バンダイに転職するには?会社情報や評判から転職成功の秘訣を探る!

バンダイへの転職 一般転職

国内大手の玩具メーカー「バンダイ」。

機動戦士ガンダムシリーズやウルトラマンシリーズなど人気コンテンツを数多く有しています。

「ガンプラ」や「たまごっち」など子どもの頃に親しんだ人も多いのではないでしょうか。

そんなヒット商品を世に輩出しているバンダイは、新卒就職人気企業ランキングでは常に上位をキープし、誰もが働いてみたい企業のひとつです。

人気企業で転職難易度は高めなので、しっかりとした企業研究や対策が必要になってきます。

本記事ではバンダイの基本情報や評判などを詳しく解説。

バンダイへの転職を手厚くサポートしてくれる「転職エージェント」も紹介するので、「バンダイで働いてみたい」と考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

1.バンダイに転職するには?どんな人におすすめ?

「バンダイ」は、「バンダイナムコグループ」のユニットのひとつで、トイホビー部門を担当してます。

機動戦士ガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」や、キーチェーンゲームで大ブームを起こした「たまごっち」など、誰もが知る玩具を世に送りだしている大手メーカーです。

ここでは、転職市場におけるバンダイの人気度とともに、転職難易度を説明します。

バンダイの転職難易度・倍率は?

「バンダイ」は、2020年新卒生が選ぶ「就職希望企業ランキング」のその他製造部門の第2位にランクインする大人気企業です。

転職難易度、倍率ともにかなり高めといえるでしょう。

現に大学通信調べの「入社するのが難しい有名企業ランキング」も100位以内に入っています。

バンダイのような人気企業に転職するには十分な転職対策が必要となってきます。

  • スポンサーリンク

  • こんな人におすすめ!転職方法は?

    バンダイは以下のような人におすすめの企業です。

    会社情報には「突き破り創り出せ!そして世界を“あっ”と言わせよう!」と大きく打ち出しています。

    アイデアが豊富で、そのアイデアを具現化するために努力を惜しまない人が向いているといえます。

    <バンダイに向いている人>

    • キャラクターやエンターテイメントに興味のある人
    • ものづくりに対して熱意がある人
    • 積極的に企画をしたいと思っている人
    • 日々いろんな分野にアンテナを高く張ってインプットができる人

    もし、バンダイに転職したいと考えているなら、転職活動をサポートしてくれる「転職エージェント」の活用がおすすめです。

    記事後半の「5.バンダイへの転職におすすめの転職エージェント」でバンダイへの転職に適したエージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    2.バンダイの企業情報から転職について考察してみた

    バンダイ東京本社
    商号

    株式会社バンダイ

    (英表記 BANDAI CO.,LTD.)

    所在地

    〒111-8081 

    東京都台東区駒形1-4-8

    設立 1950年7月5日
    資本金 100億円
    代表取締役社長 川口 勝
    従業員 809人
    社員男女比 男性67%:女性33%
    社員の平均年齢 37.5歳

    バンダイの歴史は古く、1950年に創業者である山科直治が、玩具製造会社「萬代屋(ばんだいや)」として東京・浅草にて創業しました。

    その社名の由来は「萬代不易」ですが、これは永遠に変わらないことを意味します。

    1971年に社名を「バンダイ」に改名し、「仮面ライダー変身ベルト」や金属製ロボット「超合金マジンガーZ」などの昭和中期を代表する玩具を数々発売しました。

    日本が誇る老舗玩具メーカーといえますね。

    次からはそんな長い歴史を持つバンダイの企業理念や事業内容を細かくみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 企業理念

    企業スローガンは「夢・クリエイション~楽しいときを創る企業~」です。

    これは、「いつの世でも人びとの心を満たす商品を作り、やむことのない企業の発展を願う」という創業理念と、グローバルな視点を持ち世界中のお客様に夢と希望を届けるというポリシーを表現しています。

    また、バンダイは、2018年4月からはじまった中期経営計画で「突き破り創り出せ!そして世界を“あっ”と言わせよう!」というビジョンを掲げています。

    このビジョンには業界、組織、常識、習慣などのあらゆる壁を突き破って、日本だけではなく世界を驚かせるものづくりをしたいという意思が込められています。

    発想が豊かで一見常識はずれに見えることでも、突き詰めることができる人が向いている企業といえますね。

    主な事業内容

    バンダイを代表するおもちゃ

    参考:軽井沢おもちゃ王国「20周年記念特別企画!! バンダイキャラクタースタジアム」

    バンダイの事業内容を見ていきましょう。

    • キャラクター事業を根幹とした玩具や模型などの製造販売
    • 玩具菓子や自動販売機用の消費の製造販売
    • アパレルや生活用品、文具などの製造販売
    • インターネット上でのコンテンツ提供
    • イベント開催

    玩具とひとことに言っても対象となる子供はさまざま。

    男の子向けの代表は、「機動戦士ガンダム」や「ウルトラマン」などのシリーズ、女の子」向けの代表は「プリキュア」シリーズや「ここたま」などがあります。

    さらに、生後0カ月から小学校入学までの子供向け知育玩具など、あらゆる年代の子供に向けた玩具の企画・開発・製造・販売を行っています。

    その他にも、ガチャガチャ、ガチャポンと呼ばれる「カプセルトイ」や、キャラクターのお菓子やアパレル用品など、玩具にとどまらないライフスタイルアイテムも展開。

    そのほか、「プログラミング学習」をインターネット上で楽しみながら学べるコンテンツの提供や、展示・物販などを行うイベントの開催などの事業展開も。

    バンダイに転職を希望するなら、どの分野においても楽しむことができる人がよいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 組織・グループ

    バンダイナムコグループの組織図

    参考:バンダイナムコエンターテイメント

    バンダイは、「バンダイナムコグループ」の企業です。

    子会社や関連会社はほかにもありますが、主幹企業は次の5つです。

    • バンダイ/キャラクター事業を根幹としたトイホビー事業
    • バンダイナムコエンターテイメント/家庭用ゲームコンテンツやモバイルコンテンツの企画販売
    • バンダイナムコアミューズメント/ゲームセンターやテーマパーク、体験施設の運営
    • バンダイナムコアーツ/映画・音楽コンテンツやパッケージソフト、ライブイベントの企画開発
    • サンライズ/アニメーション制作

    国内だけではなく、海外にも目を向け、さまざまなエンターテイメントを提供しています。

    バンダイは主幹企業のひとつ

    次からはそんなバンダイに働く人の評判を交えながら、年収や社風などを解説していきます。

    平均年収

    従業員数(名) 平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均年間給与(千円)
    23(0) 46.6 17.9 10,832

    ※2019年3月31日現在

    引用:株式会社バンダイナムコホールディングス「有価証券報告書」より

    バンダイの平均年収は1,083万円です。

    職種や契約形態によっても異なりますがメーカーとしてはかなり高いほうですね。


    40代・企画・男性

    年収は最低でも650万円は必要だったが、満たしていた

    引用:カイシャの評判


    40代・営業・男性

    ボーナスの比率が高く業績連動のため下がるときは大幅に下がる 又部署評価が大きく左右するため調子のいい部にいれば何もしなくてもそこそこもらえる

    引用:カイシャの評判

    どうしても業績に左右される業界なので、業績がよければボーナスも上がりますし、悪ければ下がります。

    年収が下がってもモチベーションが下がることなく、給与以上にやりがいを見つけられる人が働きやすい職場のようです。

  • スポンサーリンク

  • 社風・評判

    本社の前の通りは通称「バンダイストリート」と呼ばれ、ビル1階にはおなじみのキャラクターがお出迎え。

    14階には食事ができるスペースがあり、「東京スカイツリー」を間近に眺めることができます。

    ラウンジでは焼き立てパンが食べられたりと、とても楽しく仕事ができそうな環境です。

    実際に働く人たちはどう感じているのか、口コミを見てみましょう。


    40代・企画・女性

    社員食堂やカフェを、派遣社員も利用させて貰えました。エレベーターの声がキャラクターボイスだったり、楽しい職場でした。

    引用:カイシャの評判


    40代・企画・女性

    新しい物事へ積極的にチャレンジすることを企業目標にも掲げている、挑戦的な社風だと思います。激しい髪の色やラフな服装でも許される、個性重視の企業です。

    引用:カイシャの評判


    40代・企画・男性

    チャレンジする会社風土があるため、寄らば大樹の陰的な仕事観の人には辛い面があるかもしれない。

    引用:カイシャの評判

    基本的に自由で明るい職場環境にあるようですが、常にチャレンジしてアイデアを出せる人が働きやすいようです。

    自分のアイデアで世の中を変えたい人が向いている職場といえます。

    近年の業績

    バンダイ業績引用:バンダイナムコホールディングス

    近年は売上、営業利益ともに右肩上がりで好調といえるでしょう。

    2018年から「ドラゴンボール」や「機動戦士ガンダム」が大幅にプラスしたことが要因。

    バンダイナムコホールディングス全体でいえば、2018年度連結決算は、売上高が前年度比8.0%増の7323億円、営業利益が12.0%増の840億円、純利益が17.1%増の633億円でした(バンダイナムコホールディングスの決算資料より)。

    業績が好調だからこそ、転職難易度もあがります。

    次の章では、成功率をあげる転職の対策をご紹介します。

    3.バンダイの仕事内容や職種から転職の対策を探る

    バンダイでは多くの職種の人が働いています。

    この章では職種別に働いている人の口コミ、求められる人材、面接の対策を解説していきます。

    主な職種

    バンダイの中の主な職種は以下です。

    • 企画/市場調査及び、商品・サービスの企画立案、仕様の検討など
    • 営業/店舗における売場作りの提案、中間流通業者や代理店などに対する受注活動など
    • 設計・生産/商品の設計、品質管理、商品仕入れなど
    • プロモーション/テレビCMやウェブサイトの企画、雑誌への掲載など
    • 管理/キャラクターの版権交渉・契約、ロイヤリティの管理など

    社員はいろんな部署を異動しながら、多くのことを学んでいく社風

    部署異動を積極的に行っていることから、どこに配属されても新しい仕事にすぐに慣れることのできるフレキシブルな人、どんな環境でも自分らしさが出せる人が向いている企業といえます。

    仕事についての社員口コミ

    バンダイで働くそれぞれの職種の人たちはどんなところにやりがいや楽しさを見出しているのでしょうか。

    企画と営業職のふたつの職種の口コミを交えながら、考察していきます。

    企画

    商品やサービスを立案。

    「こんなのあったらいいな!」をカタチにするバンダイの脳ともいえる職種です。


    20代・正社員・男性

    どの部署でも忙しいので、まず両立というレベルの時間が取れない可能性があります。とくに企画業務は常に頭の中で企画やアイデアのことを考えているので、仕事とプライベートと分けることが非常に難しいと思います。

    引用:カイシャの評判


    40代・正社員・男性

    【身に付くスキル、知識】企画を立てる能力とプロジェクトを仕切る能力は身につくと思います。

    引用:カイシャの評判

    企画はプライベートの時間でも楽しいアイデアを考えるのが苦ではない人でないと、つらいと感じることも多いでしょう。

    営業

    よりたくさんの人びとに商品を手にあってもらうために売り場をつくる職種です。

    小売店との交渉など、市場をつくり上げていきます。


    20代・正社員・男性

    意欲と向上心があれば、挑戦させてもらえる社風があります。実際に自分が担当した商品が店頭に並んだ際に、やりがいを感じました。ただし、受け身の姿勢ではなくね常に積極的に動くことが求められますちどちらかといえば、体育会系の会社といえます。

    引用:カイシャの評判


    20代・正社員・男性

    【社員の成長に向けた支援の積極性】定期的なジョブローテーションなどもあり、充実した支援がある

    引用:カイシャの評判

    営業は、自分の手でブームを作る!という強い意志を持っている人が向いているとわかります。

    社内の支援はあるものの、自分の裁量にまかせてもらえることが多いようです。

    部署によってはフレックスを導入しているところもあるようなので、自分の裁量で仕事をしたい人には向いている職場だといえます。

    さらに詳しく口コミが見たいなら、「転職会議」や「キャリコネ転職サービス」といった口コミサイトで確認してください。

    これからの事業展開

    バンダイでは、2018年4月からの中期経営計画で「突き破り創り出せ!そして世界を“あっ”と言わせよう!」というビジョンを掲げています。

    これは、これまでとは異なる全く新しい取り組みにチャレンジしていこうという姿勢のあらわれです。

    公式サイトの川口勝社長のメッセージには「AI・IoT時代を見越してリアルとデジタルを融合したモノづくりに挑む。またはこれまで組んだことのないパートナーと協働する」とあります(参考:バンダイ公式サイト「トップメッセージ」)。

    バンダイは、これまでになかった新しい風を吹かせてくれる人を求めているとわかりますね。

    次の章からは、具体的に採用情報を見ていきましょう。

    4.バンダイの採用情報をチェック!

    バンダイは人気の企業。

    いつでも中途採用を募集しているわけではありません。

    バンダイに就職したいと考えているなら、常に採用情報に気を配って見るようにしましょう。

    バンダイで募集している職種

    バンダイ本社前

    画像:@ART「バンダイキャラクターストリート」記事より

    現在バンダイ公式サイトで中途採用で募集している職種は以下のとおりです。

    募集職種 商品企画、海外営業
    応募資格 大学卒業以上、社会人経験2年以上
    雇用形態

    正社員登用を前提とした契約社員

    ※1年間の雇用期間後、双方の合意のもと正社員登用

    仕事内容

    商品企画/商品のプロデュース(企画の立案から完成・販売まで)

    海外営業/海外マーケティング(海外マーケットに向けたセールス、マーケティング、プロモーション業務)

    募集要項によれば、異業種からの転職も可能とのこと。

    バンダイの人材ポリシーは、「同魂異才」。

    それぞれが異なる才能を持っている集団を目指しているので、いまは全く違う業種でも「われこそは!」という人はぜひ応募してみましょう。

    また、公式サイト以外にも「転職エージェント」だけの非公開求人もあるかもしれません。

    幅広く転職のアンテナを張っておくことも、バンダイへの転職の近道。

    5.バンダイへの転職におすすめの転職エージェント」も参考にしてみてくださいね。

    バンダイスピリッツもチェック!

    バンダイは「バンダイスピリッツ」と合同で募集していることが多いです。

    「バンダイスピリッツ」は、バンダイのフィギュアやプラモデルなどのハイターゲット向けの事業を継承して、2018年に誕生した新しい会社です。

    「ガンプラ」「Bトレインショーティー」などは会社設立時にバンダイから移管されています。

    これは、バンダイが得意とする子供向け商品だけではなく、コアなファンが多い成人層への商品展開を強化するため。

    バンダイに転職したいなら、「バンダイスピリッツ」の商品情報などもチェックしておきましょう。

    Webテストはある?内定までの流れ

    バンダイの中途採用の流れは、書類選考→面接(複数回)→SPI→最終面接になります。

    SPIは、算数、国語、漢字、性格テストです。

    多くの会社で用いられているものとそんなに変わりはなく、難易度もそこまで難しくはありません。

    重視されているのは、性格や才能熱意、バンダイへの転職の熱意です。

    バンダイの中途採用は制約社員が多いです。

    正社員ではなく、契約社員でもバンダイで働きたいという熱意ある人材を募集しているともいえますね。

    基本的には正社員登用が前提で、多くの人は1年後に正社員登用となっています。

    また、異動によるジョブローテーションも積極的に行っているため、転職時には「この職種じゃないと応募しない」と決めつけずに、柔軟に考えて挑むとよいでしょう。

    SPIは対策本もたくさん出版されていますから、事前にしっかりと対策しておくことが大切です。

    面接突破の対策は?

    先ほどお伝えしたように、バンダイの人材ポリシーは、「同魂異才」

    面接では、自分のこれまでの経験と実績、誰にも負けない強み、他の人にはない自分の魅力、といった「個性」をしっかりとアピールする必要があります。

    これまでのキャリアをバンダイに還元し、世の中を変えるような商品を創っていく力なども見られます。

    日頃から以下のことを考えておくとよいでしょう。

    • 自分自身の能力や強み
    • これまでのキャリアでバンダイに還元できること
    • こんな商品があったらいいなというアイデア

    また、「転職エージェント」を使って、自分の魅力を最大限にアピールできる面接方法をレクチャーしてもらうのもひとつの手です。

    5.バンダイへの転職におすすめの転職エージェント

    バンダイへ転職するなら、「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    転職エージェントとは、 希望に合う求人を紹介してくれたり、転職時の悩みや不安点の相談にのってくれたり、あらゆるサポートを行ってくれる会社です

    自分の魅力を最大限に引き出せる面接対策も行ってくれるので、バンダイの転職においても、強い味方となってくれます。

    この章では、バンダイへの転職に強い転職エージェントを3社紹介します。

    スピーディに転職を実現したいなら「リクルートエージェン

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は求人数が業界ナンバーワン。

    人気企業や大手企業の非公開求人を多数保有しています。

    面接対策や書類選考対策が充実していて、丁寧にカウンセリングしてくれるのが特徴です。

    面接が重要なバンダイ転職に強い味方になってくれるでしょう。

    リクルートエージェントに
    登録する【完全無料】

    面接対策が不安なら人手厚いサポートの「doda」

    doda

    doda」は転職満足度ナンバーワン。

    豊富な求人数と専任アドバイザーの手厚いサポートが強みです。

    ほかの転職エージェントが保有していない有名企業の求人に出合える可能性も高め。

    面接対策でしっかりケアしてくれるので、バンダイ転職も心強いですね。

    dodaに
    登録する【完全無料】

    20代の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント」は、20代の登録者ナンバーワン。

    若手層を採用したい企業とのつながりが強く、第二次新卒向けの求人が豊富です。

    20代の転職サポートが強みで、その丁寧なサポートに定評があります。

    バンダイへの転職を考えていて、20代ではじめて転職を経験する人が利用するのにおすすめです。

    マイナビエージェントに
    登録する【完全無料】

    まとめ

    バンダイは新卒にも中途採用にも人気が高い企業です。

    だからこそ企業研究や面接対策は重要

    記事内で紹介した以下のことをもう一度おさらいして、転職に備えましょう。

    • 企業理念や事業内容から、自分がバンダイで何ができるのかを考える
    • 自分の強みと能力を知り、それをアピールできる面接対策をしっかり行う
    • 転職エージェントに登録してアドバイスをもらう

    この機会に「リクルートエージェント」や「doda」、「マイナビエージェント」の転職エージェントを利用してバンダイへの転職を成功させてくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県 

  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事