パソナテックでエンジニアが転職するには?パソナテックを徹底解説

エンジニア転職

「パソナテックって聞いたことあるけど、どんなサービスかわからない!」

有名でも、どんなサービスか知らないと利用しづらいですよね。

この記事では、 パソナテックという”エンジニア特化型転職支援サポート”を紹介しています。

パソナテックの評判、長所・短所、パソナテックを利用した転職活動の流れ、どんな人にパソナテックがおすすめできるかを徹底的に解説します。

最後に、パソナテック以外にどんな転職サービスがあるかをご紹介します。

この記事を読んで、納得いく転職を成功させましょう!

スポンサーリンク

1.パソナテックは”エンジニア特化型転職支援サポート”

総合人材派遣サービスのパソナグループの中でも、パソナテックIT・ものづくり領域に専門特化しています。

社員の半数がエンジニア職であるため、エンジニアの転職に特化したサービスが提供できるのです。

パソナテックの社員は、エンジニアの皆さんの転職をサポートするために、テクノロジーだけではなく幅広い業務知識を習得しています。

パソナテックは、 ”エンジニア特化型転職支援サポート”です。

2.パソナテックの評判

ここでは、パソナテックの評判をまとめます。

実際にパソナテックを利用して転職したエンジニアたちの声を見てみましょう。

スポンサーリンク

2-1.ポジティブな口コミ

ポジティブな口コミを分析すると、次の3つがパソナテックの特長として挙げられます。

  1. 派遣先の多くが大手企業である
  2. 担当者のきめ細かいアドバイスが受けられる
  3. キャリアプランについて相談が受けられる

それでは、1つずつ解説していきます。

派遣先の多くが大手企業である

私がパソナテックを選んだ理由は、派遣先企業の大手の求人の量が他の派遣会社よりも多いという点です。 
大手企業の他にも急成長中の企業などの求人もあり、IT関係の情報量の多さは他を寄せ付けないと感じました。 
【引用】派遣ひろば

パソナテックの派遣先の多くは大手企業です。

パソナという信頼できるグループのサービスであるからでしょう。

大手というフリーワードで検索した結果、2520件の求人の内、1589件がヒットしました。

6割以上が大手企業の求人紹介です。

担当者のきめ細かいアドバイスが受けられる

早い段階で派遣先が決まったのも、IT関連の求人に特化している担当者の方が、私の経験や希望などを細かく把握してくれて、職務経歴書の書き方や的確なアドバイスをしてくれ、良質な求人を探してくれたおかげだと感謝しました。
【引用】派遣ひろば

パソナテックでは、担当者のきめ細かいアドバイスが受けられます。

社員の半数がエンジニアのため、実務経験に沿ったアドバイスが受けられるのです。

キャリアプランについて相談ができる

パソナテックの社員の方は、現段階での正社員になれる可能性はあるが時間がかかってしまうので、派遣で働いてこういったスキルを身に着けた方がいいとこれからの先のプランまで一緒に考えてくれました

パソナテックから紹介された会社はそんなに大きな規模の会社ではありませんでしたが、エンジニアとしての経験を積むには良くて、毎日スキルアップしている気がします。

【引用】派遣会社チェキ!

パソナテックでは、エンジニアとしてのキャリアプランについて相談ができます。

これも、社員の半数がエンジニアであるからできることです。

ルーティン作業しかできない初級エンジニアの方も、「正社員になる前にまず派遣社員として経験を積んだほうがいい」というキャリアプランを提示してもらっています。

パソナテックは企業の利益だけではなく、エンジニア一人一人に寄り添った相談体制があるのです。

2-2.ネガティブな口コミ

続いては、ネガティブな口コミを紹介します。

  1. 営業経験の浅い担当者がつく
  2. 大手企業には応募しても社内選考で落とされる
  3. 未経験では仕事が見つからない

営業経験の浅い担当者がつく

経験の無い浅い営業ばかりで、時給の交渉が出来ないのはもちろん、連絡も遅く、スタッフの事など後回しです。

【引用】派遣会社チェキ

パソナテックでは経験の浅い担当者がつくことがあります。

転職支援会社の大手といえど、ベテラン社員ばかりではありません。

納得いかない対応を受けた場合は、担当者を変更することも視野に入れましょう。

なぜ担当を変更したいのか理由を添えて、きっぱりと伝えることが大切です。

大手企業に応募しても社内選考で落とされる

そもそも大手なので応募倍率が高いため、応募しても社内選考に引っかからない可能性も高い。応募後の選考がどうなってるのかタイミングも読めないし、いわゆるどこからもお声がかかるような上級者でもない限り使いづらいのではないだろうか。
高時給や有名企業に絞って応募するのであれば利用価値はあるが、そうでもなければ他の派遣会社使ったほうが早く決まるかも。

【引用】派遣会社チェキ

大手企業に応募しても、社内選考で落とされることがあります。

応募者のエンジニアとしての経験が浅いことが原因です。

求人の積極的な紹介はなく、仕事にエントリーしても破談になったことも多々あったという利用者もいます。

エンジニアとして経験の浅い人は、なかなか思うような転職ができないことも念頭に置かなければいけません。

大手企業だけでなく、中小企業に応募することも考えてみましょう。

未経験では仕事が見つからない

簡単な業務でもいいのでエンジニアとして働きたいと思って自分なりに色々と勉強をしています。未経験でも大丈夫な仕事があればと思いパソナテックに派遣登録に行きました。
でもすぐに場違いだなと…わたしの経歴を見てコーディネーターさんも困っていましたし、紹介できる仕事がないようでした。未経験でも仕事あるって言われたから来たのに…未経験の定義って何?

引用:派遣会社チェキ!

パソナテックでは、まったくの未経験では仕事が見つかりません。

エンジニアという仕事の性質上、即戦力を求める企業が多いことが原因だと考えられます。

パソナテックは未経験のエンジニアには厳しいサービスだといえます。

研修制度を利用して、スキルを磨くことをおすすめします。

3.パソナテックの長所・短所

ここからは、パソナテックの長所・短所を紹介します。

長所は以下の3つです。

  1. 福利厚生が業界トップレベル
  2. スキルアップサポートが充実している
  3. 働き方で仕事を探せる

一方、短所は以下の3つです。

  1. 担当者の当たり外れがある
  2. 大手企業の競争率が高い
  3. 未経験では仕事が見つからない

それでは、1つずつ解説していきます。

スポンサーリンク

長所1:福利厚生が業界トップレベル

パソナテックの利用者は、業界トップレベルの福利厚生サービスを受けられます。

パソナという大手グループに所属しているため、多種多様なサービスの利用が可能なのです。

18のカテゴリから、希望する福利厚生サービスを検索できます。

他社サービスでは福利厚生の案内自体がない場合が多いので、トップページに福利厚生サービスの充実をアピールしているパソナテックは、福利厚生に自信を持っているといえます。

長所2:スキルアップサポートが充実している

パソナテックでは、エンジニアのスキルアップサポートが充実しています。

利用者のキャリアアップを考えた支援を追求しているためです。

例えば、TCP/IPネットワーキングの基礎やシステムの運用管理などを学習できるオンライン動画サービスがあります。

他にも、実際にパソコンを使ってAWSクラウド活用などを学べるコース、TOEICなどの資格取得支援制度、エンジニア関連の書籍割引が受けられます。

自分に合ったスキルアップの方法を選びましょう。

長所3:働き方で仕事を探せる

パソナテックは、働き方に合わせて仕事を探すことができます。

特にパソナテックは派遣に強く、正社員の3倍以上の求人が派遣社員です。

派遣社員として働きたいエンジニアは、豊富な求人から自分の要望に合うものを選ぶことができます。

他にも、経験を積みたいエンジニア、地域を限定して働きたいエンジニア向けに柔軟な働き方が提案されています。

パソナテックで、自分に合った働き方を探してみましょう。

スポンサーリンク

短所1:担当者の当たり外れがある

パソナテックは大手の企業ですが、 良い担当者に当たるかどうかは運次第といったところです。

大手で社員がたくさんいるがゆえのことだと考えられます。

エンジニアとしての経験が豊富で親身になって転職活動を支援してくれる社員もいる一方で、事務的な処理しかできない社員もいるのです。

担当者が経験不足だと感じれば、理由を添えて決断を伝え、担当者を変更してもらうことも検討しましょう。

短所2:大手企業の競争率が高い

パソナテックは大手企業の求人の掲載が多いですが、その分 競争率も高くなっています

パソナテックは大手のため、経験豊富なエンジニアが集まっています。その中で社内選考を勝ち抜くには、未経験エンジニアでは厳しいと言わざるを得ません。

未経験のエンジニアの方は、担当者と相談したうえでライバルの少ない企業を選ぶか、大手ではない求人を選ぶことも選択肢に入れたほうが効率的に転職活動を進められるでしょう。

短所3:未経験では仕事が見つからない

まったくの 未経験のエンジニアだという方は、どうしても仕事が見つかりにくくなります

転職して採用される人材には即戦力が求められるからです。

応募するからには、即戦力として活躍できるスキルを身につけてから転職活動をするのが大切になります。

経験のないエンジニアの方は、パソナテック以外の転職サービスを利用したほうが効率的に時間を使うことができるでしょう。

スポンサーリンク

4.パソナテックを利用した転職活動の流れ

ここからは、パソナテックを利用した転職活動の流れを紹介します。

  1. 仕事を探す
  2. 詳細を見るor検討中にする
  3. 応募する
  4. 個人情報を入力するorすでに情報登録済みの場合はログインする

それでは、1つずつ解説していきます。

4-1.仕事を探す

まず、仕事を探します。

仕事の検索だけなら個人情報を登録しなくても可能なので、自分の希望する条件に合う求人があるかどうか検索してみましょう。

  • 場所
  • 職種
  • 働き方
  • 給与
  • こだわり条件
  • フリーワード

以上の条件を指定して検索することができます。

自分の希望する条件の仕事がどれだけあるか見てみましょう。

4-2.詳細を見るor検討中にする

パソナテックに掲載されている求人は、すべて詳細を見ることができます。

 

各求人ごとに設置されている「詳細を見る」ボタンから詳細を確認しましょう。

気に入ったら、「検討中リストに追加する」ボタンをクリックして求人を保存できます。

保存した求人は、後からまとめて閲覧することができます。

また、求人を何人が検討中リストに追加しているかを確認できるので、 ライバルが少ない求人を狙って応募することが可能です。

スポンサーリンク

4-3.応募する

働きたい企業が決まったら、「この求人に応募する」ボタンを押して応募します。

4-4.個人情報を入力する

仕事を探して詳細を確認し、検討中にするまでは情報を登録しなくてもできます。

ただし、仕事に応募するには個人情報を入力するか、パソナテックに登録しなくてはいけません。

登録は、ネットからでも大都市圏にあるパソナテックの各拠点からでも可能です。

5.こんな人にはパソナテックがおすすめ!

パソナテックをおすすめできるのは、以下の条件にあてはまる人です。

  1. 派遣で働きたい人
  2. エンジニアとして一定のスキルがある人
  3. 大都市圏に住んでいる人

なぜおすすめなのか、1つずつ解説していきます。

スポンサーリンク

5-1.派遣で働きたい人

パソナテックは派遣で働きたいエンジニアにおすすめのサイトです。

正社員では負担が増える、人間関係がわずらわしいと感じてることもありますね。

そんな人には、派遣という形でエンジニアのキャリアを積んでみましょう。

パソナテックは派遣に強いので、派遣を望んでいるエンジニアにおすすめできるサービスです。

逆に、 正社員としてキャリアを積みたい人には求人が少ないのでおすすめできません。

5-2.エンジニアとして一定のスキルがある人

パソナテックは、エンジニアとして一定のスキルがある人におすすめです。

大手企業の求人が多いパソナテックには、豊富なスキルを持ったエンジニアが集まってきます。

また、 パソナテックではエンジニア向けのイベントや講座が開かれています。

スキルに不安があるエンジニアは積極的に参加してスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。

エンジニアとしてスキルがある、スキルアップを目指したいという方にはパソナテックがおすすめです。

一方、 まったくエンジニアとしてキャリアがないが挑戦してみたいという人は、パソナテックに登録してもなかなか仕事が見つからないかもしれません。

最後の見出しで紹介する、未経験のエンジニアでも経験が積める転職サービスの利用を視野に入れてみましょう。

5-3.大都市圏に住んでいる人

パソナテックは大都市圏に住んでいる人向けのサービスといえます。

掲載されている求人は大都市圏に集中しているからです。

関東では東京、東海では愛知県、関西では京阪神、北海道では札幌市、九州では福岡県が求人の大半を占めています。

四国・東北・甲信越地方の求人はありませんでした。

以上のことより、パソナテックは大都市圏に住んでいる人が利用しやすいサービスになっています。

地方に住んでいる人は、地元密着型のサービスを選んだほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

6.パソナテックの登録方法

まず、メールアドレスを登録します。

次に個人情報と希望する仕事条件を記入し、個人情報の取り扱いに同意して登録のボタンを押せば登録完了です。

7.パソナテック以外におすすめの転職サイト

パソナテックでは思うような転職ができないと思った人向けに、おすすめの転職サイトをご紹介します。

自分のニーズに合った転職サイトを選ぶことが、いい転職を成功させる近道だからです。

以下のサイトがおすすめです。

Fabank

  • Web、ゲーム、広告業界に特化した求人・転職サイト
  • エンジニア・クリエイターの求人が豊富
  • 正社員・契約社員・派遣・フリーランスといった様々な働き方の求人を掲載
  • ポートフォリオ機能で自分の作った作品を掲載することが可能

Fabank Web、広告、ゲーム業界の様々な職種に強い転職サイトです。

オンライン上で、求人を募集している企業と転職希望者が直接やり取りできる独自のサービスがあります。

動きや変化が早いIT・ゲーム業界では日々多くの企業が活動される中で、新たな求人がFAbankに毎日集まってきます。

掲載されているお仕事のほとんどが、エンジニア、Web・グラフィックデザイナーなどクリエイター人材です。

特にWeb、ゲーム業界に特化した人材募集が中心で、正社員、契約社員、フリーランスなど、あなたの希望の働き方にマッチしたお仕事が多く掲載されています。

また、ポートフォリオ機能という、自分で作成したWebデザイン・イラスト・CGなを人事担当者が確認できるサービスを展開しています。

ポートフォリオは自分自身をアピールする材料なので、自分で作った自信作を何種類か用意すると転職活動がスムーズに進みます。

運営会社 株式会社トライブ
対象地域 主に東京
求人数 約700件
公式ページ https://fabank.bz/

スポンサーリンク

EN:TRY

  • 未経験向けコーディング転職サイト
  • 無料でプログラミングテストを受けることが可能
  • 「これからエンジニアを目指したい」「もっと開発経験を積みたい」という若手向け
  • 書類選考なしで面接に進むことも可能

EN:TRYは、 書類選考なしでカジュアルな面談や面接に進めるのが大きな特徴の転職サイトです。

開発実務は未経験でもチャレンジできる求人を中心に掲載されています。

プログラミングテストの言語は Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift に対応しています。

自己PRが苦手な方でも、スキルチェックで書いたコードをもとにして、どういった点を考えながらそのコードを書いたかを面接時に話せば自己PRにもなります。

プログラミングスキルチェックを受けるだけなら、匿名で誰にも知られずこっそりと実力を測ることができます。

運営会社 ギノ株式会社
対象地域 全国
求人数 約200件
公式ページ https://paiza.jp/en_try

Green

  • IT/Web業界のエンジニア、デザイナー、営業、マーケターの求人
  • 求人掲載数が豊富で、上場企業、外資系企業まで幅広い求人を取り扱う

Greenは、 成長性の高いベンチャー企業から大手優良企業まで、IT、Web、インターネット業界で最大級の求人数を掲載中なのが魅力です。

エンジニア、デザイナー、営業、マーケターの求人を中心に仕事案件が多数掲載されているほか、スタートアップ企業から成長著しいベンチャー企業だけでなく、上場企業、外資系企業への転職も視野に入れた活動が可能です。

Greenの利用者は、年収300~600万円の方が多くなっています。

現職で活躍中の人や一定の経験を積んだ利用者が、Web業界の成長企業で更なるキャリアアップを実現しています。

運営会社 株式会社会アトラエ
対象地域 全国
求人数 約14,500件
公式ページ https://www.green-japan.com/

TechStars

  • IT/Web/ゲーム業界に特化した転職サイト
  • マッチング機能や診断機能の結果に基づいた求人を見つけることが可能
  • プロフィールや診断結果を見た企業からのスカウトサービスあり

TechStarsは、IT、Web、ゲーム業界に特化している転職サイトです。

TechStarsが用意している求人はすべて厳しい審査を通過した厳選されたものなので、架空の求人情報は掲載されていません。

そのため、応募しても返事が来ない、掲載企業がブラック企業だったということがありません。

有名大手企業や中小企業、さらに急成長中のベンチャー企業などが登録されており、希望する年収や待遇で検索して応募することができます。

また、一分診断を使って自分に適した求人を無料で見つけることができます。その結果を見た企業からのスカウトサービスもあるので、効率よく転職活動を進めることができます。

運営会社 株式会社BRANDING ENGINEER
対象地域 主に関東
求人数 約1,000件
公式ページ https://techstars.jp/

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、パソナテックという”エンジニア特化型転職支援サポート”を紹介しました。

パソナテックの評判、長所・短所、パソナテックを利用した転職活動の流れ、どんな人にパソナテックがおすすめできるかについて徹底的に解説したので、パソナテックがどんな特徴を持っているか理解していただけたかと思います。

加えて、パソナテック以外にどんな転職サービスがあるか次の4つをご紹介しました。

自分に合った転職サービスを選びましょう。

あなたの転職がうまく行くことを願っています!

  • スポンサーリンク