クリエイティブ職への転職難易度は?仕事内容や転職しやすい職種紹介

Writing codes and typing data code technology, Programmer cooperating working on web site project in a software developing on desktop computer at company.
一般転職

「憧れのクリエイティブ職に転職したい」という人も多いのではないでしょうか。

一般的にクリエイティブ職への転職は難しいと思われていますが、未経験・第二新卒でも、不可能ではありません。

そこでここでは、クリエイティブ職への転職を成功させる方法を紹介します。

クリエイティブ職の仕事内容、未経験でもチャレンジできる職種、成功のポイントなどを取り上げます。

このページを読むことで、クリエイティブ職への理解が深まるだけではなく、転職できる可能性が高まるでしょう。

スポンサーリンク

.クリエイティブ職の転職は時間がかかる?

クリエイティブ職は、非常に人気が高いため、簡単に転職できるとは限りません。

クリエイティブ系ソフトが使えても「強み」になるとは言えず、国内外へのアウトソーシングによって、仕事自体が減っています。

そのため、他の人にないスキルを持っていなければ、転職に時間がかかってしまうでしょう。

ここでは、こうしたクリエイティブ職の現状を紹介します。

スキルだけでは転職が難しい

クリエイティブ職への転職には、クリエイティブ系ソフトを使用できることが必須です。

しかし、ただデザインだけできる人やソフトを使えるだけの人は、会社側から魅力的な人として見られないでしょう。

例えば、PhotoshopやIllustratorが使用できても、自ら考えることなく、人から指示されなければデザインできない人は、採用されづらいです。

会社が求めている人材は、リーダーシップがあったり、コスト管理できたり、クリエイティブ職に必要なセンス以外のスキルや能力も持っている人です。

  • スポンサーリンク

  • 外注による低コスト化

    外注の低コスト化によって、クリエイティブ職の仕事自体が減少しているといっても過言ではありません。

    昨今では、アウトソーシングによって、同じものでも安く作れる環境が整っています。

    しかも、国内だけではなく、インターネットが使える環境であればメールによって納品できるため、海外にも広まっている状況です。

    わざわざクリエイティブ職の人を正社員として採用しなくても、外注によって安く済ませることができるでしょう。

    こうしたクリエイティブの低コスト化の流れを考慮すると、クリエイティブ職への転職は、難しいと言えます。

    他の人とは違うスキルを求められる

    職人的なスキルだけでは通用せず、外注による低コスト化が進むクリエイティブ職への転職を成功させるためには、どうすればよいのでしょうか。

    重要なことは、他の人にはないスキルを習得し、磨いていくことです。

    できる人が少ないスキルを持っていれば、会社によってはすぐに採用してくれます。

    また、デザイナー、ライター、フォトグラファーなど、さまざまな職種を担える人も、転職を成功させやすいでしょう。

    特に小規模な会社であれば、ひとりひとりの仕事量は多くなり、多彩なスキルを持っている人を歓迎します。

  • スポンサーリンク

  • 2.転職活動前にクリエイティブ職の仕事内容を知ろう

    クリエイティブ職には、さまざまな職種があります。

    Web、ゲーム、広告、アミューズメント、映像と業界によって、クリエイティブ職の仕事内容は異なります。

    転職活動前にクリエイティブ職の仕事内容について知り、自分に合った職種を見つけましょう。

    Web業界

    Web業界の仕事は、制作進行系と現場系に分けられます。

    制作系はWebディレクター、プランナー、プロデューサー、現場系は、デザイナー、ライター&編集者、エンジニアです。

    職種 仕事内容
    Webディレクター
    • スケジュール・品質管理
    • メンバー選び
    • 予算交渉 など
    Webプランナー
    • Webサイトのプランを立てる
    • クライアントの要望をまとめる
    • Webサイトの設計を行う など
    Webプロデューサー
    • Webサイトの戦略立案
    • Webディレクターへの指示
    • スケジュール管理
    • 予算計画 など
    デザイナー
    • Webデザインの決定
    • レイアウト作成
    • UI/UXを考慮
    • 画像の編集
    • コーディング など
    ライター&編集者
    • Webサイトの見出し作成
    • 記事執筆
    • 編集
    • 校正 など
    エンジニア
    • システムの構築・開発
    • システムの設計・管理 など

    具体的な仕事内容は、プロジェクトや会社によって異なります。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • スポンサーリンク

  • ゲーム業界

    ゲーム業界にも、ディレクターやデザイナーなど、クリエイティブ職はさまざまあります。

    ゲーム業界のクリエイティブ職も、制作進行系と現場系に分けられます。

    職種 仕事内容
    ゲームディレクター
    • ゲームのシナリオ考案
    • デザイン決定
    • 予算・スケジュール管理
    • プランナーの取りまとめ など
    ゲームプランナー
    • ゲームの企画の立案
    • 仕様書作成
    • デザイン作成依頼
    • 改善点の検討 など
    ゲームシナリオライター
    • 脚本執筆
    • ディレクターやプランナーを兼任する可能性あり
    CGデザイナー
    • キャラクターや背景などの作成
    • 動きや特殊効果の付加 など
    ゲームプログラマー
    • キャラクターの動きやサウンドの設定
    • エフェクト・システム構築 など

    ▼あなたへのおすすめ▼

    広告業界

    広告業界は、CM、グラフィック、Webによって多少職種が異なりますが、同じ職種も多いです。

    職種 仕事内容
    クリエイティブディレクター
    • 表現戦略
    • クリエイティブ全般にコミット など
    アートディレクター
    • グラフィックのビジュアルイメージ作り
    • デザイナーやカメラマンへの指示 など
    CMプランナー
    • CMの企画
    • CM内容のプランニング など
    コピーライター
    • キャッチコピーやボディコピーの作成
    • 商品戦略の考案 などなど
    グラフィックデザイナー
    • デザインの企画
    • 広告の制作 など

    クリエイティブディレクターは、クリエイティブ全般に関わる職種であり、コピーライター、アートディレクター、CMプランナーなどから目指すポジションでもあります。

  • スポンサーリンク

  • アミューズメント業界

    アミューズメント業界とは、ゲームセンター、おもちゃ、映画、カラオケ、パチスロ、テーマパークなどの総称です。

    職種は、ディレクター、デザイナー、プランナー、プログラマー、アニメーター、シナリオライターなどがあり、ゲーム業界と似たような仕事内容です。

    人を喜ばせることが好きな人は、アミューズメント業界のクリエイティブ職を選びましょう。

    映像業界

    映像業界は、プロデューサー、ディレクターなど全体を統括するポジションや台本を作る構成作家などがクリエイティブ職です。

    アシスタントディレクターという視聴率調査やケータリングの手配など、ディレクターの下につき、雑用をする職種もあります。

    .未経験でも一部のクリエイティブ職には転職しやすい

    クリエイティブ職の中には、すぐに就けない仕事がたくさんありますが、一部の仕事においては、未経験・第二新卒でも転職可能です。

    一部の仕事とは、デザイナー、求人広告ライターです。

    業界について知っておきたい人は、営業になって、さまざまな現場を見ることもおすすめですね。

    ここでは、未経験でも目指せる一部のクリエイティブ職について紹介します。

    スキルがあればデザイナーになれる

    人手不足に悩んでいる会社は、少なくありません。

    デザイナーのような、特殊なスキルを持っている人を集めたい企業も多いです。

    そのため、デザイナーとしての実務経験がなくても、PhotoshopやIllustratorが使用できれば採用してくれる会社はあるでしょう。

    未経験の場合は、スキル以外にも、締め切りは守れるのか、スムーズに打ち合わせできるのかなど、デザイナーとしての質を問われます。

    クリエイティブ業界を経験したい人は営業

    ディレクターやコピーライターなどの職種は、未経験の場合、転職することは難しいです。

    しかしながら、 クリエイティブ業界の営業、もしくは営業アシスタントであれば、人の入れ替わりが激しく人手不足であることから、比較的採用されやすいです。

    例えば未経験歓迎の営業求人には以下のようなものがあります。

    リクナビNEXT クリエイティブ 営業未経験求人

    (参考:リクナビNEXT/2019年10月時点

    憧れのクリエイティブ職を目指している人は、営業から始めて、知識を深め、ディレクターやコピーライターに転職することも不可能ではありません。

    求人広告ライターは目指しやすい

    ライター業の中でなりやすい職種は、求人広告ライターです。

    求人広告ライターは、実務経験を積みにくいため、未経験から採用していることも多く、人材系などの仕事をしていた人は、転職しやすいでしょう。

    未経験を歓迎しているライター求人には、次のようなものがあります。

    (参考:リクナビNEXT/2019年10月時点

    また、画像作成のために、PhotoshopやIllustratorのスキルなどがあれば、さらに採用されやすくなります。

    クリエイティブ職以外の仕事をしていた人でも、その知識や経験を活かしたい場合は、求人広告ライターがおすすめです。

    クリエイティブ職への転職を成功させるコツ

    保険会社への転職

    クリエイティブの転職を成功させるポイントは、複数あります。

    それは、転職理由をはっきりとさせ、ポートフォリオ(作品集)を作ることです。

    また、転職をスムーズに進めるために、転職エージェントを利用することもおすすめです。

    ここでは、こうしたクリエイティブの転職を成功させる方法について紹介します。

    転職理由を明確にする

    クリエイティブ職へ転職する人は、志望動機もとても大切ですが、会社側としては、持っているスキルや転職理由を適確に答えることを重要視しています。

    採用担当者は、なぜ今の会社を辞めたいのか、どうしてこの会社に入社したいのか質問してきますので、しっかりと転職理由を考えておきましょう。

    志望動機も含むような転職理由を考えれば、間違った内容にはなりにくいです。

    ポートフォリオを作る

    クリエイティブ職の転職に欠かせないものは、ポートフォリオ(作品集)です。

    ポートフォリオは、職務経歴書のように実績を集めたものであり、それを提示することで、スキルや得意ジャンルなどをアピールできます。

    ポートフォリオを充実させ、応募する企業に自身の実績や長所をアピールしましょう。

    個人でやり遂げたものではなく、プロジェクトチームで携わったものを作品集に入れても構いません。

    転職エージェントを利用する

    転職エージェントを利用することで、クリエイティブ職への転職を有利に進められます。

    転職エージェントとは、企業に条件交渉してくれたり、無料で求人を紹介してくれたり、面接対策などもしてくれる優れたサービスです。

    各会社の転職エージェントには、プロの転職アドバイザーも在籍しており、適格なアドバイスをもらえます。

    アドバイザーに悩みを相談して、転職の成功させましょう。

    クリエイティブ職への転職におすすめの転職エージェント

    転職活動する際、もっとも心強い味方になるのは、転職エージェントです。

    さまざまな企業がそれぞれ特徴をもった転職サービスを展開しています。

    自分に合った転職エージェントを見つけられれば、転職を有利に進められるでしょう。

    ここでは、クリエイティブ職への転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

    自分に最適な仕事を見つけたい人は「ワークポート」

    ワークポート

    ワークポート」は、Web、デザイン、ゲームなど、クリエイティブ職に強い転職エージェントです。

    業界出身のコンサルタントのアドバイスによって、自分に最適な職種を発見できます。

    また、企業との深いパイプも持っており、さまざまな職種や企業から、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

    Web・ゲーム業界に入りたい人は「マイナビクリエイター」

    マイナビクリエイター

    マイナビクリエイター」は、Webやゲーム業界に特化した転職エージェントです。

    業界に詳しいキャリアアドバイザーが、ポートフォリオの作り方を教えてくれたり、最適な求人を紹介してくれたり、さまざまなサポートをしてくれます。

    未経験歓迎の求人もあり、初めてWeb・ゲーム業界に関わりたい人にもおすすめですね。

    転職活動に手間をかけたくない人は「レバテックキャリア

    レバテック

    レバテックキャリア」は、クリエイターに特化した転職エージェントであり、フリーランス向けの案件も取り揃えています。

    また、会社別に面接対策をしてくれたり、高給与求人を紹介してくれたり、クリエイティブ職への転職をサポートしてくれます。

    キャリアアドバイザーの質の高いサポート体制によって、転職活動に手間をかけず、内定を近づけられるでしょう。

    まとめ

    クリエイティブ職への転職は、未経験の場合、ハードルが高いですが、成功させる方法もあります。

    1. スキルがあればデザイナーになれる
    2. 求人広告ライターは目指しやすい
    3. スキルと転職理由を明確にする
    4. 作品集を作っておく
    5. 転職エージェントを利用する

    デザイナーや求人広告ライターは、実務未経験でも、目指せる職種です。

    さらに内定を近づけたい人は、スキルと転職理由を明確にし、作品集を作っておきましょう。

    ワークポート」、「マイナビクリエイター」、「レバテックキャリア」など、 プロの転職アドバイザーが在籍している転職エージェントを利用すれば、スムーズに転職を進められます。

    Web、ゲーム、広告、アミューズメント、映像業界で、クリエイティブ職として活躍しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県