デル(DELL)への転職は難しい?内定を勝ち取るためのポイントをご紹介

デル(DELL)への転職は難しい?内定を勝ち取るためのポイントをご紹介 一般転職

世界中に名を知られたデル(DELL)は非上場企業ですが、求職者から人気の高い企業です。

男女共に区別なく仕事ができることや、待遇の良さなども人気の理由の一つです。

また実力主義で高い年収が得られることも魅力といえます。

そこでデルに転職したいと考えている場合、どういった対策をするべきなのか、当記事でそのポイントを詳しくご紹介します。

【結論】デルに転職するなら転職エージェントを利用しよう

デルの本社はアメリカにあり、日本法人は神奈川と宮崎、中国にあるコールセンターの3拠点がサポートを行っています。

社員の9割が中途採用という環境ですが、求職者からの人気は高く転職難易度は高くなっています。

もし「異業種からデルに転職したい」「前職のキャリアを活かして働きたい」と考えているなら転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、提出書類の添削や面接対策、さらに企業との面接日調整の代理など、様々なサポートをしてくれます。

ぜひ登録したいのは、デルの転職実績がある「doda」「パソナキャリア」「JACリクルートメント」の3つ。

無料で登録できますので、ぜひ転職エージェントのサポートを活用しましょう。

スポンサーリンク

1.デル(DELL)とはどんな会社?企業情報をご紹介

「デルに転職したい」と考えているなら、まずは知っておきたい企業情報について見ていきましょう。

会社名 デル株式会社(DELL日本)
本社所在地 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地ソリッドスクエア東館20F
代表者 代表取締役社長:大塚俊彦
設立 1989年6月(販売業務開始1993年1月)
資本金 3億500円
事業内容 総合ITソリューション事業(パソコン・モバイル端末・クラウド・基幹システムの導入支援、セキュリティサービス、サーバ・ストレージなどIT環境のインフラ、ソフトウェア・周辺機器の開発提供など)
従業員数 約1,800名

参考:デル株式会社・会社情報

日本国内向けの事業を行っているのが、日本法人の「DELL日本(ジャパン)」です。

神奈川にある本社と、宮崎県宮崎市にある「デル宮崎カスタマーセンター」、そして中国現地法人で大連市にあるコールセンターの3拠点でサービス・サポートに対応しています。

採用された場合、この3つの拠点間で異動があるということも覚えておきましょう。

さらにデルについて、面接などで参考になる詳しい企業情報をご紹介します。

コンピュータサービスで世界トップクラスの売上

デルは、コンピュータサービスで世界トップクラスの売上を誇る企業です。

デルと聞くと、「パソコンを販売している会社」というイメージを持っている人も多いのですが、それはデルの事業の一部にすぎません。

デルではITソリューション(ITによって問題や課題を解決していく)事業を行っており、個人や法人などITを活用したいと考えている全てのユーザーに寄り添うことを第一目的にしています。

積極的に買収や合併を行っており、最先端技術を積極的に取り込んでいることも売上が好調に伸びている要因となっています。

  • スポンサーリンク

  • デルの取り組み・成果

    デルはパソコンや周辺機器をただ販売するだけでなく様々な取り組みを行っています。

    その一例を紹介しましょう。

    【デルが行っている取り組み一覧】

    リサイクルの循環
    • 使用済み電化製品のプラスチックを新たな製品に使用
    • マザーボードからリサイクルした金を新品のマザーボードに活用
    • 航空産業向けの製品からカーボンファイバーを再利用
    エネルギー削減
    • サーバーやディスクドライブのエネルギー強度を低減
    • パソコンの効率性アップにより使用する電気を削減
    リサイクルの取り組み
    • 顧客向けにリサイクルソリューションを提供
    • 無料集積所の提供や法人向けオンサイトでの引き取りを実施
    • 処分方法とデータの無害化といったリサイクルルールを統一

    参考:2019年度の企業の社会的責任レポート

    この他にも、パソコン製造で必要となる水利用などについての監査報告や拠点の視察ができるツアーなどを行っています。

    企業としての社会的責任を果たすデルの取り組みは、顧客だけでなく業界や同業各社などにも大きな影響を与えています。

    中途採用者が多い環境

    デルは中途採用が社員の9割を超えていることでも知られています。

    元々世界各国さまざまな国籍・人種・価値観を持つ社員を抱えるデルは、多様性を認めるカルチャーが形成されており、転職者も積極的に受け入れ中です。

    また、中途採用者が多い背景には独自の企業戦略の影響も考えられます。

    デルが目指すサービスは単に「機器・ソフトの販売」ではなく、「ユーザーの悩みを聞き出した上で解決する方法を一緒に模索する」スタイル。

    そのためパソコン製造・販売スキルを重視する他の企業と違い、新しい視点を持つ異業種からの人材も求めているのです。

  • スポンサーリンク

  • デル日本法人の役割

    デル本社はアメリカにあるため、基本的な開発は日本では行っていません。

    日本で提供するサービスは以下のものがあります。

    【日本でのサービス内容】

    • 個人向け・法人向けの製品の提供やサポート
    • 法人向けのITソリューションの提案や導入・メンテナンス
    • 機器交換や修理対応

    ただし電話による問い合わせ対応は中国法人が行っています。

    デルの将来性

    デルは単なるITサービスやインターネットを使ったネットワークの開発を目指すのではなく、「人類の進歩」という大きな目標を掲げています。

    そのためにデルが目指すのは以下の4つの取り組みです。

    【デルの将来に向けた4つの取り組み】

    サステナビリティを推進 サステナビリティ(今も未来も機能を失わずに継続していくことが可能なシステムやプロセス)の追求と実践に取り組む
    多様性を受け入れる 男女・人種・国籍などの違いを乗り越え人材に取り入れる
    テクノロジーで世界の困難に立ち向かう テクノロジーが人類にとって必需品であるという考えを持ち世界の困難を解決する取り組みを行う
    倫理とプライバシーを維持する 変化していく社会の中で基礎となる倫理とプライバシーを強固なものとする

    参考:Our Vision for 2030

    単なる売上のアップを目指すのではなく、社会や人類の進歩のために社会貢献を目指しているデル。

    パソコンの販売から始まったデルの歴史は、今後も変化と成長を続けていく可能性を秘めています。

  • スポンサーリンク

  • 社員はどう思っているの?デルの評判・口コミ

    外資系企業の中でもトップの売上を誇るデルは、「中途採用が多い」「男女差がない」などの社風も世界中から注目されています。

    ただ、デルへの転職を考えているけれど、「働きやすい職場か」「働き続けることが可能な仕事か」といった内部事情はなかなか分からないですよね。

    そこで実際にデルで働いている人の口コミから、デルの事業や取り組み、また会社環境について以下よりご紹介します。

    労働時間や残業について

    30代・男性

    7.5時間分の勤務時間のため、ライフワークバランスは比較的保ちやすい。

    残業も少なく、1時間も残業していると周りが居なくなっていきます。

    引用:カイシャの評判

    30代・男性

    【仕事中の休憩時間】休憩時間も管理されているため、結果を出していないと休憩時間の取り方などを指摘されてしまう可能性があります。

    引用:カイシャの評判

    デルは結果をきちんと出すことが優先される職場です。

    そのため仕事の配分なども自分の裁量で決めることができ、また在宅で働くことができるといった多種多様な働き方が選べます。

    デルの将来性について

    30代・男性

    買収に次ぐ買収を繰り返し、会社が巨大化を続けている。

    守りに入らず、攻めを続けている状態は安定している証拠だと思う。

    また勤続年数が長い人が多いのも理由のひとつに挙げられる。

    これからもこの傾向は続くと思う。

    引用:カイシャの評判

    20代・女性

    場所や上長にもよるが、基本的に仕事がきちんとできていれば理解を得られる。

    リモートワークも導入されており、妊娠出産前後には在宅ワークをする人もいるため、女性が活躍しやすい環境であると思う。

    引用:カイシャの評判

    風通しがよく、働きやすい環境であるという口コミが多くありました。

    逆に、自分で積極的に考え行動していかないと評価されないという点では、他の企業に比べて厳しい面があるともいえます。

    2.デルは中途採用が多いが難易度は高め!その理由は

    デルは中途採用が多いが難易度は高め!その理由は

    デルでは中途採用者が社員の9割を占めており、他の企業とは大きく違います。

    自分の裁量で仕事ができ、勤務時間なども自由に決められるなど、自由度が高いため転職を希望する人も多くいます。

    ただその一方で、内定辞退者が多かったり選考の突破が難しかったりと、転職前・後ともにハードルが高くなっているのが現状です。

    ここではデルへの転職がなぜ難しいのか、その理由についてご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 内定が決まっても辞退する人も多い

    実力主義であり高収入が得られるデルは就職先として人気ですが、内定を辞退する人も少なくありません。

    その理由として以下のことが挙げられます。

    【デルの退職理由】

    • 営業成績が悪いと指導が入るなどプレッシャーがあった
    • 実力主義の環境についていけなかった
    • カジュアルな雰囲気になじめなかった
    • 風通しの良さを勘違いしている人が多かった

    さらに年収も一般の企業とは違い、年俸制を取っているためボーナスはありません。

    このような給料形態や実力主義で自分が行動しなければ高年収が得られないといったことから、「思っていたのと違う」と感じて内定が決まっても辞退する人も多いと考えられます。

    即戦力を求めており選考が厳しい

    中途採用が多いデルですが、実力主義の企業であるため、中途採用者には即戦力性が求められます。

    「言われるがままではなく自発的に行動する能力」「入社後も積極的に向上しようとする心」が必要になるでしょう。

    事実、デルには社内研修やトレーニング等のスキルアップ支援が充実しており、裏を返せば入社後も自分を高め続けなければなりません。

    即戦力性や向上心が見られないと、選考を勝ち抜くのは至難の技です。

    特に面接では「なぜそう考えたか」「どう対応するのか」といった踏み込んだ質問がされています。

    20代・男性

    面接は集団面接や個別面接のほか、電話面接もありました。

    エントリーシートに記入したことを元にした質問がほとんどでしたが、「なぜデルを選んだのか」についてはかなり踏み込んだ質問をされました。

    デルの面接については、「知っておきたいデルの面接情報」で詳しくご紹介します。

    転職の際には、デルで働きたいという強い気持ちももちろんですが、業務に活かせる経験やスキルも持っておくことが必要です。

    3.デルに転職したいなら知っておきたい年収・社風・面接情報

    デルに転職したいなら知っておきたい情報

    人気企業だから、将来性のある企業だから、という理由だけでデルを転職先として選ぶと、後になって「こんなはずじゃなかったのに」となりかねません。

    ここからはデルへの転職の際、知っておくべき基本情報を詳しく見ていきましょう。

    デルの年収は平均600~700万円

    デルは非上場企業であるため、従業員数や年収などが明記された有価証券報告書がありません。

    そのためデルの求人情報や実際にデルで働いている人の口コミを参考に、大体の平均年収を算出しました。

    【デルの平均年収】

    職種 年収
    内勤営業 500~650万円
    外勤営業 800~2,000万円
    セールスエンジニア 500~800万円
    テクニカルサポート 500~650万円

    デルは年俸制であることに加え、部署によってベースとなる年収が決まっており、そこから目標達成でベースアップする仕組みです。

    そのため個人の給与格差が大きく、成果を上げやすい営業では特にその差が顕著になっています。

    デルの募集職種

    デルには以下のような職種があります。

    【デルの職種】

    セールス部門 ユーザーと直接やり取りを行う部門
    リテールセールスや内勤・外勤営業、技術営業などがある
    マーケティング部門 企業としてのマーケティングに関わる部門
    サービスマーケティングやプロダクトマーケティング、ブランドマーケティングなどを行う
    プロフェッショナルサービスおよびコンサルティング 長期的なITサービスやサポートを企業に提供する部門
    提案から導入、管理やサポートなどを行う
    コーポレートファンクション 顧客のデータ管理をする部署やデルの社員の福利厚生、採用などの人事に関する部署など、デルを内側から支える
    ファイナンス デルの人材育成のためのトレーニングやプログラムなど企業文化を醸成する
    インフォメーションテクノロジー システム分析や管理、セキュリティなどソフトェアの開発やエンジニアリング関係などのIT部門を担当する
    マニファクチャリングおよびロジスティクス デル製品の生産ラインや物流など製造工程を管理する
    エンジニアリング ソフトウェア開発やテスティング実施などデルのエンジニアリングチームとして活動する
    カスタマーサービスおよびサポート 顧客に対するサービスやサポートを担当する

    参考:デルについて

    ただしここで紹介した全ての職種が募集されているわけではありません。

    主に募集されている職種として、「営業」「カスタマーサービスおよびサポート」「エンジニア」の募集が多い傾向にあります。

    デルでは女性も多数活躍している

    デルへの転職を希望する女性も多くなっています。

    その理由として、デルでは多くの女性が活躍していることが挙げられます。


    女性でもリーダーやマネージャーになっている人はいた。年齢も若い人が多く、自分の仕事のやる気につながる。

    引用:カイシャの評判


    男女関係なく結婚しても休業制度がしっかりしているため女性が辞めないで済みますまた管理職の登用にも女性を積極的に推し進めているため私の上司も女性がボスになっております

    引用:カイシャの評判

    男女均等雇用が進められているとはいえ、給与格差などが根強く、結婚や出産などで退職を余儀なくされる女性は多くいますよね。

    デルではライフプランに合わせた働き方が導入されており、在宅や時短といった働き方を選択することが可能です。

    さらに女性のリーダーも多く在籍しており、環境が整っているのでキャリアアップが目指せます。

    結果を出せば、それがベースアップという目に見える形で還元される点も魅力です。

    知っておきたいデルの面接情報

    デルへの転職を考えているなら、どういった流れで面接が行われるのか詳しいことを知っておきたいですよね。

    デルでは筆記試験などを含む一次面接を始めとして、3回程度面接が行われます。

    【デルの選考ステップ】

    一次面接
    • 集団面接
    • 簡単なパソコンについての筆記試験
    • 志望動機などを聞かれる
    二次面接
    • 個人面接
    • なぜデルを選んだのか
    • 困難にあった時の対処法について
    三次面接
    • 個人面接
    • 適職についての案内や具体的な業務内容についての確認

    面接は基本的に全てマネジャークラスが担当します。

    つまり面接の相手は自分の上司になるかもしれない相手ということです。

    面接は圧迫面接といったことはなく、履歴書などを参考に質問がされるだけですが、一貫した考えや主張がなかったり質問の答えが統一されていないと一気に不利になってしまいますので注意しましょう。

    公式サイトからより転職エージェントからの応募がおすすめ!

    デルでは中途採用を積極的に行っており、公式サイトからの応募も可能です。

    ただし公式サイトの人事採用システムは、本社のアメリカを含めて全ての法人での求人が対象となっており、英語表記です。

    デルで働く場合、本社や他の拠点とのやり取りもあるため英語力が必須となっていますが、ある程度英語力があっても求人している職種などが探しにくくなっているのがこのシステムの難点です。

    そこでデルの日本法人に転職したい場合は、このシステムを使うより転職エージェントを利用した方がすぐ求人が見つかります。

    転職エージェントの仕組み

    転職エージェントとは、求人の紹介と共に転職のサポートをしてくれるサービスのことです。

    転職の際には、自分で求人を探して応募するといった方法もありますが、デルのような大手人気企業の場合、求人が出てもすぐに応募が埋まってしまうこともあります。

    転職エージェントに登録し、希望を出しておけば、求人が出た時にすぐに連絡がもらえるので転職活動がスムーズにできるのが大きなメリットです。

    それに加え、転職エージェントを利用する場合には以下のようなメリットがあります。

    【転職エージェントを利用するメリット】

    • 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてくれる
    • 営業が直接企業に出向くため社内の雰囲気を教えてもらえる
    • 面接の日程調節を代理でしてくれる

    今の仕事をしながら転職活動をする場合、なかなか転職活動に時間をかけられないことも多いですよね。

    そういった場合にも転職エージェントのサポートがあれば、年収や待遇など納得のいく転職を成功させることができます。

    4.デルに転職するならぜひ利用したい転職エージェント3選

    デルに転職を考えているなら、実際にデルの求人を取り扱っている・転職実績のある転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    面接の内容など詳しい情報を持っているので、安心してサポートを受けることができます。

    そこで今回は、デルへの転職を成功させるためにぜひ登録したい転職エージェントを3つご紹介します。

    キャリアアドバイザーのサポートを受けたいならdoda

    【dodaの強み】

    • 業界内No.2の転職実績を誇る
    • ヒアリングで求職者に寄り添った求人を紹介してくれる
    • 提出書類の添削や面接対策などキャリアアドバイザーのサポートに定評あり

    dodaは、転職実績は業界内No.2であり、紹介している求人数もトップの多さを誇る転職エージェントです。

    大手企業の求人を多数保有していることに加え、非公開求人もあるので自分では探しきれない求人も紹介してもらえます。

    キャリアアドバイザーのサポートには定評がありますので、デルの面接に不安があるならぜひ登録しましょう。

    運営会社 株式会社パーソルキャリア
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 136,452件(2020年1月時点)
    非公開求人数 非公開
    詳しくはdodaの解説記事をご覧ください。
     

    女性の転職を応援しているエージェントを選ぶならパソナキャリア

    パソナキャリア

    【パソナキャリアの強み】

    • 取引企業が多く優良企業の求人が多い
    • 独占求人が多く転職で年収アップを目指すことも可能
    • 女性の立場に沿った転職サポートを行っている

    パソナキャリアは、幅広い業界の求人を紹介している転職エージェントです。

    人材派遣事業の実績があることから取引企業が多く、専門分野に強いキャリアアドバイザーが在籍している点でも心強いですよね。

    また女性の転職サポートに力を入れているので、女性が多数活躍するデルへの転職もしっかりサポートしてくれるでしょう。

    「結婚や出産でやむなく退職したけれどまた正社員として働きたい!」と考えている人にはぜひ利用して欲しい転職エージェントです。

    運営会社 株式会社パソナ
    対象地域 全国・海外
    公開求人数 40,656件(2020年1月時点)
    非公開求人数 非公開
    詳しくは「パソナキャリアの解説記事」をご覧ください。
     

    外資系に強いサポートを受けたいならJACリクルートメント

     

    【JACリクルートメントの強み】

    • 人材紹介のみの事業を行っている
    • 企業担当がそのまま求職者のサポートを行う
    • 外資系企業やグローバル日系企業と強いパイプがある

    JACリクルートメントは、外資系企業への転職に強い転職エージェントです。

    30~40代のハイキャリアを目指す求職者向けの求人を多く取り扱っており、他の転職エージェントと違い「両面型」のサポートを行っています。

    両面型とは、企業向けの担当者がそのままその企業への転職を目指す求職者を担当するというもの。

    企業が求めている人材と求職者の希望、双方のマッチングを考えて紹介してもらえるので納得のいく転職が可能です。

    運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
    対象地域 全国
    公開求人数 約15,000件
    非公開求人数 非公開
    詳しくはJACリクルートメントの解説記事をご覧ください。
     

    まとめ

    デルは世界でもトップクラスの売上を誇る企業です。

    そのため転職希望者も多く、難易度が高くなっています。

    デルへの転職を成功させるためには以下の準備が必要です。

    • 3回ある面接対策をしっかりしておく
    • 希望する職種の応募条件を確認しておく
    • 求人が出た時にすぐに応募できるよう転職エージェントに登録する

    希望する職種へ確実に応募し、内定を勝ち取りたいなら転職エージェントへ登録するのが近道です。

    そのためにもデルへの転職実績のある以下の3つの転職エージェントに登録しましょう。

    デルへの転職は、自分のキャリアを活かし年収アップも目指せるチャンスです。

    ぜひご紹介した転職エージェントを活用し、内定を勝ち取りましょう。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?