キャリトレって実際どう?特徴・評判と利用前に確認すべき全注意点

キャリトレって実際どう?特徴・評判と利用前に確認すべき全注意点 一般転職

キャリトレ」は、株式会社ビズリーチが運営する転職サイトです。

「20代のため」と公表しているだけあって、新規で会員登録する人の約73%は20代です。

「自分も20代だし登録しても良さそうかな…!」とお考えかもしれませんが、ちょっと待ってください!

転職サイトはしっかり特徴を理解して選ばなければ、希望に沿った仕事に就けずに後悔することになってしまいます。

そこで本記事では、キャリトレの特徴や注意点、実際に利用した人の評判などを徹底的に調査してまとめました。

キャリトレに登録する前に当記事を読めば、本当に自分が使うべき転職サイトなのか判断できますよ。

ぜひ参考にしてください。

【結論】キャリトレはこんな人が使うべき!

この記事では、キャリトレを利用するにあたって重要なポイントを余すことなく解説しています。

その分少しだけ記事が長いので、詳細を説明する前にキャリトレがどんな人におすすめなのか説明しますね。

キャリトレは次のような人におすすめです。

  • 20代の若者で、正社員就職を目指している人
  • スキマ時間に転職活動を効率的に行いたい人
  • 自主的に行動して転職活動を行っていける人

キャリトレは、20代向けの求人を多く保有している転職サイト。

アプリサービスも提供されているので、スキマ時間にコツコツと転職活動を行うことが可能です。

(引用:キャリトレ

ただし、キャリトレはあくまでも「転職サイト」なので、転職エージェントのような手厚いサポートはありません。

アドバイザーなど担当者がついて転職を支援してくれるわけではないので、転職活動に少しでも不安がある方は「リクルートエージェント」や「doda」の併用・利用が適しています

とはいえ、キャリトレに20代向けの豊富な求人があることは事実。

さまざまな求人をチェックして視野を広げたい場合、キャリトレに登録して損はありませんよ。

キャリトレに無料登録してみる

スポンサーリンク

1.キャリトレとは?

キャリトレ」は、 20代から30代前半までの人向けに転職サポートを展開する、いわゆる「若者向け」の転職サイトです

「アプリ」や「Twitter上での転職相談」など、若い人が使いやすい機能が充実しています。

※キャリトレでも、ビズリーチと似たようなCMを流しています。

そのため、「ビズリーチとの違いは?」と疑問に思われる人もいらっしゃいますよね。

大きな違いは、「対象者の違い」です。

転職サービス名 対象者
キャリトレ キャリアの浅い若者向け
ビズリーチ キャリアのある即戦力となるハイクラス向け

どちらも利用者を限定して、それぞれの強みに特化したサービスを展開しています。

キャリトレの基本情報

まずは、キャリトレの基本情報を確認しておきましょう。

会員数 約48万人
22~29歳の会員の割合 約73%
求人数 15万件以上
キャリアアドバイザーのサポート なし
対象地域 全国
利用料金 無料
転職お祝い 5,000円分のAmazonギフト券
  • 会員数
    2014年4月にサービスを開始(旧:キャリアトレック)してから、どんどん会員数を伸ばしています。

  • 22~29歳の会員の割合
    「若者向け」の転職サイトということもあり、会員の約73%が20代です。

  • 求人数
    掲載されている求人のほか、ヘッドハンターが保有する求人もあるので、非常に多くなっています。

  • キャリアアドバイザーのサポート
    転職サイトなので、キャリアアドバイザーによるサポートはありません。
    基本的には、自分で求人を探し、求人に応募し、選考を受けていくことになります。

  • 対象地域
    東京都の求人が圧倒的に多いですが、地方の求人も掲載はしています。
    勤務地ごとに検索が可能です。

  • 利用料金
    すべての機能を無料で使うことができます。

  • 転職お祝い
    キャリトレを通じて転職することで、Amazonギフト券5,000円分がもらえます。
  • スポンサーリンク

  • 2.若者に人気の理由は?キャリトレの3つの特徴を解説

    比較してわかった!キャリトレの3つの特徴

    キャリトレの基本的な情報をチェックしました。

    では、どうしてキャリトレは20代から強く支持されているのでしょうか?

    この章では、 キャリトレの強みでもある3つの特徴について解説します

    詳しくチェックしていきましょう。

    特徴1.20代向けの求人が充実している

    キャリトレには、20代向けの求人が豊富です。

    「どうして20代向けの求人が充実しているのか」というと、 キャリトレ会員の7割以上が「20代」だから

    転職率をアップさせるため、会員の年齢層に合わせて求人を取り揃えているのです。

    20代の会員が7割を超えている転職サイトは、なかなか他にありません。

    キャリトレと同様、転職サイトである「エン転職」「doda」「マイナビ」登録者における20代の割合を以下にまとめました。

    転職サイト登録者における20代の割合

    ※以下を参考にグラフを作成

    グラフを見ると、キャリトレの20代会員が多いことがわかりますよね。

    20代の会員が7割以上を占めるキャリトレは、まさに「若者向け」の転職サイト。

    ターゲットを絞っている分、対象者である「20代向け」の求人が豊富なのです。

  • スポンサーリンク

  • 特徴2.転職を迷いなく進められる機能が充実している

    キャリトレでは、転職活動中に役立つ機能が充実しています。

    おもな機能は、以下の通りです。

    転職やることリスト

    やることリストで今やるべきことがすぐわかる

    ▲画像を拡大する

    • 「転職やることリスト」で自分のすべきことを把握できる
    • ステップごとに進めていけば、迷わず転職活動を進められる
    • 「その日やること」という件名でメールが届く

    レコメンド機能

    ▲画像を拡大する

    • 紹介される求人を「興味がある」「興味がない」に振り分けることで、求人紹介の精度がアップ
    • 条件に合う求人が紹介される確率が高くなる

    2種類のスカウト機能

    ▲画像を拡大する

    • [スカウト]:登録されている情報と企業やヘッドハンターが求める条件をシステムが自動的にマッチングし、スカウトが送られる
    • [プレミアムスカウト]:登録されている情報を企業やヘッドハンターが見て、「ぜひ会いたい」と思った人に「面談確約」のスカウトが送られる

    求人特集

    ▲画像を拡大する

    • 「新規事業立ち上げ」「未経験OK」テーマを設定し、それに合う求人を特集ページにて紹介
    • さまざまな求人をチェックすることで、転職の視野を広げられる

    アプリサービス

    ▲画像を拡大する

    • スキマ時間にアプリで求人をチェック可能
    • 企業やヘッドハンターからメッセージが届いた際に、チャットで直接連絡できる

    中でも注目すべきなのが、「レコメンド機能」。

    AIがあなたの検索情報を記憶して、希望に近い求人を見つけやすくしてくれますよ

    また、キャリトレでは外出先でも気軽に求人をチェックできる「アプリサービス」も提供しています。

    スキマ時間を活用して転職活動を進めたい方は、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

    アプリでキャリトレがもっと便利に!

    (引用:キャリトレ

    apple版は⇒こちら 

    android版は⇒ こちら

    特徴3.「キャリトレさん」で気軽に転職相談ができる

    キャリトレでは、 「転職やキャリアについて身近に相談したい」と思う20代社会人に向けて、「キャリトレさん」というサービスを展開しています。

    (引用:挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」Twitter公式キャラクター「キャリトレさん」デビュー

    キャリトレTwitter公式キャラクターのキャリトレさんが、 気になるニュースをシェアしたり、20代社会人の悩みにTwitter上で相談にのってくれます

    Twitter上で匿名で相談できるので、悩みも打ち明けやすいですよね。

    ただし、投稿内容は他のユーザーからも見られます。

    場合によってはリツイートなどで拡散される危険性もあるので、投稿内容・書き方には十分気をつけましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.ここだけは気をつけたい!登録前に知っておくべきキャリトレの注意点

    ここだけは気をつけたい!キャリトレの2つの注意点

    キャリトレの特徴をチェックして「使いやすそうだし、とりあえず登録だけしてみようかな」と考えている方もいらっしゃいますよね。

    キャリトレに登録するのであれば、特徴だけでなく「デメリット」や「弱み」も把握しておくことが大切です。

    ここからは、登録前に「ここだけは気をつけてほしい」という注意点と、その対策をお伝えしていきます。

    注意点は以下の2つです。

    では、見ていきましょう!

    注意点1.サポートサービスはあまりない

    キャリトレには、 転職エージェントのような充実したサポートサービスは一切ありません

      求人紹介 機能 サポート

    キャリトレ

    ×

    メールでの紹介のみ

    アプリ・やることリストなど、充実した機能あり

    基本的に自力での転職活動


    転職エージェント

    アドバイザーが求職者にぴったりの求人を探してくれる

    エージェントによってはアプリあり

    面接対策・書類添削・給与交渉等のサポートあり

    キャリトレの場合、応募書類の作成・面接の日程調整・給与交渉などは、基本的に自力で行う必要があります。

    「手厚いサポートを受けたい」という方は、キャリトレのほか「リクルートエージェント」や「doda」などの転職エージェントを併用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 注意点2.30代以上には不向き

    キャリトレは、20代向けに提供されているサービスです。

    そのため、30代半ば以上の求職者には不向き。

    せっかく登録したのに「条件に合う求人を見つけられない」「ミドル層向きの求人が全然ない」というケースも多いです。

    30代以上の方は、以下記事を参考に「30代にぴったりの転職サイト・転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    4.実際どうなの?キャリトレの評判・口コミまとめ

    ここまで、キャリトレの特徴や注意点をお伝えしてきました。

    「色々な特徴・注意点があるのはわかったけど、実際使ってみた人はどう思ってるの?」と、気になりますよね。

    利用者の口コミを参考にしていくことで、キャリトレが本当に満足して使えるサービスなのかわかります。

    そこで、本記事ではキャリトレの利用者の口コミをTwitter上で調査しました。

    特に目立っていたのは、以下のような口コミです。

    良い口コミ 悪い口コミ
    • スムーズに転職できた
    • 好条件の求人が見つかった
    • 使いやすい
    • スカウト機能がありがたい
    • 便利
    • レコメンド機能が役に立たない
    • 連絡が多い

    引き続き、利用者からの「生の声」をチェックしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 良い口コミ

    まずは「使ってみて良かった」という口コミから見ていきましょう。

    転職できた

    「キャリトレを使って、実際に転職できた」という口コミです。

    「実際に利用して転職できた」という声があるのは、「これから使おうかな」と考えている方にとって嬉しい情報ですよね。

    好条件の求人が多い

    「いい求人が多い」という口コミです。

    レコメンド機能のおかげなのか、 自分にあった求人を見つけられた方も多いようです。

    使いやすい

    「転職サイトとして使いやすい」という口コミです。

    サイトが使いやすくデザインされているため、簡単かつ効率的に転職活動を進められます。

    スカウト機能がありがたい

    「企業やヘッドハンターからのスカウトが届いた」という口コミです。

    「書類選考が通らずに困っている」「できるだけ早く転職したい」という方にとって、面談確約のプレミアムスカウトはありがたいですよね。

    悪い口コミ

    次は、マイナスな口コミをチェックしていきましょう。

    レコメンド機能が役に立たない

    「レコメンド機能の精度が良くない」という口コミです。

    AI(人工機能)による求人紹介なので、必ずしも求職者が求めている求人が届くわけではないようです。

    希望の求人と違う場合は、希望条件や経歴書などの内容を見直したり、「興味がある」「興味がない」の振り分けを積極的に行ってみましょう。

    連絡が多い

    「メールが多い」という口コミです。

    スカウトの連絡などは多いに越したことはないですが、多過ぎるのも問題です。

    連絡が多いと感じる場合は、自分の必要なもの・不必要なものを明確にして、受信設定を見直しましょう。

    5.結論!キャリトレはこんな人におすすめ

    結論!キャリトレはこんな人におすすめ

    キャリトレの特徴や口コミをチェックしました。

    では、キャリトレはどんな人に向いているサービスなのでしょうか?

    ここまでの情報を踏まえて考えると、キャリトレは以下にあてはまる方におすすめです。

    • 20代の若者で、正社員就職を目指している人
    • スキマ時間に転職活動を効率的に行いたい人
    • 自主的に行動して転職活動を行っていける人

    キャリトレは、若者向けの正社員求人を数多く取り扱っています。

    転職活動を効率よく進めるための機能も充実しているので、忙しい人でもスキマ時間を使って転職活動を行うことが可能です。

    自主的に転職活動を行える20代であれば、登録して損することはないでしょう。

    キャリトレをおすすめできないのはこんな人

    反対に、キャリトレをおすすめできないのは、以下に当てはまる方です。

    • 30代半ばを超えている人
    • 充実したサポートを受けながらじっくりと転職活動したい人

    このような方がキャリトレに登録しても、 求人が見つけられなかったり、サービスに満足できない可能性が高いです。

    上記に当てはまる方は、キャリトレではなく転職エージェントを利用することをおすすめします。

    キャリトレは転職エージェントと併用すべき

    転職エージェントを利用したほうが良いのは、「キャリトレをおすすめできない人」だけではありません。

    あなたが「おすすめな人」に当てはまる場合でも、キャリトレと転職エージェントを併用すべきです。

    なぜ転職エージェントの利用を強くおすすめするのかというと、キャリトレが「転職サイト」であるからです。

    注意点1.サポートサービスはあまりない」でもお伝えしたように、転職サイトであるキャリトレには、転職エージェントのような充実したサポートがありません。

    応募書類の添削・面接対策などのサポートを受けるためには、転職エージェントを利用することが必須です。

    そのため、 キャリトレは「気軽に求人を探すためのツール」として利用し、転職エージェントを「手厚いサポートを受けるツール」として利用することをおすすめします

    サイトとエージェント、両方を使いこなすことで効率良く転職活動を進めることができますよ。

    6.キャリトレと合わせて使うべき転職エージェント

    キャリトレと合わせて使うべき転職エージェント

    では、ここからキャリトレと併用して使うべき転職エージェントをお伝えします。

    キャリトレと併用するなら、 キャリトレの弱みを補ってくれる転職エージェントが理想的ですよね。

    「30代以上には不向き」「サポートサービスが少ない」といった、キャリトレの弱みをカバーできるおすすめの転職エージェントは、以下の2社です。

    詳しくお伝えしていきます。

    リクルートエージェント

    (引用:リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、転職支援実績がNO.1の転職エージェントです。

    業界・職種に精通した経験豊富なアドバイザーが在籍しており、求職者にベストマッチする求人を見つけてくれます。

    対面での相談もできるので、キャリトレの弱みである「サポート」の部分をしっかりとカバーできるでしょう。

    また、求人数も約24万件と多く、20代に限らず幅広い年代に適した求人があります。

    「キャリトレだけではサポートが不安」「より多くの求人から幅広く検討したい」という人は、ぜひ利用してみてください。

    doda

    (引用:doda

    doda」は、 転職エージェント・転職サイト、両方の機能を兼ね備えている転職サービスです。

    受け身で求人を紹介されるのを待つだけでなく、自分で求人を探して「この求人どうなの?」とアドバイザーに確認することもできます。

    履歴書や面接対策の相談にものってもらえるので、サポート面に関しても安心です。

    非公開求人も豊富に取り揃えているため、リクルートエージェント・キャリトレと合わせて利用することで、より視野を広げられるでしょう。

    7.キャリトレを利用した転職活動の流れ

    キャリトレを利用した転職活動の流れ

    キャリトレが自分に合っているかどうかわかったところで、 キャリトレに登録して求人を探す流れを確認していきましょう。

    全体の流れは、以下の通りです。

    それぞれ、詳しく説明していきます。

    STEP1.会員登録

    キャリトレ」のホームページ上にある「新規登録」をクリックしてください。

    クリックすると、「基本情報」のフォームが表示されます。

    STEP1.会員登録1

    (引用:キャリトレ

    同じようなフォームが9個出てきますので、該当する項目を選択していってください。

    すべて答えると次は、「就業状況・希望条件」のフォームが表示されます。

    STEP1.会員登録2

    (引用:キャリトレ

    合計8個のフォームが出てきますので、指示に従って進めてください。

    すべて答えると次は、「職務経歴」のフォームが表示されます。

    STEP1.会員登録3

    (引用:キャリトレ

    合計7個フォームが出てきますので、指示に従って進めてください。

    希望条件や職務経歴書などの内容が不足していると、レコメンドの求人の精度は低くなりやすいです。

    正確に、充実した内容を登録しておきましょう。

    これで会員登録は完了です。

    STEP2.やることリストを見ながら進めていく

    会員登録が終わったら、 「やることリスト」を確認しましょう。

    そこに、 これからやるべきタスクが書かれていますので、その通りに進めていくことをおすすめします。

    自己分析の仕方や職務経歴書の書き方についても書かれていますので、面倒がらずに読んでおきましょう。

    STEP3.内定・転職お祝いの申請

    STEP3.内定・お祝い金の申請

    内定がもらえた後は、転職お祝いの申請をしましょう。

    入社が決まってから3ヶ月以内に、「転職お祝い申請ページ」より申請してください。

    入社日から1ヶ月以内に、登録されているメールアドレス宛に Amazonギフト券5,000円分が届きます。

    ※入社を辞退した場合や、お祝い受け取り前にキャリトレを退会してしまうと受け取ることができません。

    また、Amazonギフト券は再発行ができないため、送られてきたメールは削除しないよう注意しましょう。

    8.キャリトレを利用して転職を成功させる2つのポイント

    7.キャリトレを利用して転職を成功させる3つのポイント

    ここまでの内容をふまえて、 キャリトレを利用して転職を成功させるポイントをお伝えします。

    チェックした内容と重複する部分もありますが、おさらいの意味も含めて確認していきましょう。

    ポイントは3つです。

    ひとつずつお伝えします。

    ポイント1.毎日レコメンド求人の振り分けを行う

    レコメンド機能は、使えば使うほど精度が上がっていきます。

    はじめのうちは、希望条件と合わないこともあるかもしれませんが、「条件に合う求人が紹介されないから…」と使用をやめてしまうのは非常にもったいないです。

    毎日表示される10個のレコメンド求人だけは確実に、「興味がある」「興味がない」の振り分けを行いましょう。

    ポイント2.やることリストの内容を徹底してやり切る

    キャリトレでは、やることリストに「転職活動ですべきタスク」が表示されるようになっています。

    「これはやらなくもいいだろ」と、とばしたくなる部分もあるかもしれません。

    しかし、 やることリストに表示されているタスクは、すべて大切な内容なので、とばさず徹底してやり切ることが大切です。

    ちょっとした油断が思わぬ結果につながる可能性もあるので、見落とさないよう注意してくださいね。

    やることリストを活用し、スムーズに転職活動を進めましょう。

    9.【Q&A】キャリトレのよくある質問

    最後に、キャリトレについてよくある質問をまとめておきます。

    当記事の内容と合わせて確認してください。

    Q1.キャリトレの利用料金について

    A. 無料です。

    すべての機能において一切費用はかかりませんので、ご安心してお使いください。

    Q2.解約方法は?

    A. マイページの退会ページから可能です。

    退会してしまうと「転職お祝い」が受け取れなくなりますので、ご注意ください。

    Q3.メールの配信停止について

    A. マイページの設定から可能です。

    あまりにもたくさん届くようであれば、設定を一度しましょう。

    Q4.キャリトレさんのプロフィールが知りたい

    A. キャリトレさんのプロフィールは以下の通りです。

    【キャリトレさん プロフィール】

    • 年齢:32歳
    • 東京都23区在住/神奈川県出身
    • 経歴:新卒で人材紹介会社に入社、法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。担当領域は、エンジニアから営業・販売・管理まで多岐にわたるが、特に定評があるのは、20代の若手社会人へのキャリアアドバイス。25歳のときに転職を経験しており、現在2社目。
    • 性格:きちょうめんかつ丁寧で、どんな悩みにも常に真剣に向き合う。トレンドにも敏感。

    【キャリトレさんがつぶやく主な内容】

    1. キャリアのお悩み相談(Twitterで悩みを募集し、随時回答します)
    2. 仕事、働き方、キャリアに関するお役立ち情報
    3. キャリトレのイベント情報
    4. プレゼントキャンペーンなどの情報
    5. キャリトレさんの個人的なつぶやき

     

    (引用元:業界チャンネル|挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」Twitter公式キャラクター「キャリトレさん」デビュー

    Q5.レコメンド機能について詳しく知りたい

    A. レコメンド機能とは、AI(人工知能)があなたの検索情報を記憶して、希望に近い求人を見つけやすくしてくれる機能のことです。

    紹介される求人に対し「興味がある」「興味がない」というボタンが表示されますので、どちらか選択して振り分けていってください。

    振り分けることで、あなたにマッチした求人を見つけやすくなります

      レコメンド(AI)機能 気になる機能 スカウト
    「興味がある」 分析・学習し、より希望条件にマッチする企業を紹介 保存されいつでもチェック、応募が可能 受け取れる可能性が高まる
    「興味がない」

    分析・学習し、条件にマッチしない企業は紹介しない

    保存されない 受け取れる可能性は変わらない

    使えば使うほど、AIによる求人紹介の精度が高まるので、毎日積極的に利用しましょう。

    企業が求める条件に合えば、スカウトを受け取れる可能性もアップしますよ。

    まとめ

    キャリトレ」は、効率よく転職を行いたい若者向けの転職サイトです。

    これから転職活動をスタートする20代であれば、登録して損はありませんよ。

    ただし、キャリトレはあくまでも「転職サイト」であり、手厚いサポートが受けられる「転職エージェント」ではありません。

    よりスムーズに転職活動を進めるためには、リクルートエージェント」や「doda」の併用をおすすめします。

    サイトとエージェントを上手に活用し、転職を成功させましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク