未経験でもデザインの仕事に転職できる?必須スキルや取得すべき資格を解説

Top View of architectural Engineer Working on His Blueprints, Holding Tablet Computer, Using Desktop Computer Also. His Desk is Full of Useful Objects and Evening Sun.
一般転職

「イラストを描くスキルを仕事に活かしたいけど、未経験でもデザインの仕事に就けるの?」と疑問に感じていませんか?

デザインの仕事は「経験者のみ募集」としているところが多いため、未経験で転職できるのか不安になってしまいますよね。

しかし、中には「未経験可」としているデザインの仕事もあります。

今回は未経験でデザインの仕事がしたいあなたのために、デザイナーの種類や仕事内容、転職前に取得すべき資格について解説します。

スポンサーリンク

1.未経験でデザインの仕事に転職は難しい?実情をご紹介

デザインの経験がない場合、「転職できるのかどうか」心配になりますよね。

実際にデザインの求人を見てみると「経験者募集」がほとんど

ですが、場合によっては「未経験可」としている求人もあります。

まずは、デザイン関係の仕事の転職事情についてチェックしていきましょう。

デザインの求人は即戦力を求めている

デザイン業界は人手不足のため、常に即戦力を求めています。

デザインはさまざまな会社で必要とされていることに加え、個人の能力が大きく関わってくるため代わりがすぐに見つかりません。

さらに未経験となると、仕事を任せられるまで時間がかかってしまいます。

そういった事情から、デザイン業界では即戦力となる経験者を積極的に採用しています。

  • スポンサーリンク

  • 未経験でも募集しているのはグラフィック・Webデザイナー

    デザイン関係の仕事の中でも「グラフィック」や「Webデザイナー」は、比較的未経験可の募集が多くあります。

    なぜグラフィックやWebデザイナーに「未経験可」の求人が多いのかというと、以下のような理由があります。

    【グラフィックやWebデザイナーに「未経験可」の求人が多い理由】

    • 独学でもスキルが身につけやすいから
    • 他のデザイン職と比較して年収が低く、離職者が多いから

    経験を積みたいなら、グラフィックやWebデザイナーから始める方法も考えましょう。

    人手が足りない業界では未経験者も採用している

    経験者をメインに募集している業界でも、人手不足が深刻な場合には、未経験者を募集することがあります。

    中小企業では少ないデザイナーで仕事を回していますが、多くの仕事を受ける大手企業ではチームでデザインを担当しているため、チームの人材不足は深刻な問題。

    仕事を円滑に進めるためには人手が必要なので、「未経験可」とすることもあるのです。

    ただし、「未経験可」と求人にあっても、必要最低限のスキルが身についていることが条件。

    必要なスキルは、以下の通りです。

    【未経験でも最低限必要とされるスキル】

    • Adobeソフトが操作できること(フォトショップ、イラストレーター、インデザイン)
    • HTMLとCSSの基礎的な知識
    • 色やフォントの知識
    • SEOについての知識
    • パソコンに関する基礎知識(トラブルが発生した場合の対処ができるなど)

    また、 「未経験可」としているところでも経験者が優遇されることは覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • デザインの仕事に転職する場合は若いほうが有利

    デザインの仕事に転職を考えているなら、若いほうが有利ということも理解しておきましょう。

    デザインの仕事の現場では、覚えていかなければならないことも多いため、成長性が見込める若い人を積極的に採用する傾向があります。

    そのため、未経験可の求人では「20代を対象」としているケースも少なくありません。

    また、デザインの仕事がしたいと考えていても、以下のような動機だと採用が難しくなります。

    【面接時に不利になりがちな動機】

    • イラストを描くのが得意なのでイラストの仕事をしたい
      (イラストはクライアントのイメージを優先するため、外注で依頼することがほとんど)
    • キレイでカッコイイデザインをしたい
      (こだわりが強すぎるとクライアントの要望に柔軟に対応できない)

    スキルや経験があったとしても、デザインの仕事は常に学び続けることが求められます。

    「趣味の延長で仕事がしたい」という安易な気持ちでは、つとまらない仕事であることを覚えておいてくださいね。

    Webデザイナーの平均年収は357万円

    デザイン職のひとつである、Webデザイナーの平均年収は357万円。参考:平均年収ランキング

    ただし、上記の数字はあくまでも平均値でしかありません。

    デザイン関係職には、会社に雇用される働き方、フリーランスとして仕事を請け負う働き方など、たくさんの働き方があります。

    さらに 仕事の種類も多岐に渡るため、働き方・仕事内容によって年収や必要なスキルに大きな違いが生じるのです

    デザインの仕事にはどんなものがあるのか、その種類と業務内容を次で詳しくご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 2.デザイナーの種類と業務内容

    デザイナーの仕事は、商品やPRするものの数だけ種類があります。

    ここでは具体的に、デザイナー別の詳しい業務について見ていきましょう。

    グラフィックデザイナー

    グラフィックデザイナーは、印刷物をはじめとした平面デザインを行う仕事です。

    おもにポスターや雑誌に載せる広告、配布物としてのフライヤー、商品のパッケージなどをデザインします。

    イラストレーターやコピーライターと共同して仕事をすることもあり、チームリーダーのような立場で仕事をします。

    また、クライアントに提出する企画案を作成することもあります。

  • スポンサーリンク

  • Webデザイナー

    Webデザイナーは、Webサイトのデザインをする仕事です。

    Webサイト全体の見やすさだけでなく、クライアントが求めているものや対象となる顧客が使いやすいデザインかどうかなど、あらゆる面からデザインを考えます。

    Webサイトを構成することはもちろん、サイトで使うボタンやバナーなどを作成するのも業務に含まれます。

    CGデザイナー

    CGデザイナーは、CG(コンピュータグラフィックス)を制作する仕事です。

    映画やゲーム、アニメなどの他、建築モデルや機械の製造などでもCGを作成するため、幅広く活躍しています。

    CGを専門に行う会社に所属する人や、フリーランスで仕事を請け負う人もいます。

    DTPデザイナー

    DTPデザイナーは、印刷に出すデータを作る仕事です。

    DTPは「Desk Top Publishing」の略称で、専用のソフトを使って制作を行います。

    出版社や広告代理店、印刷会社など幅広い場所で活躍しています。

    その他のデザイナー

    先にご紹介した4つのデザイナーは、デザインの仕事の中でも比較的求人の多い業種です。

    その他にも多くのデザイナーの仕事があります。

    どんな仕事なのか、まとめてご紹介します。

    ゲームグラフィックデザイナー ゲーム制作の場で、ゲームの舞台や登場人物などゲームに関わるすべてのデザインを行う。おもな活躍の場は「ゲーム制作会社」。
    インダストリアルデザイナー 大量生産が可能な工業デザインを手がける。デザインと共に「安全性」を求められる。製造メーカーの「デザイン部門」で活躍する。
    エディトリアルデザイナー 紙媒体で、文章が主となる印刷物のデザインを行う。書籍や雑誌の他、カタログやマニュアルなどを手がける。デザイン会社などが活躍の場。
    インテリアデザイナー 建物の内装の企画や設計を行う。デザインだけでなく空間なども含んだ総合的なデザインが求められる仕事。ハウスメーカーなどが活躍の場。
    プロダクトデザイナー インダストリアルデザイナーと混合されがちだが、立体物をデザインし模型などを使ってプレゼンをする仕事。工芸製品や一点ものを手がけることもある。デザイン事務所などが活躍の場となる。
    カーデザイナー 車のデザインを専門に行う。形のデザインだけでなく走りやすさや安全性なども考慮した提案をすることが求められる。自動車会社のデザイン部門が活躍の場となる。

    上記のような仕事は、専門学校や美術学校などでデザインを専門的に学んだ人が新規採用されることが多いです。

    中途採用の場合、未経験可の募集はほとんどなく、デザイン会社などである程度技術を磨いた人を採用する傾向にあります。

    3.デザインの仕事に転職するために取っておきたい資格

    デザインの仕事では、未経験でもグラフィックソフトが一通り使えることが前提になっていることがほとんど。

    時間がある場合は、専門学校で学ぶことも考えましょう

    社会人向け専門学校では、デザインソフト講座なども開講されていますよ。

    ここからは、デザインの仕事に転職する上で取得しておきたいスキルや資格について説明します。

    イラストレーターとフォトショップの基本操作はできることが前提

    デザインの仕事では、Adobeのソフトが多く採用されています。

    そのためバージョンの違いはあるとしても、基本操作はできることが前提です。

    ソフトを自分で購入するのは高額になってしまうので、廉価版を購入して独学で学ぶか、パソコン教室で学んで基本操作はできるようにしておきましょう。

    専門的な操作に関しては、入社した後で自分で調べながら学んでいくことになります。

    ウェブデザイン技能検定

    ウェブデザイン技能検定とは、Webサイト制作に必要となる知識や、サイト構築に関連したスキルについて問われる試験です。

    Webデザイナーにとっては唯一の国家資格です。

    特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」が実施しており、1級から3級まであります。

    3級は誰でも受けることができますが、2級や1級はその前の級で合格していることが必須です。

    未経験からWebデザイナーへの転職を目指しているなら、資格を取ることで意欲をアピールできます。

    Photoshopクリエイター能力認定試験

    Photoshopクリエイター能力認定試験は、AdobePhotoshopによる編集能力を測定する試験です。

    スタンダードとエキスパートという2つの認定基準があります。

    サーティファイが主催している資格試験制度の一つで、実技問題と実践問題の2つの試験が行われます。

    合格率は72%と比較的高く、デザイナーとして必須の試験ではありませんが、「基本操作はできる」ことをアピールするために受けてみることをおすすめします。

    Illustratorクリエイター能力認定試験

    Illustratorクリエイター能力認定試験は、AdobeIllustratorによる制作能力を測る試験です。

    Photoshopクリエイター能力認定試験と同じく、サーティファイが主催しています。

    スタンダードとエキスパートという2つの認定基準があり、知識と実技問題、実践問題の2つの試験が行われます。

    難易度はそれほど高くなく、合格率は68%です。

    4.未経験からデザインの仕事に転職する際に利用すべき「転職エージェント」

    未経験であっても、前に勤めていた会社がデザイン関係の仕事を担っていたなど、小さなことがアピール材料になることもあります。

    提出書類や面接で、上手にそれをアピールできればいいのですが、「どうアピールすればいいのか分からない」と悩んでいるのならぜひ転職エージェントを活用しましょう。

    【転職エージェントとは?】

    • 登録は無料
    • 質問に答えるだけで3分ほどで登録できる
    • 転職に関する相談や面接対策など行ってくれる

    ただ、転職エージェントは数多くあるため、「どこに登録すればいいのか分からない」と悩んでしまうことも。

    そこで未経験からデザインの仕事に転職したいと考えているあなたに、おすすめしたい転職エージェントをご紹介します。

    安定した企業の求人を見たいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェントは、業界内でNo.1の求人数、内定決定人数を誇る転職エージェント。

    「Webデザイナー」「デザイナー・クリエイター・イラストレーター」の求人は、4,000件以上あります。(2019年10月時点)

    多くの求職者と企業をつないできた実績があり、メーカーのデザイン部門といった求人も豊富です。

    キャリアアドバイザーが一人一人の実績や経験を見極めた上で条件に合う求人を紹介してくれるので、安心して転職活動を行えますよ。

    多数案件から自分にあった仕事を見つけたいなら「doda」

    doda

    dodaは、業界内ではリクルートエージェントについでNo.2の求人数を持つ転職エージェントです。

    デザイナーを含む「クリエイター・クリエイティブ職」の求人は、2,000件以上にのぼります。(2019年10月時点)

    多くの求職者のデータを持っており、過去の実績なども踏まえながら希望する業界の求人を紹介してもらえますよ。

    登録時に希望する年収や休日を入力することで、スピーディーに求人を紹介してもらえる点も魅力のひとつ。

    メーカーだけでなくデザイン事務所など幅広い求人を扱っていることから、リクルートエージェントと共にぜひ活用したい転職エージェントです。

    WEBデザイナーの求人を見たいなら「ワークポート」

    ワークポート

    ワークポートは、IT専門の転職で10年以上の実績のある転職エージェント。

    Webデザイナーでの転職を考えているなら、ぜひ登録をおすすめします。

    Webデザイナーの求人は400件以上・クリエイティブ系の求人をあわせると、1,500件以上の求人が掲載されています。(2019年10月時点)

    IT関係の業界事情に詳しいキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、とても安心感がありますよ。

    また、ワークポートでは、IT関係の独占求人や他では紹介してもらえないような企業の求人も多く取り扱っています。

    「他にはない好条件の求人を探したい」という方にもぴったりです。

    まとめ

    未経験から、デザインの仕事をすることは不可能ではありません。

    ただし、デザイン関係への転職には、最低限以下のスキルが求められます。

    【デザインの仕事で必要とされるスキル】

    • Adobeソフトが操作できること(フォトショップ、イラストレーター、インデザイン)
    • HTMLとCSSの基礎的な知識
    • 色やフォントの知識
    • SEOについての知識
    • パソコンに関する基礎知識(トラブルが発生した場合の対処ができるなど)

    自分の熱意や、やる気をアピールするためには、転職エージェントに登録しキャリアアドバイザーのアドバイスを受けることをおすすめします。

    【未経験からデザイン関係への転職を目指す人におすすめの転職エージェント】

    1. 安定した企業の求人を見たいなら「リクルートエージェント
    2. 多数案件から自分にあった仕事を見つけたいなら「doda
    3. WEBデザイナーの求人を見たいなら「ワークポート

    デザイナーにはさまざまな業種がありますが、未経験からの転職の場合、おすすめは「Webデザイナー」や「グラフィックデザイナー」といったパソコンを使う仕事です。

    エージェントを上手に活用し、転職を成功させましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • ▼クリックすると、都道府県別おすすめエージェントの解説に飛びます。

    【北海道
    北海道

    【東北】
    青森県 , 岩手県 , 秋田県 , 宮城県 , 山形県 , 福島県

    【関東】
    茨城県 , 栃木県 , 群馬県 , 埼玉県 , 千葉県 , 東京都 , 神奈川県

    【中部】
    新潟県 , 富山県 , 石川県 , 福井県 , 山梨県 , 長野県 , 岐阜県 , 静岡県 , 愛知県

    【近畿】
    三重県 , 滋賀県 , 奈良県 , 和歌山県 , 京都府 , 大阪府 , 兵庫県

    【中国】
    岡山県 , 広島県 , 鳥取県 , 島根県 , 山口県

    【四国】
    香川県 , 徳島県 , 愛媛県 , 高知県

    【九州】
    福岡県 , 佐賀県 , 長崎県 , 大分県 , 熊本県 , 宮崎県 , 鹿児島県 , 沖縄県