未経験でもCRAへの転職は可能?転職事情から転職方法まで解説

一般転職

CRAへの転職をお考えです

CRAは、治験に関わる仕事ですしとてもやりがいのある仕事ですよね。

また、売り手市場ですし今後伸びる分野です。

ここでは、 CRAの転職事情について紹介していきます

業界未経験からでも転職する方法について解説していきますので、 CRAが未経験でも転職する方法が明確に分かるようになります

スポンサーリンク

1.CRAの仕事内容とは?

CRAとは、「clinical research asociate」の略で、 治験の進行状況を確認する仕事です

臨床開発モニターとも呼ばれます。

治験は、プロトコールというルールを守りながら行わなければなりません。

CRAは、医療機関を訪問し、プロトコールに従って治験が行われているかを確認します

もし仮にプロトコルに沿った治験が行われていない場合、治験薬の審査が下りなくなってしまうことにつながります。

治験の一連の流れは、こちらになります。

引用元:CRAの仕事内容・働き方

治験の一連の流れを知っておくことは、CRAの転職を勧める上で必須の知識になります

一連の流れを紹介していきます。

治験開始前

治験開始前に行うことは、医療機関と医師の選択です

治験を導入する医療機関と医師が決まったら、製薬メーカーの用意したプロトコールを元に、治験の適応基準やスケジュールの説明を行います。

プロトコールとは、治験進行中に守るべき内容です。

治験の適応基準やエビデンスや実施方法などが記載されています

医療機関と治験の契約を行った後は、治験薬が臨床へ導入されます。

  • スポンサーリンク

  • 治験実施中

    治験実施中は、CRAとして3つの業務があります

    • モニタリング
    • 医師へのヒアリング
    • 報告書の作成

    モニタリング

    CRAは、医療機関で実際に開始した治験がプロトコール通りに行われているかモニタリングします

    プロトコール通りに実施していないと、治験薬の承認が下りなくなるため重要な業務になります。

    医師へのヒアリング

    医師へのヒアリングを行うことで、治験薬の実際の効果や副作用の有無を確認します
    医師には、CRFと呼ばれる症例報告書を記載してもらいます。
    症例報告書は、被験者の性別や薬の効果など治験に必要な全てのデータが網羅されています。
    症例報告書と医師が記載したカルテを確認し、記載の不備がないかを確認していきます。

    報告書の作成

    CRAは、 モニタリングや医師からのヒアリング内容から報告書を作成します

    治験中に副作用が発生した場合は、念入りに症状や事象の詳細を確認します。

    副作用が重症な場合は、治験審査委員会(IRB)へ報告を行います。

    さらに、副作用と治験薬との因果関係の調査も行っていきます。

    治験終了後

    治験が終わった後は、 医療機関から提出された症例が、プロトコールを守って行われたものかを確認します

    症例の不備がなければ、治験の手続きを行い完了となります。

  • スポンサーリンク

  • 2.CRAの転職事情

    ここからは、CRAの転職事情について紹介していきます。

    CRAは売り手市場

    CRAは、求人数が多く売り手市場です

    転職エージェントのリクルートエージェントでは、現在CRAの応募が98件もあります。

    CRAの求人数は多いです。

    なぜなら、 2010年の多くの医薬品の特許が切れたからです。

    これが原因で、製薬メーカーで治験が増えたり外部での業務委託が増えたため、求人が多くなっています。

    2010年の医薬品特許切れ問題とは

    特許期間が過ぎると、他社が医薬品を作り販売することが可能です

    医薬品は、特許を申請することで20年間他社が製造や販売をしてはならないとされています。(参考:日本ジェネリック製薬協会

    しかし、2010年周辺に特許を申請していた薬品の特許期間が切れたので特許権を失った製薬会社は、新たに治験を多く導入することになったのです。

  • スポンサーリンク

  • CRAの平均年収464万円

    平均年収は、初年度で464万円です。(ANSWERS CRA年収より引用)

    年収は経験を重ねると上がる傾向にあります。

    10年間CRAとして働くと778万円と高収入になります。

    ただし、CRO(製薬会社から治験業務を請け負う企業)なのか製薬メーカーなのかで年収は前後するようです。

    3.業界未経験でもCRAに転職できる?

    結論から言うと、 業界未経験でも転職をすることはできます

    しかし、以下の点に注意する必要があります。

    1つ1つ解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 業界未経験でも求人はあるが倍率が高め

    CRA未経験者の募集は一定数出ていますが、応募倍率はやや高めです

    2010年医薬品特許切れ問題にて、多くの治験が導入されるようになりました。

    治験を導入するために、CRAの需要が一気に高まりました。

    2019年現在は募集はあるものの採用枠は縮小してきています。

    しかし、今後もCRAは治験がある限りは需要は減らないでしょう。

    まずはCROで働くのが一般的

    CRAとして働くには、「CRO」と「製薬メーカー」があります

    業界未経験で転職するならCROで働くのが一般的です。

    CROとして治験に関する経験を得たら、転職して製薬メーカーに働くことになります。

    CROとは

    CROとは、製薬会社から治験を受託し代行する企業のことを表します

    治験を円滑に進めるためには、必要不可欠な会社です。

    業界未経験者の場合、応募できるのは基本的にCROの求人のみです。

    なぜなら 製薬メーカーは主にCROを経験している人のみ採用しているからです。

    CROへの転職で求められる能力とは

    CROへの転職で求められる能力は、以下の3つです。

    最低限の医療・薬剤知識をつける

    CRAは 治験薬を扱うため、対象となる疾患に対する医療の知識や薬剤の知識が不可欠です。

    医学や薬剤の知識が不足していると、担当する医師や製薬メーカーとのやりとりに支障を来たします。

    コミュニケーション能力をつける

    CRAは、製薬メーカーや薬の開発担当者や医師など様々な職種と関わります。

    そのため、 どの職種ともコミュニケーションをとることができる能力が求められます

    コミュニケーション能力が不足していると、治験の進行が妨げられる可能性も出てきます。

    英語力があると優遇される

    治験の導入では、海外のCRAとのやりとりもあります。

    そのため、 会議で使用する英語や日常会話の英語ができると転職時に優遇されます

    TOEICで高得点を取得していると転職時にアピールできます。

    CROへの転職に有利な資格

    CROでは、 扱う治験薬や対象となる疾患を理解することが求められます

    そのため医療経験があることが望まれます。

    以下の資格を有する方は、転職を有利に進めることができます。

    • 看護師
    • 薬剤師
    • 放射線技師
    • 臨床検査技師

    4.CRAとして製薬メーカーに転職するには?

    引用元:Answers CRA

    製薬メーカーでは、治験の始まりから終わりまですべての流れを理解していることが問われます

    そのためCROから転職する前に、CRA業務全体の流れをすべて経験していることが望まれます。

    ここでは、CRAとして製薬メーカーに転職を有利にすすめる方法を紹介します。

    CROの時に経験しておくべきこと

    製薬メーカは、即戦力を求めています

    CROの時に経験しておくべきことは、以下になります。

    オンコロジー領域

    製薬メーカーでは、オンコロジー領域の経験や知識が求められます

    オンコロジーとは、癌全般の診断や治療に関わる分野のことを表します。

    オンコロジーは、まだまだ未開発な分野があるため今後も治験が多く参入することが予想されます。

    アンメット・メディカル・ニーズ(UMN)の経験も重宝される

    製薬メーカーでは、アンメット・メディカル・ニーズの経験も重宝されます

    アンメット・メディカル・ニーズとは、いまだに完全な治療方法が見つかっていない病気に対するニーズのことです。

    例えば、癌、認知症、不眠症や片頭痛などの分野が含まれます。

    いまだ治療方法が見つかっていないため今後も治験が入り込む余地があるのです。

    CROとして働いている時に、アンメット・メディカル・ニーズの経験をしておくと良いでしょう。

    グローバル治験(国際共同治験)

    引用元:製薬協 治験説明リーフレット

    製薬メーカーでは、グローバル治験の経験も求められます

    グローバル治験とは、治験導入に向けて世界的に治験を導入することを表します。

    新薬開発を早めるため、様々な国で治験を導入することが目的です。

    年々グローバル治験の動きは活発になってきています。

    グローバル治験の経験をしているCRAは、とても重宝されるでしょう。 

    転職エージェントに登録

    転職エージェントは、 経験や強みを引き出してくれたり最適な求人を紹介などのサポートを行ってくれる会社です。

    転職エージェントを利用するメリットは5つあります。

    1. 無料で利用できる
    2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 職務経歴書・面接などの対策をしてくれる
    4. 給与交渉など自分から言いづらい交渉をしてくれる
    5. 転職エージェントが独占しているCROや製薬メーカーの求人を紹介してくれる

    CRAの転職を進めるためにもぜひ利用することをお勧めします。

    5.CRAへの転職に有利な転職エージェントは?

    CRA向けの転職エージェントとして以下の3つを紹介します。

    それぞれのエージェントで特徴がありますので、ご自身に合った転職エージェントをご利用ください

    1つずつ紹介していきます。

    面接対策に不安があるならdoda

    doda

    doda」のサービスの中でも評判が良いのが、 「面接対策」です。

    「自分の強みや経験が、CRAとマッチするのか?」を面接を受ける際には、把握しておくべきことです。

    dodaの面接対策を受ければ、強みを生かした面接対策もしてくれます。

    面接に不安がある方は、dodaへ相談するのがお勧めです。

    CRAの求人は、現在104件募集をしています。

    豊富な求人数から選びたいならリクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、 求人数が日本一多い転職エージェントです

    提供してくれる求人数は26万件です。

    他のエージェントよりも10万件以上の求人があります。

    また、長年多くの転職支援を行ってきているため、 しっかりとした転職ノウハウも提供してくれます。

    CRAの求人は、90件以上あります。

    女性の転職ならパソナキャリア

     
    パソナキャリアは、 「親身なサポートを受けられる」と定評のあるエージェントです

    豊富な実績があるため、安心してサポートを受けられるでしょう。

    特に、女性の転職支援にも力を入れているため「転職を検討している女性」にもおすすめです。

    パソナキャリアではCRAの求人が、200件以上あります。

    6.転職エージェントを上手く活用する方法

    有効的に転職エージェントを使うには、3つの方法があります。

    1つ1つ解説していきます。

    転職エージェントは3社程度登録する

    転職エージェントは、3社程度の利用をお勧めします

    なぜなら、転職エージェントによって持っている求人が異なるからです。

    求人数が多ければ、自分にあった転職先を見つけることができます。

    複数の求人を比較するには、3社程度の転職エージェントに登録するようにしてくださいね。

    相性の良い担当者を

    転職エージェントを利用する際は、相性の良い担当者を見つけるようにしましょう

    なぜなら、相性の悪い担当者だとあなたの希望通りの転職先を紹介してもらえない可能性があるからです。

    コミュニケーションが取れない担当者だと、あなたの希望を理解してもらえないことがあります。

    円滑に転職活動を進めるためにも相性の良い担当者を見つけるようにしてくださいね。

    相性の良い担当者を見つけるためのチェックリストを以下に載せておきますので、ぜひ参考にしてください。

    • 丁寧にヒアリングをしてくれる
    • 希望に合った企業を提案してくれる
    • 転職後の生活のことも考えて会社を提案してくれる
    • 年収が高いことだけをアピールしてこないか
    • 内定しやすいをやたらにアピールしてこないか
    • 志望する業界についての経験や知識があるか
    • 返信が早いか

    強みの引き出しや面接対策をしてもらう

    転職では、「強みの引き出し」が欠かせません。

    強みを引き出してもらうことで、企業が求める人材なのかが分かります。

    転職エージェントは、これまで何人もの人たちの強みを引き出して転職に導いています

    そのため転職エージェントに、強みを引き出してもらう方が効率が良いのです。

    さらに、面接対策に関して、独自のノウハウを持っています

    事前に転職を成功に導いたノウハウで、面接対策ができたら転職を有利に勧めることができますよね。

    まとめ

    ここまで 未経験からのCRAの転職事情についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

    【未経験からの転職事情】

    • 市場は売り手
    • 業界未経験でも求人はあるが倍率が高い
    • 未経験ならCROからのキャリアスタートが一般的
    • CROを経験したら製薬メーカーへ転職

    またおすすめの転職エージェントについても紹介してきました。

    【CRAに有利な転職エージェント】

    上記で紹介した転職エージェントを参考に、CRAとしての転職を成功させてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県