ビズリーチ(Bizreach)って実際どう?特徴・評判と利用前の全注意点

ビズリーチ 一般転職

ビズリーチは、ハイキャリアの求人を中心に取り扱っている日本最大規模の転職サービス。

高収入やキャリアアップを狙う多くの方々から支持されています。

今回は、そんなビズリーチの「登録前にこれだけは知っておくべき!」という情報を徹底解説していきます。

「ビズリーチってどこが良いの?」「評判はどうなの?」など、登録前の疑問点を全て解消できる内容なので、ぜひ参考にしてくださいね。

本記事を最後まで読めば、「ビズリーチが自分に合っているのか」しっかり判断できるはずですよ。

【結論】ビズリーチはこんな人が使うべき!

この記事では、ビズリーチを利用するにあたって重要なポイントを余すことなく解説しています。

少しだけ記事が長いので、詳細を説明する前にビズリーチがどんな人におすすめなのか説明しますね。

転職サービス「ビズリーチ」とは

(引用:ビズリーチ

ビズリーチは次のような人におすすめの転職エージェントです。

  • 現在の年収が500万円以上で、さらに年収をアップさせたい人
  • キャリアアップを狙っている人
  • 30~40代で、職務経験が豊かな人

ビズリーチは、ハイキャリア向けの高収入求人を保有している転職サイト。

「ヘッドハンティング型」を採用しており、ヘッドハンターと二人三脚で転職活動を進められます。

スカウトを待つ「受け身」の形で転職活動を行えるので、忙しい方にもおすすめです。

(引用:ビズリーチ

ただし、ビズリーチには「年収500万円以下の方向けの求人」や「キャリアが浅い若者向けの求人」がありません。

また、ハイキャリア向けに限定して求人を取り揃えているため、他サイトを比較すると「求人が少ない」と感じる方も多いです。

年収が500万円以下の方・キャリア浅い方・より多くの求人情報をチェックしたい方は、「リクルートエージェント」や「doda」と利用・併用することをおすすめします。

ビズリーチと他エージェントを上手に活用し、自分にぴったりの求人を見つけましょう。

スポンサーリンク

1.転職サービス「ビズリーチ」とは

転職サービス「ビズリーチ」とは

(引用:ビズリーチ

ビズリーチは高年収者向けの転職サービスであり、日本最大のヘッドハンティング型転職サイトです。

ヘッドハンティング型とは、 求職者がヘッドハンターや企業からの「スカウト」を受ける形で転職を進める仕組みを指します。

▼画像を拡大する

ヘッドハンティング型の仕組み

登録後は、ヘッドハンターや企業があなたの職務経歴書などを見て、求人のスカウトを送ってくれます。

また、ビズリーチでは スカウトを待つだけでなく、募集求人に自ら応募することも可能です。

ビズリーチの基本情報

引き続き、ビズリーチの基本情報をチェックしていきましょう。

ビズリーチは 公開求人数、採用企業数、ヘッドハンター数どれをとっても業界No.1の規模を誇っており、ハイキャリアへの転職を目指す多くの人に活用されています。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 約114,000件
採用企業数(累計) 約10,800社
登録ヘッドハンター数 約3,300人
対応エリア 全国+海外
利用料金 一部有料
  • スポンサーリンク

  • ビズリーチの無料会員・有料会員の違い

    ビズリーチには 無料会員と有料会員があり、利用できるサービスにも違いがあります。

    無料会員のサービスで十分な方なら、有料会員になる必要はありませんよね。

    そこで、無料・有料会員で受けられるサービスを、一覧表にしてまとめました。

      無料会員
    (スタンダードステージ)
    有料会員
    (プレミアムステージ)
    プラチナスカウトの受信・返信
    通常スカウトの受信・返信 ×
    ヘッドハンターへの相談 ×
    特集・公募求人への応募
    ヘッドハンターのみ保有している求人への応募 ×
    企業が掲載している求人への応募 ×

    ※プラチナスカウト:あなたの職務経歴書に強い興味を持った企業やヘッドハンターから届く「特別なスカウト」のこと。通常スカウトとは異なり、面接が確約されています。

    無料会員は受信できるスカウトが限定されていたり、特集・公募求人にしか応募できなかったりと制限があります。

    そのため、おのずと「企業・ヘッドハンターからのプラチナスカウトを待つ」「広く募集されている求人をチェックして応募する」という利用の仕方になるでしょう

    一方、有料会員であれば、 ヘッドハンターのみが保有する条件の良い求人に応募できるなど、活動の幅が広がります

    本腰を入れて転職活動をしたい場合は、断然有料会員がおすすめですよ。

    また、有料会員は審査により、会員属性が「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分けられます。

    • タレント会員:年収750万円未満(2,980円/月)
    • ハイクラス会員:年収750万円以上(4,980円/月)

    タレント会員とハイクラス会員の大きな違いは、受けられる求人と担当ヘッドハンターの質です。

    ハイクラス会員は、 年収が1,000万円以上の求人が多く、ハイクラス向けの優秀なヘッドハンターに相談することが可能です。

    2.比較してわかった!ビズリーチの5つのメリット

    比較してわかった!ビズリーチの3つの特徴

    ビズリーチの基本的な情報をチェックしましたが、「他社とどのような違いがあるのか」「メリットや強みが何なのか」も気になりますよね。

    ここでは、 ビズリーチならではの「メリット」について解説します。

    ぞれぞれ詳しく確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • メリット1.ハイキャリア・高年収の求人が充実している

    ビズリーチには高給与求人が充実しており、年収1,000万円を超える求人が3分の1以上を占めています。

    一般的な転職サイトでは、一般の求人とハイキャリアの求人を合わせて保有している分、ハイキャリアの求人があまり多くありません。

    対して、 ビズリーチでは「ハイキャリア向け」に限定して求人を揃えています

    ハイキャリア向けの求人は、求められるスキルが高く、その分給与も高めです。

    ビズリーチと一般的な転職サイトの違い

    高年収の求人が集まっているので「年収アップを狙いたい」という方は、ビズリーチに登録することで効率良く転職活動を行うことができるでしょう。

    メリット2.受け身で転職活動を行える

    ビズリーチに登録すれば、「スカウトを待つ」という受け身の体制で転職活動を行うことができます。

    ヘッドハンティング型転職サイトの魅力のひとつである「受け身での転職活動」には、以下のようなメリットがあります。

    • 忙しくても転職活動を行える
    • 長いスパンでゆっくり転職活動を行える
    • スカウトがくることで自分の市場価値がわかる

    受け身での転職活動は「忙しい方」や「求人を十分吟味して、ゆっくり転職活動を行いたい」という方にぴったりです。

    また、ビズリーチではスカウトを待つだけではく、自ら求人に応募することもできるので「積極的に転職活動をしたい」という方も活用できます。

    自ら積極的に企業を探すのも良いですし、ヘッドハンターからのスカウトを受け身で待つのもアリ。

    自分に合ったスタイルの転職活動ができるところも、ビズリーチの大きなメリットです。

  • スポンサーリンク

  • メリット3.求人数・ヘッドハンター数が多い

    ビズリーチのようなヘッドハンティング型のサービスは他にもありますが、この業界ではビズリーチが圧倒的なシェアを握っています。

      ビズリーチ キャリアカーバー
    求人数 約114,000件 約50,000件
    ヘッドハンターの数 約3,300人 約1,700名
    採用企業数 約10,800社 非公開

    2番手の「キャリアカーバー」ですら、求人数・ヘッドハンターの数で、ビズリーチには遠く及びません。

    求人数・ヘッドハンターの数などを重視する場合、ビズリーチを選べば失敗することはないでしょう。

    ビズリーチの求人が多い理由のひとつに「他社が保有するエージェントの求人も紹介してもらえる」という点があります。

    ビズリーチではあなたの希望に一番合った求人を紹介してもらえるので、場合によっては他社のエージェントの求人を勧めてもらえることもあります。

    ビズリーチでは他社のエージェントの求人も確認できる

    ビズリーチ内の求人を無理に押し付けようとせず、転職者に本当にあなたに合った求人を探してきてくれるので、安心して求人紹介を待てますね。

    メリット4.ヘッドハンターを自分で検索できる

    ビズリーチでは、求職者自らヘッドハンターを検索できます。

    (引用:ビズリーチ

    登録しているヘッドハンターが多くても、求職者との相性が合わなければ、理想の求人を紹介してもらうことはできません。

    「担当業種」「経験年数」などの条件をして、ヘッドハンターを検索できることは大きなメリットです。

    しっかり 条件を設定して検索することで、自分にぴったりのヘッドハンターを見つけることができるでしょう。

    また、ビズリーチでは、ヘッドハンターの評価として「ビズリーチスコア」を設けています。

    <ビズリーチスコアとは>

    成約数・求人数などの指標からなる評価を5点満点で表し、SからDまでランク分けしたもの

    ビズリーチのヘッドハンターは 自身の評価がスコアではっきりわかってしまうので、利用者に無理に求人を押し付けたりすることはできません

    そのため、ビズリーチにはサービスが丁寧で、転職のノウハウが詳しいヘッドハンターが多く揃っています。

    ヘッドハンターの評価をチェックしたい場合は、「ビズリーチ」スコアを確認してくださいね。

  • スポンサーリンク

  • メリット5.転職成功率アップを狙える

    ビズリーチには「独占案件」「プラチナスカウト」があり、転職成功率アップを狙えます。

    独占案件 ヘッドハンターなどが保有している一般には公開されていない求人
    プラチナスカウト 面接、もしくは面談が確約されているスカウト

    「独占案件」は、企業が求職者に求めるレベルが高い傾向にあり、「本当に求職者にマッチしているのか」十分に吟味された上で紹介されることが多いです。

    そのため、独占案件を紹介してもらえた時点で「スキルが認められており、採用に近づいた」「転職成功の可能性が高まった」といえます。

    また、 無料会員・有料会員ともに受け取れる「プラチナスカウト」は、面接が確約されています

    書類選考なしで面接まで進むことができるため、内定につながりやすいですよ。

    ビズリーチのシステムを上手に活用し、転職成功率アップを狙いましょう。

    3.ここだけは気をつけたい!ビズリーチの注意点

    ビズリーチは、登録するメリットが多い魅力的な転職サイトです。

    しかし、メリットがある反面で、 見落としてはいけない「デメリット」も存在します

    ここでは、ビズリーチを利用する上で気を付けたい注意点をお伝えします。

    それぞれについて、詳しくチェックしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 注意点1.転職を考えていることが勤務先に知られる可能性がある

    まず注意したいのは、 「勤務先に転職活動をしていることが知られてしまう可能性がある」ということです。

    ビズリーチでは、 求職者にスカウトを出すために、名前以外の情報を企業が閲覧できるようになっています

    そのため、勤務先の会社がビズリーチを利用していた場合、あなたの情報が筒抜けになってしまい、現在の仕事に支障をきたしてしまう恐れがあります。

    このような自体を回避する機能として特定の企業に自分の情報を非公開にする「企業ブロック設定」があるので、不安な方は利用しましょう。

    非公開機能の設定の方法はこちらで確認できます。

    注意点2.年収が低いと利用できない

    ビズリーチは、 額面年収が500万円未満の方向けの転職サイトではありません

    年収の申告欄に500万円未満の年収を記入した結果、「全くスカウトが来なかった」「応募しても全く採用されなかった」というケースがよくあります。

    また、年収の申告欄に記載するのは、税金や保険料が差し引かれる前の「税込年収」です。

    本当は額面年収が600万円程度あるのにも関わらず「手取りだと勘違いして申告したために、転職が上手くいかなかった」なんてことも多いので、十分気をつけましょう。

    注意点3.急ぎの転職には不向き

    ビズリーチは、急ぎの転職には適していません。

    なぜなら、ビズリーチが「ヘッドハンティング型」をメインとしている転職サイトだからです。

    自分で求人を探して応募することも可能ですが、基本的には「企業やヘッドハンターかだのスカウトを待つ」というスタイルになります。

    そのため、どうしても転職までの期間が長くなりやすいのです。

    年収が500万円に満たない場合や、転職を急いでいる方は「リクルートエージェント」「doda」などの大手転職エージェントを利用することをおすすめします。

    転職エージェントでは、 アドバイザーが「〇ヶ月後までに転職したい」という求職者の希望に寄り添ってサポートしてくれるので、スピーディーに転職することが可能です。

    また、幅広い求人が集まっているので「ハイキャリア向けの案件」を探すこともできますよ。

    4.実際どうなの?ビズリーチの評判・口コミまとめ

    ビズリーチの特徴や注意点をチェックしましたが、「実際に利用している人がどう感じているのか」も気になりますよね。

    利用者の本音は公式サイトでは確認できないので、登録前には必ずチェックしておきたいところです。

    そこで、 ツイッターに上がっているつぶやきや、「ランクル―」というランキングサイトに集められた口コミを調査してみました。

    (引用:ランクル―

    特に目立っていたのは、以下のような口コミです。

    良い口コミ 悪い口コミ
    • 年収アップ・キャリアアップできた
    • プラチナスカウトが有難い
    • 好条件の求人が多い
    • 年齢が低いと利用しにくい
    • ヘッドハンターの質にむらがある
    • 個人情報に関しての不安が大きい

    引き続き、利用者から挙がっている声を詳しくチェックしていきましょう。

    口コミ1.年収・キャリアアップについて

    年収アップ・キャリアアップできた

    (▼画像を拡大する

    (引用:ランクル―

    「年収をアップさせることができた」という口コミです。

    ビズリーチでは、 他の転職サービスよりも高年収が見込める求人を多く取り扱っているため、年収をアップさせやすいです。

    面接確定のプラチナスカウトがきた

    「面接確約のスカウトで年収が上がるかも」という口コミです。

    ビズリーチのプラチナスカウトでは、面接が確約されているので採用の確率が高くなります。

    プラチナスカウトが高年収の求人だった場合、年収アップを狙えるでしょう。

    口コミ2.転職のしやすさについて

    好条件の求人が多い

    「良い求人が多い」という口コミです。

    ハイキャリア向けの求人が集まるビズリーチには、収入面・待遇面などに関して条件の良い求人が多いです。

    40代で役職アップの転職が出来た

    (▼画像を拡大する)

    (引用:ランクル―

    「40代で希望条件が多少高くても転職できた」という口コミです。

    ビズリーチでは優秀なヘッドハンターが多数在籍しているので、安心してサポートをお任せできます。

    「役職をアップさせたい」「キャリアアップしたい」という相談に対しても、有意義なアドバイスをしてくれますよ。

    年齢が低いと利用しにくい

    「若いと利用しにくい」という口コミです。

    ビズリーチに限ったことではありませんが、年齢が低く十分なキャリアがない場合、高年収の転職をしにくい傾向があります。

    ハイキャリア向けのビズリーチでは特に、キャリアが浅い若者は「採用されにくい」「利用しにくい」と感じることが多いようです。

    口コミ3.ヘッドハンターの質にむらがある

    エージェントの質がよくない

    「エージェントの質があまりよくない」という口コミです。

    ビズリーチに登録しているヘッドハンターは3,000人以上にのぼるため、相性が合わないヘッドハンターに当たってしまうこともあります

    「相性が合わない」と感じた場合は、ヘッドハンター検索機能などを使用し、自分に合うヘッドハンターを探しましょう。

    エージェントの質が良かった

    「ヘッドハンターの質が高い」という口コミです。

    ビズリーチでは定期的にヘッドハンター大賞という大会で表彰を行い、ヘッドハンターの質を上げる取り組みをしています。

    優秀なヘッドハンターを見つけるには「ランクの高いヘッドハンターに条件設定して検索する」ことも効果的ですよ。

    口コミ4.個人情報が広く知られてしまう

    個人情報が広まってしまう

    「個人情報が勤務先に漏れてしまうかもしれない」という口コミです。

    ビズリーチでは、職務経歴書など個人が特定される恐れのある情報も公開されます

    必要であれば、特定の企業を非公開にする「企業ブロック設定」を利用しましょう。

    意外な所からオファーが来た

    「個人情報が開示されていたことで、思わぬ所からスカウトが来た」という口コミです。

    個人が特定されやすいことが、時にメリットになることもあるようですね。

    5.結論!ビズリーチはこんな人におすすめ

    ここまで、ビズリーチの特徴から、注意点、そして口コミ・評判まで詳しくチェックしました。

    今までの内容を踏まえると、ビズリーチは以下に当てはまる方におすすめです。

    • 現在の年収が500万円以上で、さらに年収をアップさせたい人
    • キャリアアップを狙っている人
    • 30~40代で、職務経験が豊かな人

    ハイキャリア向け・高年収の求人が多いビズリーチでは、「キャリア」がとても重要視されます。

    そのため、年齢が高く職務経験が豊富な方は、若い方よりも有利に転職を進めることができるでしょう。

    ビズリーチは「30代~40代で、ある程度のキャリアのある方」にぴったりの転職サイトです。

    ビズリーチをおすすめできないのはこんな人

    反対に、以下に当てはまる方にはビズリーチをおすすめできません。

    • 現在の年収が500万円以下の方
    • 20代でキャリアに自信がない方
    • 転職を急いでいる方

    特に年収500万円以下や、キャリアがない方が登録しても、スカウトがこなかったり自分に合う求人を見つけられない可能性が高いです。

    上記に当てはまる方には、ハイキャリアのみを対象とするのではなく幅広い求人を保有している「大手転職エージェント」の利用をおすすめします

    6.ビズリーチと合わせて使うべき転職エージェント

    この章では、ビズリーチと合わせて使うべき転職エージェントを紹介します。

    大手転職エージェントには、幅広い求人があり、高年収の案件も多いです。

    そのため「ビズリーチがおすすめな人」も、プラスアルファとして2~3社の転職エージェントに登録することをおすすめします。

    さまざまな求人を比較することで、より自分にぴったりの求人を見つけることができますよ

    また、転職エージェントでは、ビズリーチとは異なり、「転職エージェントに在籍しているコンサルト」が求職者を担当します。

    「早めに転職したい」などの要望にもしっかり応えてくれるので、安心してサポートをお任せできるでしょう。

    ここからは、おすすめの転職エージェント2社をご紹介します。

    求人数業界最多の「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、20代~40代まで幅広い年代に向けた案件を揃えている、大手リクルートが運営する転職サービスです。

    求人数はビズリーチの約2倍の24万件もあり、業界最多となっています。

    求人数が多いため、自分の条件に合った求人を効率良く見つけることができますよ。

    「さまざま求人を比較したい」という方にぴったりです。

    また、求人の幅が広いので「ビズリーチは敷居が高い」と感じる方にもおすすめです。

    利用者満足度の高い「doda」

    doda」(デューダ)はリクルートエージェントと並ぶ、業界大手の転職サービスです。

    公開求人数は「10万件以上」と、業界トップクラスの求人数を誇っています。

    求人数ではリクルートエージェントに敵いませんが、コンサルタントの書類添削や面接対策が充実しているため、転職初心者におすすめです。

    また「面接確約オファー」や、非公開求人を優先的に受け取ることができる「スカウトメール」など、転職サポート機能も充実しています。

    希望に合わせて特化型の転職エージェントも活用しよう

     「この職種に転職したい」と明確に決まっている方には、特化型転職サービスがおすすめです。

    特化型転職サービスでは、特定の業種の求人を多数掲載しています。

    あなたの希望に一番近いエージェントに登録しておくと、転職活動がスムーズに進みますよ。

    以下に、特化型転職サービスの「職種」と「特徴」をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    サービス会社名 職種 特徴
    レバテックキャリア IT/web業界のエンジニア・クリエイター 職務経歴の添削などサポートが手厚く、内定率が高い
    ワークポート インターネット・ゲーム 就職決定人数NO.1
    マスメディアン マスコミ・広告・web マスコミ・広告・web に特化した転職支援会社
    クリーデンス ファッション・アパレル ファッション・アパレルに特化した転職サービス
    アパレル転職ナビ ファッション ファッションに特化した転職サービス
    メイテックネクスト 製造系エンジニアメーカー モノづくり系エンジニアの転職支援NO.1

    7.ビズリーチに登録して求人を探すまでの簡単3ステップ

    この章では、ビズリーチに登録して求人を探すまでの手順を解説します。

    手順は、以下の3つのSTEPです。

    難しい手順はないので、安心してくださいね。

    それではSTEP1からチェックしていきましょう。

    STEP1.ホームページから会員登録

    (引用:ビズリーチ

    ビズリーチ」の公式サイトから、新規登録します。

    メールアドレスのほか、google・Facebook等のアカウントを利用して登録することも可能です。

    基本情報を入力していくと、最後に「直近の職種の業務内容」を入力する項目が表示されます。

    「直近の職種の業務内容」は、ヘッドハンターが企業にあなたを売り込む際に利用する情報になるので、できるだけ具体的に記載しましょう。

    記載の際に意識するポイントは、以下の通りです。

    • 何の事業(部門)なのかを分かりやすく簡潔に
    • 実績などは数字を使って具体的に記入する
    • その業務に通じてどのような成果が得られたか

    次に、職歴を記入する項目があるのですが、こちらも非常に重要な欄のため、ビズリーチに掲載されている職務経歴書のサンプルを参考に作成しましょう。

    STEP2.企業・ヘッドハンターとやり取りをする

    企業やヘッドハンターから連絡が来た場合、やり取りの仕方には以下の2種類があります。

    企業からスカウト届いた場合 ヘッドハンターからスカウトが届いた場合
    ポジションが埋まってしまう可能性が高いため、すぐに返信をすることをおすすめします。 積極的に連絡を取り、スカウトの詳細を詰めることをおすすめします。

    企業・ヘッドハンターとやり取りをする際には、自分の職歴に記載していないことを過剰にアピールしないよう注意しましょう

    職歴と違うアピールをし過ぎると「聞いていた話と違う」とミスマッチ感を覚えられてしまいます。

    アピールしたいことがある場合は、先に職務経歴書の内容を変更することをおすすめします。

    STEP3.面接・採用

    面接まで到達すれば、採用まであともう一息です。

    ヘッドハンターを通しての面談の場合、内定後の手続き等もヘッドハンターが代わりに行ってくれます。

    年収などの条件交渉・入社日調整などをヘッドハンターがサポートしてくれるので、安心ですよ。

    8.ビズリーチで転職を成功させる3つのポイント

    この章では、ビズリーチで転職を成功させるためのポイントを解説します。

    ビズリーチ以外の転職サービスにも言えることですが、 しっかりポイントを抑えなければ転職の成功率が下がってしまいます

    転職を成功させるためには、以下のポイントを意識しましょう。

    ポイント1.有料会員登録をする

    ビズリーチで転職をするなら無料会員ではなく、断然「有料会員」がおすすめです

    有料会員をおすすめするのは「無料会員と比較して充実したサポートがあるから」ということも理由のひとつですが、転職業界の仕組みも大きく関係しています。

    ビズリーチの公式ページでは、転職業界における会員について以下のように説明しています。

    • 「無料会員」=商品
    • 「有料会員」=お客様

    具体的に、どのような違いがあるのか詳しくチェックしていきましょう。

    無料会員の場合

    ▼画像を拡大する

    無料会員の仕組み

    無料会員の場合、転職サービス会社にとってのお客様は「企業」。

    優先するのは「求職者」ではなく「企業」です。

    そのため、求職者にとって最適な転職先を紹介するのではなく、より多くのお金を払ってくれた企業にとって都合の良いような転職を紹介することになります。

    この場合、転職者にとって本当に良いサービスであるとは言えませんよね。

    有料会員の場合

    ▼画像を拡大する

    有料会員の仕組み

    無料会員の場合、多くのお金を払ってくれる企業のため、求職者に転職を勧めることが多いです。

    対して有料会員の場合、転職サービス会社は求職者と企業の両方から利益を得られるため、無理に転職を勧める必要がなくなります。

    無料会員の場合は「多くのお金を払った企業を優先して紹介する」というケースも多いですが、有料会員であれば「本当に求職者に合った求人」を紹介してくれます

    理想の転職を叶えるためには、あなたに合った求人を紹介してもらうことが重要。

    より自分にぴったりの求人を見つけるためにも、有料会員として登録することをおすすめします。

    また、ビズリーチでは、1週間無料で「有料会員」にアップグレードできる「無料体験」も用意されています。

    有料会員に登録するのが不安な方は、まず無料体験を利用してみましょう。

    ポイント2.優秀なヘッドハンターを見つける

    ビズリーチのようなヘッドハンティング型転職サイトでは、「ヘッドハンターの良し悪しによって転職を成功できるか決まる」といっても過言ではありません。

    ビズリーチには、約3,300人のヘッドハンターが登録していますが、 しっかりと「優秀なヘッドハンター」を見極めることが重要です。

    ヘッドハンターを検索する機能を駆使し、自分にぴったりのヘッドハンターを見つけましょう。

    その際は、以下のポイントを参考に「信頼してサポートをお任せできるかどうか」判断してください。

    • ビズリーチスコア(ヘッドハンターの評価)
    • 経験年数
    • 担当業種
    • プロフールに記載されている「強み」
    • 保有している求人

    ポイント3.積極的にヘッドハンターに相談する

    ビズリーチ登録後は、積極的にヘッドハンターに相談しましょう。

    ヘッドハンターは、「独占案件」という、条件の良い求人・転職に関する有益な情報を持っていますが、求職者が何もアプローチしなければ、独占案件を紹介してもらえる可能性は低いです。

    独占案件を優先的に紹介してもらうためには、ヘッドハンターにあなたの存在を認知してもらうことが重要となります。

    ヘッドハンターに積極的に相談することで、ヘッドハンターがあなたの情報について深く知ることができます。

    その結果、独占案件や、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえる可能性が高くなりますよ。

    9.【Q&A】ビズリーチのよくある質問

    最後に、ビズリーチを利用するうえで知っておきたいことを質問形式で解説します。

    登録前に、しっかり疑問を解消しておきましょう

    Q1.年収が低くても利用できますか?

    A.利用は出来ますが、おすすめはできません

    年収が650万円未満の方は登録後、スカウトが来る可能性は非常に低いです。

    そのため、年収が650万円に満たない場合は、リクルートエージェントdodaへの登録をおすすめします。

    Q2.勤務先に知られないように利用することは出来ますか?

    A.可能です。

    ビズリーチでは自分の情報を公開しない相手を選ぶことができます。

    詳しくは、こちらをご覧ください。

    Q3.職務経歴等はどのように書けばいいですか?

    A.ビズリーチ公式の職務経歴サンプルをお手本にすることをおすすめします。

    ビズリーチでは、「お役立ちコンテンツ」として職務経歴書の書き方が掲載されています。

    職務経歴等の書き方が分からない場合は、「ビズリーチで掲載されているサンプル」を参考にしましょう。

    Q4.有料プランは利用するべきでしょうか?

    A.有料プランをおすすめします。

    有料プランには、無料プランにないサービスが充実しているため、より良い転職先が見つかる可能性が高いです。

    無料プランと有料プランの違いは「ビズリーチの無料会員・有料会員の違い」で詳しく解説しています。

    Q5.一度登録すれば、ずっと利用できますか?

    A.はい。利用できます。

    有料会員の場合、月々の会費はかかりますが、退会しない限り利用することができます。

    しかし、何ヶ月も更新されていない場合、ヘッドハンターから「リスクの高い紹介相手」と判断され、紹介される求人の数が少なくなる恐れがあります。

    こまめなログイン・更新を心がけましょう。

    Q6.転職決定時の「お祝い」はありますか?

    A.あります。

    専用フォームから「転職決定」を報告すると、ビズリーチからのお祝いとして5,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

    入社日から1ヶ月以内に「Amazonギフト券番号が記載されたメール」が届くので、見逃さないよう注意しましょう。

    まとめ

    ビズリーチは、高年収の求人数を多く掲載している日本最大のヘッドハンティング型転職サービスです。

    年収・キャリアアップを目指すのであれば、登録しておいて損はありません

    受け身で転職活動を進めることができるので、忙しい方にもおすすめですよ。

    ただし、「年収が500万円未満の方」「転職を急いでいる方」「20代の若者」に、ビズリーチはあまりおすすめできません。

    上記に当てはまる方は、幅広い求人を保有している「リクルートエージェント」やdoda」を利用しましょう

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    目的別で徹底比較!おすすめの転職エージェントと失敗しない選び方

    2019.04.13
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件