未経験でデータサイエンティストへ転職は可能?有利な転職方法まで解説

一般転職

データサイエンティストへの転職をお考えですか?

データサイエンティストは年収も高く今後も将来性のある仕事です。

ここでは、 「未経験からでもデータサイエンティストに転職できるのか」について紹介していきます

データサイエンティストへの転職を有利にすすめる方法も紹介してきますので、効率よく転職を勧める方法を知ることができますよ。

スポンサーリンク

1.データサイエンティストとは

データサイエンティストは、以下のように定義づけされています。

「データサイエンス力、データエンジニアリング力をベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナル」

引用元:データサイエンティスト協会

  • データサイエンス力
    情報処理、人工知能、統計学などの情報科学系の知恵を理解し、使う力
  • データエンジニアリング力
    データサイエンスを意味のある形に使えるようにし、実装、運用できるようにする力

「データサイエンス」とは、 大量のデータを分析して、何らかの結論を導き出す学問のことです。

データサイエンティストとは、 ビジネス上の意思決定の場面で、データにもとづいて合理的な判断を行えるようにサポートする人のことを指します

ここでは、 データサイエンティストの仕事内容や求められるレベルを紹介していきます。

データサイエンティストの仕事内容

データを活用するためのデータの流れ

引用元:人材紹介リーベル

データサイエンティストの仕事は、 自社が持っているビッグデータを統計学や数学、さらにはコンピューターサイエンス等の知識を用いて、整理し分析する仕事です

ビッグデータとは、 スマートフォンやインターネットから分かる個人の位置情報や行動履歴などから出る大量のデータとのことを意味します。

  • スポンサーリンク

  • データサイエンンティストに求められるレベル

    データサイエンティスト協会では、求められているレベルが定められています

    1. 見習いレベル
    2. 独り立ちレベル
    3. 棟梁(親方)レベル
    4. 業界代表レベル

    引用元:データーサイエンティスト協会

    データサイエンティストを目指すのであれば、協会が推奨している見習いレベルの知識やスキルが求められます。

    見習いレベルの知識やスキルとは?

    見習いレベルでは以下のことが求められます。

    • 仮説や既知の問題に、必要なデータに当たりをつけて改善することができる
    • 基本統計量(平均、中央値など)の知識が理解できる
    • 指示されればデータの抽出、グラフ作成を行うことができる
    • Excel や Access等を用い、目的に応じた処理ができる

    データサイエンティストに未経験から転職したいなら、最低限見習いレベルをクリアしていることが求められます

    2.データサイエンティストの転職事情

    ここでは、 データサイエンティストの転職事情について紹介をしていきます

  • スポンサーリンク

  • データサイエンティストの需要状況

    スマホやタブレットの普及に伴いネット上に流通するデータが格段に増えました。

    この膨大なデータのことをビッグデータと言います。

    このビッグデータを扱うのが、データサイエンティストです

    さらに、スマホやタブレットが今後拡大することが予想されるため、データサイエンティストの需要も増えると予想されます。

    実際に、データサイエンティストの求人は増えています。

    dodaで求人数425件もあります。(2019年8月時点)

    データサイエンティストの求人 doda

    引用元:doda データサイエンティスト

     

    データサイエンティストは需要が増えているため、年収も増加傾向にあります。

    年収

    データサイエンティストの平均年収は、507万円です

    データサイエンティストの年収

    引用元:doda 平均年収ランキング

    身に着けているスキルや知識によっても前後するようです。

    さらに、 外資系やベンチャー企業によっても年収は変わります

    外資系や大企業だと年収1,000万円超え

    外資系企業やベンチャー企業となると1,000万円超えをする企業もあります

    外資系とベンチャー企業での実際の年収を紹介していきます。

    外資系企業の求人
    エン転職データサイエンティスト 求人

    引用元:エン転職 データサイエンティスト/2019年8月時点 

    この外資系の求人は年収は1,250~1,499万円です。

    データサイエンティストの求人は、製薬会社の案件も増えています

    ベンチャー企業の求人
    エン転職 データサイエンティスト 求人

    引用元:エン転職 データサイエンティスト/20192019年8月時点

    年収は、1,200~9,999万円です。

    人工知能に関する求人が増えています

  • スポンサーリンク

  • データサイエンティストが選ぶ主な人気企業

    ここでは、 データサイエンティストが選ぶ人気企業について紹介していきます

    それぞれの企業の年収や求人例も紹介していきます。

    IBM

    IBMは、コンピュータ製品やサービスを提供する企業です。

    IBMのデータサイエンティストの年収は、 600〜1300万円です

    OPENWORK IBM データサイエンティスト 求人

    引用元:OPENWORK IBM/2019年8月時点

    コンピューター製品を扱っているIBMでさえデータサイエンティストが不足しています。

    電通

    電通は、日本最大手の広告代理店です。

    電通のデータサイエンティストの年収は、 400〜1000万円です

    パソナキャリア 電通 データサイエンティスト求人

    引用元:パソナキャリア 電通/2019年8月時点

    広告業界も今後はよりスマホやタブレットなどのデータから広告を作成していくことが求められています。

    そのため大手電通でもデータサイエンティストの需要が増えています。

    ソフトバンク

    ソフトバンクは、携帯電話等の電気通信事業やインターネット関連を主な事業にしている企業です。

    ソフトバンクのデータサイエンティストの年収は、 495~823万円です

    マイナビエージェント ソフトバンク データサイエンティスト求人

    引用元:マイナビエージェント ソフトバンク/2019年8月時点

    ファーストリテイリング

    ファーストリテイリングは、「UNIQLO」を傘下に持つ企業です。

    「UNIQLO」は、衣料品の生産販売を一括して展開する企業です。

    ファーストリテイリングのデータサイエンティストの年収は、 600〜1500万円です

    パソナキャリア ファーストリテイリング データサイエンティスト求人

    引用元:パソナキャリア ファーストリテイリング/2019年8月時点

    リクルート

    リクルートは、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛ける企業です。

    リクルートのデータサイエンティストの年収は、 550~1200万円です

    キャリコネ転職 リクルート データサイエンティスト 求人

     

    引用元:キャリコネ転職 リクルート/2019年8月時点

    Google

    Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した企業です。

    年収は、 平均800万円程度です。

    2019年8月時点では見つかりませんでしたが、たまにGoogleからデータサイエンティストの求人が出ています。

    Googleでは、給料以外に株式の一部を貰えるようです

    さらに、仕事が評価されると年に4回の賞与を貰える人もいるようです。

    Googleの年収に関しては、こちらでも解説しています。

    3.業界未経験からデータサイエンティストへ転職できる?

    ここでは、「 未経験からでもデータサイエンティストへ転職できるか」を解説します

  • スポンサーリンク

  • 需要が増えているため未経験からでも転職できる

    データサイエンティストは、求人数が増えているため未経験からでも転職することができます

    スマホやタブレットが拡大すため、データサイエンティストの需要がより増えてきています。

    しかし、データサイエンティストして求められる統計学や人工知能やプログラミングなどのスキルを身に着けている必要があります。

    未経験でも身に着けておくべきスキル

    経験からでもデータサイエンティストを目指すのであれば、求められるスキルを身につけておく必要があります

    データサイエンティストとして身に着けるべきスキルは、こちらになります。

    • データ、グラフの作成スキル
      統計のために必要なデータやグラフを作成
    • ツールを使いこなすスキル
      表計算(Excel)や 簡易データベース(Access)などのソフトを使える
    • 統計解析手法を扱うスキル
      SPSSやSPSなどの統計解析用のソフトを使えること
    • オープンソース系言語を扱うスキル
      「R」や「Python」の言語が使えること
    • AIのアルゴリズムに対する理解
      機械学習、自然言語、画像処理などを活用すること

    参考記事:一般社団法人 データサイエンティスト協会

    持っていると有利になる資格

    データサイエンティストへ転職する時に、持っていると有利になる資格を紹介してきます

    こちらの「データサイエンティストになろう!おすすめ7つの資格も徹底解説!」では、より詳しくおすすめの資格を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

    統計検定

    統計検定とは、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です

    5段階の級と3つの資格によって試験が分かれています。

    試験の種別 試験内容
    統計検定 1級

    実社会の様々な分野でのデータ解析を

    遂行する統計専門力

    統計検定 準1級 統計学の活用力 ─ データサイエンスの基礎
    統計検定 2級 大学基礎統計学の知識と問題解決力
    統計検定 3級

    データの分析において重要な概念を身に付け、身近な問題に活かす力

    統計検定 4級

    データや表・グラフ、確率に関する基本的な知識と具体的な文脈の中での活用力

    統計調査士 統計に関する基本的知識と利活用
    専門統計調査士 調査全般に関わる高度な専門的知識と利活用手法
    統計検定 データサイエンス基礎(CBT)

    具体的なデータセットをコンピュータ上に提示して、分析目的に応じて、解析手法を選択し、表計算ソフトExcelによるデータの前処理から解析の実践、出力から必要な情報を適切に読み取り、当初の問題の解決のための解釈を行う一連の能力

    引用元:統計検定HP

    データサイエンティストにとって統計学は不可欠な知識です。

    統計検定を通して統計学の知識を身に着けることができます。

    情報処理技術者試験

    情報処理の促進に関する法律の規定に基づき、経済産業大臣が実施する情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能を問う、日本の国家試験である。

    引用元:IPA独立行政法人 情報処理推進機構

    情報処理技術者試験は、経済産業大臣が実施する国家試験です

    情報処理技術者試験

    情報処理技術者試験では、情報処理の技術の向上に役立ちます。

    データサイエンティストは、多くの情報を処理を行うため、情報処理技術者試験が役立ちます

    アクチュアリー資格試験

    アクチュアリー試験は、高度な数学の知識が必要な試験です

    「数学」「生保数理」「損保数理」「年金数理」「会計・経済・投資理論」の5科目が出題されます。

    アクチュアリー試験を受けると、データサイエンティストに必須知識な統計学や数学の知識を身に着けることができます。

    転職エージェントを利用する

    転職エージェントは、最適な求人を紹介したり、面接対策などのサポートを行ってくれる会社です。

    転職エージェントを利用するメリットは5つあります。

    1. 無料で利用できる
    2. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
    3. 職務経歴書・面接などの対策をしてくれる
    4. 給与交渉など自分から言いづらい交渉をしてくれる
    5. 転職エージェントが独占しているデータサイエンティストの求人を紹介してくれる

    データサイエンティストの転職を進めるためにもぜひ利用することをお勧めします。

    4.データーサイエンティストの転職に有利な転職エージェントは?

    ここでは、 データサイエンティストの転職に有利な転職エージェントについて紹介していきます

    豊富な求人数から選びたいならリクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、 日本トップの求人数を誇る業界最大手の転職エージェントです

    また、長年多くの転職支援を行ってきているため、 しっかりとした転職ノウハウも提供してくれます。

    リクルートエージェントでは、60件以上も求人があります。(2019年8月時点)

    手厚いサポートを受けたいならパソナキャリア

    パソナキャリア

    パソナキャリアは、「親身なサポートを受けられる」と定評のあるエージェントです

    豊富な実績があるため、安心してサポートを受けられるでしょう。

    特に、女性の転職支援にも力を入れているため「転職を検討している女性」にもおすすめです。

    パソナキャリアではデータサイエンティストの求人が、500件以上あります。(2019年8月時点)

    ハイキャリアの転職ならJACリクルートメント

    JACリクルートメントは、30~50歳で高いキャリアをお持ちの方の転職に強みを持つ転職エージェントです

    取り扱っている案件は、管理職や収入が高いものが多いです。

    マネージャー職や管理職転職の経験がある人にとっては、利用する価値が高いエージェントです。

    好待遇な求人を確認したい場合は、こちらより登録を行ってください。

    5.転職エージェントを上手く活用する方法

    ハタラクティブと併せて使うべき転職エージェント

    ここからは、 転職エージェントを上手く活用する方法について紹介していきます

    1つ1つ順番に紹介していきます。

    転職エージェントは3社程度登録する

    転職エージェントは、3社程度の利用をお勧めします

    なぜなら、転職エージェントによって求人数や求人内容が異なるからです。

    多くの求人数を見ることで、より自分にあった転職先を探しやすくなります。

    複数の求人を比較するには、3社程度の転職エージェントに登録するようにしてくださいね。

    担当者との相性が大事

    転職エージェントを利用する際は、相性の良い担当者を見つけるようにしましょう

    なぜなら、相性の良い担当者の方があなたの希望通りの転職先を紹介してもらえる可能性が高くなるからです。

    コミュニケーションが取れない担当者だと、あなたの希望を理解してもらえないことがあります。

    相性の良い担当者を見つけるためには、ちょっとしたコツがあります。

    良い担当者を見つけるためのコツをチェックリストにしていますので、ぜひ参考にしてください。

    • 返信が早いか
    • 丁寧にヒアリングをしてくれる
    • 志望する業界についての経験や知識があるか
    • 希望に合った企業を提案してくれる
    • 転職後の生活のことも考えて会社を提案してくれる
    • 年収が高いことだけをアピールしてこないか
    • 内定しやすいをやたらにアピールしてこないか

    こまめに連絡をとる

    担当アドバイザーとは、こまめに連絡を取りましょう。

    最低でも、2週間に1回は連絡を取るようにしてください。

    こまめに連絡をしてくれる人の方が、転職に前向きな印象を与えることができるので、アドバイザーも好印象を持ちます。

    支援を優先してくれたり有益な情報を教えてくれたりします。

    まとめ

    ここまで 未経験からデータサイエンティストへ転職する方法についてご紹介してきました。

    【未経験からデータサイエンティストへ転職する方法】

    • 未経験からでも転職できる
    • データサイエンティストに求められるスキルがある
    • 持っていると有利になる資格は3つ
    • 転職エージェントを上手く活用する

    データサイエンティストに求めらえるスキルは以下のものです。

    【データサイエンティストに求められるスキル】

    • データ、グラフの作成スキル
      統計のために必要なデータやグラフを作成
    • ツールを使いこなすスキル
      表計算(Excel)や 簡易データベース(Access)などのソフトを使える
    • 統計解析手法を扱うスキル
      SPSSやSPSなどの統計解析用のソフトを使えること
    • オープンソース系言語を扱うスキル
      「R」や「Python」の言語が使えること
    • AIのアルゴリズムに対する理解
      機械学習、自然言語、画像処理などを活用すること

    データサイエンティストへ転職するのに、有利になる3つの資格は以下のものでした。

    【データサイエンティストへの転職を有利にすすめる3つの資格】

    1. 統計検定
    2. 情報処理技術者試験
    3. アクチュアリー資格試験

    さらに、 おすすめの転職エージェントについても紹介しました

    上記で紹介した転職エージェントを参考に、データサイエンティストへの転職を効率的に進めてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県