アップルジャパンへ転職したい人へ!難易度や企業情報・募集状況まで解説

アップルジャパンへの転職 一般転職

「スマホアドバイザーとしてアップルに転職したい」「アップルはどんな企業なの?」などと疑問を持っていませんか?

アップルと言えばiPhoneが有名ですが、詳しい仕事内容や転職事情はあまり知られていません。

この記事では、アップルジャパン(以下アップル)に転職したいという全ての人に向けて、アップルの企業情報、採用情報、転職方法まで詳しくまとめました。

ぜひ最後まで読んで、アップルへの理解を深めて転職を成功させてくださいね。

スポンサーリンク

1.アップルの企業情報から転職について考察

会社名 Apple Japan合同会社
設立年月日 1976年4月1日
資本金 54億8,000万円
本社所在地 東京都港区六本木6丁目10番1号
従業員数 130,000名
代表者 CEO Tim Cook

(参考:doda

アップルはアップルストアで、iPhoneなどの自社製品を販売する仕事がメインです。

そのため募集職種も営業やコーポレート職が中心になっています。

商品の開発に関わるようなエンジニア職に関してはアップルジャパンでは最近になって募集が行われ始めました。

企業理念

アップルの企業理念に関しては明確なものは公式から発表されていません。

有識者の分析によると、「アップル=ジョブス」そのジョブスが実践していたのが以下の3つです。

  • 変化や独自性に対する貪欲さや情熱
  • 人間の精神性や情動へのこだわり
  • 非常に合理的な考え方

自社の公式サイトや動画などを見る限りではクリエイティブな思想に重きを置いているようです。

  • スポンサーリンク

  • 事業内容

    基本的にはiPhoneやiPadといった自社製品の開発・販売を行っています。

    直営店となるアップルストアではiPhoneやiPadを専売しており、関連アクセサリーの販売や修理の受付も行っています。

    平均年収

    アップルの日本支店となっているアップルジャパンの平均年収は一般的には公開されていません。

    そのためはっきりとした平均年収はわかりませんが、口コミサイトであるカイシャの評判によると、おおよそ581万円となっています。(参考:カイシャの評判

    アップル自体が大手企業ですので、平均年収としては他の大手企業と比べて平均的だと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 福利厚生

    販売・サービス系/女性

    福利厚生は充実していると思います。歯科・眼科費用の補助、スポーツジム会費の補助、語学スクールなどの教育費用に関する費用の補助などが年間上限はありますがそれぞれにあります。また、福利厚生サービスに加入しており色々な割引サービスなども受けられます。

    (参考:カイシャの評判

    経営理念と同じく、公式で福利厚生については公表されていません。

    上記口コミから、外部の福利厚生サービスには加入しており様々な割引サービスを利用することができます。

    しかし、アップル側で何かしらの福利厚生を行っているといったことはないようです。

    競合他社との比較

    スマホ出荷台数シェア率円グラフ
    メーカ名 スマホ出荷台数シェア率
    アップル 37.8%
    シャープ 15.9%
    サムスン 9.7%
    京セラ 7.9%

    (参考:IDC

    国内のスマホ出荷台数シェア率で見ると、アップルは競合他社と比べてかなりのシェア率を誇っていることがわかります。

    理由としてはiPhoneがスマホのはしりであることと、iosをアップルが独占しているからだと考えられます。

    自社製品・自社ブランドが爆発的に全国で売れているため上記のような売上を叩き出すことができています。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • スポンサーリンク

  • 2.アップル社員の口コミ

    アップルへの転職にあたって、実際にどんな感じの会社なのかが気になりますよね。

    そこで、この項目では実際にアップルで働いている社員の口コミからどんな会社なのかを見ていきます。

    現役でアップル社内で働いている社員さんの口コミですので、より詳細に社内の雰囲気が伝わってくるものが多いです。

    社風

    販売・サービス系/女性

    常にチャットでやり取りが可能。チームによって違うが誕生日をミーティング中にお祝いしたり、会社が作成したゲームを業務外でやったりなど様々な交流方法がある。

    (参考:カイシャの評判

    IT系エンジニア/男性

    想像していた以上に政治的である。本社があるアメリカで起こる派閥からなる組織的な変更や政治的な部分からくる雇用への影響はかなり大きい。日本に着席的な影響はまだ少ないにしてもそういったものの影響は時々見られ、時には理不尽な状況に陥ることもある。

    (参考:カイシャの評判

    スマホ・タブレットの販売がメインの企業ですが、IT系の企業らしく社内で専用のチャットを使ってやり取りをしています。

    会社オリジナルのゲームなどでも交流ができるなど、コミュニケーションを図る機会がたくさん設けられています。

    本社はアメリカにあるためアメリカ側で何かしら起こると日本支店にも影響が出てしまい、理不尽な目に合うこともあるようです。

  • スポンサーリンク

  • 入社後の印象

    専門サービス系/男性

    アップル製品の大ファンだったこと、スティーブジョブズのカリスマ性に憧れていたことがきっかけで入社しました。外資系で大企業なのでシビアでドライな世界を覚悟していましたが、入社してみて社員を大事にする会社であることに良い意味で驚きました。

    (参考:カイシャの評判

    専門サービス系/男性

    実力主義の裏を返せば、それだけ頑張らないと評価されない会社でもあります。評価されずそれなりに働くこともできますが、上を目指すのであればかなりの努力が必要です。細かいところまでしっかり見られていると思った方がいいです。

    (参考:カイシャの評判

    社風の項目で分かる通り、社員間のコミュニケーションを重要視しており、社員をかなり大事にしている会社です。

    社員を大事にしているのと同時に実力主義の会社でもありますので、社内競争率もそこそこ高いです。

    社内を管理する「マネージャー」も存在しており、常に細かいところまで見られていることを意識したほうが良いです。

    3.アップルの仕事内容

    事業内容でも説明しましたがアップルはiPhoneを始めとした自社製品の開発やアップルストアでの専売がメインの仕事となります。

    アップルジャパンでは最近までエンジニアの募集は行っておらず、販売のための営業やコーポレート職の募集を行っていました。

    エンジニア職の募集も開始しましたが大手企業のアップルだけあって求めるスキルはかなり高くなっています。

    4.アップルの中途採用情報

    アップルは本社のあるアメリカだけでなく全国に支店のある大手企業となっています。

    iPhoneやiPadといったアップル製品はかなり人気があり、実際にアップルに入社して製品の開発・販売に関わりたいと考える人も多いです。

    これだけの有名かつ大手企業ですので新卒でも中卒でも倍率は高めとなっています。

    ここではアップルの中途採用情報をご紹介いたします。

    転職難易度

    先程も書きましたが、アップルはアメリカの本社を中心に全国展開している大手企業です。

    新卒は勿論、中途採用であっても倍率はかなり高いです。

    アップル自体も意識の高い会社であり、人材もレベルの高い人を求めています。

    全体的に見て、転職難易度に関してはかなり高めだと考えられます。

    募集職種

    少しわかりにくいですがアップルでは職種というよりチームで分けて募集を行っています。

    チーム名 内容
    機械学習とAI 学習関係のアプリ開発
    ハードウェア iPhone内システムなどのハード開発
    ソフトウェア&サービス アプリなどソフトウェアの開発
    デザイン アップル製品のデザインを行う
    オペレーション&サプライチェーン 顧客の分析などを行う
    マーケティング 販売市場の調査を行う
    コーポレート部門 人事や財務など会社のコーポレートを行う
    セールス&ビジネスディベロップメント アップル製品の売り込みを行う
    Appleの直営店 直営店でのアップル製品の販売
    サポート&サービス 電話やメール・チャットなどでサポート

    (参考:Apple(日本)

    一番最後のサポート&サービスのみ自宅勤務となっており、自宅で電話を受けたりメールの対応を行います。

    どの職種でも基本的にアップル製品に関して詳しくないとできない仕事です。

    5.アップルの採用基準は?転職成功率を高めるコツ

    アップルの募集職種の殆どが、自社製品の開発・販売に関わるものになっています。

    そんなアップルに転職する際に重要となる採用基準を知りたいですよね。

    ここからはアップルへの転職成功率を高めるコツと共に、採用基準についてお教えいたします。

    アップル製品について知識を深めておく

    アップルは特に自社製品の開発・販売に力を入れており、日本の支店でもまずは売り込んでくれる営業やコーポレート職の募集を行っていました。

    開発を行うエンジニア職の募集が後になっていたことも分かる通り、何より販売を優先にしています。

    なので、エンジニア職であっても自社製品となるアップル製品についての知識をしっかりと持っている人をより優先的に採用しています。

    これまでの経験もしっかりとアピールする

    アップル製品について知識を持っていることも重要ですが、これまでどういった経験をしてきたかをアピールすることも大切です。

    例えば、アップルと同じようなスマホ関係の会社で働いていたことや、自社製品を販売するような仕事をしてきたかなどです。

    エンジニア職であるならば、ハードウェアやソフトウェアの開発関係に携わってきなどの経験をアピールするようにしましょう。

    転職エージェントを利用する

    転職を成功させるためには、あなたの転職を手伝ってくれるエージェントを探すことも重要です。

    転職エージェントには求人サイトに掲載されているような求人と共に、独自の求人を保有しています。

    また、あなたの転職活動を手伝ってくれるアドバイザーがつき、希望している会社の転職事情などをより詳細に教えてくれて、アドバイスまでもらえます。

    転職の成功率を上げたいのなら転職エージェントの利用をおすすめします。

    6.アップルへの転職に強いエージェントをご紹介

    現在転職エージェントはかなり増えており、エージェントによって様々な特色があります。

    アップルでは営業やコーポレート職から、エンジニアまで幅広く募集を行っています。

    今回は特にアップルへの転職に対して強い転職エージェントを3社ご紹介いたします。

    エンジニア以外を考えているなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントは求人数が業界No.1で、アップルのような大手企業の非公開求人を多数保有しています。

    特に営業やコーポレート職への転職に強くしっかりとサポートしてもらえます。

    書類選考対策や面接対策が充実しているのも特徴的です。

    リクルートエージェントについてさらに詳しく知りたい方は「リクルートエージェントって実際どう?気になる評判と人気の理由を調査」をご覧ください。

    初めての転職なら「パソナキャリア」

    パソナキャリアは、取引実績企業が16,000社以上で優良求人が多数の転職エージェントです。

    独占求人数もかなりあり、こちらにしかない非公開求人も多いです。

    とにかくサポートが丁寧と人気があるので、転職が初めてだという人にも安心して転職活動を進められます。

    パソナキャリアについてさらに詳しく知りたい方は「パソナキャリアは使うべき?口コミや評判からわかる特徴を解説」をご覧ください。

    エンジニアでの転職なら「レバテックキャリア」

    レバテックキャリア

    レバテックキャリアは、特にIT業界の仕事に特化した転職エージェントです。

    担当してついてくれるアドバイザーも、IT関係に関して専門性の高い人ばかりとなっています。

    アップルへエンジニアとしての転職を目指すなら、レバテックキャリアがおすすめです。

    レバテックキャリアについてさらに詳しく知りたい方は「レバテックキャリアの「評判が悪い」口コミは本当?実態を徹底調査!」をご覧ください。

    まとめ

    アップルの日本支店でエンジニア職の募集が始まったのは最近で、それまでは営業やコーポレート職を中心に募集を行っていました。

    それだけ自社製品に拘りをもち、自社製品の開発・販売を重視している会社であることがわかります。

    アップルへの転職成功率を高めるコツは以下の3つです。

    1. アップル製品の知識を深める
    2. エンジニアや営業として経験を積んでいる
    3. 転職エージェントを活用する

    活用する転職エージェントは特に以下の3社がおすすめです。

    【アップルへの転職におすすめのエージェント】

    アップル製品への情熱をしっかりと持って、転職エージェントをうまく活用しアップルへの転職を目指しましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事