25歳の転職が有利な3つの理由!今取るべき行動を転職コンサルが解説

25歳 転職 一般転職

25歳で転職するのってどうなの?」とお悩みですね。

「会社の人間関係が辛い」「もっとやりがいのある仕事がしたい」など、転職したい理由は様々あると思いますが、本当に今動くべきなのか答えを出すのは難しいものです。

正直なところ、転職するべきかはその人の状況によって異なるので、どちらが正解か言い切ることはできません。

しかしその点を承知で答えると、 25歳はかなり転職しやすいタイミングなので、悩んでいるのなら転職活動を始めてみることをおすすめします

今回は、なぜ25歳が転職活動を始めるのに適したタイミングなのかを、転職コンサルタントの筆者が3つの理由に分けて解説。その上で、転職を成功させるためのポイントも紹介します。

これさえ読めば、自分が本当に転職すべきか明確な答えが出せるはずです。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.25歳での転職が狙い目と言える3つの理由

25歳になると、会社の人間関係が嫌になったり、ハードな業務の割に低い年収に不満を感じたりして、「転職」の2文字が頭をちらつく場面が増えてきますよね。

現状を変えるのは怖いかもしれませんが、長年転職コンサルタントとして多くの転職者と関わってきた筆者の経験を踏まえると、 今こそ本気で転職を考えた方がいいタイミングだと断言します

その理由は以下の3つです。

  1. 異業種へ気軽に転職できる最後のチャンスだから
  2. 第二新卒の中でも一番有利に転職を進められるから
  3. キャリアアップも狙いやすいから

これらの理由について、詳しく解説していきます。

理由1.異業種・異職種への転職も気軽にできるラストチャンスだから

25歳は、異業種(金融から不動産など)や異職種(営業から会計など)への転職を気軽に行える最後のチャンスです。

なぜそう言えるのかというと、 25歳は今後の将来性を見込んでの”ポテンシャル採用”をしてもらいやすいからです

通常、企業は中途の採用者を募集する際、転職者に対して「即戦力として働いてくれること」を条件として求めます。

そのため、異業種・異職種への転職は、相応の実績やスキルがなければ簡単には採用してもらえません。

しかし、25歳では話が別です。

25歳はまだまだ第二新卒の枠に入るほど若く、これからスキルを身につけていく時間もたっぷりとあり、将来性を見込んでの内定をもらいやすいです。

また、 異業種・異職種に転職して「やっぱり違った」と思った時も、25歳ならリカバリーを効かせることができます

このタイミングを逃せば、今後「どうしてもあの業種に転職したい」と思った時、もっと高い転職のハードルを超える必要がでてくるので、やはり転職するなら25歳がベストだと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 理由2.3年働いた経験を企業に認めてもらいやすいから

    3年間(高卒では7年間)会社に務めた経験を企業に認めてもらいやすいことも25際の転職が有利な理由の1つです。

    25歳は、大学を卒業してからちょうど3年目の”第二新卒”として扱われるタイミングとなります。

    ※第二新卒:明確な定義はないが、多くの企業では、大学を卒業してから3年以内を第二新卒としている

    この場合、25歳の社会人は第二新卒の中で最も長く企業に務めていることになるので、 忍耐力や最低限の社会人スキルを評価してもらいやすくなります

    第二新卒は新卒の学生とは違って社会人として働いた経験がありますし、これから成長してくれる期待もあるので、企業からしても貴重な人材です。

    そのため、積極的に第二新卒の社会人を採用する企業も多く、新卒では内定をもらえなかった憧れの会社に第二新卒で内定をもらうようなケースも少なくないんです。

    理由3.キャリアアップも狙いやすいから

    最後の理由は、 25歳ならキャリアアップの転職も狙いやすいことが挙げられます。

    25歳であれば、会社に務めて3年目に差し掛かり、すでに社内で実績を残している人も少なくないと思います。

    「営業で上位に食い込んだ」「プロジェクトをまるごと任せてもらっている」というような経験がある場合は、今までの実績をアピールしてキャリアップを目指すことも十分可能です。

    実際に筆者が転職サポートを担当した25歳の転職者の中には、年500万円から750万円の大幅な年収アップを成功させた人もいました。

    このように、25歳は将来への可能性と会社で培った実績を生かしてキャリアアップも狙えるので、転職におすすめの時期だと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 2.25歳でも転職を見送った方が良い場合もある!2つのケースを解説

    ここまで25歳が転職に適している理由を紹介してきましたが、状況によっては転職をおすすめできな場合もあります。

    具体的には、以下2つに当てはまるケースです。

    1. 今の会社で目立った実績を残せていない場合
    2. 上司や同期との不仲が転職理由な場合

    それでは、なぜこれらのケースで転職をおすすめできないのか、詳しく解説していきますね。

    ケース1.今の会社で目立った実績を残せていない場合

    まず1つ目が、今の会社で目立った実績を残せていない場合です。

    少し厳しい話になりますが、今の会社で実績を残せていない人が新しい会社に移っても、なかなか思うような成果を出すことはできません。

    もちろん、「仕事にやりがいを感じられない」「雑務が多くて成果を出すどころじゃない」など、言いたいことはたくさんでてくるでしょう。

    しかし、1つ1つ問題を分解して、どうすれば解決できるかを考えていけば、必ず成果につなげることができるはずです。

    逆に、このような問題解決ができない状態だと、 転職後も仕事がうまく行かず、また同じように転職を繰り返すことになってしまいます

    転職するべきか、しないべきか悩んでしまうことも多いと思いますが、転職活動を始めるより先に、成果を出すための問題解決ができる状態になることが優先です。

    もし自分が何も実績を残せていないと感じるならば、どうすれば結果を残せるかを徹底的に考え、実行に移し、小さな成功体験を作ることから始めてみてください。

  • スポンサーリンク

  • ケース2.人間関係の悩みが転職理由な場合

    もう1つのケースが、人間関係の悩みが転職の理由になる場合です。

    「人間関係に不満があるなら、新しい会社に移ってリセットしたほうがいい」と思うかもしれませんが、実はその考えは危険です。

    今まで多くの転職者をみてきましたが、人間関係の悩みを理由に転職した人の多くは、新しい職場でも同じように人間関係で悩みを抱え、転職を繰り返してしまっていました。

    人間関係の悩みは、大なり小なりどこの会社でも起きています。 全く悩みがない会社を見つけることの方が難しいほどです

    そのため、人間関係で悩みを抱えている人が他の職場に移っても、同じ悩みにぶつかってしまうことが実際は多いのです。。

    では、「いま人間関係で悩んでいる人はどうしたらいいのか」というと、解決できる方法を徹底的に考え、実行してみるしかありません。

    ◉上司がどうしても嫌だ

    <対策の例>
    部署の異動を頼んでみる。
    とにかく結果を残して上司に文句を言えなくさせる。

    ◉どうしても好きになれない同期がいる

    <対策の例>
    一度食事に誘って、ゆっくり話す機会を儲ける。
    相手と共通の趣味を作ってみる

    上記のように、考えられることを全て試してみても解決できないのであれば、その時こそ転職を始めるタイミングです。

    今の悩みを解決できるような職場を探すために、転職活動を始めてみてください。

    3.決断が難しいならばコンサルタントに相談してみよう

    25歳が転職するべき理由や、逆に転職しない方がいいケースを解説してきましたが、「結局どうすればいいの?」とわからなくなってしまった人もいるかと思います。

    そんな場合は、 転職エージェントに登録して、コンサルタントに相談してみてください

    転職エージェントは、担当のアドバイザーが個別についてあなたに求人を紹介したり、転職に関する相談に乗ってくれたり、様々なサポートをしてくれます。

    自分一人で転職を考えるよりも、第三者からのアドバイスをもらった方が客観的に判断できますので、ぜひ活用してみてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 転職エージェントは必ず複数活用しよう

    転職エージェントに登録する際に知っておいて欲しいのが、 「転職エージェントは1つに絞らず、複数登録するべき」ということです

    複数の転職エージェントを利用することで、よりたくさんの求人をチェックできますし、多くの担当者からアドバイスも受けられるため、偏った考えをして失敗することを防げます。

    もちろん、「管理が大変」「面談を受けに行かなければならない」といった問題点が出てしまうのですが、その手間を怠ったことで転職に失敗してしまっては、元も子もありません。

    後悔の残らない転職にするためにも、気になった転職エージェトは全て登録して転職活動を進めてくださいね。

    もちろん、自分に合わないと感じた場合はすぐに退会しても問題ありませんよ。

    4.25歳が転職で利用すべき転職エージェント

    では、ここからは25歳におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介していきます。

    転職するべきか悩んでいる人も、転職を決めて求人を探そうとしている人も、以下の転職エージェントを活用してみてください。

    転職エージェント名
    ▼クリックすると各見出しに飛びます
    特徴
    リクルートエージェント
    • 求人数が転職エージェントの中で最多
    • 経験豊富なコンサルタントが多数在籍
    doda
    • 転職サイトでありながら、転職エージェントの機能も兼ね備えている。
    • 転職フェアというイベントを開催している
    マイナビエージェント
    • 各業界・企業情報に精通したエージェントが多数在籍
    • 総求人数の80%が非公開求人

    以上の3つは、 業界でもトップクラスの求人数・サポート実績を誇る転職エージェントです。

    他のサービスに比べて20代向けの求人を多く保有しているので、希望条件に合った求人を見逃さないためにも、必ず押さえておくべき転職エージェントだと言えます。

    最低限、これだけは登録してほしいと厳選した転職エージェントですが、 3社登録するのが面倒であれば、「リクルートエージェント」と「doda」だけでも登録しておいてくださいね。

    今回紹介している転職エージェントは、「騙されるな!20代が本当に使うべき転職エージェントを厳選して紹介」でも紹介しているので、気になる人はこちらも確認してみてください。

  • スポンサーリンク

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、リクルートが運営する日本最大級の転職エージェント。

    日本全国の求人を網羅しており、 その数は26万件以上。第二新卒・既卒向けの求人も対応している、万能型の転職エージェントです。

    求人が多い分、質の悪い求人も少なからず含まれているのですが、担当のアドバイザーに気になっている求人の懸念点を聞いておけば、ブラックな求人には引っかかりにくくなりますよ。

    「圧倒的な求人数の中から幅広く求人をチェックできる」というリクルートエージェントならではの強みを生かして、満足のいく転職活動にしてくださいね。

    リクルートエージェントに関しては、「リクルートエージェントで転職すべき?利用者の評判と登録前の注意点」で詳しく解説しているので、ぜひこちらもご確認ください。

    注目すべき特徴

    • 求人数が業界で圧倒的に多い
    • 面接対策も丁寧に行ってくれる
    • 応募書類の添削も細かく行ってくれるので書類選考を突破しやすい
    • 企業への年収交渉が得意

    利用前の注意点

    • 3ヶ月の利用期限がある
      ⇒計画的に転職活動を行う必要があります。

    基本情報

    運営会社 リクルート
    対象地域 全国
    公開求人数 50,000件〜
    非公開求人数 200,000件〜

    doda

    doda

    dodaはパーソルキャリアが運営する転職サイトです。

    自分で求人を検索して応募する、「転職サイト」として利用されていますが、コンサルタントをつけて「転職エージェント」としての利用もできます。

    また、「スカウトサービス」という、Web履歴書を登録して待つだけで、あなたの経験・スキルに合った企業からのオファーが来るというサービスもあるので、手間を減らした転職活動もできるのです。

    リクルートエージェントには劣りますが、 10万件以上の求人を保有し、利用者の満足度も高い丁寧なサポートが特徴の転職サービスと評判。

    dodaに関しては、「要注意!doda利用者の評判・口コミと利用前に必ず確認すべき全知識」という記事もあるので、詳しくはこちらもご確認ください。

    注目すべき特徴

    • 10万件以上の求人を保有している
    • スカウトサービスがあり、手間をかけずに転職活動ができる
    • 「転職フェア」という転職イベントを主催している

    利用前の注意点

    • 未経験者が応募可能な求人が少ない

    基本情報

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    対象地域 全国
    公開求人数 65,000件〜
    非公開求人数 70,000件〜

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

    あらゆる業種・職種を網羅しており、第二新卒者向けの求人も揃えています。

    コンサルタントは専任の業界を担当しており、様々な情報に精通しているのが特徴です。

    転職未経験者へも丁寧な対応なので、初めて転職する人でも安心して利用できるでしょう。

    注目すべき特徴

    • 3万件以上の求人を保有している
    • 業界専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれる

    基本情報

    運営会社 株式会社マイナビ
    対象地域 全国
    公開求人数 13,000件〜
    非公開求人数 21,000件〜

    5.転職エージェントを活用して内定をもらうまでの全手順

    ここからは、転職エージェントを利用して内定を得るまでの流れを解説していきます。

    各ステップごとに詳しく解説していきますが、 実際に利用する際にも担当のアドバイザーが丁寧に教えてくれますので、安心してくださいね。

    ひとつずつ見ていきましょう。

    STEP1.会員登録

    各転職エージェントの公式ホームページから登録を行っていきましょう。

    登録情報をもとに転職エージェントと面談をするので、 自分の情報はできるだけ詳しく、丁寧に書くようにしてください。

    登録すると 転職エージェントから数日以内にメールか電話で連絡がきます

    簡単な質問に応えるのと面談の日程を決めるだけなので、10分もかからずに終わるはずです。

    キャリアアドバイザーと初めて連絡を取ることになりますので、受け答えなどははっきりとするようにしましょう。

    STEP2.キャリアアドバイザーと面談

    キャリアアドバイザーとの面談です。

    面談は電話かもしくは対面で行います。面談で聞かれる内容は主に以下の通りです。

    • 転職動機の再確認
    • キャリアの棚卸
    • 希望条件の確認
    • 方向性を決めスケジュールを立てる

    キャリアカウンセラーと話をしてくことで、 客観的な視点から見た自分の市場価値を知ることができますよ。

    STEP3.求人紹介

    面談の内容をふまえてキャリアカウンセラーから、あなたに合いそうな求人を紹介してくれます。

    一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえる可能性も。

    希望条件に合わないところを紹介されることもありますが、自分の視野を広げることにもつながります。

    紹介された求人は全て目を通してみることをおすすめします。

    STEP4.応募・面接

    履歴書や職務経歴書の作成を行っていきます。

    「採用担当者がどういうところを見ているのか?」など具体的なアドバイスをもらいながら書くことができます。

    添削もしてもらうことができますので、作成で悩むところがあればキャリアアドバイザーにすぐに相談するようにしましょう。

    添削が完了したら、興味のある求人があれば、実際に応募します。

    応募書類を提出したら、実際に企業の採用担当者と面接を行います。

    そのため、事前に面接キャリアアドバイザーと面接練習をしましょう。

    業界や業種、さらには応募先の企業に合わせて対策をしていくことができます。

    例え不採用になった場合でも、「何が原因だったのか?」ということもキャリアアドバイザーからフィードバックがもらえるので、次にいかしていくことも可能です。

    STEP5.内定・退職・入社

    内定が決まったら、入社日や給料交渉などをキャリアアドバイザーにお願いしましょう。

    また、面接の時に聞きそびれたということがあれば、それもキャリアアドバイザーに相談してみてください。

    また、退職の手続きや入社手続きに関してもサポートしてくれます。

    転職先への入社準備を安心して進めることができますね。

    6.【Q&A】25歳からの転職で気になる疑問点を全て解決

    これから転職活動を始めるとなれば、まだまだ不安なことはたくさんあるはず。

    転職前の不安はできる限り取り除いてもらいたいので、25歳の転職者の多くが疑問に思っているポイントと、その回答をまとめておきますね。

    Q1.25歳はどんな理由で転職する人が多いのか?

    25歳で転職をする人の理由として多いのは、「 スキルアップをしたい」という理由です。

    それ以外には、「人間関係で不満がある」「給料が上がる見込みがない」などの声も多くあがっています。

    様々な転職理由がありますが、転職後に同じ悩みを繰り返さないように、今の会社で悩みを解決できないかを検討することが大切です。

    Q2.25歳からおすすめの業界は?

    もし業界を絞らずに転職活動をするのなら、おすすめはIT業界です。

    理由は以下の3つであり、今後伸びていく業界であることが大きなポイントです。

    1. エンジニア不足
      ⇒仕事はたくさんあるのに、エンジニアが少ないと言うことですね。不足していると言うことは、しっかりとやる気があれば転職可能性が高まります。
    2. 今後伸びづつける業界
      ⇒今、IT業界は伸び続けています。世界に目を向けてみると、有名企業の多くがIT企業です。apple・google・アマゾン・facebookなど、IT企業が伸び続けています。
    3. 個人で稼げる
      ⇒企業から個人で契約をしたり、クラウドソーシングを利用して案件を受注したりと、個人で稼げてしまいます。将来独立を考えている人にも、ITエンジニアはお勧めです。

    Q3.高卒の場合は転職しない方がいい?

    結論から言うと、高卒でも転職しても問題ありません。

    企業が求めているのは学歴が高いことよりも「即戦力」な人材です。

    あなたが、転職したい企業が求めている人物像にあっているのなら、転職することは十分可能ですよ。

    Q4.25歳の女性は転職できるのか?

    女性でも25歳からでも転職は可能です

    今はリモートワークや時短勤務など、多様な働き方を実現できる社会になってきています。

    今の会社に不満があり、それが転職して解決できる悩みであるのなら、積極的にチャレンジするべきです。

    7.さいごに|25歳までに転職を経験した体験談

    さいごに、25歳までに2度の転職を経験した筆者の知人の体験談を紹介します。

    少しでもあなたの転職活動に役に立てば幸いです。

    転職経歴

    23歳:新卒で銀行に入り、銀行のシステム部として勤務・

    24歳(転職1度目):実際にシステムの構築をしたいと思い、Web系の案件を受注している会社に転職。

    25歳(転職2度目):1年ほどプログラマーとして働いた後、地元で魅力的な事業をやっている企業を見つけ、キャリアアップを目的として再度転職活動を行う。

    転職した感想と反省点

    2回目の転職は、有名な大企業への転職だったので、”25歳で2度目の転職”がネックにならないかなとても不安でした。

    しかし、今までどういった仕事をしてきて、今後どういったキャリアプランを持っているのかを伝えたところ、なんとか内定をもらうことができました。

    この時感じたのが、 転職回数よりも「今までの実績や転職の理由が明確であること」が大事であるということです

    また、1回目の転職時は転職エージェントのことを知らず、求人サイトから応募をして転職を行いましたが、こちらは正直失敗でした。

    企業とメッセージのやりとりや面談の日程の調整が大変で、やりとりだけでかなり時間を使ってしまったことを反省しています。

    まとめ

    25歳が転職に適している理由について、解説してきました。

    転職は今後の人生の分岐点となる、大きなイベントです。

    しかし、最近は転職も決して珍しいことではなくなっているので、あまり深く考えすぎず、 悩んだら転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね

    あなたの転職がうまくいくことを願っております。

    20代が使うべき転職エージェントまとめ

    1.  リクルートエージェント
    2. doda
    3. マイナビエージェント
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク