26歳は転職適齢期!未経験への転職を成功させるための5つのポイント

26歳は転職適齢期!未経験への転職を成功させるための5つのポイント 一般転職

26歳で転職は遅すぎないか、気になっている人は多いものです。

しかし、第二新卒の枠からは外れるかもしれませんが、26歳は転職におすすめの年齢です

26歳を積極的に採用する企業は多く、未経験業界・職種へチャレンジすることも十分可能です。

今回は、26歳が転職におすすめだと言える理由、未経験へ転職するために何をすべきかといったことを解説します。

転職に踏み出せない方の背中を押す内容となっているので、ぜひご一読ください。

1.26歳は転職におすすめの年齢

26歳は転職するには遅い年齢ではありません。

むしろ、転職適齢期と言えるでしょう。

まずは、26歳という年齢が転職市場でどのような位置づけなのか、転職成功体験談を交えて解説します。

20代後半で転職を成功させる人の割合は最も多い

2007年7月~2019年6月の期間中、転職エージェント大手のdodaを活用して転職を成功させた人のうち、25~29歳の人は全体の39.6%を占めダントツの1位でした。

なお、次に多いのは30~34歳の23.1%で、最も少なかったのは24歳以下の10.1%です。

20代後半に含まれる26歳で転職を成功させる人も多いと言えるでしょう。

『参考:みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

  • スポンサーリンク

  • 実際に26歳で転職を成功させた人の体験談

    3名の転職成功体験談を紹介します。

    この方は、26歳の転職時は、高年収の条件を断り、年収は少ないながらもやりたい仕事を選びました。

    その後、職種を変えずに転職し年収アップを実現しており、26歳の時に希望職種に移った事が成功の要因となっています。

    dodaが提示しているデータからも分かる通り、26歳は転職が盛んになる年齢です。

    社会人としての経験も積んできているので、転職先で活躍したり、高い給与を実現したりと転職が成功する可能性が高いです。

    この方は、エンジニアという希少性を活かしつつ、若さも武器になる26歳での転職に成功しています。

    26歳は若さが評価されるため、ポテンシャルが高いと感じさせることが出来れば、希望する企業への転職も夢ではありません

    2.26歳の転職がおすすめの理由

    26歳の転職がおすすめの理由

    26歳は企業が積極的に中途採用しており、実際に転職成功させている方も多い年齢です。

    さらに、26歳での転職がおすすめと言える理由を解説します。

  • スポンサーリンク

  • 未経験職種に挑戦できる!

    26歳であれば未経験職種へ挑戦することは可能です。

    年齢が若く、いちから育てたとしても長期で活躍することが期待できる年代だからです。

    逆に、26歳を過ぎると未経験職種への転職の成功率は下がります。

    転職するか迷っている場合でも、早めの決断をおすすめします。

    若さと実績の両方を評価してもらえる

    26歳は、若さと実績の両方が評価してもらいやすい年齢です。

    • 若さ:30代に比べて若く柔軟性があることを評価してもらえる
    • 実績:新卒・第二新卒に比べ、社会人としての基礎やスキル・経験が評価される

    企業側からすれば、柔軟性もあるうえに社会人としての基礎はできている状態のため、採用意欲が高まります。

  • スポンサーリンク

  • 公務員を狙うことも可能

    試験に合格さえすれば、公務員への道も切り開けます

    民間企業とは異なり、安定した環境で働けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

    26歳で公務員試験を受けるとなると、「大卒一般枠」というくくりで、国家公務員や地方公務員を受けることができます。

    高卒の方も、社会人経験年数が条件をクリアしていれば、「社会人経験者採用試験」を受けることができる可能性があります。

    大卒の方が受けられる試験には、以下のような試験区分があります。

    種別 試験種類
    国家公務員 国家総合職
    国家一般職
    国税専門官
    財務専門官
    裁判所職員
    地方公務員 地方上級(行政系)
    地方上級(心理系)
    地方上級(福祉系)
    地方上級(技術系)

    地域の人々や社会に貢献する仕事がしたい人には、公務員がおすすめです。

    転職活動をはじめることで今の会社の良さに気づく可能性もある

    転職活動をして他の会社を見たからこそ、自社の良さに気づく場合もあります

    はじめて知る情報が入ってくることで、自社を客観的に見る機会が増えるからです。

    例えば、以下のような事に気づくかもしれません。

    • 業界内で比べると給料が高かった
    • 年功序列的なところはあるけど自分にはあってる
    • 自社でやっているプロジェクトが価値あるものだと分かった

    比較をしてみるからこそ気づく事がたくさんあります。

  • スポンサーリンク

  • 3.26歳で未経験への転職を成功させるためにやるべき5つのこと

    26歳で未経験への転職を成功させるためにやるべき5つのこと

    転職市場で人気の26歳ですが、5つのポイントを実行することで、より転職活動を成功させやすくなります。

    意識さえすれば簡単にできることばかりですので、ぜひ試してみてください。

    熱意だけでなく前職で培ったスキル・経験をアピール

    面接時には、前職で培ったスキル・経験をアピールすると良いです。

    若さだけでなく、実績も考慮される年齢だからです。

    例えば、以下のようなスキル・経験をアピールできます。

    <スキル>

    • 無形商材の営業
    • Webサイトのコーディング
    • 法人の決算が組める

    <経験>

    • 部下3人のチームリーダーだった
    • 新商品開発に携わった事がある
    • スタートアップ企業で上場を経験

    まだ若いからこそ、目に付く実績があると採用する側は大きな期待を寄せるでしょう。

    応募先職種と前職の共通点を見つける

    応募する職種と前職の共通点を探すことは有効です。

    同じ職種であれば共通点を見つけるのは容易でしょうし、未経験の職種への転職だったとしても以下のように共通点を見つけることが可能です。

    前職 応募先職種 共通点
    営業 エンジニア 人に喜ばれる提案を自ら考えする点では同じ
    経理 人事 きめ細やかな対応が仕事の質を大きく左右する
    介護職員 公務員(教職) 1人1人に丁寧な対応を心がける必要がある

    共通点を見つけることができると、未経験職種への転職時でも自信を持ってアピールすることができます

    前職でネックになっていた点を明確にさせる

    前職でネックになっていた点を明確にし、絶対に譲れない条件を設定しましょう。

    転職してまた同じ不満が起こるようであれば再度退職するリスクが高まるためです。

    具体的には、以下のような点が考えられるでしょう。

    • 扱っている商材に自信が持てない
    • ノルマが苦しすぎて体を壊しそう
    • 残業が多すぎてプライベートの時間が全く確保できない

    ただし、給与面や福利厚生面に関する不満を面接でそのまま伝えると、面接官に悪い印象を与えるため、注意が必要です。

    入社後のキャリアプランをきちんと説明できるようにする

    面接時には入社後のキャリアプランをきちんと説明できると良いです。

    未経験の場合、いちから育て上げる必要があるため、5年後・10年後の姿まできちんと考えていることが大事です。

    以下のように、ハッキリと未来が語れる人は面接官からの評価も高くなるでしょう。


    応募者

    私は、5年後までに年間で3,000万円の売上を作れるような営業になることを目指しています。

     

    また、10年後には管理職として、部下を指導しながらチームの目標を常に達成できるリーダーになりたいです。

     

    そのために、現在トップセールスマンである松本部長の元で働くことを強く希望しています。

    描いている未来が、企業が目指している方向性と乖離していないか注意が必要です。

    転職エージェントを利用し、業界・職種の知識を仕入れる

    業界・職種の知識を仕入れるなら転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    転職のプロとして、非公開求人情報など一般の人では知らないような業界・職種の情報を知っているからです。

    エンジニア、IT、看護師など特定分野に特化したエージェントもあるため、希望職種に応じて使い分ける事をおすすめします。

    絞り込みが難しければ、保有求人数が多い転職エージェントを活用すると良いでしょう。

    4.26歳の転職におすすめの転職エージェント3選

    26歳の転職におすすめの転職エージェント3選

    数ある転職エージェントの中でも、26歳の転職におすすめの3つをご紹介します。

    ぜひ、あなたに合ったエージェントをご活用ください。

    多くの求人を比較したいならリクルートエージェント

    リクルートエージェント

    【リクルートエージェントの特徴・強み】

    • 業界最大の求人数を誇る
    • 大手ならではのサポートが充実している

    リクルートエージェント』は、業界最大の保有求人数を誇ります。

    そのため、幅広い候補の中から自分に合った求人を探したいという方にはおすすめです。

    また、業界大手という事もありサポート体制も充実しており、初めての転職でも安心して取り組めるようにサポートしてくれます。

    公開求人数
    62,900件(2020年5月時点)
    非公開求人数
    205,995件(2020年5月時点)
    対象地域 全国+海外
    利用料金 無料
    公式サイト https://www.r-agent.com/
    詳しくは「リクルートエージェントの解説記事」をご確認ください

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    質の高いキャリアアドバイザーのサポートを受けたいならdoda

    doda

    【dodaの特徴・強み】

    • 転職アドバイザーの質が高いと評価を受けている
    • 多くの求人を扱っている

    doda』は、質の高い転職アドバイザーがいる事で知られています。

    初めての転職で不安という方でも、企業への応募から転職に至るまでトータルでサポートしてくれます。

    また、業界No.2の求人数を誇るうえに、dodaでしか扱えない非公開求人も取り扱っています。

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    総求人数 100,000件以上(非公開求人含む)(2020年5月時点)
    対応エリア 全国
    利用料金 無料
    公式サイト https://doda.jp/
    詳しくは「dodaの解説記事」をご確認ください

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    IT系企業に転職したいならマイナビエージェント

    マイナビエージェント

    【マイナビエージェントの特徴・強み】

    • IT系企業の転職に強い
    • 20代の転職にも強みがある

    マイナビエージェント』は、IT系企業の転職・20代の転職という2つの面で強みがあります。

    そのため、26歳でIT系企業への転職を希望する方であれば非常におすすめのエージェントです。

    求人数は上記で紹介した2社に比べると劣りますが、分野がハッキリしている方にとっては逆に絞り込みやすくておすすめです。

    求人数 13,340件(2020年5月時点)
    非公開求人数 20,540件(2020年5月時点)
    対象地域 全国+海外
    利用料金 無料
    公式サイト https://mynavi-agent.jp/
    詳しくは「マイナビエージェントの解説記事」をご確認ください

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    5.26歳の転職FAQ

    26歳の転職FAQ

    最後に、26歳の転職に関してよくある質問にお答えしていきます。

    ぜひ、スッキリした状態で記事を読み終えてください。

    女性は転職に有利なのか

    性別で転職に有利かどうかはあまり関係ありません

    もちろん、業界や職種の特性上、女性が多かったり男性が多かったりすることは考えられます。

    ただし、女性は26歳となると結婚・出産を意識する方も多いです。

    結婚・出産による離職に関し、企業側が懸念を抱いているのは確かです。

    その不安を払しょくするために、選考では長い間働くつもりであることをアピールした方が良いでしょう。

    学歴は関係あるのか

    学歴による転職活動への影響は無いとは言い切れません

    実際に、応募要件として「大卒以上」などと制限している企業もあります。

    ただし、社会人として最も評価されるのは実績です。

    高卒の26歳であれば、社会に出て約8年が経過しているため、社会人として誇れる実績があれば、学歴は関係なく企業も欲しがるのは事実でしょう。

    転職回数は多くても問題ないのか

    転職回数は多くなればなるほど、成功確率も下がります

    人材紹介会社大手のエン・ジャパンが作成したアンケートによれば、20代での転職回数の比率は以下のようになりました。

    20代転職回数比率

    1回:39%
    2回:13%
    3回:8%
    4回:2%
    5回:1%
    なし:37%

    『参考:第58回アンケート集計結果「退職」について(2014年版)

    つまり、既に3回転職をしている方であれば、10人に1人しか受からない事になります。

    採用側としても、すぐに辞めてしまうのではないかと心配してしまうためです。

    何かあれば転職すれば良いと安易に考えるのは危険です。

    まとめ

    26歳は転職市場において、非常に価値の高い年齢です。

    また、未経験職種に挑戦できるラストチャンスの歳でもあります。

    是非とも転職を成功させたいという方は、記事の中で紹介した以下の5つのポイントを試してみてください。

    1. 熱意だけでなく前職で培ったスキル・経験をアピール
    2. 応募先職種と前職の共通点を見つける
    3. 前職でネックになっていた点を明確にさせる
    4. 入社後のキャリアプランをきちんと説明できるようにする
    5. 転職エージェントを利用し業界・職種の知識を仕入れる

    1つ1つは簡単にできる事ばかりですから、フットワーク軽く実施してみてください。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?