コンサルタントへの転職に有利な転職エージェント!求人数や実績で厳選

コンサルタントへの転職に有利な転職エージェント!求人数や実績で厳選 一般転職

コンサルタントへの転職に役立つ転職エージェントをお探しですね。

市場需要が拡大し、待遇や求人数の増加によって注目度を増す「コンサルタント」という働き方。

キャリアや年収額アップのために、コンサルティングファームへの転職を狙う方は多いのではないでしょうか。

ただし、コンサルタントへの転職は倍率が高いので、面接対策をしてもらったり企業の内部情報を教えてもらったりするためにも、転職エージェントの利用が欠かせません

そこで本記事では、コンサルタントへの転職に利用すべき転職エージェントを徹底的に調査してまとめました。

紹介している転職エージェントに登録すれば、コンサルタントへの転職に必ず役立ちますので、きっと満足のいく転職活動にできるはずですよ。

ぜひ、あなたのコンサルタント転職に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

1.コンサル業界に強い転職エージェントを選ぶポイント

コンサルタント 転職 転職エージェント

コンサルタントへの転職を叶えるためには、まずはコンサル業界に強い転職エージェントに登録しましょう。

登録すべき転職エージェントとして、以下の2つのポイントを押さえてください。

コンサル業界の紹介求人数、情報収集、的確なサポートの有無の面から、上記2つの転職エージェント併用がおすすめです。

では以下より、それぞれのポイントについて解説します。

ポイント1.実績豊富な大手転職エージェントに必ず登録する

コンサルタントへの転職の際は、求人数・実績数ともに豊富な大手転職エージェントにまず登録しましょう。

求人数の多さは、あなたにとって理想の企業と出会う確率を上げてくれます。

実際にリクルートエージェントやビズリーチなどは、10,000~20,000件以上のコンサル業界求人を保有していますよ。

また、リクルートエージェントなどは大手ながらコンサル業界に特化したアドバイザーも所属しており、専門的な支援を受けられます。

加えて大手転職エージェントは、大手企業、独立企業、外資系、財務や人材系求人などを網羅的に所持しています。

コンサルタントへの転職には大手よりも業界特化の転職エージェントの方が良いと考えられがちですが、実際は大手にしかない強みもたくさんありますので、必ず登録しておくようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • ポイント2.希望するコンサル業界に強いエージェントも利用する

    「もう転職の方向性や希望職種は決まっているんだ!」という場合は、希望しているコンサル業界に強いエージェントも利用しましょう。

    同じ転職エージェントでも、エージェントごとに専門とするコンサル業界の知識やノウハウに違いがあります。

    つまり、希望とマッチする分野の転職エージェントを利用すれば、効率的な支援によって理想の転職成功率が上がりますよ。

    ただし、求人数は大手エージェントには劣りますので、大手転職エージェントとの併用がおすすめです。

    もちろん、コンサル業界転職に特化したおすすめエージェントも当記事で紹介していますので、ぜひご確認ください。

    2.コンサルタントへの転職で必ず登録すべき3つの転職エージェント

    コンサルタント 転職 転職エージェント

    「転職エージェントを選ぶポイントはわかったけど、じゃあ具体的にどこに登録すればよいの?」

    いざコンサルタントへの転職を目指し活動を始めても、どこの転職エージェントを利用すればよいか迷ってしまいますよね。

    結論からいえば、まずリクルートエージェント、ビズリーチ、JACリクルートメントの3社をおすすめします。

    転職エージェント おすすめポイント

    リクルートエージェント

    大手ならではのコンサルタント求人数
    ビズリーチ
    ハイキャリアのコンサルタント求人が充実
    JACリクルートメント
    コンサルタント業界に精通したアドバイザーが多い

    上記の転職エージェントはコンサルタント求人数が圧倒的に多く、案件の選択肢を大きく増やすことが可能です。

    あなたの理想の求人探しや、他エージェントの内容比較に非常に役に立ちます。

    では、以下よりそれぞれの転職エージェントの強みや特徴をご説明しますね。

  • スポンサーリンク

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェントの強み・特徴

    • 圧倒的なコンサルタント求人数を所持
    • 転職支援成功者数45万人以上の実績がある
    • 未経験者からのコンサルタント求人に強い

    リクルートエージェントは、転職エージェント業界でNo.1の求人数と実績数を誇る、日本最大の転職エージェントです。

    コンサルタント求人保持数もトップクラスであり公開求人2,853件、非公開求人19,996件の合計22,849件の案件を所持しています。

    総合型転職エージェントとして有名ですが、実はコンサルティングファームに精通した専門コンサルタントが在籍しており、ハイクラス転職に対しても強い支援が受けられます。

    大手ならではの豊富なノウハウと、専門部門のキャリアドバイザーのサポートによって、安全に転職活動を進められますよ。

    「どの転職エージェントを利用しよう…」と迷っているのであれば、まずリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

    キャリアアドバイザーとの直接面談・相談を希望する場合は、在籍県からの最寄りの支社に足を運んでください。

    以下より、東京拠点の住所をご紹介します。(各都道府県の支社の場所はこちらから

    <東京支店>東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

    <アクセス>

    • JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
    • 東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩5分
      

    ビズリーチ

    ビズリーチの強み・特徴

    • ヘッドハンティング型転職エージェントでNo.1の実績
    • ハイクラス向け転職エージェントでもトップクラスの実績
    • 年収1,000万円以上の求人が1/3以上を占める

    ビズリーチは、高年収・管理職・経営幹部職・専門キャリアなどの「ハイキャリア採用」に特化した転職エージェントです。

    ヘッドハンター・企業からのスカウト・オファーなどを中心に採用が決まり、面接確約オファーも存在するなど普通の転職エージェントと異なる仕組みです。

    その内容は登録してから確認できる非公開・独占求人ですので、公開求人だけではまずお目にかかれないお宝案件に出会えます。

    コンサルタントの募集をかける企業は外資系も多く、大抵は高年収・高待遇の求人です。

    そのため、ハイキャリアの転職に強いビズリーチに登録し、高待遇のオファーを待つのも効果的でしょう。

    コンサルタントの公開求人数も8,253件と非常に多く、さまざまなコンサルタント求人を確認できますよ。

    ただし、転職エージェントの中でも珍しく有料です。

    登録した時点でのキャリアや年収によって、以下のクラス会員に振り分けられます。

    タレント会員(30日間) 税抜き2,980円
    ハイクラス会員(30日間) 税抜き4,980円

    利用前に、会費や自身のキャリアについて確認しておきましょう。

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。(各都道府県の支社の場所はこちらから

    <東京本社>東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F

    <アクセス>各線渋谷駅より徒歩4分
     
    その他の東京拠点 アクセス
    東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル3F 各線渋谷駅より徒歩4分
    東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル7F 各線渋谷駅より徒歩4分
    東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング3F 各線渋谷駅より徒歩4分
    東京都渋谷区渋谷3-11-2 渋谷パインビル3F 各線渋谷駅より徒歩8分
  • スポンサーリンク

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメントの強み・特徴

    • 外資系コンサルタントに強い転職エージェント
    • ハイキャリア転職にも強い
    • 利用者の希望とマッチする求人紹介が評判

    JACリクルートメントは、ビズリーチと同じくハイクラス・ハイキャリア転職に強い転職エージェントです。

    コンサルタント求人はリクルートエージェントやビズリーチと比べて少なめですが、業界大手のノウハウや質のよいコンサルタントのサポートが受けられます。

    「転職希望者」と「企業」の両方のサポートを1人だけで行う「両面型」支援が特徴で、双方の情報を吟味したうえでの求人紹介をしてくれます。

    また、コンサルティング業界の専門部署も構えているため、コンサル業界への専門知識も豊富です。

    最適な書類添削・面接対策なども行ってくれますよ。

    リクルートエージェントより専門性の高い支援が希望であれば、JACリクルートメントにも登録しておきましょう。

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。(各都道府県の支社の場所はこちらから

    <東京本社>東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング14階

    <アクセス>

    • 東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町駅」 A9出口より徒歩2分
    • 東京メトロ東西線「竹橋駅」 3b出口より徒歩5分
     

     

    その他の主な転職エージェント

    以上3つの転職エージェントで希望の求人が見つからない場合は、以下の転職エージェントを使ってみてください。

    doda、パソナキャリア、マイナビエージェントの3社は、企業規模・求人数ともに安定しています。

    各転職エージェントのコンサルタント求人数は以下の通りです。(リンク先でそれぞれ登録できます)

      公開求人数(2019年5月) 非公開求人(2019年5月)
    doda 1,540件 非公表
    パソナキャリア 1,310件 非公表
    マイナビエージェント 946件 980件

    3.希望するコンサル業界に強い転職エージェントも登録しておこう

    コンサルタント 転職 転職エージェント

    コンサル業界への転職を成功させるためには、希望するコンサル分野の専門知識や転職ノウハウを手に入れることが重要です。

    そのためには大手の転職エージェントだけではなく、あなたが希望するコンサル業界に強い転職エージェントへの登録も忘れずに行いましょう。

    各コンサル分野ごとでおすすめなのが、以下5つの転職エージェントです。

    1. 戦略コンサルティング希望者向け|『ムービンストラテジックキャリア
    2. IT系コンサルティング希望者向け|『アクシスコンサルティング
    3. 財務・会計コンサルティング希望者向け|『アンテロープ
    4. 組織・人事系コンサルティング希望者向け|『クライス&カンパニー
    5. 金融系コンサルティング希望者向けの|『コトラ

    では以下より、各転職エージェントの詳細をご説明しますね。

    ぜひコンサルタント転職活動時の参考にしてください。

  • スポンサーリンク

  • 戦略系コンサルティング希望者向け|『ムービンストラテジックキャリア』

    ムービンストラテジックキャリアの強み・特徴

    • コンサルティング業界の転職支援実績No.1
    • 20年・数十万人との面談などで培った実績・経験がある
    • 業界未経験者へのコンサルティングファーム転職のサポートも充実

    ムービンストラテジックキャリアは、コンサル業界への転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。

    世界を代表するコンサルティングファーム「ボストン・コンサルティング・グループ」出身者が創設した企業であり、コンサル業界出身のキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

    つまり、コンサルティングファームとの強いコネクションや豊富な業界知識など、コンサルタント転職に有利な要素を多数持っているのです。

    もちろん、ケーススタディ対策やコンサル業界に最適な書類の記述方法など、選考に勝ち抜くためのノウハウも利用者に好評です。

    とくに戦略系のコンサルティングファーム転職に強いため、そちらの方向を目指すときはムービンストラテジックキャリアを利用しましょう。

    <戦略系コンサルティングについて>

    企業の事業・経営戦略やM&Aなどの事業統合サポートなどの課題・問題解決を担当する。

    <代表的な企業>

    マッキンゼー・アンド・カンパニー、アクセンチュア、ボストン・コンサルティンググループなど

    以下より、東京本社の場所をご紹介します。

    電話での面談も可能ですが、東京本社で面談を受けたい場合は以下の住所に足を運んでくださいね。

    <東京本社>東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 6F

    <アクセス>

    • JR山手線新橋駅日比谷口より徒歩5分
    • 都営三田線内幸町A3番出口より徒歩1分
     

    IT系コンサルティング希望者向け|アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティングの強み・特徴

    • アクセンチュア・デロイトトーマツコンサルティングなど有名企業紹介実績がある
    • 5,000人の現役コンサルタント・転職希望者2万の支援実績
    • 平均転職支援期間3年の長期間サポート

    アクシスコンサルティングは、コンサル業界やIT業界に特化した実績を持つ転職エージェントです。

    親身な転職支援が評判であり、求めれられるレベルが高いコンサルタント転職において、非常に強い味方となってくれるでしょう。

    また、「アクセンチュア」や「デロイトトーマツコンサルティング」など、大手コンサルティングファームとのコネクションも強いです。

    とくにIT系に強い求人やノウハウを所持しているため、IT系コンサルタントを目指すのであれば、アクシスコンサルティングを利用しましょう。

    <IT系コンサルティングについて>

    1. Sler系:システム構築・システムコンサル・システム構築前の戦略コンサルティングを担当する
    2. ベンダー系:ERPなどの基幹業務ソフト導入や提供・基幹業務ソフトのコンサルを担当

    <代表的な企業>

    アクセンチュア・デロイトトーマツコンサルティング・アピームコンサルティングなど

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。

    <東京本社>東京都千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ東館6F

    <アクセス>

    • 東京メトロ 有楽町線 麹町駅4番出口直結
    • 東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅2番出口徒歩5分
     

    財務・会計コンサルティング希望者向け|アンテロープ

    アンテロープの強み・特徴

    • 金融&コンサルティング業界に特化した転職エージェント
    • 入社後の立ち上がりをサポートする「スタートアップ・コーチング」
    • キャリアコンサルタント一人ひとりの専門領域が明確

    アンテロープは、コンサルティングや金融・会計業界に特化した転職エージェントです。

    財務・会計・金融系の専門知識やノウハウが豊富であり、1つの分野に特化したキャリアコンサルタントによる支援を行います。

    もし転職したいコンサルタントの種類やコンサルティングファームが明確な場合は、アンテロープの利用もおすすめします。

    とくに財務・会計コンサルティング希望のときには、アンテロープの利用が安定するでしょう。

    また、入社したあとの悩みや方向性などを相談できる「スタートアップ・コーチング」によって、転職後のアフターフォローが万全なのも嬉しいですね。

    <財務・会計コンサルティングについて>

    財務会計や税務のコンサルティング、粉飾決済評価・調査などを担当

    <代表的な企業>

    デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー・KPMG・レコフなど

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。

    <東京本社>東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15F

    <アクセス>

    • 都営三田線「内幸町」駅 A6出口からビル地下2階に直結
    • 東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関」駅からビル地下1階に直結
     

    組織・人事系コンサルティング希望者向け|クライス&カンパニー

    クライス&カンパニーの強み・特徴

    • キャリアコンサルタントの資格・年間100時間以上の研修による高いコンサルティング力が自慢
    • 26年間で積み上げた実績による企業との強いパイプがある
    • 3年・5年後などの中長期を見据えた転職サポートの実施

    クライス&カンパニーは、アドバイザーのコンサルティング力やサポート力が非常に高くて評判の転職エージェントです。

    キャリアコンサルアタント・米国CCE.Inc認定資格「GCDF」・2級キャリアコンサルタント技能士などの資格を取得した、選りすぐりのアドバイザーの転職支援が受けられますよ。

    また、元々はヘッドハンティングが主流のシステムであったため、そこで培った経営者・人事部との人脈も、コンサル業界転職への大きな助けになります。

    コンサルタント求人は大体網羅していますが、とくに組織・人材系コンサルティングの紹介実績が強いです。

    組織・人材系コンサルティングに興味がある場合は、クライス&カンパニーを利用しましょう。

    <組織・人材系コンサルティングファームについて>

    人事系の戦略・制度改革、人材採用制度の立案などの人を扱う領域のコンサルティングを担当

    <代表的な企業>

    マーサージャンパン・ヘイコンサルティング・ワトソンワイアット

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。

    <東京本社>東京都港区東新橋2-4-1 サンマリーノ汐留2F

    <アクセス>

    • JR山手線・東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩約7分
    • 都営浅草線 新橋駅より徒歩約4分
     

    金融系コンサルティング希望者向け|コトラ

    コトラの強み・特徴

    • コンサルティングファームをはじめとした、金融・ITなどの経営・管理ポジションの転職に強い
    • プロフェッショナル転職希望者向けのメルマガ配信
    • 入社後も「アフターフォローサービス」によるサポートが受けられる

    コトラは、金融系に特化した求人・転職ノウハウを保有する転職エージェントです。

    同じく金融・財務に強いアンテロープよりも、さらに金融業界に特化した転職サポートが特徴ですね。

    また、金融業界の転職動向・主要企業一覧がサイト上で閲覧できるなど、徹底した金融特化の情報提供が魅力。

    金融系コンサルタントへの転職を希望するときは、大手と併用してコトラにも登録するとよいでしょう。

    <金融系コンサルティングについて>

    金融アドバイザリーや企業・事業再生などを主に担当

    <代表的な企業>

    アリックスパートナーズ・グラックスアンドアソシエイツなど

    では以下より、東京本社の場所をご紹介します。

    <株式会社コトラ本社>東京都港区赤坂1-7-19 キャピタル赤坂ビル2階

    <アクセス>

    • 銀座線・南北線「溜池山王」駅 13番・14番出口徒歩30秒
    • 南北線「六本木一丁目」駅 徒歩6分
     

    4.コンサル業界への転職を成功させるコツ

    コンサルタント 転職 転職エージェント

    正直に言ってしまうと、コンサルタントへの転職は簡単ではありません。

    求人の倍率はどこも高いですし、面接では「ケーススタディ」が行われることが多く、対応に慣れていなければ簡単に落とされてしまいます。

    ケーススタディ面接:与えられた課題・問題に対し、論理的かつ適切な考え方を説明する試験のこと

    そのため、コンサルタントへの転職を成功させるために、以下3つのコツを必ず意識してください。

    上記のコツを理解し、コンサルタントとしてのポテンシャルやスキルを、企業にしっかりアピールしましょう。

    アドバイザーとはこまめにやりとりを取ること

    あなたの担当者となったキャリアアドバイザーとは、こまめに連絡のやりとりしましょう。

    実はキャリアアドバイザーは、利用者全員を平等に支援するわけではありません。

    なぜなら転職エージェントの報酬は、採用元の企業から「コンサルティングフィー(成功報酬)」として受け取るからです。

    つまり、「転職成功率の高そうな利用者」を優先的に支援します。

    そこでアドバイザーとの連絡を密にすることで、アドバイザーに「転職に意欲的だな」と思ってもらいましょう。

    その結果、求人紹介やカウンセリングなどの転職支援実施を、他の人より優先してくれますよ。

    最低でも、2週間に1回程度の連絡頻度をおすすめします。

    履歴書や職務経歴書はアドバイザーからフィードバックを受けること

    コンサル業界への転職希望者は、履歴書や職務経歴書の書類をアドバイザーに必ず見せ、添削などのフィードバックを受けましょう。

    コンサル業界に精通したアドバイザーは、「コンサルティングファームが求めているもの」や「コンサル業界に必要なスキル」などの知識を持ち合わせています。

    つまり、コンサルティングファームの書類選考の突破に、非常に有利な書類の作成方法を知っているのです。

    これを生かさない手はありません。

    あなた1人で悩むより、専門家による適切な書類添削を受けたほうが、何倍も早く確実な対策となりますよ。

    書類添削やフィードバックは無料ですので、遠慮せずにガンガン利用してくださいね。

    面接でのケーススタディ対策をしておくこと

    コンサルティングファームへの入社試験は「ケーススタディ面接」であることが多く、事前に対策をしなければ突破は難しいです。

    「ケーススタディ面接」とは、簡単に言えば「与えられた課題・問題に対し、論理的かつ適切な考え方を説明する」試験のことです。

    実際の試験では、以下のような課題・問題が出されます。

    • とあるスーパーの売上を2倍にする方法は?
    • プレステーション4の市場規模は?
    • 議論することの意義はなにか?(ノンビズ問題)

    上記のような「フェルミ推定」の問題や、状況・定義についての考え方・答え方で、あなたの「論理的思考力」や「プレゼン能力」を図ります。

    あくまでコンサルタントとしての基礎を見る試験ですが、対策なしでの突破は非常に困難です。

    この難関な試験を突破するためには、コンサルタント転職の実績・経験を持っている担当者との、入念な事前対策が必須です。

    キャリアアドバイザーと念入りに相談し、ケーススタディ対策をしっかりと講じてくださいね。

    5.コンサルタントへの転職前に気になる疑問点

    コンサルタント 転職 転職エージェント

    「さあ知識も得たし、さっそく転職活動を始めるぞ!」と意気込む前に、コンサルタントという職業について少し整理しましょう。

    転職エージェントについてだけでなく、あなた自身がコンサルタント職について事前に知っておかないと、後悔するはめになるかもしれません。

    ここからは「コンサルタントの疑問」として、以下4つのポイントを解説します。

    実際、コンサルティング業界への転職は高い能力が求められますし、入社後も激務になる可能性が高いです。

    転職活動に入る前に、まずは以下の疑問点の確認をおすすめします。

    疑問1.資格がなくてもコンサルタントになれるのか

    コンサルタントに転職するために、なにか特別な国家資格や学歴は必要ありません。

    しかし、コンサルティング業界でも生かせる専門性の高い資格を持っていると、転職時に有利になります。

    具体的には、以下の資格取得がおすすめです。

    • 中小企業診断士・公認会計士・税理士・FP(ファイナンシャルプランナー)などの「士業資格
    • TOEIC・TOEFL・英検などの「語学資格・検定
    • SAP認定コンサルタント・オラクル認定コンサルタントなどの「ERPベンダー公認資格
    • 欧米の経営大学院修了者が取得できる「MBA(経営学修士)

    ただし、コンサルタントへの転職に1番必要なのは「実務経験」です。

    あくまで「自分のキャリア・スキルの証明や裏付けに使う」というイメージに留めておきましょう。

    疑問2.コンサルタントに求められるスキルはなにか

    コンサルタントに特別な資格は必要ありませんが、「コンサルタントとしてのポテンシャル」が転職時には必要です。

    具体的にいうと、コンサルティングファームは以下の能力を持つ人材を求めています。

    • 企業の経営課題や問題を解決する「論理的思考能力(ロジカルシンキング)
    • クライアントとの協力関係や円滑な業務体系を築ける「コミュニケーション能力
    • 他業界・職種での「マネジメント能力(管理職経験)

    コンサルティングファームは論理的思考、問題解決能力、人材管理・育成スキルを持つ人材を、書類選考や面接試験で見極めています。

    上記のスキル・経験を持っている場合は、応募企業にしっかりアピールしましょう。

    また、コンサル業界・会計知識を持っておくと、転職時の武器として使えますよ。

    疑問3.未経験でもコンサル業界に転職できるのか

    コンサル業界への転職者は、実はほとんど業界未経験者ですので、経験がなくても転職は可能です。

    たとえば、ムービンストラテジックキャリアの調査では、大手コンサルティングファームの採用割合が8.5割という結果が出ています。

    また、同じくコンサル転職エージェントの「キャリアインキュベーション」でも、約8割が未経験者であると公表しています。

    これは2019年現在、コンサルティング市場の拡大が続き、各コンサルティングファームの人材不足が原因です。

    市場拡大に伴い、コンサル業界は常に人手不足が続いています。

    つまりコンサルティング業界への転職は、未経験者が採用されやすい今がチャンスなのです。

    ただし、30代以降での未経験転職は厳しい傾向があるので、遅くても20代後半には動き始めるべきでしょう。

    疑問4.コンサルタントの仕事はどれくらい忙しいのか

    コンサルタントの仕事は激務になる場合が多いため、相応の体力や精神力が必要になります。

    とくに未経験から業界に入った1~2年目は、覚えることが多すぎて混乱する人も多いのが現状です。

    脅すわけではありませんが、業務が深夜や休日にまで及ぶことも覚悟しておきましょう。

    コンサルタントの業務内容

    コンサルタントの業務内容は、就いている役職・コンサル分野・請け負うプロジェクトの内容によって変化します。

    ここではコンサルタント業務の基礎スキルをご紹介しますね。

    • アンケートなどの調査結果の分析
    • 他社事例の調査・研究
    • 外部エキスパートなどへのインタビュー実施
    • パワーポイントなどを用いたプレゼン・ミーティング用資料作成
    • 配属されたプロジェクトごとの業界・トピックの専門知識
    • クライアントとの話し合いや交渉・アドバイス実施

    とくに入社1~2年目は、上記業務を遂行するスキル・ツールの使い方を叩き込まれます。

    まずはしっかりと、コンサルタントの基礎能力を身に付けていきましょう。

    コンサルタントの1日の仕事例

    以下より、とあるコンサルタントの1日の仕事例をご紹介します。

    あくまで一例ですので、参考程度に留めておいてください。

    <戦略コンサルタントの1日>

    • 午後10時にオフィスに到着
      ⇒メール・電話などの連絡チェック・競合分析のために他社へのインタビュー依頼・情報収集
    • 12時30分にランチ
      ⇒上司・別プロジェクトのコンサルタントとの会話による情報収集
    • 午後1時30分~3時15分にインタビュー業務
      ⇒インタビュー前の準備・意見を引き出すインタビュー実施・資料関係処理のためにオペレーター手配準備
    • 午後5時にオフィス
      ⇒メール・電話などの連絡チェック・他支店やお客様からの問い合わせ対応
    • 午後6時~8時にプロジェクトチームでのミーティング
      ⇒インタビューの内容確認・他メンバーの情報確認、共有
    • 午後9時に退社

    参考:「ムービンストラテジックキャリア 戦略系ファームで働くコンサルタントの1日

    少人数のチームでプロジェクトを回していく

    コンサルタントは大抵の場合、少人数のチームでプロジェクトを回していきます。

    また、コンサルタントの業務は会社・職場単位ではなくプロジェクト単位でこなすため、プロフェクトごとでメンバーも変更します。

    つまり、プロジェクトが立ち上がる度に新しい人達と組み、解散した後は別の人達との業務を遂行することになるのです。

    よってコンサルタントは、高いコミュニケーション能力・管理能力・情報共有能力が求められます。

    たとえ全員が初対面であっても、それぞれ必要な役割を早期把握し、全員と協力し合う関係性構築能力が必要です。

    コンサルタント業務の難しさの一つといえるでしょう。

    まとめ

    コンサルティングファームへ転職したいときは、コンサル業界の求人を多く保有しており、なおかつ実績も多い転職エージェントを選ぶべきです。

    そこで、まずはリクルートエージェント、ビズリーチ、JACリクルートメントの3社の利用をおすすめします。

    この3社はコンサル求人数・転職支援実績が圧倒的に多く、コンサルの分野・企業に関わらず安定して転職活動が進められますよ。

    また、希望する分野が決まっているときは、その分野に特化した転職エージェントに登録することで、転職活動時に役に立つ情報が集まりやすくなります。

    今回紹介した転職エージェントやコンサルティング業界の知識を生かし、ぜひコンサルタントへの転職を成功させてくださいね。

    必ず登録すべき転職エージェント

    希望するコンサル業界に強い転職エージェント

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県