【令和最新版】ANAへの転職は難しい?募集状況や口コミをチェック

ANAへの転職 一般転職

就職先として新卒就活生に大人気のANA。

新卒では夢は叶わなかったものの、中途でリベンジしたいと考えたことはありませんか?

今回、ANAの中途採用の状況や転職難易度、社風や職場環境について口コミをもとに紹介します。

ANAが求める人物像や重視しているものがわかるので、転職の際に活用することができるでしょう。

ANAの中途入社を考えているなら、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

1.ANAへの転職は難しい?口コミから難易度を分析

まずはANAの転職事情から見てみましょう。

ANAの転職事情がわかるような口コミとともに、転職難易度について説明します。

ANAは超人気企業

ANAは絶大な人気を誇る企業です。

2020年度の就活生人気企業ラインキングでは第5位、2019年のトリップアドバイザーによる「世界で最も優れた航空」ランキングでは10位でした。

dodaによる「転職人気企業ランキング」では6位にランクインしています。

サービスの質の高さから顧客満足度が高く、その信頼の厚さから就活生の人気も集めています。


40代 女性

女性が働きやすそう。グローバルに活躍できそう。

引用:doda


30代 男性

航空業界の中でも特に勢いを感じる。給料や待遇もよさそう。

引用:doda

  • スポンサーリンク

  • 転職難易度・倍率は高い

    ANAへの転職難易度・倍率とも高いと言えます。

    募集自体が少なく、募集が出ても人気企業なので応募が殺到しがちです。

    また、ANAの経営戦略として「国際線の拡大」が掲げられています。

    語学力や海外経験の有無が採用に大きく関わります。

    一方、客室乗務員職に関しては難易度が下がってきている傾向にあります。

    昔は女性の花形職業として人気でしたが、今は過酷な労働環境のイメージによって志望者が減少傾向にあるからです。

    詳しくは後述しますが、ANAグループ会社の場合には採用ハードルが下がることがあり、門戸も広く開かれています。


     新卒 女性
    客室乗務員

    客室乗務員は離職率がとても高いことが有名な職種のため、転職は難しいくないと思いました。

    引用:openwork


    中途 女性
    客室乗務員

    中途採用を積極的に行っており、中途でも働きやすい環境の会社であると感じる。

    引用:openwork


    中途 男性
    事務職

    事務職の募集は珍しい。

    引用:openwork

    2019年10月時点の募集職種は「客室乗務員職」のみ

    2019年10月時点では、ANA本社での募集は「客室乗務員職」のみで他職種の募集はありません。

    その他の職種を希望しているなら転職のタイミングを見計らう必要があります。

    公式HPをチェックしたり、転職エージェントに登録するなどして募集が開始されるタイミングを見逃さないようにしましょう。

    客室乗務員職は募集中

    公式HPによると客室乗務員職は現在募集中です。

    TOEIC600点以上の英語力が応募資格として記載されているので、応募するならTOEICは必ず受験しておきましょう。

    社風を理解して十分に面接の対策をしておく必要があります。

    グローバルスタッフ職(事務・技術)は現在募集がない

    総合職であるグローバルスタッフ職は事務職・技術職とも現在は新卒採用のみとなっています。

    グローバルスタッフの事務職は経営管理などのコーポレート事業やマーケティングや商品開発、貨物事業や他社との提携を行います。

    一方技術職は航空機の整備や管理をメインとし、「エアラインエンジニア」とも呼ばれます。

    いずれにしてもANAの本社に勤務できる人気職種です。

    また、事務職・技術職とも給与は同程度に設定されています。

  • スポンサーリンク

  • 2.ANAの社風は?企業情報一覧

    ANAに転職するためにはANAの会社情報と社風を把握しておくことは必要不可欠です。

    ANAの職場環境も口コミを通して理解しておきましょう。

    ANAの企業理念は「安心と信頼」

    ANAのグループ経営理念は以下の通りです。

    安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します。

    ANA採用公式HPより

    航空業という人の命を預かる仕事であるからこそ、「安心と信頼」を第一に考える企業としての姿勢が見られます。

    ライバル企業であるJALの企業理念は「サービスの提供」「企業価値の創出」に重きを置いているため、企業理念を比較するとANAとJALの経営姿勢の違いが見えてきます。

  • スポンサーリンク

  • 会社情報

    ANAの会社情報は以下の通りです。

    社名 ANAホールディングス株式会社
    本社所在地 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター
    代表者 片野坂 真哉
    設立 1952(昭和27年)12月27日
    従業員数 187名(連結従業員数 43,466名)※2019年10月時点
    資本金 3,187億8,900万円
    連結売上高 2兆583億1,200万円
    平均年齢  46.2歳

    注目すべきは売上高でしょう。

    ANAグループ全体で売上約2兆円を超え、日本一の売上を誇るエアライングループとなっています。

    平均年収761万円・福利厚生が充実

    ANAの平均年収は761.1万円ですが、職種間で給与に差があります。

    空きがあれば、国内線・国際線に関わらず格安で飛行機に乗れる福利厚生が魅力的です。

    詳しくは「ANAの平均年収761.1万円!職種別の年収やJALとの比較も」で解説しています。

  • スポンサーリンク

  • ANAの社風は安全・サービス第一で少し堅い雰囲気

    ANAは企業理念にあるように、安全を非常に重視しています。

    また、世界のエアラインの中でもサービスの質に定評があり、イギリスの格付期間SKYRAX社から7年連続最高評価である5スターを獲得しています。

    安全・サービスのためにチームワークを徹底する社風です。

    客室乗務員職は搭乗前に「今回の搭乗の目標」を共有したり、反省会をしたりもするとのことです。

    日本企業が誇るクオリティを維持するため、ANA特有の少し堅く厳格な雰囲気の職場だと言えるでしょう。


    女性 新卒
    客室常務員

    真面目で成長機会の多い会社。

    “習熟”という言葉が浸透し、常にチャレンジ精神が求められる。

    引用:openwork


    男性 中途
    事務職

    民間企業として成長してきて、JALを追い抜いたことへのプライドが強く社内にあるように感じる。

    社内の考え方は古き良き日系企業的なところが散見される。

    引用:openwork

    ANAの職場環境は過酷?口コミを紹介

    航空業界は早朝勤務があったり、常に接客態度に気を配らなくてはならなかったりと大変なイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

    ANAの職場環境に関する口コミを一部紹介します。

    ANA独自のルールが多い


    客室乗務員/女性

    国内線は出社の1時間前にデスクに就業という暗黙のルールがある。もちろんその1時間分は無給。例えば10:20出発のアメリカ線があったりすると、出社時間は9:00に設定されているが、8:00にはデスクに集まる。

    意欲・やる気を常に求められる


    客室乗務職/女性

    基本的に飛行機に乗りサービスをする、ということを毎日行うので、自ら目的や目標を持って業務に望まないと成長には繋がらない。


    総務/男性

    良い意味でも悪い意味でも、若手に業務を委せる気風がある。自ら新しい事に取り組むことで、自ら仕事に習熟する事が求められる。但し、昨今の働き方改革で、新たな手法を模索している状況も見受けられる

    勤務時間は長くなりがち


    客室乗務員/女性

    フライトは早朝から深夜など、多岐に渡り、自由に時間を使える環境にいる人じゃないと勤務が難しい。長距離路線を勤務したあとは、2日または3日の休暇をもらえるが、1日はフライトの疲れを取り、体を休める事で精一杯である。

    頑張った分は評価してもらえる


    客室乗務員/女性

    評価制度はきめ細かく、高くだから評価される。評価者への教育も充実していて、納得性の高いフィードバックが受けられる。キャリアアップや昇進制度も透明性が高い。

    ※引用:「openwork

    安全とサービスの質を追求するANAなので、従業員に対して求めるレベルも高くなっているようです。

    ANAの企業理念に共感し、やる気があって積極的に働きたいという人にとってはやりがいを感じることができるでしょう。

    3.求められる人物像

    ANAではどんな人材が求められているのでしょうか。

    社風や募集要項から、ANAに向いている人物像について説明します。

    英語力のある人・英語学習への意欲がある人

    ANAではほとんどの職種で英語が必要で、語学力が内定獲得を大きく左右します。

    中途採用の募集要項にTOEICで取得すべき点数が明記されていることもあります。

    現在英語力がなくても、今後勉強していく意欲が求められます。

    ANAは世界各国でビジネスを展開しているので、第二言語として英語以外を話すことができれば、さらに強みになるでしょう。

    体力のある人

    ANAで働く以上、体力は必須です。

    客室乗務員職の場合、最長で4日間拘束の国際線フライトがあります。

    技術職は機体の整備という安全なフライトを左右する仕事なので、プレッシャーがかかることでしょう。

    事務職では海外駐在があったり、外国や他企業への交渉など精神的なタフさが求められます。

    どの職種も体力がなければ務まりません。

    安全・サービスを第一に考えられる人

    フライトの安全・サービスの向上を自分ごとに捉えられる人がANAに向いています。

    客室乗務員職では毎回のフライトごとに目標を定めたりと、常に向上心を求められます。

    会社の理念と自分の目標が重なっていないと、会社から求められるものに対して息苦しく感じるかもしれません。

    会社の理念に責任を持つことができれば、大きなやりがいと評価を得ることができるでしょう。

    4.関連会社の採用状況

    ANAへの転職は募集が少なく人気があるので、簡単とは言えません。

    しかし、ANAの関連会社のくくりで求人を探すと、門戸が広がります。

    ANAの関連会社は117社におよびます。

    ANAの関連会社を含めると求人数は相当な数にのぼり、かつ中には転職しやすい業種もたくさんあります。

    こちらからANAグループの求人を探すことができます。

    自分で探すのが大変に感じる場合は、転職エージェントも利用してみてください。

    5.ANAの転職におすすめ!転職エージェント3選

    「ANAの社風に自分があっているかわからない」「関連会社も見たいけど、数が多すぎて選べない…」

    そんな時は転職エージェントを利用しましょう。

    転職活動の進め方や目的に応じて、以下の3つの転職エージェントに登録してみてください。

    複数の転職エージェントに登録することで求人を見逃すことなく、効率的に転職活動を進めることができます。

    たくさんの求人を見たいならリクルートエージェント

    「たくさんあるANAの関連会社の求人を網羅的に見ていきたい」

    そんな場合は、求人数業界トップのリクルートエージェントを利用しましょう。

    求人の充実具合は他のエージェントと比べものになりません。

    そのため、ANAグループへの内定実績も豊富です。

    まずはリクルートエージェントに登録しておくことをおすすめします。

    志望企業への内定に集中するなら doda

    「ANAグループの中でも特定の志望企業がある」「職種へのこだわりがある」

    そんな場合には、キャリアアドバイザーのサポートに定評があるdodaがおすすめです。

    丁寧な履歴書・職務経歴書の添削だけでなく、志望企業の内定を獲得するための面接での話し方に関してもアドバイスをしてくれます。

    リクルートエージェントほどではないですが求人数も多く、転職活動を進める上で強い味方になってくれる存在です。

    転職初心者で不安があるなら パソナキャリア

    「初めての転職で、何から始めるべきかわからない」

    転職初心者におすすめしたい転職エージェントがパソナキャリアです。

    求人数はそこまで多くありませんが、初心者のサポート体制がしっかりしています。

    そのため、まずはパソナキャリアに登録しておくと安心です。

    転職活動の進め方がわかってきたら、他の転職エージェントも登録して効率を上げましょう。

    女性の転職にも力を入れているので、客室乗務員職を希望するならぜひパソナキャリアを利用してみてください。

    まとめ

    ANAは人気があり、転職難易度が高い企業です。

    しかし、関連会社まで視野を広げるとチャンスは広がります。

    顧客への高いサービスや安全なフライトを追求するANAの姿勢に共感できれば、やりがいのある職場となります。

    リクルートエージェントdodaパソナキャリアなど複数の転職エージェントを利用してANAへの転職を成功させてください。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県