界は成長率が高く華やかなイメージが強い業界です。

自由な社風の企業も多いですし、その華やかさに魅力を感じて転職を選択する人も多いでしょう。

しかし、 IT業界の良いところばかりを見て転職すると、入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれません。

そうならないために、しっかりとデメリットも把握しておきましょう。 

IT業界で働くデメリットとしては主に次の2点があげられます。

  • 実力主義である
  • トレンドの移り変わりが早く、勉強することが多い

順に説明します。

デメリット1:実力主義である

1つ目のデメリットは実力主義であることがあげられます

IT業界では、仕事のできる人が評価され、できない人は評価されない厳しい業界です。

年功序列とは違い、適当に仕事していても昇給、昇進することはできません。

自分の実力をしっかり評価してほしい人にとっては魅力的な仕事になりますが、そうでない人にとってはプレッシャーのかかる仕事となります。

実力主義に不安を感じる人は、年功序列の企業で働くほうがいいでしょう。

デメリット2:変化が激しい!

2つ目のデメリットはトレンドの流れが早く勉強することが多いことがデメリットとなります。

IT業界では経済トレンドの移り変わりに素早く反応する必要があります。

例えば最近では、AI、ビックデータ、ブロックチェーン、シェアリングエコノミーなどが流行となっており、これらの知識は最低限必要となるでしょう。

ITプロフェッショナルは、仕事をするために大量の情報を学ぶ必要があり、日々勉強しなければなりません。

しかし、頑張って勉強した情報もすぐに古くなってしまうので、IT業界で活躍し続けるためには自分の知識を常に新しくする必要があります。

IT企業に入社したら、移り変わりの激しいトレンドに素早く対応するために、継続的に勉強することを覚悟しておいてください!

スポンサーリンク

3.IT転職するためにやるべきこと

これまでIT業界のメリットとデメリットを見てきましたが、それらをしっかり把握したうえでIT転職をしようと思っている方も多いと思います。

「IT転職するために、何をしたらよいのだろう」

IT転職するのが初めての人は、このように思っている人も多いでしょう。

転職の成功率を少しでも上げるために、事前にやるべきことを理解し、実践しましょう。

やるべきことは下記の2点です。

  • IT業界のさまざまな分野を理解する
  • ITスキルをあげる

順に説明していきます。

3-1.IT業界のさまざまな分野を理解する

IT業界といっても、その種類は様々なものがあります。

大きく分類すると、 Web系、ゲーム系、メディア系です。

それぞれの分野について説明していきます。

なんとなくで転職先を決めてしまうと、「思ってた仕事と違う…」と後悔してしまうこともあるので、しっかりと業界を把握しておきましょう。

(1)web系IT企業

Web系というのは、Google、facebookのようにWeb関連の仕事をしている企業のことです。

googleの検索ブラウザ、facebookのSNSが代表的なサービスです。

IT業界の中では一番企業数が多く、IT業界で最もポピュラーでしょう。

web系IT企業はGoogleやfacebookのように短い時間で世界的に有名になっている企業が多く存在します。転職先のIT企業が世界的な企業に成長する可能性があるので非常に夢のある分野といえますね。

(2)ゲーム系IT企業

ゲーム系というのは、スマホのゲームを開発している企業のことです。

家庭用ゲーム機などもありますが、ソーシャルゲームがメイン事業となっています。

パズドラなどのソーシャルゲームを提供しているGuanHoや、DeNAなどが代表例です。

ソーシャルゲームの市場は2013年は5,000憶円であったのが、2016年には1兆円を超えており、更に拡大しているので、未来は明るいといえます。

なにより自分の手掛けたゲームがユーザーの手に渡ることはやりがいを感じられるのではないのでしょうか。

ゲームが好きな人はゲーム系IT企業に入社することで楽しみながら仕事をすることができますね。

(3)メディア系IT企業

メディア系というのは、ITメディアを作成している企業のことです。

これまで主流であった、新聞、雑誌、ラジオ、テレビなどのメディアに代わって ITメディアが主流となっています。

メディア系IT事業としては、最近波に乗っているサイバーエージェントが運営しているAbemaTVやYoutubeなどがあげられます。

スマートニュース、newspicksもメディア系IT企業です。

あなたもパソコンから情報を得ることが多いと思いますが、それらの情報を提供しているのがメディア系IT企業です。

以上のように大きく分類すると3つに分けられますが、 どの分野でも成長性が高く、将来性がある分野です。

3-2.ITスキルを上げる

IT業界は専門スキルが求められる業界です。

専門スキルを有していなくても転職は可能ですが、転職前にスキルをあげることをおすすめします。

事前にスキルを磨くことで、転職後についていけなくなったり、「思ってた仕事と違う」と後悔するのを防ぐことができます。

もしWeb系やゲーム系で エンジニアとして転職を考えているなら、プログラミングのスキルが必須となります。

最近ではAIがトレンドとなっているので、プログラム言語Pythonのスキルがあると、転職で優位になります。

また、多くのWebサービスで利用されている、JavaScriptのシェアが拡大しており、最近流行っている言語の一つです。

paizaFlappy Codeなどの無料学習サイトで勉強するのがおすすめです。

メディア系ITに転職したいと考えているなら、 ライターをやってみたり、ブログをはじめてみるなどして、メディア系の仕事に慣れておくとよいでしょう。

転職前にあなたのスキルを鍛えて新しい仕事に備えておきましょう!

スポンサーリンク

4.IT転職の方法3選

「そもそもIT転職のやり方がわからない」そう思っている人も多いと思います。

そこで、IT転職のメジャーな方法3選を紹介します。

  • 転職サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する
  • 友人、知人から紹介してもらう
  • SNSで探す

上記のメジャーなIT転職手法を順に説明していきます。

方法1:転職サイトを利用する

1つ目の方法は転職サイトを利用することです。

転職サイトは数多くの求人が掲載されているので、たくさんの企業の中から転職先を選ぶことができます。

また、あなたのペースで転職活動を進めていくことができ、応募できる数もあなた次第です。

多くの企業の情報が載っているので、IT業界を知るために目を通しておくのもよいでしょう。 

ただし、 全て自分の力で転職活動しなければならない点がデメリットとなっています。

企業調査、日程調節、面接対策など全て自分で行わなければならないので時間がかかり効率が悪くなります。

この記事の後半で、IT業界に転職する際におすすめの転職サイトを5つ紹介します。

方法2:転職エージェントを利用する

2つ目の方法は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、あなたと企業の間をエージェントが仲介してくれるので、 プロのサポートを受けながら転職活動を行うことができます。

しかも転職サイトと同様に無料で協力してくれます。

エージェントの紹介によって企業が人材を採用できた場合、企業側からエージェントに報酬が支払われるため、エージェントはあなたを転職させるために無料で尽力してくれるのです。

転職エージェントのメリットは、企業とのやりとりを調整してくれたり、書類作成、面接対策のサポートが充実しており効率良く転職活動をできることです。

また、エージェントがあなたの内定獲得のために尽力してくれるので非常に転職成功率が高いです。

しかし、 転職サイトと比べると求人数が少ないことや、自分のペースで活動することが難しいことなどがデメリットとなっています。

後半におすすめの転職エージェントを6つ紹介します。

スポンサーリンク

方法3:友人、知人からの紹介

3つ目の方法は、友人、知人に企業を紹介してもらうことです。

友人、知人からの紹介で転職することのメリットは高確率で採用してもらえることですが、一方で断りづらいといったデメリットもあります。

友人、知人から紹介されて内定をもらった後に、内定を辞退することは友人、知人の顔に泥を塗ることになります。

あなたが働きたいと思っている企業の紹介であれば問題ないですが、それ以外の場合は事前にしっかりと情報収集して、紹介を受けるかどうか判断しましょう。

運よく転職希望している企業の紹介をもらったら、時間も労力も少なく転職できるので1つの方法として検討しておきましょう。

方法4:SNSで探す

4つ目の方法は、SNSで企業を探す方法です。

つまり、興味のある会社の人にTwitterやFacebookでダイレクトメッセージを送るということです。

この方法のメリットはあなたの好きな会社を自分で選ぶことができることです。

「メッセージを送っても返信なんて来ないだろう。」

このように思って、メッセージを送ることに二の足を踏んでいませんか?

実は、IT業界の方は感度が高く、返信をもらえるケースが多いです。

次の画像は、実際にある会社のCOOにSNSを使ってメッセージを送ったときのものです。

このようにすぐに連絡を取り合って、新しい仕事・人脈を広げることができます。

もし気になっている会社がすでにあるエンジニアの方は、ぜひ一度トライしてみてください。

転職サイトと転職エージェントどちらを使うべき?

転職手法として3つの方法を紹介しましたが、友人、知人からの紹介は機会が少ないため、メジャーな方法は転職サイトと転職エージェントの利用となります。

転職サイトと転職エージェントの一番の違いは、「自力」か「他力」かです。

既に会社を退社しており、 時間がある人は転職サイトを利用し、じっくりと転職活動するといいでしょう。

しかし、働きながら転職活動をしていく人が多数だと思います。

そういった方は、 転職活動は自分だけでやると大変な時間を要してしまうので、転職エージェントを利用するのが得策でしょう。

また、初めての転職で書類作成、面接対策のサポートをしてほしい人も転職エージェントを使うと良いですね。

場合によっては、転職サイトと転職エージェントの両方を利用してもよいと思います。

どちらもメリットとデメリットがあるので、あなたに適した方法を選択して、転職活動を成功させてください。

スポンサーリンク

5.5つの転職サイトを紹介

「自分に合っているのは転職サイト、しかしどの転職サイトを利用すればよいかわからない…」

そこで、ここでは下記のの転職サイトをそれぞれの特徴を含めて紹介していきます。

  1. GREEN
  2. EN:TRY
  3. マイナビ転職エンジニア求人サーチ
  4. Techstars
  5. forkwell jobs

順に説明していきます。

1.GREEN

Greenは、IT業界のエンジニア、営業、デザイナー、マーケターなどの幅広い職種の求人を扱う転職サイトです。

求人掲載数が多く、上場企業や外資系企業からスタートアップ、ベンチャー企業まで幅広い企業の中から応募を選択することができます。

「休日の多い職場」や「残業が少ない職場」など、条件を設定して求人情報を検索できるのも強みです。

それぞれの求人ページでは社員の働いている姿を使った画像を用いており、働いている人の顔が見えることも人気の一つです。

求人数も多く、初心者向けの求人も充実しているので、安心して利用できますね。

運営会社 株式会社会アトラエ
対象地域 全国
求人数 約14,500件
公式ページ https://www.green-japan.com/

2.EN:TRY

EN:TRYは未経験に優しいエンジニア転職サイトです。

開発の実務経験の少ない方が、ITエンジニアとして経験を積める若手チャレンジ求人を中心に掲載しています。

「なんのスキルもないけどエンジニアになりたい!」
「もっとスキルを高めたい!」

といった志のある人に適しています。

未経験の方は登録必須の転職サイトですね。

運営会社 ギノ株式会社
対象地域 全国
求人数 約200件
公式ページ https://paiza.jp/en_try

スポンサーリンク

3.マイナビ転職エンジニア求人サーチ

マイナビ転職エンジニア求人サーチは人材業界の大手企業であるマイナビの、IT業界に特化した転職サイトです。

日本全国に様々な業種の求人を持っており、日本最大級の求人数を掲載しています。

数多くの企業から慎重に選択したい人におすすめです。

運営会社 株式会社マイナビ
対象地域 全国
求人数 約9,000件
公式ページ https://tenshoku.mynavi.jp/engineer/

4.Techstars

Techstars Web系、ゲーム系ITに特化した転職サイトです。

特徴的な機能として簡単な質問に応えるだけで、最適な求人を見つけることができます。

この機能を利用することで転職する際にかかる莫大な時間を緩和することが可能です。

また、過去の実績で平均で年収83万UPを実現しているサービスとなっています。

より多くの給料を求めている人はぜひ利用してみてください。

運営会社 株式会社BRANDING ENGINEER
対象地域 主に関東
求人数 約1,000件
公式ページ https://techstars.jp/

5.forkwell jobs

forkwell jobsは、 9割以上がweb系・スタートアップ系の求人となっています。

プログラミング言語別に求人情報を検索できるので、あなたの得意分野を活かせる企業に転職できます。

また、企業からのスカウトサービスもあります。

スタートアップ企業で働きたいと考えている方はぜひ利用してみてください。

運営会社 株式会社 grooves(グルーヴス)
対象地域 9割東京
求人数 約800件
公式ページ https://jobs.forkwell.com/

スポンサーリンク

6.6つの転職エージェントを紹介

「自分だけじゃ不安…」という人は転職サイトより転職エージェントを利用するとよいでしょう。

IT業界未経験でも利用可能な転職エージェントの中から、様々な職種を扱う転職エージェントからエンジニア職専門の転職エージェントまで幅広く紹介します。

おすすめの転職エージェントは以下の通りです。

  1. マイナビエージェントIT
  2. リクルートエージェント
  3. TechClipエージェント
  4. レバテックキャリア
  5. アールストーン
  6. Geekly

順に説明していきます。

1.マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは、マイナビグループが運営のIT・エンジニアに特化した専門の転職エージェントです。

求人数は約15,000にも達し、全国に営業スタッフを配置しています。

登録者の約70%が20~30代となっており、コンサルティングファームから大手SIer、メーカーやベンダー、WEB・ゲーム系など、幅広い企業への転職成功実績があります。

専門的な知識を持ったIT経験者のキャリアアドバイザーの多く、サポート力が非常に強いです。

大きな会社なので安心してサポートをお願いできますね。

また、利用者の多くが年収アップを実現しており、キャリアアップの強い味方になってくれるでしょう。

未経験者向けの求人も持っているので安心して利用できますね。

運営会社 株式会社マイナビ
対象地域 全国
求人数 約15,000件
公式ページ https://mynavi-agent.jp/it/lp/015.html

2.リクルートエージェント

リクルートエージェントは人材業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

職種・業界知識が豊富なキャリアアドバイザーがあなたの代わりに求人を探し、ご提案してくれます。

また、スペックによる単純なマッチングでなく、 あなたの潜在的な能力や将来的なキャリアパスを踏まえ、様々な角度から求人をご提案してもらえます。

非常に大きい会社なので安心感もありますね。

幅広い求人を持っているので未経験の方でも応募可能な求人も充実しています。

運営会社 株式会社リクルート
対象地域 全国
求人数 約6,000件
公式ページ https://www.r-agent.com/

スポンサーリンク

3.TechClipsエージェント

TechClipsエージェント 高収入、高待遇に特化した転職エージェントです。

現役エンジニアがサポートしてくれるので、専門的な技術面の相談も可能です。

給料を大幅に上げたい人は利用すると良いですが、もちろん難易度も上がるでしょう。

運営会社 notari株式会社
対象地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
求人数 1,000件以上
公式ページ https://agent.tech-clips.com/

4.レバテックキャリア

レバテックキャリアはWebエンジニア専門の転職エージェントです。

レバテックキャリアの強みは、経験豊富なキャリアアドバイザーが日程調整や個別カウンセリングなどのサポートを支援してくれるところです。

自分では大したことはないと思っていたスキルも、「実は企業にとって評価が高いポイント」だった、といったことがよくあります。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、 あなたの「思ってもみなかった強み」を最大限に引き出し、企業への推薦状を作成してくれます。

また、求人数、転職率が非常に高く、転職サイトとしての知名度と実績が評価されています。

運営会社 レバテック株式会社
対象地域 関東、関西、愛知、福岡
求人数 約5,500件
公式ページ https://career.levtech.jp/

5.アールストーン

アールストーンは20代、30代のIT・WEB・ゲーム業界に強い転職支援サービスを提供しています。

転職エージェント業界最大の式典「Good Agent Award」で大賞に輝いてます。

80%の方が100万円以上の年収UPを実現しており、非常に親身になってサポートしてくれる転職エージェントです。

給料を上げたい人はアールストーンを利用してみましょう。

運営会社 株式会社アールストーン
対象地域 全国
求人数 非公開
公式ページ https://www.rstone-jp.com/

スポンサーリンク

6.Geekly

Geeklyはエンジニアやクリエイターを中心にIT/WEB/ゲーム業界の転職を支援しています。

6,000件以上の非公開求人を取り扱うなど、非常に強い提案力を有しています。

機械的・場当たり的なマッチングによって採用の数を増やすのではなく、 マッチングの「品質」を重要視しており、ミスマッチによる早期離職などを防ぐことが可能です。

運営会社 株式会社GEEKLY(ギークリー)
対象地域 全国
求人数 約6,000件
公式ページ https://www.geekly.co.jp/

7.まとめ

この記事ではIT転職に必要となる情報を網羅的に解説しました。

具体的にはIT転職のメリット、デメリット、転職前にやるべきこと、また転職の手法をお伝えしました。

転職はこの先の長い時間のあり方を決定する重要な活動ですので、この記事でお伝えしたことをしっかり理解し、転職を成功させてください!

  • スポンサーリンク